Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布

45歳の平均年収の金額11の立場別と年収中央値や年収分布をご紹介します。人生、お金だけが全てではありませんが、お金がければ生活ができず困ってしまいます。45歳で年収が平均を下回っていた場合は、転職のチャンスはまだあるため転職を考えてみても遅くはありません。

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布

45歳の年収中央値

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
45歳の平均年収の中央値を知ることにより現状の年収について考えてみましょう。働く上で、年収ばかりが重要ではありませんが、年収が高ければ生活も豊かになるため非常に大切なことです。働きやすさややりがいとのバランスも大切ですが、自分の年収の中央値と比べてみることも肝心です。

45歳の年収の中央値をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。中央値よりも低いか高いかを知ることでライフプランを見直しましょう。

年収中央値の意味

年収の中央値とは平均値と違い、より一般的な金額です。いわば、その年齢で1番多い年収額といえます。平均値というと、45歳で年収400万円が100人、年収20億円が1人だけいた場合、45歳の年収の平均は、2,425万円となります。

しかし、この場合の45歳の年収の中央値となると、400万円です。このように、年収の中央値の方が格差がなくより一般的な年収となります。

男性の場合

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
45歳の男性の年収の中央値は、約600万円です。男性の場合、45歳にもなると、管理職になる人も多く、年収があがっています。また社会人になって、勤続年数やキャリアがあるため年収も比例して高くなっています。

男性の場合、45歳という年齢は、会社のなかでも重要なポジションに就いていることも多く、活躍している人が多いです。経験も豊かな上に、働ける年齢としては若い方であり、人材育成などにも携わっています。

女性の場合

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
45歳の女性の場合、年収の中央値は約400万円です。女性の年収が男性に比べ低いのは、職種や結婚、出産などが大きく関わっています。女性も企業の第一線で活躍している人が増えてきましたが、産休などの影響で年収も伸び悩んでいることがわかります。

女性の場合、45歳にもなると子供が手を離れ、社会復帰する人も増えてきますが、ブランクがあると、年収はそれほど高くはなりません。

45歳の平均年収の金額

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
45歳の平均年収の金額は、男女あわせて平均で約575万円です。20代の頃に比べて、45歳にもなると管理職に就く割合も増えるため、年収はあがります。45歳で、すでに1,000万円以上稼ぐ人もいます。

45歳は社会人生活の中では中盤にあたり、会社のなかでも第一線で活躍する人が多いため、その分が年収にも反映されてきます。

男性の場合

45歳の男性の平均年収は約600万円です。全体の年収の平均と比較するとやや高い傾向があります。日本では男女平等の社会を目指しつつありますが、実際にはまだ年収の金額からみても男性の方が社会で活躍していることがわかります。

男性の方が管理職になることも多く、昇給していることにより、着実に年収をアップさせています。また、雇用の比率も男性が多いです。

女性の場合

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
女性の場合の平均年収は約400万円です。全体の年収の平均と比較すると女性の平均年収は少ないことがわかります。女性も結婚をしても働き続ける方が増えていますが、結婚や出産で働く環境に合わずに転職をする人もいます。

転職をする際に、勤務時間や休日を重視することに伴い年収が下がることもあり、キャリアアップも望めず年収に反映させることが難しいです。専門知識や資格などを持っていると有利になります。

地域別の場合

45歳でも地域によって年収にばらつきがあります。日本の首都である東京での45歳の平均年収は約610万円に対し、山形では約385万円と約倍ほどの違いがあります。東京都には大手企業や会社が多い事も理由の1つです。

さらに東京は、物価も高いため年収が高くなる傾向があります。収入が高い半面、支出も多くなります。また、東京などの物価の高い地域では、地域手当が支払われている会社もあります。

高校卒業の場合

最終学歴によって年収の平均が異なります。通常では、最終学歴が高学歴であるにつれて、年収も高くなる傾向があります。しかし、高卒でも平均年収をはるかに上回る1,000万円以上の人がいるのも事実です。

45歳の高卒の年収の平均は、男性が500万円、女性が330万円です。大卒より4年以上も先に社会人として働いていても、大学で専門的な知識などを学んでいない事が影響しています。学歴も重要である事がわかります。

大学卒業の場合

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
45歳の大卒の平均年収は約500万円です。日本は世界に比べると、学歴主義という思考はそこまで強くはありません。しかし、日本でも大学に進学する人が年々増えています。

大学では高校に比べ、より専門的なことを学べるため、特に理系の大卒者の年収が高くなっています。理系に進む男性が圧倒的に多いのも、男性の年収が高い理由の1つです。理系の場合、エンジニアや研究職や開発などで活躍する人が多いです。

大学院卒業の場合

45歳の大学院卒の平均年収は約750万円です。大学院を卒業している方は、修士となります。45歳全体では大学院への進学者は非常に少ないです。そのほとんどは理系の人です。

