Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月20日

月給21万円の手取り額は?給与アップを目指せるおすすめ転職サイトの紹介!

転職サイトなどに記載された月給は手取り額ではありません。たとえば21万円の給料だった場合には、何がどのくらい引かれ、またその残った手取り額で、どのような生活が可能なのでしょうか。一人暮らしで21万円の手取りのリアルな生活を検討してみました。

月給21万円の手取り額は?給与アップを目指せるおすすめ転職サイトの紹介!

月給21万の手取り額は?

月給21万円の手取り額は?給与アップを目指せるおすすめ転職サイトの紹介!
月給21万から社会保険料や税金など必要な控除額を天引きされたあとの金額を手取り額といいます。手取り額は実際に使うことのできるお金です。

月給から控除されるものには種類があります。それぞれについてどのくらいの控除額になるのかをまとめてみたので、気になる方は参考にしてみてください。

月給21万の控除額6つ

転職サイトなどに記された月給の金額は手取り金額ではありません。つまり月給が21万円の場合、この金額すべてを使うことはできません。

月給には「額面」と「手取り」の2種類が存在します。月給の額面金額とは、社会保険料や税金などが控除される前の金額のことをいいます。そして手取り金額は、これら社会保険料や税金を控除したあとの金額のことをいいます。

この手取り額が実際に受け取ることのできる手取りの金額です。

月給21万の控除額1:厚生年金

厚生年金とは会社員が加入する公的な年金制度のことです。厚生年金は、標準報酬月額×保険料率で計算することができます。

平均報酬月額というのは給与の平均額のことです。基本的には4~6月の給与の平均で決定されるので、この時期に給与が多いと保険料は高くなります。

例えば、東京都在住で、25歳の扶養家族のいない独身男性の場合、月給21万の手取り額で計算するため、控除する厚生年金は、20,130円となります。

月給21万の控除額2:健康保険

会社員は会社の健康保険に加入します。健康保険の仕組みは、病気やけがをしたとき治療や医薬品を購入などの医療費を、加入者がお互いに支え合う相互扶助の精神のもと成り立っています。ちなみに公務員の場合は、共済組合に加入することになります。

上記と同様、例えば東京都在住で25歳の扶養家族のいない独身男性の場合、月給21万の手取り額で計算するため、控除する健康保険は、10,890円となります。

月給21万の控除額3:雇用保険

雇用保険とは従業員が雇用の安定や生活を図るためであったり、転職したときの援助を受けたりすることができる保険制度です。また労働者が失業したときには失業給付を受けることができることで知られています。

雇用保険料の計算は賃金総額×雇用保険料率で計算することができます。東京都在住で25歳の扶養家族のいない独身男性の場合、月給21万の手取り額で計算するため、控除する雇用保険は630円となります。

月給21万の控除額4:所得税

所得税は、所得に対して課税される国税のことです。毎年1月1日から12月31日までの一年間の所得に対して、所得控除をしたものを課税所得といい、税率をかけると所得税が計算されます。具体的な所得税の計算式は、課税所得×税率-税額控除額となっています。

東京都在住で25歳の扶養家族のいない独身男性の場合、月給21万の手取り額で計算するため、控除する所得税は3,558円となります。

月給21万の控除額5:住民税

住民税というのは地方税のことで、都道府県や市町村に納める税金のことです。そして住民税は道府県民税と市町村に分けられています。

また、住民税はそれぞれに所得に対して計算される所得割と、一律に定められた均等割というものに分けられ合算して計算されます。

また上記と同様、東京都在住で25歳の扶養家族のいない独身男性の場合、月給21万の手取り額で計算するため、控除する住民税は7,741円となります。

月給21万の控除額6:源泉所得税

源泉所得税というのは、所得税の一種のことです。所得税は原則、その本人自身が年間の所得金額から税金の計算をして申告し、納付することになっています。これを申告納税制度といいます。

源泉所得税は、所得支払者によって、所得が支払われるたびに所定の方法で所得税額を計算し、支払額から差し引いて国税を納付することになっています。上記例では月給21万から控除すると、手取り額は167,051円となります。

月給21万円の手取りで一人暮らしに必要な生活費7項目

月給21万円の手取り額は?給与アップを目指せるおすすめ転職サイトの紹介!
月給21万円の人が、その手取り額によって一人暮らしをする場合、生活にかかる経費はいったいいくら必要なんでしょうか。月給21万から社会保険料や税金を控除すると、手取り額は18万円程度になります。

月給21万の手取りの中から、具体的に必要だと思われる費用をひとつひとつ上げて検証してみました。支給された給与の手取りで、毎月どのような生活ができ、またどの程度の余裕があるのか、転職の際の目安にしてください。

