Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費

年収480万という人は、平均よりもやや多い年収です。ただ、どのような生活水準で生活しているのか、とても気になる人も多いでしょう。そこで、家族構成別に年収480万円の一般的な生活費を紹介していきます。同じぐらいの年収の人は、参考にしてみましょう。

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費

年収480万円の手取り額

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
年収480万の手取りは、約380万円から395万円程度です。手取りから差し引かれる金額は、住んでいる地域や扶養家族がどの程度いるのかによって変わってきます。

ただ、約100万円程度は社会保険料として取られることが多いです。そのため、年収480万合っても生活レベルが高ければ毎月きついなと感じる人も少なくありません。ただこの年収は一般的な家庭よりは多い手取り額だと言えるでしょう。

手取り額の計算式

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
手取り額の計算式は、毎月の給料から所得税や住民税、年金や健康保険を引くと良いです。所得税は、残業代が多ければ額が毎月変わるので、毎月計算する必要があるでしょう。

さらに、会社によっては労働組合費や退職金の積み立て金、社宅の家賃などが控除として引かれることがあります。気になる人は、まず自分が何円控除されているのか確認することで性格な手取り額が分かります。年収480万円でない人も計算してみましょう。

年収480万の一人暮らし生活費7つ

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
年収480万で一人暮らしの人の生活費について、7つの視点から紹介していきます。年収480万の一人暮らしをしている人やこれから一人暮らしを始めようと考えている人は、参考にしてみましょう。

一人暮らしの場合はどのレベルの生活をするのかを自分でも選びやすいです。そのため、貯金をもっと増やしたいという人の要望や良いところに住みたいという気持ちも自分次第でしょう。自分の今後の生活について、良く考えてみましょう。

年収480万の二人暮らし生活費1:家賃

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
年収480万の一人暮らしの人の家賃の平均は、9万円程度です。9万円あれば、地方であれば十分な広さの家に住むことができるでしょう。ただ都内となると、駅から遠い物件になることも多いです。

年収480万の一人暮らしの人で趣味などの部屋を持ちたい場合は、通勤には時間がかかりますが郊外で部屋を探した方が良いでしょう。ワンルームでOKと言う場合はこの金額で十分な場合もあります。

年収480万の二人暮らし生活費2:水道・光熱費

年収480万の一人暮らし生活費の水道・光熱費は、1万円程度でOKです。一人暮らしなので、ほとんど家にはいないという人も多いでしょう。節約したい人はもっと少ない金額でOKと言う場合もあります。

ただ、地域によって水道代が異なるのでもう少しかかる人もいます。節約上手な人は、光熱費の深夜料金の時間を上手く使ったりすることもおすすめです。お風呂はシャワーか湯船派でも値段が変わってくるでしょう。

年収480万の一人暮らし生活費3:通信費

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
年収480万の一人暮らし生活の通信費は、1万円程度です。節約したい人は、格安携帯などにしてみてもっと通信費を下げても良いでしょう。一人暮らしなので、固定電話などが無くても支障が無いという人も多いです。

さらに、モバイルタイプのWi-Fiルーターを使った方が外出先でも使えてお得に利用できる場合もあります。通信費は工夫すれば通信内容を気にすることなく安く使うことも夢ではありません。

年収480万の一人暮らし生活費4:食費

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
年収480万の一人暮らしの食費は、5万円前後です。ただこの金額は、自炊している人か外食している人なのかで大きく変わってきます。なるべく節約したい人は、自炊してみましょう。

さらに、スーパーでは割引が多い時間帯に足を運んだり、特売日に食材を購入することで大きな節約に繋がることがあります。工夫次第で節約できるので、貯金したい人は頑張ってみましょう。

年収480万の一人暮らし生活費5:交際費

年収480万の一人暮らしの交際費は、3万円程度です。年収480万である人は、仕事の付き合いも多い傾向にあります。さらに友人の結婚式などが立て続けば、さらに交際費が掛かる場合があります。

交際費は、月によって変動があるので節約できる時があれば、節約していきましょう。参加しなくてもOKな飲み会などは、何度かパスするなど勇気を持つことが大切です。この部分の割合が多いという人は、付き合い方を考えてみましょう。

年収480万の一人暮らし生活費6:趣味

年収480万の一人暮らしの人の趣味代は、約2万円です。ただし、人によっては趣味にお金がかかるという人も少なくありません。一人暮らしなので、趣味に生きているという人も多いでしょう。

