Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

月給35万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!

働き方が多様化してきています。手取りで月収35万円の収入を得ているサラリーマン層の職業や、どの程度の生活費をかけて毎月の生活を送っているのでしょうか。ここでは「手取り月収35万円」の方のライフスタイルと月収35万円という収入を得るために必要な仕事を紹介します。

月給35万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!

月給35万の手取り額とは?

手取りで月収35万円を得ているサラリーマン層の場合、総支給額は約月収46万円程です。各種保険や税金(いわゆる社会保険)が控除され、さらに食費、光熱費等の生活費や趣味に投じている遊興費などが毎月かかり、それらによって手取りが減ります。

手取りで月収35万円の収入を得ているサラリーマンが控除されるものの詳細と、「手取り月収35万円」を手にしている人達の具体的な生活環境をいろいろな角度から考えてみます。

月給35万の控除額6つ

月給35万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!
「手取り月収35万円」の収入を得るサラリーマン層が支払う保険や税金は、大きく分けて6パターンあります。その控除は企業でお勤めをしている労働者の方であればすべての人が対象となるものです。

6パターンの控除について、厚生年金・健康保険・雇用保険などの「保険関連」と、住民税や所得税・源泉所得税などの「税金関連」についてそれぞれ詳しくご紹介します。手取り額が気になる方は、ぜひ各控除について参考にしましょう。

控除額1:厚生年金

厚生年金とは国民健康保険とは違い、サラリーマンが民間企業で働く際に加入できるものです。保険料は雇い主(法人)と折半となる為、半分は雇い主が負担してくれるメリットがあり、原則65歳から受け取ることができる保険料です。

最近は70歳まで加入なんてニュースもあります。早期に受給することも可能です。高齢化によって医療費や福祉に対する支出が増えていますので、国税としても非常に重要です。

控除額2:健康保険

健康保険とは加入している被保険者と、その扶養家族が病気や怪我などの疾患を患った際に、本人負担を軽減できる保険です。一般的に本人負担が3割程度とされています。こちらも厚生年金同様、雇い主(法人)との折半で支払う保険料の一つです。

おそらく数ある税金の中でも、最も知名度の高いのが健康保険でしょう。

控除額3:雇用保険

雇用保険とは厚生労働省が失業した労働者に向けて、失業した人へ「給付」と言う形で保証する保険の事です。雇い主(法人)は加入が義務付けられており、毎月の給与から引かれますが、その費用はそれぞれの収入額に応じて異なります。

失業保険の恩恵は、失業したときに初めて感じることができます。そもそも失業自体、喜ばしいことではないでしょうが、それでもセーフティネットとしては非常に重要です。

控除額4:所得税

所得税とは個人ひとりひとりにかかる「税金」の事です。収入に応じて税率が異なるため金額も違います。「手取り月収35万円」の収入を得ているサラリーマンの場合であっても、他に残業代や賞与など付随する収入が加算されて最終金額が算出されるため、金額は変動します。

控除額5:住民税

住民税とはそのエリアを居住地としている個人と、その場所に設立している法人を対象に課せる税金の一つです(都道府県民と市町村民それぞれを合わせて(住民税)としています)。個人の場合、前年の年収で金額が定まります。

控除額6:源泉所得税

所得税のように個人が支払う税金とは異なり、雇い主(法人)がそこで働く従業員に代わって税を納めるものです。年末調整・源泉徴収といった言葉をよく耳にしますが、雇い主(法人)が個人に代わって手続きを行い、納めてくれる所得税のことです。

月給35万円の手取りで一人暮らしにかかる生活費7項目

月給35万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!
手取りで月収35万円を得ているサラリーマン層が、一人暮らしをした場合にかかる生活費はどの程度で、食費や通信費などの主たる費用のほかに何が必要なのでしょうか。

一口に「手取りで月収35万円を得ているサラリーマン層」と言っても、個人個人のライフスタイルは異なります。趣味に多くを投じる人もいれば、食事を大切にする人もいます。平均してかかる一定の費用と個人によって変動する費用の違いについて考えてみましょう。

月給35万円の人がかかる生活費1:給料

月給35万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!
給料とは企業(法人)で働いた成果に対して支払われる対価です。手取りで月収35万円を得るためには総支給額は、月収46万以上なくてはなりません(額面の約20%~25%が控除金額として引かれ、残りの金額が手取り月収35万円となるように算出しています)。

そうして得た給料を何に使うことが自分自身にとって有意義なものなのか。個人によってその使い道は様々です。

月給35万円の人がかかる生活費2:家賃

一般的に「家賃」にかける費用は、収入の約3分の1程度が適正だと言われています。手取りが月収35万円だとすると家賃はその3分の1であり、約10万~13万程度(駐車場代や共益費なども含んだ金額としています)です。

もちろん住む地域によって価格帯に違いがあるため、自身にあった設定金額をしっかりと見極め、居住地及び物件を選ぶことが大切です。

月給35万円の人がかかる生活費3:通信費

昨今、スマートフォンやパソコンなどにかかる通信費は食費同様、生活をする上で重要度が高い費用と言えます。通信費については、月収35万円の手取りによって左右されるものではなく、用途によって金額は大きく異なります。