大学院卒の場合、22歳で大学を卒業した場合、最短で2年間、大学院に通い卒業して社会人になるときには24歳になります。大学院を卒業した場合、研究職などの専門職に就くことが多いため、年収も高くなっています。

大手企業の場合

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
45歳で大手企業で勤務している人の平均年収は約500万円です。予想していたよりも年収が低いという理由の1つには、大手企業であっても昇格をしなかったり、職種によっても年収がのびないことが挙げられます。

大手企業とは一般的に従業員が1,000人以上いる企業をいいます。年齢を重ねるだけでは大手企業であっても年収が700万円以上の高収入になるとは限りません。

中小企業の場合

45歳で中小企業に勤務する人の平均年収は約520万円です。大手企業よりも中小企業の平均年収の方が高くなっています。大手企業では、従業員も多くそれだけライバルも多くなります。

しかし、中小企業の場合は、従業員が少ない分、昇格して年収をアップさせられる確率も高くなります。大手企業であれば、学歴が高くなれければ年収もあがらないということがありますが、中小企業であれば高卒でも高い年収を得られる可能性があります。

業種別の場合

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
年収は業種や業界によっても大きく異なります。20代の前半では、業種別でもあまり年収は変わらないことが多いですが、45歳になるとその差が大きくなります。将来、年収をアップさせたい学生の方も、ぜひとも参考にしてみてください。

民間企業では業績によっても年収に影響することが多いです。しかし、インフラ関係や生活をするにあたって切っても切れない業界は比較的、高い年収をキープしています。

平社員の場合

45歳で役職がなく一般社員の場合、平均年収は約520万円です。決して悪い収入とはいえませんが、同年代での役職者に比べるとその差が歴然です。出世をして役職を獲得するには、20代、30代の実績が必要です。

役職者は、一般的に35歳ぐらいまでに決まると言われています。いち早く一歩飛び出し実績をだせれば、45歳ぐらいで高い年収が得られます。

管理職の場合

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
45歳の管理職の平均年収は約750万円です。管理職といっても係長、課長や部長などがあります。部長クラスにもなると1,000万円を超えることも珍しくはありません。いち早く出世をした場合、45歳で部長になる人も少なくはありません。

45歳で役職につく人は、全体の約6割と言われていますが、45歳で一般社員として働く人もたくさんいます。

45歳の年収分布

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
45際の年収の分布をご紹介をします。年収の分布とは、どのぐらいの割合の人がその年収を得ているかということです。平均や中央値とは違った目線で45歳の年収を確認できます。

年収300万円以上

45歳で300万円以上の年収を得る人は、全体の90%ぐらいです。ほとんどの人が年収300万円以上は得ています。非社員の方や職種や業種、男女に関わらず、年収300万円の収入を得ています。10人中、9~10人が対象となります。

年収400万円以上

年収400万円以上の、45歳の年収の分布は約70%です。このことから年収300万円以上の約20%の人が、年収300万円~400万円であることがわかります。

全体でいえば、ほとんどの人が年収400万円以上であることから、結婚している方で共働きの場合、世帯年収が800万円以上ある可能性が高いです。世帯年収としては十分な金額であるといえます。

年収500万円以上

45歳で年収が500万円以上ある人は、約50%です。2人に1人が年収500万円以上であることがわかります。500万円が年収が高いのか低いのかの分かれめです。職種や業種などにより45歳になると年収に開きがでてきます。

年収600万円以上

45歳で平均年収が600万円の人は、全体の約35%です。600万円を超える人は、分布の割合から年収が高いといえます。年収が高いかどうかは、生活レベルというよりは、全体の割合から算出されます。

年収が200万円以上の差がつくと、生活面での環境が異なったり、貯金額に差が出てくる可能性があります。

年収800万円以上

45歳で平均年収が800万円以上を得る人は、約15%です。この数字から、7人に1人が該当することがわかります。7人に1人と聞くと、多いというイメージがありますが、700人の場合、100人のみが対象となります。

45歳で年収800万円以上を得る人のほとんどが管理職です。どの業界でも一般社員や非社員で年収が800万円を超えることはめったにありません。

年収1000万円以上

45歳で年収が1,000万円以上を超える人の割合は、約4%です。全体でみても1,000万円を超える人はほとんどいません。年収が1,000万円を超える人のほとんどは、自営業者が多く、民間企業では非常に少ないです。

45歳で平均年収より低ければ転職を考えよう

45歳の平均年収の金額11の立場別|年収中央値や年収分布
「45歳の平均年収の金額11の立場別と年収中央値や年収分布」についてご紹介しました。45歳で年収が平均値を超えていないことで、転職を考える人も珍しくはありません。最近では、転職サイトやエージェントも非常に充実しており、45歳の転職でも遅くはありません。

転職をするときは、まずキャリアの棚卸しをして、職務経歴書を作成しましょう。職務経歴書にマッチした職種に挑戦することで、転職を成功させやすいです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related