Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!

年収が600万円もあると、税金もたくさん納めなければならないだろうと感じてしまうでしょう。そこでここでは、年収600万以上になる職業のご紹介をはじめ、納めるべき6種類の税金の解説、そして節税対策の方法も6つお伝えしていきます。

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!

年収600万の手取り額計算方法

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
現代の日本では、ひと月50万円の収入があれば年収600万円となり、余裕のある生活が送られると感じている人が多いのではないでしょうか。

しかし、この年収600万円が基本給である場合、手取りがいくらになるかは、厚生年金などの各種保険料、所得税などの各種税金を差し引くという計算をしなければなりません。

この計算をした場合、年収600万円の手取りは基本給の75%前後になることが多いと考えられています。

年収600万を超える職種とは?

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
手取りが基本給の75%といっても、企業によっては能力給が上乗せされたり、住居手当などの手当ても付きます。なのでやはり年収600万円というのは魅力的な仕事には違いありません。

そこでここでは、年収600万円が見込める職種をご紹介していきます。 その職種がなぜ高給になるのか、またその仕事に就く方法も簡単にお伝えしていきます。

年収600万を超える職種1:IT

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
情報社会といわれる現代において、IT産業はこれからもますます盛んになり発展するものと考えられています。そのために、ITに関する知識や技術を持つ人材は今後もさらに嘱望されることが予想されます。こうしたIT企業では、年収600万以上での求人も珍しくないと考えることができます

また、こうした分野の職種に進むには、ITの知識や技術を学ぶことが重要でしょう。

年収600万を超える職種2:建築・不動産

建築あるいは不動産に関わる企業は大小あり、すべての企業で年収600万円となるわけではありません。

ただ、この業種には建築士を始め宅地建物取引士などの国家資格があれば、企業によっては高い手当てが出る場合もあります。これらの資格を取得した上で就職に臨みましょう。

さらにこれらの資格があれば自身で開業できるので、年収600万以上もその手腕しだいということになります。

年収600万を超える職種3:商社

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
商社とは、物流を通して利益を得ている業者のことです。たとえば、たくさんある店舗から商品を仕入れて、それを個人に販売するときに利益を上乗せして販売するアマゾンは商社になります。

こうした商社はまた、海外にも活躍の場があるため利益を大きく見込めることができ、年収600万以上も難しくないと考えられています。海外進出をしている商社に入るには外国語の取得が有利になるでしょう。

年収600万を超える職種4:メーカー

メーカーとは、その言葉通りモノ作りをおこなっている企業のことです。販売だけする業者よりも利益率が高いので、生産販売を手掛けるメーカーは年収600万円以上が見込める職種といっていいでしょう。

ただここで利益を高く得るには、広く求められているモノを作ることができなければなりません。そのためには広い視野や発想の自由さが必要といえる業種ともいえます。

年収600万を超える職種5:医療・医薬品

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
医療系のビジネスは需要が多く、これからも長く発展することのできる分野といえます。また、医療関係者はその特殊な資格により報酬が高く設定されるので、年収600万円を超えることは難しくないといえるでしょう。さらに医薬品関係でも取り扱う商品が高額になるために、ビジネスでは高い収入が見込まれます。

ただ医療や医薬品を取り扱うには、難易度の高い国家資格が必要であるところがネックになるでしょう。

年収600万を超える職種6:コンサル

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
近頃では、ネットでもコンサルタントをする人が増えてきました。このコンサルタント業では、一人に付き数十万単位で料金が設定されているものが一般的です。そのためコンサルタント業は年収600万円以上になるのも頷けるところです。

ただ、このコンサルタント業は知識が豊富なだけでなく、話術が高くないと人を集めることができないでしょう。また、多くは自営のため税金管理を含めた業務一般を自分で行うことになります。

年収600万を超える職種7:金融

金融業には銀行以外にも証券会社や保険会社、さらに消費者ローン会社があります。これら金融業のしくみは商社と同じで、お金を動かすことで利益を得る職種です。

こうした会社では、大手ほど動くお金の額も大きくなることで利益も増え、年収600万も珍しくはなくなるでしょう。

年収600万を超える職種8:メディア

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
現代では、新聞やテレビを超えインターネットがメディアの代表となっています。文字と画像そして動画が活用できるインターネットでは、これを利用してビジネスに結び付ける人が次々に登場しています。

人気ユーチューバーやインフルエンサーは、このメディアを使って人気を収入に変換するというビジネスで年収600万円以上を得ているといいます。ただ、これほどになるにはよほどの人気を集めることが必至条件になるでしょう。

年収600万の人が支払う社会保険料3つと税金3つ

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
現代社会は、税金を納めるシステムで成り立っていると言っても過言ではありません。それは収入が多ければ多いほど、収める税金も多くなるシステムでもあります。

では、年収600万円もの報酬を受けた場合には、どういった税金を納める必要があるのでしょうか。そこでここでは年収が高い人が払うべき3種類の社会保険料と税金についてお伝えしていきます。

年収600万の人が支払う社会保険料1:厚生年金

厚生年金は、税金というよりは保険です。しかし、給与から差し引かれるために手取りが少なくなるものということでは税金と同じことになります。

これは、従業員5人以上の企業では強制加入が定められています。なので、個人経営の場合は加入する必要はありません。

またその金額は、給与に沿って計算されるので、企業によって変わりますが、年収が多いほど引かれる金額は大きくなります。

年収600万の人が支払う社会保険料2:健康保険

日本には国民皆保険制度があるため、自営業であってもサラリーマンであっても健康保険に加入しなければなりません。

自営業の場合は国民健康保険となり保険料は基本的には一律ですが、企業に勤めるサラリーマンは社会健康保険給与によって保険料が変わってきます。よって年収600万以上になれば健康保険料もそれなりに高くなるでしょう。