各通信会社もさまざまなキャンペーンやプランを展開しているため、自身に合ったプランを精査する必要があります。

月給35万円の人がかかる生活費4:食費

食費は「一人暮らし」か「実家暮らし」をしている、また、「外食中心」か「自炊中心」かによっても大きく異なります。食事を人生の楽しみと考えている人であれば、生活費の中でその費用が占める割合が高くなります。

衣食住の中でも食費は重要な費用の一つです。一人暮らしの平均食費は約4万~5万円と言われています。

月給35万円の人がかかる生活費5:交際費

ここでは、法人交際費ではなく各家庭の中の個人で必要な交際費について明記します。多くは会社の仲間や友人との食事やレジャーなどに費やしますが、イレギュラーなケースとして急なお見舞金や結婚のお祝い金などの慶弔費の出費については別途用意が必要となります。

また恋人との交際も忘れてはなりません。記念日やイベントなどではプレゼントを購入する必要もあるため、人によっては交際費は多くなります。

月給35万円の人がかかる生活費6:趣味

「車が好きな人」「旅行が好きな人」「ゲームが好きな人」「スポーツ観戦が好きな人」など、人の趣味趣向は個人によって異なり、かかる費用もその趣味によって種々様々です。手取りで月収35万円あったとしても、高額な費用がかかる趣味をもってしまうと生活費を圧迫します。

収入が多いとそれだけ趣味に費やせる範囲は広がりますが、人の趣味趣向に関しては、収入に関わらず個人の範疇となり、一番支出が読めない部分です。

月給35万円の人がかかる生活費7:貯金などその他支出

一人暮らしの平均貯金額は手取り月収35万円であっても、平均して収入の約10%程度できれば良しとされています。最近ではある程度の貯金を銀行などの金融機関に収めるだけではなく、運用型の貯蓄にする人も増えてきています。

時に蓄えは精神的な心の余裕にもつながります。より良い生活を送るために手取りで月収35万円があり、自由に使えるお金があったとしても、自身に合った合理的な貯金の方法を見つけておくことが大切です。

月給35万円から給与アップを目指すあなたへおすすめ転職サイト6

月給35万円の手取りは?おすすめ転職サイトの紹介!
手取りで月収35万円があると、自分の趣味や交際の幅も増やせる事が出来ます。そして現在、月収35万円を手にしている方が更なる給与アップを目指して利用している転職サイトはどのようなものがあるでしょうか。

現状の収入をアップさせ、手取りが月収35万円以上を目指したい方へ耳寄りな「おススメ転職サイト」をご紹介します。自身のキャリアに合わせて企業の傾向や対策を把握し、手取りアップを目指しましょう。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト1:リクルートエージェント

おそらく国内で最も知名度の高い、最大級の求人を保持している転職サイトです。20代~40代世代をメインにした所謂ホワイトカラー職を専門として人材紹介を行う企業です。求人数がかなり多く業種にも偏りがないサイトです。

ミドル層や、転職する際にどのような業界を目指すべきか悩んでいる層には、幅広い視野で転職サポートをしてくれます。転職を考えてる人は、まずリクルートエージェントを頼りましょう。失敗がないです。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト2:doda

国内2位の規模を持つ総合転職サイトで、コマーシャルで知っている人も多く、知名度も高いです。大型の転職フォーラムなども積極的に開催しており、求職者と企業をつなぐイベントも多数あります。

最大の魅力は、登録後、「非公開」で紹介を受けることができます。また、doda独自が保持している「非公開求人」を多く揃えていることも魅力の一つです。非公開求人の中には高収入の仕事が多数あります。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト3:Spring転職エージェント

スイスの外資系人材会社が運営する転職サイトです。国内では人材派遣会社としても上位に名を連ねている企業であり、グローバル企業とのつながりを強みとしています。

海外向けの転職など国内・国外の求人を多数揃えており、グローバル企業が多く登録しています。国内だけでなく、海外で働くことを目指している方や、外資の企業を考えている人におすすめです。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト5:キャリアカーバー

リクルートグループとなったハイクラス向けのスカウト専門の転職サイトです。100人以上のヘッドハンターが個々のスキルに応じた仕事を紹介してくれるのがメリットです。今よりもさらにキャリアアップしたい方におすすめな転職サイトです。

年収600万円以上の求人だけを取り扱っているため、管理職・マネジメント業務など手取り月収35万円以上を目指せてスキルアップができる求人が豊富です。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト6:MSJapan

大手企業の管理部門に属する職業及び士業に特化した専門の転職サイトです。職種を限定して紹介している企業で、そういった意味では他の転職サイトと一線を画しているでしょう。

「求人数」だけで考えると、他社の紹介会社に比べて少数ではありますが、専門性が高い求人だけを揃えているため「職種」が定まっている方や有資格者の方にとって検索のしやすさが最大の特徴です。

資格保有者にとっては、非常におすすめの転職サイトです。

月給35万の手取り額はかなり余裕のある生活ができる

「手取り月収35万円」の収入を得ている層は、趣味や交際費にも十分な費用をかけることができます。自分を磨くとこができる生活をすることでさらには、そこで培った経験やスキルを活かし充実した生活を送れます。

手取りで月収35万円以上あれば、自分自身に「投資」することができます。「自己投資」によって得られたスキルは仕事への意欲をさらに掻き立て、自身の市場価値はさらに高められるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related