Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月11日

自分の適正年収を知る13の方法|平均年収・職業・勉強

自分の適正年収を調べて、将来の事を考えるきっかけにしてみましょう。適正年収を算出する時に重要な項目や方法を13個紹介するだけでなく、自分の適正年収が低かったり、適正年収をもっと高くしたいと感じた時にはどうしたらいいのかも併せて紹介します。

自分の適正年収を知る13の方法|平均年収・職業・勉強

適正年収と平均年収の違い

自分の適正年収を知る13の方法|平均年収・職業・勉強
まず初めに適正年収と平均年収の違いから紹介します。どちらも似たような意味合いがあるように感じられますが、平均年収と適正年収では算出方法やその結果の精密性に違いがあります。

平均年収の方が簡単に算出しやすいため、データの見方を間違えなければ平均年収でも有意義な情報を読み解くことは可能ですが、自分の細かい部分まで正確に算出したい場合には適正年収を算出しましょう。

適正年収の意味

適正年収というのは、本人のキャリアやスキルや年齢といった多くの項目から、どれぐらいの額が適正なのかを算出した年収額です。そのため、適正年収を出す時には、そういった影響がある部分を全て含めて計算するため、正確なデータがあれば明確な金額が算出できます。

自分の情報がしっかり出せていれば、自分に適した金額を知ることができる反面、計算方法などの部分で複雑で難しいという側面もあります。

平均年収の意味

平均年収は、業種や年齢など大まかな分類で分けられたものから、平均を出すというやり方です。そのため「年齢、業種、スキル、経歴」といった細かい条件を加味したデータではありません。

部分的なデータで算出するため、算出される値にも大きな振れ幅がある事も少なくないので、正確なデータや人それぞれに合わせた細かいデータを含めた結果を見るのには適していません。参考にする程度に留めておくといいでしょう。

自分の適正年収を知る方法

自分の適正年収を知る13の方法|平均年収・職業・勉強
自分の適正年収を調べる場合には、とにかく算出するための元となるデータを正確にできるだけ多く用意することが重要です。

年齢やスキルなどさまざまなデータを組み合わせて行くことで、計算方法はその分複雑になりますが、算出できる適正年収は正確になります。

計算は転職専門サイトなどに計算ツールなどがあるため、それを利用するといいでしょう。ここからは、適正年収に影響のある項目を13個紹介します。

方法1:年齢

年齢は適正年収に大きな影響を及ぼします。基本的に若い方が金額が安くなる傾向にあり、40代50代と年齢層が上がっていくにつれて適正年収も上がっていきます。

年齢ごとの平均年収は一般的にもよく算出されるため、比較的簡単にこの情報は知ることが可能です。しかし、年齢だけでは正確性に欠けるデータしか算出できないので、他の項目と合わせて考えるようにしましょう。

方法2:職業

自分の適正年収を知る13の方法|平均年収・職業・勉強
職種によって平均年収は大きく変わりやすいため、自分の職種の平均年収を調べることはとても重要になります。

年齢と職種を掛け合わせて算出する平均年収は、算出のしやすさも含めておおまかな参考にする程度であれば最もシンプルで利用しやすい数値になります。

まずは職種と年齢から算出された大まかな金額を元に、そこから追加の情報を加えていき、正確な適正年収を算出するのがおすすめです。

方法3:勤務年数

勤務年数も適正年収を算出するには重要なデータです。年齢は高くても、転職などの影響で実際にその業種や業界に居た時間が短く経験が浅いという場合には、年齢層が上がるにつれて上昇する平均年収とは別の計算が必要になることがあります。

基本的に、勤務年数が長くなれば適正年収は高くなります。勤務年数は、年齢以上に適正年収との関係が親密であるということを知っておきましょう。

方法4:資格

資格の有無で行える業務が変わってくる業種では、資格によって適正年収が大きく変化します。

いくら獲得するのが難しい資格を持っていたとしても、それを有効活用できない業種では年収には影響しませんので、その仕事に有効な資格なのかどうかも適正年収を算出するには忘れてはいけません。

仕事に有効な資格なのかどうか、有効な資格の場合どれぐらい価値のある資格なのか、といった考え方をするとよいでしょう。

方法5:スキル

自分の適正年収を知る13の方法|平均年収・職業・勉強
スキルは資格とは違い、明確な評価基準や証拠が作りにくいのが難しい部分です。「何年間どういった仕事をしてきた」といったわかりやすい経歴などで、スキルを証明できるようにしておくことで評価がしやすくなります。

正確な適正年収を算出する場合、曖昧なデータを使うことは正確性を落とす要因になるため、スキルの棚卸しをする場合、評価しやすい形のものだけを参考にする工夫が必要です。

方法7:勤務先の事業形態

勤務先の事業形態は「法人」「個人」「その他」といった大まかな3つに分類することができます。法人の中にも株式会社や合同会社などがあるように、それぞれの事業形態にももっと細かな分類があります。

適正年収を算出する時に重要なのは「法人」なのか「個人」なのかという部分です。法人と個人では会社のシステムや業務内容などに大きな違いがあるため、とても重要な部分になります。

