Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介

年収2500万ある人は、日本全国見ても、ほんの一握りの存在です。ごく普通に暮らしていれば、どんどんとお金が貯まっていきます。では、年収2500万の人はどのような生活をしているのでしょうか。年収2500万の人の暮らしを、生活費を中心に見ていきます。

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介

年収2500万円の手取り額

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
日本には税金を納めなければならないという義務があります。また、社会保険料も差し引かれます。そのため、「年収2500万円」といっても、額面が2500万円なのか、それとも手取り額が2500万円なのか区別しなければなりません。

年収2500万円の人の手取額は、おおよそ1543万円です。日本では、所得が多い分税金も多いという仕組みになっているため、年収2500万といってもこれだけの手取り額にります。

手取り額の計算式

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
手取り額は、給与から税金(所得税、住民税)、社会保険料(健康保険料、厚生年金保険)、雇用保険料を引いた金額となります。

中でも大きな割合を占めるのが所得税です。日本では、給与によって所得税の税率が決まっています。年収2500万の人の税率は40%にもなります。税率の最高は、年収4000万以上の人の45%です。

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
年収2500万の人の中で、一人暮らしをしている人の生活について見ていきます。年収2500万もあれば、世間でいう平均的な生活をしていると、かなりお金が貯まっていきます。そのため平均的なものと比べ、生活レベルは自然と高くなっていきます。

住んでいる所、食べ物、着るもの、持ち物、趣味など、特に一人暮らしの人は節約を気にせずに生活することができるでしょう。

年収2500万の一人暮らしの生活費1:家賃

現在の日本で、適性の家賃は月収の25%と言われています。ひと昔前までは、月収の3分の1が適性な家賃と言われていましたが、それでは家計を圧迫してしまうため、現在は25%が一般的です。

年収2500万の一人暮らしの人の適正な家賃は52万円ということになります。家賃52万であれば、かなり良い部屋を借りることができます。一人暮らしでも2DLK以上の部屋に住むことができます。

年収2500万の一人暮らしの生活費2:水道・光熱費

年収2500万の人の水道、光熱費はおおよそ2万7千円ほどです。一般的な水道光熱費の平均が7千円ほどですので、それよりかなり高いです。

まず、借りている部屋が平均的な一人暮らしの部屋よりも広く、その分電気代がかかります。また、水道代などを気にすることなく、何度もシャワーを浴びたり、浴槽にたっぷり湯をためたりします。

年収2500万の一人暮らしの生活費3:通信費

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
年収2500万の人の通信費はおおよそ2万3千円です。一般的な一人暮らしの人の通信費の平均が1万円ほどです。

平均値に比べてかなり高額な通信費です。普通の人にとって通信費とはスマートフォンや部屋のWi-Fiくらいですが、スマートフォンを何台か所有していたり、通信費を気にせず利用しています。

年収2500万の一人暮らしの生活費4:食費

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
年収2500万の人の食費はおおよそ20万円ほどです。年収2500万の一人暮らしの食費の中で大きな割合を占めるのが外食費です。年収2500万の人は節約を気にしての自炊などしません。

また、外食といっても、値段を気にせず好きなお店に行き、好きな物を食べ、存分に飲みます。例え自炊することがあるとしても、素材の良いものを買うため、食費がかさみます。

年収2500万の一人暮らしの生活費5:交際費

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
年収2500万の人の交際費はおおよそ13万円ほどです。ただ、年収2500万の人は、仕事上での付き合いやその金額が平均よりかなり高くなります。仕事上の付き合いが多い人の交際費は13万円では済みません。

参加する冠婚葬祭の数も多いですし、そこでのご祝儀や御香典などの金額もどうしても高額になります。そのため、交際費は平均値ではなかなか示せません。

年収2500万の一人暮らしの生活費6:趣味

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
年収2500万の人の趣味に使うお金はおおよそ13万円ほどです。もちろん、平均的な年収の人が趣味に使うお金よりもかなり高額になります。年収2500万の一人暮らしの人が可能なのが、「お金のかかる趣味をもつこと」です。

ゴルフや車、海外旅行など、「お金のかかる」で有名な趣味を持つ人もいますし、想像もつかないようなものを収集する趣味がある人もいます。

年収2500万の一人暮らしの生活費7:貯金

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
年収2500万の人は毎月25万円ほどを貯金しています。年収2500万の一人暮らしの人の手取りの月収が103万円ほどですので、そこから家賃や食費などの生活費を引いていくと、それくらいの貯金額になります。

