Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月09日

人材採用のコツ10こ|利便性の高い採用管理システムのポイントを紹介!

人材採用ではどういったコツがあるのかについて10こ紹介します。また人材採用においてとても重要な役割を担ってくれる、採用管理システムについても詳しく紹介します。人材採用のコツと採用管理システム両方をいかして納得のいく採用を行えるようにしましょう。

人材採用のコツ10こ|利便性の高い採用管理システムのポイントを紹介!

採用の方法

採用するためにはまず、応募者が来てくれないと話は始まりません。採用のコツを紹介する前に、どういった求人媒体があるのかを紹介します。

それぞれの求人媒体に採用の手法の特徴があるので、まずはきっかけとなるこの部分を把握して、応募者との最初のコンタクトを上手く行えるようにしましょう。

採用の方法1:ハローワーク

ハローワークの最大の特徴は、職員が居るということです。応募候補者との接点にもなってくれるため、まずはハローワークにとって紹介しやすい情報をしっかり送ることが重要です。

場合によっては、おすすめの求人として紹介してくれることもあるため、上手く活用できれば心強い味方になってくれます。

採用の方法2:紙媒体

紙媒体は新聞や雑誌など様々な形がありますが、全てに共通している部分は、スペースに余裕が無いということと、他の求人と並べられやすいという二点の問題点です。

限られたスペースで他の求人と並べられた中で目立つようにする必要があるため、難しい部分もあります。基本的に応募は電話で行うため、電話対応の部分でも応募者が感じる最初のイメージに影響があるため、注意が必要です。

採用の方法3:Web媒体

最近ではWeb媒体での採用が多くなってきています。画像や動画など応募者に多くの情報を伝えやすいのが特徴であり、最大のメリットです。

他の媒体をはるかに上回る企業数を取り扱っているため、競争相手が多いという特徴もありますが、メリットの方が大きいため有効活用しましょう。

メールでの応募や面接希望日程なども同時にできることもあり、採用や電話担当の手間が省けるというのも重要なメリットです。

人材採用のコツ10こ

人材採用のコツ10こ|利便性の高い採用管理システムのポイントを紹介!
人材採用を上手く続けるためのコツを10こ紹介します。面接や面談を行う前の準備であったり、応募者と顔を合わせた時の見るポイントや話し方のポイント、そしてそれをどうやって評価していくのかという、人材採用の一連の流れに使えるコツです。

一度に全部を変えるというのも難しいですので、現状何が足りないのかを考えましょう。そして優先的に取り入れるべきこと、すぐに実践できることを見つけてみてください。

人材採用のコツ1:優先項目と優先順位の設定

人材採用のコツ10こ|利便性の高い採用管理システムのポイントを紹介!
採用する側がどういった人材が欲しいのかはっきりとできていない状態で、いい人材を選んで採用するというのは難しい話です。

応募者に求めたい部分をはっきりと持っておくことが、職場に適した人材を採用する最も基本的なコツです。

しかし、あれもこれも求め始めるとどうしようもなくなるので、これだけは絶対に優先したいという項目や、いくつかある項目の優先順位を明確に作っておくといいでしょう。

人材採用のコツ2:面接や面談の均質化

面接や面談を行う人間が一人であればその人の中で、一連の流れや質問の内容を決めるだけで済みますが、複数人いる場合には、それぞれの性格や話し方などの特徴から、面接や面談の質が変わってきてしまいます。

一定の基準を全員で共有することで、会社側が求める人材を採用できるようにするのも重要なコツです。特定の質問を全員で行ったり、面接官同士でもお互いの面接を見合って、情報共有するとよいでしょう。

人材採用のコツ3:イノベーションを生み出せる採用を行う

ありきたりな質問やごく普通の形での面接では、応募者の内に秘めた光る部分や尖った部分を見つけることは難しいです。

応募者の長所をイノベーションにつなげたいと考える、技術系やアイデアを重視する会社の場合、面接の時点からそういった部分を見極めるように工夫する必要があります。

GoogleやAppleなどといった超大手のイノベーション企業の真似をしてみるだけでなく、自分達で考えることも重要です。

人材採用のコツ4:口説く力を身につける

いい人材というのは、他の企業からも同じようにいい人材だと思われて目をつけられている可能性は大です。そういった応募者が来た場合、面接官が努力をして会社に引き入れる必要があります。

引き入れることも他社との競争になるため、口説き落とすというのも重要なコツです。どのようなことを応募者が求めているのかまで見抜いて、そこをしっかりとアピールするまでが採用担当の腕の見せ所です。

人材採用のコツ5:評価ツールの導入・活用

どうしても面接や面談は人間が行うものですので、その時のちょっとしたメンタルの変化などで、受け取り方が変わってしまうこともあります。

質を均一化するのもコツですが、それを評価する部分もなるべく一定の基準を定めることも重要ですので、個人的な部分での差が生まれないようにするのも採用のコツと言えるでしょう。そのためにも、評価をするためのツールを導入して活用するようにしましょう。

人材採用のコツ6:在職者の転職意欲を把握する

応募者が在職者の場合、どれだけ転職意欲を持っているかというのは面接において重要なキーワードになってきます。

意欲の高い人であれば能力面の評価などを重視して見ればいいですが、意欲がそこまで高くない人の場合、会社から求められているんだという実感が無いと、転職を決意しようと思ってくれないこともあります。

能力を見極めるのも重要ですが、応募者の気持ちを汲み取って力を入れる部分を変えるのも重要なコツです。

人材採用のコツ7:企業の魅力を生み出す努力を行う

応募者の多くは複数の企業の面接を受けています。優秀だと判断されやすい人であれば、どの会社にするか選べる状況ということも少なくありません。

そういった人材に来てもらうためには、企業の魅力をしっかりアピールできるような、企業側の努力も重要になってきます。企業の魅力は、採用担当がちゃんとした人材を集めることでも協力できます。

