Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!

転職活動をしている際に、求人情報などで提示されている給料の額では納得できないということもあります。そのような場合には給料の交渉を行う必要があります。しかし、給料交渉は交渉の仕方やタイミングに注意をしないと印象が悪くなってしまう可能性があります。

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!

給料交渉は非常識なの?

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
同じ職場に長く勤めることは良いことですが、転職を決断する人も増えています。転職先の企業に求める条件は人によって異なります。その条件に給料を含める人もいます。

ですが、転職活動をする人の中には、高い技術を持っていたり、大きな実績を持っている人などもいるため、求人情報などで提示されている給料の額では納得できないという人もいます。そのような場合には、給料の交渉を行う必要があります。

交渉するときの注意点3つ

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
転職活動で給料の交渉を行うことは基本的に可能です。ただし、給料交渉は交渉の仕方やタイミングなどを誤ってしまうと、印象が非常に悪くなってしまい、選考に不利となってしまいます。

そのため、給料交渉をする際には、いくつかの注意点を意識してスムーズな流れで行う必要があります。

交渉するときの注意点1:交渉希望額は明確に提示する

給料交渉をするということは、求人情報などで提示されている給料が自分には合っていないということを主張する必要があります。

そのため、どのくらいの給料の額を希望して、なぜその額が妥当となるのかを理由や根拠などを準備して説明する必要があります。

できればもう少し給料を上げて欲しいと曖昧な内容で、給料の額を上げるための理由や根拠がない場合は、会社からの印象が非常に悪くなってしまいます。

交渉するときの注意点2:根拠のない理由で交渉しない

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
給料の交渉をする際には、どれだけの給料の額を望んでいて、どうしてその給料の額が妥当であると判断したのかを会社側に伝える必要があります。

もし、給料を交渉するための根拠がなければそもそも交渉の場が成立しません。また、交渉のために準備した根拠も会社側を納得させるものでなくてはいけません。

他にも、職業や業界などの給料の相場を大きく超えていたり、自己評価が高すぎる場合なども交渉が成立しないことがあります。

交渉するときの注意点3:メールでは交渉しない

給料交渉はお金に関わることなので、交渉の仕方やタイミングには非常に慎重になるべきです。そのお金に関わる重要なことをメールで済ませようとしてしまうと、世間知らずと思われてしまう可能性があります。

また、メールで交渉をするといくら交渉材料となる理由や根拠がしっかりしていても、その内容をうまく伝えられない可能性もあります。そのため、給料交渉は面接などで企業の人と直接会話ができるときに行うようにしましょう。

給料交渉するときのポイント5つ

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
給料交渉は交渉の仕方やタイミングなどを誤ってしまうと、印象を非常に悪くしてしまい、選考が不利になってしまう可能性があります。給料交渉は慎重に進めることが重要です。

給料交渉を進める際にはいくつかのポイントがあります。ポイントを抑えておかないと、交渉の仕方やタイミングなどを誤ってしまう可能性が高くなってしまいますので、これから紹介するポイントを参考にしてみてください。

給料交渉するときのポイント1:希望額の最低ラインを定める

給料交渉をする際には、明確な給料の希望額を準備しておく必要があります。しかし、希望額を伝えてもその額で交渉がまとまるとは限りません。場合によっては希望額を下げることも必要となります。

交渉の幅を持たせるためにも、希望額とは別に希望する給料の最低ラインも準備しておくようにしましょう。希望額で交渉がまとまらなくても、希望額を下げることで交渉が成立することもあります。

給料交渉するときのポイント2:説得する材料を準備しておく

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
先に述べた通り、給料交渉をする際には交渉材料を集めておく必要があります。交渉材料には、前職の給料や、業界や職種の給料の相場、資格や能力、過去の実績などがあります。

これらを元に、会社側に提示している給料よりも、額を増やしても良いと思ってもらえるように説得をする必要があります。そのため、給料交渉では説得力が非常に大切となります。

給料交渉するときのポイント3:交渉するタイミングを間違えない

給料交渉はお金に関わる部分のため、慎重にタイミングを選ばないと大きく印象を落としてしまう可能性があります。

給料交渉を行うのに良いタイミングは面接の最後の逆質問のときです。面接では求職者側から質問できるタイミングが少ないですが、逆質問であれば求職者側から質問ができます。

ただし、いきなり給料交渉をするのではなく、給料面についての質問から徐々に交渉の流れを作るようにしましょう。

給料交渉するときのポイント4:最終希望金額を考える

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
給料交渉はお金に関わることなので、交渉は慎重に行う必要があります。一方で、慎重になりすぎることで、交渉の際の言葉や流れを遠回しにしすぎてしまう人がいます。

遠回しに給料交渉をすると、どれだけの額を希望していて、その額の根拠や理由は何なのかが結局会社側に伝わらないことがあります。このような不明瞭な交渉をしてしまうことも印象を悪くしてしまう可能性があります。

給料交渉するときのポイント5:希望給料額の水準を高くしすぎない

先に述べた通り、職種や業界などによって給料の相場や水準がある程度は決まっています。そのため、その相場や水準を大きく上回るような額の給料交渉をしても、なかなかうまくはいきません。