趣味に力を入れている人は、貯金の割合を少なくして趣味にしているという場合も多いです。もし趣味にお金がかかり過ぎていると感じている人は、別の夢中になれる趣味を探してみても良いでしょう。お金を掛けずにできる趣味も多いです。

年収480万の一人暮らし生活費7:貯金

年収480万の一人暮らしの貯金額は、6万円程度が一般的です。ただ計画的にお金を使っていない人の場合は、貯金が全くないこともあります。これは、人の考え方によります。

貯金が多い人は、節約を心掛けて生活していることが多いです。貯金を多くしたい人は、一人暮らしであれば生活水準を少し下げるなど工夫をすれば簡単に行うことができます。自分がどの程度貯金したいのか考えて生活すると良いでしょう。

年収480万の二人暮らし生活費7つ

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
ここからは、年収480万の二人暮らし生活費について紹介していきます。年収480万の二人暮らしは、多くの場合は夫婦やパートナーとの生活と言う場合が多いでしょう。

さらにこの年収の場合は、どちらかが正社員で片方がパートやアルバイト、若しくは専業主婦と言うケースも少なくありません。上手く節約すれば、余裕のある生活をすることができる年収と言えるでしょう。将来に備えてしっかり節約していきましょう。

年収480万の二人暮らし生活費1:家賃

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
年収480万の二人暮らし生活費の家賃は、約8万円です。地方であれば、新婚カップル用のアパートやマンションで過ごせる金額と言えるでしょう。都内であれば、やや駅から離れた場所か築年数が古い場所の場合もあります。

ただ、会社によっては家賃補助などが出るケースもあります。さらに社宅があるケースなどは、もっと節約することも夢ではありません。どの場所に住むかは、2人でよく話合うと良いでしょう。

年収480万の二人暮らし生活費2:水道・光熱費

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
年収480万の二人暮らし生活費のうち水道・光熱費は、1.5万円程度です。2人暮らしになるので、1人暮らしの時よりはお金がかかることがあります。2人でよく話し合って、節約していきましょう。

例えば今までシャワーしか浴びていなかった人が、浴槽に浸かるパートナーと一緒に住んだ場合は水道代が大きく変わるでしょう。洗濯物の量も増えるので、光熱費も一人暮らしの時とは違うと感じる人も多いです。

年収480万の二人暮らし生活費3:通信費

年収480万の二人暮らし生活費の通信費は、1.5万円程度です。スマホ代も一人暮らしの時よりはかかるなと感じる人も多く、2人のスマホの料金プランなどを見直す必要があるでしょう。

スマホによっては、家族で同じ会社を利用した方が安くなるケースもあります。また2人で通信費を分け合うようなプランも登場しているので、2人でお店に相談しに行った方が良いケースもあります。通信速度の考え方も相談しておくと良いです。

年収480万の二人暮らし生活費4:食費

年収480万の二人暮らし生活費の食費は、約6万円程度です。食費を少なくしたい場合は、なるべく自炊することがおすすめです。一人よりも二人の方が食材のロスが少ないことばあるので、工夫次第ではもっと少なくできます。

さらに、お弁当を持っていて節約するなどすることが良いでしょう。そして、特別な日にのみ外食するなどすると良いです。食材の買い出しを共に行くことで、デート気分も味わえるでしょう。

年収480万の二人暮らし生活費5:交際費

年収480万の二人暮らしの交際費は、2万円です。一人暮らしの時に比べて、付き合いで飲みに行くケースも大幅に減るでしょう。さらに、交際費を削って他の費用に充てるというカップルも多いです。

さらに、今まで恋人として付き合ってきたけれど結婚したことによって、恋人に使っていた交際費を大幅にカットすることができます。結婚した方がカットしやすい部分なので、今一度見直してみましょう。

年収480万の二人暮らし生活費6:趣味

年収480万の二人暮らしの趣味にかかるお金は、2万円程度です。二人で同じ趣味である場合は、この部分の理解度も高いでしょう。ただ、趣味が違う場合は理解されず、喧嘩の原因になることもあります。

さらに、一人暮らしの時よりも趣味代は削る必要があります。今まで一人で使っていた趣味代も2人でシェアしなければなりません。なるべくお金のかからない趣味を2人で行うなど工夫してみましょう。

年収480万の二人暮らし生活費7:貯金

年収480万の二人暮らしの貯金代は、6万円ほどが理想です。しかし、なかなか理想的な貯金ができずに悩む人も多いでしょう。二人でしっかり話あって貯金することが、大切です。