魅力を生み出して、それを次でアピールするという循環を作るようにしましょう。

人材採用のコツ8:応募者の質と量を両立させる

応募者に多くのものを求めすぎていては、最も肝心な採用人数をクリアすることができないという一番やってはいけない状況に陥ってしまいます。

応募者が来やすい状況を作って、ある程度の量を確保しておくことは重要な部分です。そうすれば、他のコツをいかしてその中から質を見極めて採用する余裕がでてきます。

余裕のない面接では、応募者も雰囲気で察してしまい、この会社には余裕が無いんだなと思われてしまいます。

人材採用のコツ9:ターゲットの明確な設定

人材採用において、優先順位をしっかり決めておくコツは紹介しましたが、基本的な部分で重要なのは、ターゲットを明確に設定するということです。

どういった人をターゲットにするのか、という部分がしっかり固まっていなければ、この文章で紹介しているコツは全て無意味になってしまうます。明確なターゲットを作って、採用担当全員で共有することが基本中の基本のコツです。

人材採用のコツ10:業務内容を明文化する

業務内容がしっかりと説明されていないと、応募者は不安になってしまいます。なんでも質問しやすい雰囲気を作れたとしても、そういった努力を応募者に押し付けるのは得策ではありません。

仮に他社がしっかりと明文化していた場合、応募者の意識がそちらに流れていくことは当然の事です。これはコツというよりも、企業としての体質にも関係する部分ですので、採用担当と会社側がどれだけしっかりやるのかが大切になります。

利便性の高い採用管理システムポイント6つ

人材採用のコツ10こ|利便性の高い採用管理システムのポイントを紹介!
人材採用には採用管理システムを活用することを強くおすすめします。採用システムを上手く活用できれば、その時のいい人材を採用しやすくなるだけでなく、採用のレベルを年々上げていくことも可能です。

長い目で見てもっと良くなっていけるような利便性の高い採用管理システムを構築して、活用していくようにしましょう。

利便性の高い採用管理システムポイント1: 選考内容・評価の保存

利便性の高い採用管理システムの最もシンプルなポイントは、評価の保存が可能かどうかという部分です。しかし、ただ保存しているだけでは宝の持ち腐れです。

これまで紹介してきたようなコツをいかしたり、採用したりしてきた経歴を保存し重ねていくことで、次の採用の時に有効活用できるデータを見つけることができれば、保存できた情報を最大限活用できたということになります。保存と活用をセットで行うまでがコツです。

利便性の高い採用管理システムポイント2:応募者・採用者とのメール管理

人材採用のコツ10こ|利便性の高い採用管理システムのポイントを紹介!
人材採用にはメールでのやりとりが頻繁に使われるため、これを上手く管理できるかどうかで、採用担当の業務がどれだけスムーズに行えるかが大きく変わってきます。

メールを使った情報共有とその文章としての保存は、様々な場面でいかせる部分ですので、メールを有効活用することができる採用管理システムは利便性が高いです。

情報共有は採用のコツをいかすのにも大変重要な部分ですので、おろそかにしないようにしましょう。

利便性の高い採用管理システムポイント3:自動分析・レポート化ができる

採用に関するコツや注目すべきポイントというのはとても多いです。それを1つ1つ人間が確認して分析していては、とても大きな時間と労力がかかってしまいます。

分析とその結果のレポート化を自動で行ってくれる採用管理システムは、採用担当に余裕を与えてクリアな判断を下せるようになるという意味でも、大きな効果が期待できます。分析とレポート化が機械によって一律で行われれば、保存の部分においても効果的です。

利便性の高い採用管理システムポイント4:適性検査の実施と管理

最近では多くの企業の面接で適性検査を導入しています。科学的に考案された適性検査というのは、上手く機能するかどうかという以前に、しっかりとした審査基準が存在します。

面接というのは、人間の判断にゆだねられる部分がほとんどだったため、個人差が問題点でしたが、適性検査では一定の基準で判断を行うことができます。これは面接において貴重で正確なデータになりますので、有効活用するのを強くおすすめします。

利便性の高い採用管理システムポイント5:求人に対する応募者の登録・管理

応募者が複数人居る場合には、応募者の情報をどれだけスムーズに管理できるかどうかも重要です。応募者同士の比較や、面接を重ねるごとにアップデートされる情報を管理する時に、採用管理システムを使ってまとめることはとても有意義です。

過去の応募者のデータと合わせて管理できれば、採用の時に使うコツにも利用することが可能です。

利便性の高い採用管理システムポイント6:求人媒体への一括掲載

求人媒体への情報掲載が上手くいくかどうかは、企業が募集をかけていることをどれだけ世間に広められるかに直結します。

コツでも紹介したように、応募者の人数にある程度の余裕がある事も重要ですので、応募者を広く集めるというのは面接において欠かすことのできないポイントです。

複数の求人媒体への一括掲載が可能であれば、採用担当は手間が省けるため、採用の審査に集中することができます。

人材採用のコツをしっかりと押さえましょう

人材採用にはコツがいくつもあります。まずはコツを一つ一つをしっかり採用担当が理解して、採用管理システムなどの助けを借りて上手くそれらのコツを運用することで、納得のいく採用が行えます。

採用管理システムを導入しても、運用する採用担当が着目するポイントを見失っていては効果がありませんので、まずはどういったコツがあるのかをしっかり押さえることが先決です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related