方法8:役職

もし自分に役職がある場合には、適正年収を算出する時には忘れずに計算に入れるようにしましょう。役職があるということは、それだけ会社からの信頼や業績の経歴、仕事への責任があるということです。

これは適正年収に間違いなく大きな影響を及ぼしますので、この部分の有無が大きな違いになります。評価基準は自分の役職がどういったものかという部分ですので、役職を適切に評価することも重要なポイントになります。

方法9:業種別

職種と業種では言葉の響きは似ていますが大きな違いがありますので、まずは業種とは何かを知っておく必要があります。

業種とは、製造業や農業などといった事業の種類のことで、日本標準産業分類という正式な分類方法では18種類に分類されています。

業種が違えば似たような職種だとしても業務内容や適正年収が大きく変わってくるため、職種と一緒に業種もしっかり把握しておくことが重要です。

方法10:勤務地

勤務地の違いでも適正年収に差があるため、大まかな自分の勤務地の傾向を掴んでおくことも重要です。

基本的には東京や大阪などといった都会では高くなり、地方に離れていくにつれて低くなっていくものだというのが一般的な考え方です。

しかしそれも一律ではなく、業種や職種によっては違うこともあるため、自分の職業と勤務地の関係性が重要です。

方法11:性別

自分の適正年収を知る13の方法|平均年収・職業・勉強
性別も適正年収において重要なポイントです。特に影響が大きいため計算時に忘れてはいけないのは女性の方です。

今の日本では平均年収では男性の方が高い傾向にあり、女性だと男性と比べて1割から3割ほど低くなっているという計算結果が多いです。

医者などの、業種によっては女性でも平均年収が高くなる業種や職種もあるため、その仕事が性別でどこまで差がつくのかを把握するようにしましょう。

方法12:雇用条件

雇用条件ははっきりと適正年収に違いを生みます。正社員としてやっていけるスキルや自信があっても、会社が受け入れてくれないという場合には、正社員として受け入れてくれる会社への転職も考える価値があります。

正社員は役職を得て給料が高まる可能性もあるため、アルバイトや派遣社員と比べて将来性の部分でも大きなアドバンテージがあります。

方法13:経験社数

経験社数が多いということは勤務年数が短いことに直結します。そのため、基本的には経験社数が多い程評価は厳しくなります。経験社数は3社でも多い部類だと言われることがあるということは頭に入れておきましょう。

この項目の存在意義は、どういった理由で転職したのかといった内面の話ではなく、どこの会社にどれだけいたのかという絶対数のことですので、これに関しては正確な数を正直に書くしかありません。

自分の適正年収が低い場合

ここまでで紹介した適正年収を算出する方法を使って適正年収を出した結果、自分の適正年収が低いことが判明したら、どうしたらいいのかを紹介します。

適正年収を上げることは、収入を増やすだけでなく、自分の価値を高めることにもつながります。自分の適正年収に対して今受け取っている年収が安すぎる場合にも使える方法ですので、活用して満足のいく年収を受け取れるよう計画をたてましょう。

自分の職種の場合

医者と製造業のように、職種や業種によって適正年収や平均年収に大きな差があるのは事実です。自分の職種が適正年収の低い職種だった場合、その中でどういったことができるのかを考えるようにしましょう。

適正年収を高めるためには、別の職種に移ることが最も効果的です。資格取得や職場での実績を得る努力をして、管理職や専門職といった適正年収の高い職種になっていけるようにするとよいでしょう。

勉強をする

資格取得などを行って自分の価値を高めることで、適正年収を上昇させることは可能です。資格取得でできる仕事の量や質が高まれば、それだけでも年収は上昇しますが、その経験が続くことで、会社から新たな役職などを与えられることも十分に考えられます。

そうなれば、適正年収は大幅に上昇させることにつながりますので、自分の価値を高めるための勉強をするというのはとても有効な方法です。

現在の職場で役職を上げる努力

現在の職場で自分の立ち位置があまりよくないという場合には、そこに適正年収を上昇させることが可能な伸びしろがあると言えます。自分の能力をしっかり評価してもらう努力をしたり、役職を勝ち取るための努力をすることがおすすめです。

役職は適正年収に大きな影響がある部分ですので、今勤務している会社で大きな変化を得ようと考える場合、役職を得ることが一番現実的な部分だと言えます。

転職を考える

どうしても適正年収の低い業種や職種である場合、思い切って転職を考えることも考えてみましょう。

勤務年数や経験社数といったデメリットな部分もありますが、転職先で役職を得る努力をしたり、これまでの仕事の経験をプラスにいかせる職種であれば、デメリットよりも大きなメリットを得ることも十分に可能です。

自分のスキルや年齢といった条件から適正年収の高い職種を選んで、効率のいい転職活動を行うようにしましょう。

適正年収を知って自分の将来を考えよう

適正年収を知ることで、適正年収を高める努力をしたり、適正年収どおりの給料を支払ってくれる環境に移ったりと、自分の価値を知ることで改善点を見つけることが可能です。

適正年収と実際に受け取れる年収のバランスが上手く取れれば、自分の仕事に対する満足感も高まります。適正年収を知って、自分の将来設計に役立てることをおすすめします。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related