月給21万円の手取りで必要な生活費1:家賃

月給21万から社会保険料や税金を控除すると手取り額は18万円です。金銭的に余裕を持って生活をするには家賃はどのくらいが良いでしょうか。

家賃は生活費の中でも大きく、そして必ず必要な経費となっています。できるだけ安くていい環境を望みますが、手取り額には限りがあります。よく検討しましょう。

月給21万円から家賃として支払うことのできる金額は、6万円程度だと全体的に余裕のある生活ができます。

月給21万円の手取りで必要な生活費2:水道・光熱費

月給21万から社会保険料等が控除されると、実質の手取り額は18万円となります。18万円で焦ることなく生活をするには、水道・光熱費はどのくらいがいいのでしょうか。

生活をする上で、水道・光熱費も必ず必要な経費です。ただ、水道・光熱費の場合は、節約を心掛ければ、ある程度の費用の調節は可能です。

月給21万円から、水道・光熱費として支払うことのできる金額は、1万円程度だと全体的に余裕のある生活ができます。

月給21万円の手取りで必要な生活費3:通信費

社会保険料や税金が控除され、月給21万が手取り18万円とした場合の、通信費はどのくらいがベストなのでしょうか。

生活をする上で、今や通信費は欠かせないものとなっています。携帯電話やインターネットなど、固定費として準備しておく必要があります。

月給21万円から通信費として支払うことのできる金額は、2万円程度だと全体的に余裕のある生活ができます。

月給21万円の手取りで必要な生活費4:食費

手取り額が18万円でも、余裕を持って生活をするには、食費をどのくらいにするべきでしょうか。

生活をする上でもちろん食費も欠かすことのできない経費です。しかし食費は工夫次第によっては大幅に節約することが可能です。。

月給21万円から食費として支払うことのできる金額は、2万円程度だと全体的に余裕のある生活ができます。

月給21万円の手取りで必要な生活費5:交際費

社会で生きていくには、交際費は必ず必要な経費です。その時によって違いますが、毎月はじめから分けておくようにすると、いざという時慌てなくて済みます。

月給21万円から、交際費として支払うことのできる金額は、1万円程度だと全体的に余裕のある生活ができます。

月給21万円の手取りで必要な生活費6:趣味

趣味または被服など自己投資にかかる費用は生活とは直結しませんが、これらによって自己投資をすることは今後の生活にもつながる大切な費用です。

月給21万円から、趣味などの費用として支払うことのできる金額は、2万円程度だと全体的に余裕のある生活ができます。

月給21万円の手取りで必要な生活費7:貯金

生活をする上で、上記の外にもさまざまな雑費が毎月必要です。それらもろもろの経費を引いて、手元に残ったお金を貯蓄します。

月給21万円から、経費を支払ったあと、貯蓄として残しておくベストな金額は3万円で、将来のために少しでも貯蓄しておくことをおすすめします。

月給21万から給与アップを目指すあなたへおすすめ転職サイト5

月給21万円の手取り額は?給与アップを目指せるおすすめ転職サイトの紹介!
月給21万でも、考え方によっては十分に満足な生活はできますが、自分を向上させるためであったり、もっと自由な生活をしたいと望んだりするなら、給料アップのためにはどうすべきかを考えます。

今勤めている企業で、努力しても給料アップが望めないようであれば、転職を視野に入れて検討してみるのもひとつの方法です。

手取り額から探す、気になる転職サイトを5つ下記に上げてみました。自分に合った企業を探してみてください。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト1:キャリトレ

キャリトレは株式会社ビズリーチが運営する転職サイトです。20代を中心とした若者向けの転職サイトで、求人の数もけっこう多いのが特徴です。

月給21万から手取り額をアップさせるには、転職先の情報も豊富なキャリトレならとても探しやすく便利です。ただ手軽な分、転職エージェントとは違って自分に合った、また気になる転職先は自分で検索しないといけないという手間がかかります。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト2: マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒採用の若者に多く利用されている転職エージェントです。また第二新卒など、優良企業への転職を希望する利用者にも評判のいいサイトとなっています。

転職者に経験やスキルがなくても、豊富な企業の登録数の中から選ぶことができます。また転職エージェントという細やかなサービスが人気の特徴です。月給21万から、手取り額アップへの近道となるでしょう。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト3:ミイダス

ミイダスは株式会社インテリジェンスが運営する転職支援のサービスです。200万人の転職実績データを分析して、その傾向から転職者の市場を割り出しています。

また他の転職サイトや転職エージェントとは違うサービスなどもあり、注目されています。ミイダスには面接確約といったオファーが届くサービスがあり、また確率も高く、効率のいい転職活動を提案しています。月給21万から、手取り額アップへの近道となるでしょう。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト4:doda

dodaは、20代や30代の比較的若い世代向けの転職サイトです。とても分かりやすい内容で、初心者にも利用しやすくなっており、はじめて、転職活動をする人には特におすすめです。

月給21万からで手取り額を増やしたい人にとっても、転職先を決めるコンテンツがいろいろと揃っている、dodaはおすすめのサイトです。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト5:リクルートエージェント

リクルートエージェントは40代の高いスキルや経験を持った人を特におすすめの転職エージェントです。好条件である非公開求人の数は、業界最大級と言われています。

豊富な企業のデータベースがあり、月給21万から手取り額を大幅にアップさせたい人は必見です。40代といった特に転職が難しいとされる年代にとっても、安心の転職エージェントです。

月給21万の手取り額で一人暮らしは可能

月給21万から社会保険料や税金を控除すると、手取りはずいぶんと減ってしまいます。その手取りの中から生活をしていかなければいけません。毎月の必要経費を手取りから差し引いて、貯蓄もできれば大成功です。

工夫をして生活をすれば月給21万の一人暮らしでもゆとりのある豊かな生活は可能です。でもお金は多いに越したことはありません。転職をしてレベルアップし、手取り額もアップして、さらに満足の生活を目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related