Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

月収40万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!

月収40万というと一般よりも高いという印象があるでしょう。しかし、月収が高いと比例して税金も高くなります。この記事では、月収と手取り額はどれほど違うのかをかかる税金の種類と内容から詳しく解説します。更に月収40万の人の手取りでかかる生活費の平均も紹介します。

月収40万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!

月収40万の手取り額とは?

手取り額は、給料から税金と社会保険料を除いた額のことです。月収40万の場合、手取り額は30万~32万が一般的です。つまり、手取り以外の8万~10万が税金などに引かれているということになります。

そんなに高額に引かれている税金とは、どのような種類があるのでしょうか。またどのような目的で課せられているのでしょうか。税金の種類別にそれらを解説します。

月収40万の控除額6つ

月収40万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!
月収から引かれている控除額は6つあります。月収から引かれているのは厚生年金、健康保険、雇用保険、所得税、住民税、源泉所得税の6つです。

いずれもしっかりとその内容や引かれている額を理解している訳ではないのではないでしょうか。以下に6つの税金の説明と月収40万での実際の控除額を掲載しました。

控除額1:厚生年金

厚生年金とは、公的年金制度のことです。会社員や公務員が課せられているもので、国民全員に課せられる国民保険に上乗せされています。

20歳から60歳までの加入が義務付けられています。月収40万の手取りでは厚生年金は3万5千~4万が一般的です。数々ある税金の中で最もメジャーであり最も多くの金額が引かれます。

控除額2:健康保険

健康保険とは、病気や怪我の際の医療費のために加入するものです。この保険に加入していないと、病気や怪我の治療に莫大なお金がかかることになってしまいます。実際に、健康保険のおかげで治療費を抑えられた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

会社員は健康保険ですが、公務員は共済組合に加入します。月収40万円の手取りの場合だと、健康保険は2万円~2万5千円になります。
健康保険とは、病気や怪我の際の医療費のために加入するものです。この保険に加入していないと、病気や怪我の治療に莫大なお金がかかることになってしまいます。

実際に、健康保険のおかげで治療費を抑えられた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。会社員は健康保険ですが、公務員は共済組合に加入します。月収40万円の手取りの場合だと、健康保険は2万円~2万5千円になります。

控除額3:雇用保険

雇用保険とは、失業した場合に一定の期間のみですが給付金を受け取ることができるというものです。労働者の雇い主が労働者を必ず加入させなければならないという決まりです。雇用保険は労働者の生活の安定を図り再就職の援助に役立てられます。

月収40万の場合だと雇用保険は1,500円~3,000程です。

控除額4:所得税

所得税は国税の1つで課税所得×税率-税額控除額で算出されます。税額控除額は年収によって決まります。月収40万では年収480万ですので、控除額は収入の20%+54万円で一月あたり4.5万となります。

個人の所得に対して課税されるもので日本では所得に応じて税率が変化する形式です。つまり、月収40万という高い給料ではその分高い税率であるということです。月収40万の場合、所得税は1.05万円と計算できます。

控除額5:住民税

住民税とは、いわゆる地方税のことです。道府県が住民に課す道府県税と、市町村が課す市町村民税を合わせて、住民税と呼びます。(東京都では都民税と特別区民税になります。)

税額は、前年の所得に基づく所得割と、一定の均等割を合算した金額となります。月収40万の人では住民税は1.93万円と算出されます。

控除額6:源泉所得税

源泉所得税とは、所謂「天引き」と呼ばれるものです。本来所得税は従業員が納めるものですが、給料の支払い者が給料から差し引く形で納める税金になります。

あまり税金の内容を詳しくご存知の方は少ないでしょう。(前年の給与―社会保険料)×給料の金額に応じた税率(給料―社会保険料と扶養親族の数から算出されます。)の計算式から求められます。月収40万では1,000〜2,000円程度になります。

月収40万円の手取りで一人暮らしにかかる生活費7項目

月収40万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!
ここまでは、月収40万の場合に引かれる税金について紹介しました。一つ一つの金額は莫大なもの、というわけではないのですが全てを合わせるとかなりの割合になります。次に、実際の手取りから生活に必要な金額を順に紹介します。

一人暮らしをすると何かと費用がかかります。実際に月収40万の人の手取りで、どのくらいの生活費をかけられるのでしょうか。月収40万の人の各生活費の相場や平均を交えて紹介します。

月収40万円の人がかかる生活費1:給料

前述の通り、月収が40万あるからといって、全ての金額が手に入る訳ではありません。月収40万の人が実際に手にすることが出来る手取りは、月収40万のおよそ8割にあたる30万~32万の手取りだけ、ということになります。

この手取りの中から生活費をやりくりし、貯金をしておかなければなりません。

月収40万円の人がかかる生活費2:家賃

多くの人は月収の2割~3割程の家賃の部屋に住んでいます。月収別に家賃相場を見てみると月収30万では7.5万円、月収35万では9万円、月収40万では年収500~600万円だと考えられ、貯金を残すためにも家賃相場は10万~12万といった具合です。