しかし、実際にはかなり振れ幅があると考えられます。もっと豪遊している人はほとんど貯金できていないケースがあります。一方で年収2500万でも普通の生活をしていればもっと貯金できています。

年収2500万の二人暮らしの生活費7つ

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
年収2500万の人の二人暮らしの生活費を見ていきます。年収2500万の人は、例え二人暮らしをしたとしても、普通に生活していれば十分にお金が余るでしょう。

二人暮らしであっても十分にお金の余る生活ができるため、生活レベルもどんどんと上がっていきます。二人暮らしだからこそできる外食や趣味、豪華な海外旅行など、一人暮らしよりもお金がかかります。

年収2500万の二人暮らしの生活費1:家賃

年収2500万の二人暮らしの家賃は、一般的に月収の25%という計算式から算出すると52万円ということになります。

家賃52万円の部屋となると、かなり良い条件の物件となります。都心の、駅近の、築年数の浅い高層マンションになります。

しかし、実際年収2500万の二人暮らしの家賃の最高レベルが52万円と考えてよいです。家賃30万円というのが相場だといえます。

年収2500万の二人暮らしの生活費2:水道・光熱費

年収2500万の二人暮らしの水道、光熱費はおおよそ4万円です。一般的な二人暮らしの水道、光熱費の平均が1万9千円ですので、やはりかなり高額となります。

年収2500万もあれば、リビングに加え、それぞれの部屋があります。それぞれの部屋で電気を使用し、パソコンを使用し、エアコンを使用し、音楽を流したりすると、それだけ光熱費がかさみます。

年収2500万の二人暮らしの生活費3:通信費

年収2500万の二人暮らしの通信費はおおよそ3万2千円です。一般的な二人暮らしの通信費の平均は1万6千円ですので、やはり高額です。

二人分のスマートフォンは当たり前ですが、それぞれ複数保有しているケースがあります。もちろん二人共、通信費の節約などは考えずに検索し、電話をします。

室内も当たり前に快適なネット環境を完備しています。

年収2500万の二人暮らしの生活費4:食費

年収2500万の二人暮らしの食費はおおよそ23万円です。二人暮らしの一般的な食費はおおよそ5万円ですので、かなり差があります。

ただ、年収2500万の一人暮らしの食費がおおよそ20万円ですので、それと比べると金額が抑えられているように感じます。それは、二人暮らしの場合は、どちらかが料理を作り、外食よりも食費が抑えられるためです。

年収2500万の二人暮らしの生活費5:交際費

年収2500万の二人暮らしの交際費はおおよそ15万円です。年収2500万となると、仕事での付き合いが多く、冠婚葬祭にかかるお金が高額となります。

冠婚葬祭に夫婦で参加する場合もありますし、そうなるとご祝儀や御香典が一人のときよりも増えます。

高収入の人は、人付き合いを大切にする人が多く、比例するように交際費も高くなります。

年収2500万の二人暮らしの生活費6:趣味

年収2500万の二人暮らしの趣味にかけるお金はおおよそ10万円です。

年収2500万の一人暮らしの人の趣味にかけるお金が13万円なのに対して、少なくなります。一人暮らしの人の方が、誰のことも気にせずに、自分の好きなことに好きなだけお金をかけられます。

二人暮らしとなると、生活費のことや将来のことを考える必要があり、好き放題には趣味にお金をつぎ込めません。

年収2500万の二人暮らしの生活費7:貯金

年収2500万の二人暮らしの貯金はおおよそ28万円です。年収2500万の一人暮らしの場合より、貯金できているということになります。それは、やはり「お金を管理する人」の存在により、一人暮らしのときよりも少しは節制するようになります。

また、二人暮らしの場合は将来のことを考えて、目的を持った貯金をします。家を買いたい、子供がほしい、などです。

年収2500万の職業10こ

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
年収2500万の人は日本に一握りしかいません。職業もかなり限られます。いくら「大企業」といえども、その中でも役員にでもならない限り、年収2500万は達成できません。

「誰でもできる仕事」をしていたのでは年収2500万はもらえず、その人だけの能力を利用したり、国家資格を使う仕事であったりします。年収2500万の職業を見ていきます。

年収2500万の職業1:プロスポーツ選手

年収2500万もらえる職業の一つがプロスポーツ選手です。日本で代表的なのがプロ野球選手です。プロ野球選手の年俸の平均はおおよそ3800万円です。プロ野球選手の中では、年収2500万というのは平均より低い年俸ということになります。