年収600万の人が支払う社会保険料3:雇用保険

雇用保険は、サラリーマンの仕事を補填してくれる保険と考えるといいでしょう。この保険に入っていれば、失業した場合、会社が給料を払えなくなった場合などにお金を支払ってもらええます。

またこれは毎年職種によって保険料率で決められているので、年収600万円と決まっていても年によって雇用保険の金額は変わります。

以上3つの保険では手取りが少なくなりますが、収める税金の控除も受けられるので覚えておきましょう。

年収600万の人が支払う税金1:所得税

所得税は、所得に応じてかけられる税金のことです。ただ日本では超過累進課税が採用されているために、収入が多いほど多くの所得税を納めるようになっています。

サラリーマンの場合は企業側で計算をしてくれますが、自営業者は自分で収入や控除額を計算して、収めるべき所得税を算出しなければなりません。

この場合には、個人事業者で年収600万円あっても、所得税を引くとそれ以下になることもあるでしょう。

年収600万の人が支払う税金2:住民税

住民税は日本国民すべてに課せらる税金で、都道府県民税と市町村民税があり、自治体に収めるようになっています。

基本的に住民税の課税率は一律ですが、所得に応じて課税率をかけるので、結果的に年収600万を超えるような場合は、それに合わせて住民税の金額も増えるということになります。

年収600万の人が支払う税金3:源泉所得税

毎月の給料から所得税の代わりに差し引かれる税金のことを源泉所得税といいます。一年分の所得は一年たたないと正確にはわかりませんが、企業は従業員に代わって毎月この所得税という税金を納めなければなりません。

そこで前もって給料から予想される金額を差し引くようにしているのが源泉所得税です。所得に伴って金額が増える税金と考えるといいでしょう。

年収600万の簡単にできる税金対策6つ

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
これまで見てきたように、収入がある限りはいくつもの税金が収入から引かれることは避けて通れない問題です。年収600万ともなれば引かれる税金も大きいものになるでしょう。

しかし、この税金も合法的に税金を節約することは可能です。そこでここからはそんな節税をする方法についてご紹介していきます。

年収600万の簡単にできる税金対策1:iDeco

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
iDeCoは個人型確定拠出年金という、いわゆる自分で積み立てる年金のことです。これは銀行や証券会社など多くの金融機関で加入することができます。

このiDeCoに加入することでなぜ税金が節約されるのかというと、iDeCoに積み立てる金額は所得税から控除されるからです。年収600万の場合にたとえば掛け金を毎月2万円程度に設定すると、1年間で約8万円の節税になります。

年収600万の簡単にできる税金対策2:ふるさと納税

返礼品で人気を集めている「ふるさと納税」も税金対策として有効といえます。ふるさと納税は税金の寄付ということですから所得税控除の対象として扱われます。

たとえば年収600万の既婚サラリーマンが65000円のふるさと納税をした場合、所得税控除と還付金で63000円が戻ることになります。つまり実質の支払いは2000円で済むということです。そしてこの2000円で返礼品が貰えるということになります。

年収600万の簡単にできる税金対策3:特定支出控除

特定支出控除とは、サラリーマンが職務に必要な費用が経費として認められ、所得から控除されるシステムのことです。

特定支出控除になる費用としては、業務に必要な研修に必要な費用、資格を取得する費用などがあります。 これが認められれば、所得にかかる税金が少なくなり、節税対策になるでしょう。

ただ、この控除を受けるには勤務先からの「特別支出」だという証明書が必要になり、確定申告も個々で行なう必要があります。

年収600万の簡単にできる税金対策4:セルフメディケーション税制

これを使うと、年間に使用する医薬品代を所得から控除できるので、税金を押さえることができます。医療費控除制度では、年間にかかった医療費が10万円以上でないと申告できません。しかし、セルフメディケーション税制では年間の医薬品代が12,000円以上なら年収600万以上でも申告することができます。

ただ、セルフメディケーション税制が使える医薬品は限定されているので、医薬品の選定には注意しましょう。

年収600万の簡単にできる税金対策5:両親を扶養に入れる

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
ご両親の年収が38万円以下で、あなたが生活費を工面している場合は、同居でなくてもご両親を扶養家族にすることができ、扶養控除を受けることができます。

さらにご両親が70歳以上の場合は老親扶養親族として控除額が上がります。この場合は年収600万以上であっても、所得税率に48万円をかけた額が軽減されるので税金対策になることは間違いありません。

年収600万の簡単にできる税金対策6:生命保険料控除を賢く利用する

生命保険に支払う金額も、所得から控除される対象になっています。これは加入する保険料が高額になるほど控除額も増えます。 支払っている保険料が2万円以下なら全額が、8万円以上では4万円が控除額になっています。

これは所得税だけでなく住民税に対しても控除が適用されるので税金対策には強い味方となるでしょう。

年収600万の場合は賢く税金対策をしましょう

年収600万の人が支払う社会保険料と税金|簡単にできる税金対策の紹介!
日本の平均年収が432万円といわれている現代では、年収600万円というのは高額所得者といえるでしょう。 ただ、高額所得者は所得税が高くなりますので、高額所得者ほど税金対策が必要になると考えられます。そのためにも、これまでご紹介した税金対策を参考にして、賢く所得を守っていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related