Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

年収400万の住民税とは?年収アップを目指せる転職サイトの紹介!

日本人の平均年収は400万円と言われています。しかし実際には住民税などの税金が差し引かれ、手取りは300万前後となっています。ここでは年収による給与から引かれるさまざまな税金や、年収アップを目指すのにおすすめな転職サービスをご紹介します。

年収400万の住民税とは?年収アップを目指せる転職サイトの紹介!

年収400万の手取り額とは?

年収400万の手取りはおおよそ280~320万円となります。

日本人の現在の平均年収は年収400万円と言われています。しかし実際には住民税などが差し引かれるため、手取り額は扶養家族がいない場合は324万円、扶養家族が1人いる場合は333万円となっています。

また、人によっては200万円台になってしまう人もいるため、年収400万といっても実際には住民税などの支払いも苦しいと感じている人もいるでしょう。

手取り額の計算方法

一般的には給与の額面の75~80%ほどが手取りとなると言われています。

手取り額は、会社から支払われる額面上の給与から住民税などの税金を差し引いた金額です。ただし扶養家族が多いほど手取りは増えるようになっているため、実際には人によって金額は異なります。

具体的には、基本給や時間外手当などの残業代など諸手当を全て合算した「総支給額」から、住民税などの税金を減算するという計算方法になります。

住民税とは?

住民税とは、住んでいる都道府県や市町村などに納める税金です。

住民税は都道府県民税と市町村民税の2つを指し、主に教育や福祉、行政サービスなどの資金として納めることになる税金です。

住民税の計算方法ですが、前年の課税所得金額に対してかかる所得割と均等割との合計額が住民税となっています。住民税は住んでいる地域や年収によって異なり、前年の所得を元に、翌年の6月から12ヶ月の均等割で支払う形になります。

年収400万の控除額6つ

年収400万から差し引かれる控除とは何になるのでしょうか。

年収400万円でも、実際には額面の給与から税金などが控除された金額が実際の手取りとなります。給与から控除されるものには、住民税、厚生年金保険、健康保険、雇用保険、所得税、源泉徴収税などがあります。

ここでは年収400万の場合に発生する住民税などの控除額の種類についてご紹介します。

控除額1:住民税

年収400万の場合、住民税は年間およそ173,500円になります。

住民税の場合、個人が均等の額によって負担する均等割と、所得金額に応じて金額が変わる所得割によって構成されています。

住民税の所得割額は所得金額からさまざまな控除を引き、それに税率を掛けたあとで「税額控除額」を引くという計算方法になります。均等割は標準税率5,000円となっており、それらを合算した金額が住民税となります。

控除額2:厚生年金

年収400万の場合、厚生年金保険料は年間およそ373,320円になります。

厚生年金保険料とは、将来退職した後で需給することになる年金のために支払う掛け金のことです。サラリーマンの場合、保険料は会社と折半することになります。

厚生年金保険料は健康保険料と合わせて「社会保険料」と呼ばれ、給与の約15%の税率で課税されています。

控除額3:健康保険

年収400万の場合、健康保険料は年間およそ233,988円になります。

健康保険とは怪我や病気になった場合、医療費を実際の金額の3割の負担で病院にかかることができる医療保険です。サラリーマンの場合、健康保険料は会社と折半して負担することになります。

だたし、会社がどの健康保険組合に加入しているかによって保険料率は違ってくるため注意が必要です。

控除額4:雇用保険

年収400万の場合、雇用保険料は年間およそ12,000円になります。

雇用保険とは、失業したときに失業給付などを受けるために掛けておく保険です。事業によって保険料率が異なりますが、一般の事業の場合は従業員側の負担分は3/1000となっており、給与に対して保険料率を掛けて計算します。

また、雇用保険料の対象となる賃金には通勤手当も含まれます。

控除額5:所得税

年収400万の場合、所得税は年間およそ84,700円になります。

所得税とは個人の所得に対してかかる税金です。年収が高ければ高いほど税率も高くなるという特徴があり、住民税と同じく課税所得に税率をかけて算出されます。

ただし、前年の所得を元に翌年納税する住民税とは異なり、所得税の納税時期は当年となっています。

控除額6:源泉所得税

年収400万の場合、源泉所得税は年間およそ92,520円になります。

源泉所得税は住民税などと異なり、企業が従業員の代わりに納める所得税です。1年間の所得額に応じて算出されますが、月々の支払いの際に分割して納めています。

源泉所得税は、給与に各種手当を合算し、給与から社会保険料を差し引いた残りの金額を基準に「給与所得の源泉徴収税額表」から税率を参照します。ただし税額表は毎年変わるため注意が必要です。

年収400万から年収アップを目指してる人におすすめ転職サイト10

年収400万から年収アップを目指すなら転職しましょう。

住民税や厚生年金、健康保険など、月々控除される税金を考慮すると、年収400万円以上欲しいと思う人も多いでしょう。

年収を上げるには同じ仕事を長く続ける方法もありますが、転職で年収の高い仕事に就くのも一つの方法です。ここでは年収400万以上を目指すのにおすすめの高収入案件を多く取り扱っている転職サイトをご紹介します。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト1:VORKERS