また、もう一つ代表的なのがJリーガーです。トップリーグのJ1の選手の平均年俸は3500万です。ただ、Jリーガーはトップ選手が平均値をかなり上げています。

年収2500万の職業2:芸能人

芸能人も、年収2500万の職業の一つです。

ジャンル別の芸能人の年収は、ミュージシャンが2150万、芸人が1100万、役者が1000万と、平均値では2500万に届きません。しかし、人気が出るとドラマやバラエティ番組、CMの出演料がどんどん上がっていきます。

トップクラスの芸能人であれば億を超える人ももちろんいます。ある程度人気が出ると、年収2500万もらえます。

年収2500万の職業3:経営者

経営者も、もちろん年収2500万稼げる可能性のある職業です。ただ、経営者といえどもさまざまな形があります。社員数千人規模の会社の経営者であれば、年収2500万は軽く超えます。

しかし、従業員数人の小さな企業では、経営状態によっては、自転車操業のような状態になっており、経営者といっても年収は数百万円であることもあります。

年収2500万の経営者はいわゆる「成功した経営者」といえます。

年収2500万の職業4:大企業の取締役

大企業の取締役も、年収2500万もらえる職業の一つです。取締役といっても、さまざまな種類があります。専務取締役の平均年収は2990万で、常務取締役の平均年収は2470万です。また、取締役の平均年収は1830万です。

社員の人数が多くなればなるほど、それにほぼ比例して取締役の年収も増えていきます。ただ、中小企業の取締役で年収2500万は珍しいといえるでしょう。

年収2500万の職業5:外資系のマネージャークラス

外資系のマネージャークラスの人も、年収2500万もらっている人の一人です。日本で「マネージャー」といえば、部下を管理する人、というイメージを持たれます。しかし、外資系企業では、部下を管理するだけがマネージャーの仕事ではありません。

外資系企業の人員は限られているため、自らも業務を行い、プロジェクトを推進していかなければなりません。

年収2500万の職業6:ファンドマネージャー

年収2500万もらえる職業の中に、ファンドマネージャーがあります。ファンドマネージャーとは、金融資産を運用する専門家のことです。「ファンド」の運用を行います。

一般的には、投資信託会社などの運用会社に勤め、アナリストやディーラーとチームを組みファンドを運用していきます。

資質と能力が問われる職業ですが、近年需要が高まっています。優秀なファンドマネージャーともなれば、億単位を稼ぐ人もいます。

年収2500万の職業7:外科医

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
外科医も年収2500万の職業の一つです。医者の平均年収は約1700万です。しかし、医科別で見てみると、それぞれに差があります。

例えば、精神科医であれば平均年収は1350万です、内科医も同じく、1350万です。加えて、眼科医の平均年収は1300万となっています。

そんな医者の中で、外科医の平均年収は1160万ほどと低めですが、外科医長など出世したら、年収は2500万ほどになります。

年収2500万の職業8:国際弁護士

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
国際弁護士も、年収2500万の職業の一つです。

テレビのコメンテーターなどでよく、「国際弁護士」と聞きますが、国際弁護士という資格があるわけではありません。テレビで国際弁護士という場合は、「海外の弁護士資格を持っている人」か「海外と関わりのある案件が多い人」と指します。

ただ、「国際弁護士」と呼ばれているからといって、年収が高いわけではなく、普通の弁護士と同じように、それは能力によります。

年収2500万の職業9:外資系営業マン

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
外資系営業マンも、年収2500万の職業の一つです。外資系企業は、なんといっても成果主義です。安定した給与は保証されないかわりに、成果を出せば出すほど給与も上がっていきます。

また、外資系企業は退職金の制度がないため、その分年収が高くなります。そして、日本企業ほど福利厚生が充実していないので、その分が年収へ足されることになります。

年収2500万の職業10:大手外資系ITエンジニア

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
大手外資系ITエンジニアも、年収2500万の職業の一つです。やはり外資系ですので、ITエンジニアでも完全な成果主義となります。成果を出せば出すほど年収が上がります。

しかしそのためには、高い語学力があるのは当たり前ですし、雇用が安定していないという場で働く覚悟が必要になります。

外資系ITエンジニアの平均年収は、国内のITエンジニアの平均年収より約150万円高くなっています。

年収がある人は職業も限られる

年収2500万の一人暮らしの生活費7つ|年収2500万以上の職業を紹介
年収2500万稼ぐ人は、日本に一握りしかいません。いくら大企業に勤めたとしても、役員になるなど出世をしなければ、到底年収2500万には届きません。

年収が高い人は、自然に職業が限られてきます。大企業に勤めて出世するか、秀でた能力を活かしてプロスポーツ選手や芸能人になるか、物事を研究し続け専門的な知識を利用して働く人にならなければなりません。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related