しかし、これまでの仕事の経験に身につけた能力や過去の実績から、給料の相場や水準を把握していても、納得できる給料の額ではないと感じる人もいます。そのような人はハイクラス転職、エグゼクティブ転職を目指しましょう。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト10

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
転職活動では転職サイトやハローワークなどを利用する人もいますが、転職エージェントを利用する人も増えてきています。しかし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

そのため、転職エージェントを利用して転職活動を行う際には、自分の求める転職条件に適した転職エージェントを利用する必要があります。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト1:マイナビエージェント

就職活動や転職活動ではマイナビやマイナビ転職にひとまず登録するという人は多いです。そのため、ブランド力、認知度が非常に高いです。また、同様の理由から、転職エージェントも、ひとまずマイナビエージェントを選ぶという人は多いです。

マイナビには非常に多くの求人情報が集まっています。給料アップを優先して企業探しをすることができ、アドバイザーに給料重視と相談することもできます。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト2:リクルートエージェント

マイナビと同様に、就職活動や転職活動を始める際には求人情報の数の多さや、ブランド力、認知度などによってひとまずリクルートやリクルートNEXTに登録はしておくという人は多いです。

また、同様の理由で転職エージェントもひとまずリクルートエージェントを選ぶという人は多いです。リクルートにも非常に多くの求人情報が集まっています。給料アップを優先して企業探しをすることができるためおすすめです。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト3:doda

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
DODAはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっていて、求人数が非常に多く、非公開求人の取り扱いも多いという特徴があります。

さらに、DODAでは転職活動をする女性のサポートに力を入れています。給料アップを目指して転職を行う女性におすすめの転職エージェントです。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト4:パソナキャリア

パソナキャリアは求人情報の取り扱い数が業界でもトップクラスで、キャリアアドバイザーも高い専門性を持っているため、人気のある転職エージェントとなります。

パソナキャリアはもとは派遣事業をメインとしていたため、企業と人をうまくマッチングしたり、企業に人を送り出すノウハウがあります。そのノウハウを活かして、給料アップ重視のマッチングもうまく行ってもらえます。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト5:ビズリーチ

ビズリーチもDODAと同様に、テレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高いです。ビズリーチの大きな特徴はハイクラス転職に特化しているということです。

ハイクラス転職では、求職者側が企業に対して高い条件を求めるため、なかなかうまく転職ができないということがあります。しかし、ビズリーチではその難易度の高い条件をうまくマッチングさせて、ハイクラス転職を成功させてくれます。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト6:JACリクルートメント

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
JACリクルートメントも大手3大エージェントの1つで、ビズリーチと同様にハイクラス転職に特化した転職エージェントです。

JACリクルートメントの持つ大きな特徴として、求職者側と企業側の両方を同じアドバイザーが担当します。そのため、段取りがスムーズになったり求職者側と企業側のアドバイザー同士で意見が異なったりなどの問題がありません。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト7:type転職エージェント

type転職エージェントは1都市3県の企業を中心にした転職エージェントです。地域が絞られているため、より詳細な企業情報を集めることができ、他の転職エージェントが取り扱っていない求人を扱っていることもあります。

また、ITエンジニア、営業職、企画職、メーカーへの転職に強いという特徴を持っているため、これらの職種への転職や、転職の目的などが明確な人にとって使いやすい転職エージェントとなります。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト8:Spring転職エージェント

Spring転職エージェントはアデコ株式会社が運営する転職エージェントです。その規模は大きく、世界最大級の転職エージェントとなっており、世界25カ国に71のオフィスを構えて、1,000人以上のコンサルタントを抱えています。

規模が大きく、取り扱っている求人情報の数も非常に多く、幅広いため、給料アップだけでなく、他の条件も併せて企業探しを行うことができます。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト9:ハタラクティブ

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
ハタラクティブは若い世代に特化した就職支援サイトです。また、若い世代だけでなく、フリーターや既卒、第二新卒などの就職支援にも力を入れています。そのため、給料アップというよりは、より良い労働条件や職場環境を求める人におすすめです。

ハタラクティブの就職支援では、就活アドバイザーがマンツーマンで対応してくれて、転職活動を丁寧にサポートしてもらえます。

給料アップを目指ざしている人におすすめの転職サイト10:ワークポート

ワークポートはIT、Web、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。これらの業界は新技術やトレンドなど、進化のスピードが早いです。

ワークポートではアドバイザーがその最新情報に対応した的確な転職のアドバイスをしてくれます。また、ワークポートでは求人情報の紹介が多いという特徴があります。

ポイントをおさえて給料交渉をしましょう

給料交渉するときのポイント5つとおすすめの転職サイト10の紹介!
転職活動では基本的に給料交渉を行うことはできます。しかし、交渉の仕方やタイミングなどを誤ってしまうと印象が悪くなってしまう可能性があります。

給料交渉をする際には、しっかりとポイントを抑えて、スムーズな流れで行うようにしましょう。

今回の記事で紹介したポイントをぜひ参考にしてみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related