二人で暮らしている人の中には、将来子供が欲しかったり、独立して仕事がしたいという野望を抱いている人も多いでしょう。その時のためにもなるべく貯金できるように、2人で考えていく必要があります。お互いの収支状況をチェックしましょう。

年収480万の子供が一人いる場合の生活費7つ

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
それでは、年収480万の子供が一人いる場合の生活費について紹介していきます。子供がいる家庭では、いない家庭に比べて収支が多いです。そのため、貯金したくてもできない場合も少なくありません。

ただ、子供がいる場合は、お金では変えられない喜びや発見を体験することができます。生活を節約する必要がありますが、充実感のある毎日が過ごせるでしょう。2人以上欲しい場合は、さらに生活を切り詰める必要があります。

年収480万の子供が一人いる場合の生活費1:家賃

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
年収480万の子供が一人いる場合の家賃は、8万円程度です。ただ、一人暮らしや二人暮らしの時と比べて部屋数が必要なので、できれば郊外などに住んだ方が良いでしょう。

さらにこの世帯は、そろそろマイホームが欲しいと思う場合も多いでしょう。住宅ローンを組むこともできる年収ではありますが、貯金を崩して頭金などを用意する必要があります。よく相談して家賃をどうするのか決めましょう。

年収480万の子供が一人いる場合の生活費2:水道・光熱費

年収480万の子供が一人いる場合の水道・光熱費は、2万円程度です。子供がいると光熱費も上がってしまうことが、少なくありません。水道・光熱費は、ある程度は節約できる部分なのでエアコンの使い過ぎなどに注意しましょう。

さらに、子供がいる家庭では何度も洗濯機を回す必要があったりして苦労することも少なくありません。ただ、お風呂の残り湯を使うなどの工夫をするなど地道な努力を続けると良いでしょう。

年収480万の子供が一人いる場合の生活費3:通信費

年収480万の子供が一人いる場合の通信費は、1.5万円程度です。子供の年齢にもよりますが、子供がまだ小さい間はスマホなどを持たせる必要が無く節約できる部分でしょう。

ただ、子供がスマホを持ち始めるとさらに値段が掛かる場合もあります。使いすぎない用に子どもとしっかり話をしたり、格安スマホなどを利用するなどを心がけましょう。通信費を節約することは、料金の見直しなどを定期的に行えば不可能ではありません。

年収480万の子供が一人いる場合の生活費4:食費

年収480万の子供が一人いる場合の食費は、6万円です。子供がいる家庭では、どうしても食費の割合が高くなってしまいます。スーパーでは、割引の商品を狙うなどして節約に努めましょう。

この部分を節約したい場合は、子供ではなく親の食べる量を少なくしたり外食を少なくする必要があります。今まで昼ご飯を外で食べてたという人も、お弁当持参で仕事に行くなど工夫することが大切でしょう。

年収480万の子供が一人いる場合の生活費5:交際費

年収480万の子供が一人いる場合の交際費は、2万円程度です。一人暮らしの時と比べても減っているので、子供中心の生活を送るという人も少なくないでしょう。

さらに子供ができたことで、地域の人とのつながりも増えてきています。そのため、地方に住んでいる人は近隣の人との交際費が掛かって貯金できないということもあるでしょう。ただあまり削ってしまうと付き合いが悪いと言われてしまうので、要注意です。

年収480万の子供が一人いる場合の生活費6:趣味

年収480万の子供が一人いる場合の趣味のお金は、2万円程度です。ただ、多くの場合は大人の趣味代は大きく削られてしまうことが、少なくありません。

子供の習い事代がかかる場合は、この部分が削られてしまうでしょう。そのため、以前はお金のかかる趣味をしていたという人であっても、子供ができたことで見直しを行う必要があります。

年収480万の子供が一人いる場合の生活費7:貯金

年収480万の子供が一人いる場合の貯金は、3万円程度です。ただ、現実的には貯金は難しいという家庭も少なくないでしょう。ボーナスなどがある場合は、そちらを貯金に回すなどやりくりを上手にすることが大切です。

さらに貯金を増やしたいという人は、先取り貯金などを上手く利用して貯金すると良いでしょう。子供の学費などは、学資保険などを利用して貯めるということもおすすめです。

家族構成によって生活水準は変わる

年収480万の一人暮らしの生活費7つ|夫婦二人や子供がいる家庭の生活費
同じ年収480万であっても家族構成が、生活水準に大きく影響します。子供がいることはお金がかかりますが、それ以上の喜びもあります。自分のライフプランを考えて、生活水準を変えていくと良いでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related