VORKERSは企業の口コミ就職・転職サイトです。

企業のさまざまな口コミが掲載されているため、転職先選びの参考になります。また、他の大手の口コミを掲載しているサイトよりも知名度が低いこともあり、誹謗中傷などの口コミが少ないことも特徴です。

さらに人気企業の口コミも多数取り扱っているため、実際に働いていた人の口コミを参考に転職したい場合は利用してみると良いでしょう。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト2:doda

dodaは転職業界最大手のインテリジェンスが運営する転職エージェントです。

国内ではリクナビに次ぐ知名度があり、転職業界第二位に位置しています。豊富で幅広い求人数、高品質かつスピーディーなサービス対応が魅力です。

また、DODAは「転職サイト」と「転職エージェント」の両方を担っていため、両方を利用することでミスマッチも少ないといわれています。年収400万以上を目指すなら登録しておくと良いでしょう。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト3:ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職エージェントです。

じっくり転職先を検討したいハイキャリア向け転職サービスです。専門性の高いスキルを身につけている人にはスカウトがかかる可能性があるため、特にキャリアに自信がある人におすすめのサイトとなっています。

ただし、ビズリーチを最大限活用しようと思うと、月額で2,980円〜4,980円かかるという点は考慮する必要があります。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト4:find job

find jobはIT・Web業界に特化した転職情報サイトです。

転職サイトとしては老舗で、主にIT業界のエンジニアやWEBデザイナー、営業などさまざまな職種の求人を取り扱っています。IT業界は全体的には年収も高めと言えるため、年収400万から年収アップを狙えるでしょう。

特にIT業界に興味がある場合は利用してみることをおすすめします。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト5:type転職エージェント

type転職エージェントは一都三県に特化した転職エージェントです。

東京、神奈川、千葉、埼玉のみの求人を取り扱っている老舗の転職エージェントです。利用者の多くが年収アップを達成している実績を持っているため、年収400万から大幅アップも夢ではありません。

また、アドバイザーのフォローが手厚いと評判の転職エージェントのため、一都三県で転職先を探している場合はおすすめです。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト6:マイナビエージェント

マイナビエージェントは豊富な求人が特徴的な転職エージェントです。

転職大手のマイナビが行う転職エージェントです。以前は転職サイトがメインでしたが、近年では転職エージェント事業でシェアを伸ばしています。

これまでの転職サイト運営により築いた企業との豊富な取引実績を、転職エージェント事業にも活かしています。また、中堅層の転職サポートだけでなく、第二新卒や20代を含めた幅広いサポートが魅力となっています。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト7:Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは世界60ヵ国に拠点を持つ、人材派遣会社の世界No.1シェアを誇る転職エージェントです。

外資系の案件や求人の質が高いと評判のサイトです。外資系は給与水準が高いため、年収400万円から倍以上の大幅アップも夢ではありません。

また、コンサルタントが専門分野で分かれており、希望職種に応じて対応してくれます。そのため、企業とのミスマッチが起こりにくくなっていることが特徴です。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト8:キャリアカバー

キャリアカバーはハイクラス向けの転職サービスです。

転職サービス最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向け転職サイトとなっており、経営幹部候補やスペシャリスト向けの高年収案件を主に取り扱っています。

キャリアカバーは年収800万以上の案件がメインのため、年収400万円から倍以上の年収アップを狙えます。他の転職エージェントにはないような特別な求人もあるため、キャリアに自信がある人は狙い目です。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト9:転職会議

転職会議は企業の口コミが豊富な会社評判サイトです。

企業の評判を口コミとして登録し、閲覧できる掲示板のような形式のサイトです。閲覧できるのはあくまで口コミですが、企業選びの情報源としては便利だと言えます。

実際に働いていた人の口コミが集まるので、信憑性はある程度高いと言えるでしょう。ただし、利用するためには登録し、自分が働いていた会社の評判を登録する必要があります。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト10:キャリトレ

キャリトレはビズリーチが運営する20代のための転職サイトです。

20代向けの求人情報を保有している転職サイトで、転職希望者が興味がある企業に手軽にアピールでき、企業が転職希望者に興味を持てばスカウトが届きます。

ただし転職サイトなので、転職エージェントのような面談や転職のサポートはありません。専門家からアドバイスを受けて転職活動をしたい場合は、別の転職エージェントを併用するようにしましょう。

年収による住民税の違いを知ろう

住民税などの税金は年収により変わります。

住民税などの税金は天引きされるため、いくら支払っているのか気にしていない人もいるでしょう。しかし年収400万円でも、住民税などを差し引いた金額が手取りとなるため、給与は大幅に減額されています。

今後、年収400万から年収アップを目指すためにも、転職サイトやエージェントを参考に転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related