実際に、月収40万の人の家賃相場も、このようになっています。つまり、月収40万の手取りの場合の家賃は10〜12万が妥当であると言えます。

月収40万円の人がかかる生活費3:通信費

通信費は最近増加傾向にある代表格の費用です。電話料金、郵便代等からスマートフォンや携帯電話の使用料もこれにあたります。

生活に必要不可欠となりつつある通信費ですので節約するのも難しいです。月収40万の手取りでは1万~2万円が妥当と考えるのが良いでしょう。

電話料金は必須でしょうが、中にはモバイルWi-Fiや通信量の拡充などかかってる人もいるでしょう。節約できるかどうかは今一度見直しても良いでしょう。

月収40万円の人がかかる生活費4:食費

食費は世帯構成によって大きく異なりますが、一人暮らしの場合節約も可能です。月収40万の手取りの場合、大体2万~5万円程が相場です。あまりお金をかけ過ぎないように抑える人が多いです。

ちなみに、毎食自炊の一人暮らしでは平均して1万5千円かかり、毎食外食だと5万円かかると言われています。また理想的な食費は手取り額の10%程です。月収40万円の場合だと、手取りは30万だとすれば3万円ということになります。

月収40万円の人がかかる生活費5:交際費

交際費は人によってさまざまですが、月収40万の手取りの場合の相場としては1万5千~4万円といったところでしょう。すごく多くかかる訳ではないのですが、必要不可欠な費用です。

世間づきあいのみならず接待費もこれに含まれます。会社が接待費を無制限に負担するのは無駄遣いになりかねないためです。

月収40万円の人がかかる生活費6:趣味

趣味にも色々あります。何かを習うなどお金のかかるものから、あまりコストの要らないものもあるでしょう。月収40万の手取りの場合、相場は2万~5万円程です。趣味に使うお金をできるだけ減らそうと、月収の10パーセント以内に抑える人が多いです。

一方で、自己投資も兼ねた趣味への支出も良いものです。自身のスキルアップやキャリアアップに繋がる可能性もあるので、考慮しても良いでしょう。

月収40万円の人がかかる生活費7:貯金などその他支出

月収が40万で手取りが30万あると、低い月収ではなかなか大変な貯金にも回すことができます。将来のことを考える意味でも、貯金はしておくべきでしょう。月収40万の手取りだと、生活費を差し引いても月に10万円程度は残すことができます。

この10万円の中で可能な限り蓄えておけると良いです。また、この記事では一人暮らしの数字を掲載しているので、更に増やすことも可能です。参考にすると良いでしょう。

月収40万円から給与アップを目指すあなたへおすすめ転職サイト6

月収40万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!
月収40万の手取りから更に手取りアップを目指す方必見の転職サイトを紹介します。月収40万以上となると、普通の転職サイトよりもハイクラスな転職に特化した転職サイトで検索するのが断然おすすめです。以下の6つの転職サイトを是非活用してみて下さい。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは支持率ナンバーワンのサービスを有するサイトです。リクルートエージェントでは、転職支援サービスを無料で受けることができます。

この転職支援サービスは支持率ナンバーワンで、多くの支持を受けています。他にも、専門職に特化した求人検索やイベント情報の検索も可能です。転職時期を選んで検索することもできます。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト2:doda

dodaでは転職のノウハウや転職のエピソードなどを閲覧することができます。完全匿名ということで、転職のリアルな声を知ることができます。職探しでは体験談を聞くことがとても心強いです。dodaではそれが簡単に知ることができます。

伝統のある大手のサイトなので心強いです。また、セミナーやイベントも豊富に行っており、役に立つ情報が満載です。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト3:Spring転職エージェント

Spring転職エージェントでは職種に特化した求人紹介を見ることができます。また、コンサルタントの紹介サービスもあります。コンサルタントが一人一人に合った転職支援を実現しています。

登録してから内定が決まるまでの流れを紹介してくれているので参考にすることができます。Spring転職エージェントは職種別に求人検索をしたいかたにおすすめのサイトです。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト5:キャリアカーバー

キャリアカーバーは、"ハイクラス転職"に特化しています。年収800万~2,000万の求人が多数紹介されています。キャリアカーバーは、月収40万から手取りアップを目指すならもってこいの転職サイトと言えるでしょう。

転職事例も載っており、自分の転職のイメージもしやすいのが特徴です。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト6:MSJapan

こちらもキャリアカーバー同様、ハイクラス転職に特化しています。管理部門、有資格者からの利用、支持実績が高いのが特徴です。企業管理部門の求人をメインに扱っており、検索することができます。

また、転職のノウハウもコラムとして紹介されているので参考になります。MSJapanは企業管理部門などハイクラスな転職を目指す方にぴったりのサイトです。

月収40万の手取り額は税金の負担額も高い

月収40万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!
月収40万というとかなり高い額ですが、その分税金が多く引かれてしまい、手取りは少なく感じられてしまう、ということが実感できたのではないでしょうか。

税金で多くを持っていかれてしまったとしても、食費などを上手く節約していけばこの手取りでも余裕のある生活がおくれます。無理のない範囲で将来に向けて貯金をするなどしておくとさらに良いでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related