Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月27日

平均月収20万の手取り額と生活費の内訳|項目別にみる生活費

所得から税金などが引かれたものが、手取りの金額になります。平均で月収20万円として給与の何パーセントが手取りになるでしょうか。月収20万で一人暮らしなら、一か月生活していくのにどうすればいいのか詳しく説明をしていきましょう。

平均月収20万の手取り額と生活費の内訳|項目別にみる生活費

平均月収20万の生活レベルって?

月で約20万円の収入があれば、一人で生活していくのは十分だと言えます。しかし、住む地域によって家賃が変わり、生活費も違ってきます。月収20万円で貯金はできるか、子供を育てていけるか、家のローンは組めるかなどをこれから記していきます。

平均月収20万の手取り額

平均月収20万の手取り額と生活費の内訳|項目別にみる生活費
収入の金額によって生活水準が変わり、年収の金額が同じでもボーナスによって、手取りの金額も変わります。手取り額とは、実際に使える金額のことで、年収から社会保険や税金などを引いたものになります。

ご自分の収入を見て、手取りがどのくらいになるか確認してみましょう。平均で月収20万程になりますが目安で一か月どの位消費するか、理解していると生活の仕方も変わってきます。

手取り額の計算方法

平均月収20万の手取り額と生活費の内訳|項目別にみる生活費
会社にお勤めの人は給与から源泉徴収額を引いたもの、自営業の人は収入から経費や仕入れ費を引いた金額を、手取り額と言います。

手取り金額の計算の仕方は、支払い金額から源泉徴収額と社会保険料などを引いたものになりますが、およその金額を知りたい人は収入の80パーセントになるので、ご自分の給与を見て参考にして下さい。収入が上がれば税金も上がるので、所得によって手取りも変わります。

平均月収20万の税金・社会保険料や住民税は?

給与から保険料や税金などが引かれて口座に振り込まれているので、少なくなったように感じる人も多いでしょう。

控除額として、社会保険料などや税金が所得から引かれて支払い金額となります。保険料や税金がどのようにして決まるのか、保険料や税金の種類別にして、次に表していきます。

社会保険料

企業にお勤めのかたは、給与から社会保険料が引かれています。社会保険料を納めなければならないのは、どうしてでしょうか。

社会保険料は、病気になったときや会社が倒産してしまった、介護が必要になったなど困ったときに、国が負担してくれる貯蓄のような保険です。社会保険料は種類がいくつかあり、どういったときに役立つのか種類別に説明していきましょう。

1:厚生年金保険料

厚生年金保険料は、給与と賞与に保険利率をかけた金額を事業主と被保険者とで半分ずつ払っています。国民年金制度により20~60歳の人は必ず加入することになり、10年以上納めないと老齢厚生年金がもらえないので気を付けてください。

厚生年金は65歳から受け取れて、支払いは生涯続きます。月収20万のとき、厚生年金保険料が約17,000円位引かれ、手取りの金額が口座に入ります。

2:健康保険料

健康保険料を支払うことで、保険会社が医療費を保障しているため怪我や病気になったときに病院で支払う医療費が安くなります。

企業に勤める人は健康保険組合と厚生年金の2つを協会けんぽに、公務員や私学は、共済組合に加入します。健康保険料などの税金は所得から引かれ、月収20万円ほどで手取りの金額は約16万円位になります。

会社員は企業と個人で健康保険料を負担して、個人で全額はらわなくても手厚い保障を受けれます。

3:雇用保険料

雇用保険料は、失業したときに失業給付の援助が受けられる保険料です。育児休業給付、介護休業給付と言って育児や介護のために、休む場合も給付が受けられます。

加入条件は満65歳までの人、一週間の労働時間が20時間を超えている、31日以上会社で働くことができる労働者になります。日雇いの場合は、自分で申請しなければなりません。月収20万程から雇用保険料と税金が引かれた金額が手取りの給与です。

4:介護保険料

介護保険料は介護が必要な人のために、治療や介護にかかる負担を社会で支援するための保険です。日本に在住の40歳以上の人は、介護保険に加入する義務があります。

民間の介護保険もあり、20歳から加入できますが加入するかどうかは選択できます。月収20万ほどから税金と介護保険も引かれて、口座に手取りの給与が入ります。介護をする人や当人が生活しやすくなるように、支援サービスを受けられる制度が介護保険です。

税金

税金は生活を支える色々なものに使われ、社会にとって欠かせないものになります。安全を守る警察や行政、道路、水道の維持や整備、教育、医療、福祉などに利用されます。

所得に対して課税される所得税、住民税もあり、所得課税と言って税収の半分を占めます。平均で月収20万位から税金が引かれた手取り額が給与として渡されます。所得から引かれる所得税と住民税について詳しく、表していきましょう。

1:住民税

住民税は地方税になり、各都道府県が徴収する道府県民税と、市町村が徴収している市町村税を一緒にしたものになります。

個人のときは市町村が一括で徴収していますが、納めている所は住んでいる(住民票がある)場所の自治体になります。会社員のかたは、給与の月収20万程から住民税や税金が引かれて、手取り額は給与の80パーセントになります。

2:所得税

所得税はその年の1月1日~12月31日の1年間に得た所得に対し課税されます。会社員の人は平均で月収20万ほどの給与から引かれ、源泉徴収や年末調整は会社が手続きをします。

自営業のかたや企業を退職した人は、所得税の計算、申告、納付などをすべて、自分で手続きしなければいけません。企業からもらう給与明細書にかかれている給与は、手取りの金額です。

11の項目別にみる生活費

平均月収20万の手取り額と生活費の内訳|項目別にみる生活費
平均で月収20万円ほどで一か月で生活する家賃、食費、光熱費など家族の人数によっても違いがあります。

月収20万円なら手取り額はいくらになるか、一か月でどれくらいの消費になるのか、貯蓄はどれくらいできるか目安に見ていきましょう。

1:食費

平均月収20万の手取り額と生活費の内訳|項目別にみる生活費
食費は日常生活で一番金額が多くなります。一人暮らしの人や家族の人数によっても、違いがでてきます。

月収20万円とすると手取りは約16万円になり、手取りの金額でやりくりをします。一人暮らしでは、自炊をすると平均で約2万円くらいです。家族の人数にもより、小さい子供がいる家庭は食費はあまりかかりませんが、子供が大きいと約6~7万円になります。

外食を控えて、セールを利用するなどの工夫が必要になります。

2:住居費

住まいに関わる費用のことを住居費と言います。住居費に含まれているのは、家賃、住宅ローン、管理費、電気、ガス、水道、固定資産税などになります。

住宅ローンは、金利が安いものに変更できたり、電気やガス、水道も工夫すれば、節約できるでしょう。月収20万で一か月生活ができるか、家計簿をつけたり使い方を見直してみましょう。

3:光熱・水道費

光熱水道費は生活で利用する電気やガス、水道などを使用する費用のことです。月収20万円くらいで手取りの料金で一か月生活するには、上手に節約をすることが大切です。

一人暮らしの平均で光熱水道費は全体で約1万円位になり、男性より女性のほうが、料金が高くなります。女性のほうが自炊やお風呂に入る時間が長くなるからです。電気代を減らすには、電気会社を変えたり、エアコンを控えて扇風機にするなど工夫しましょう。

4:家具・家事用品

家具や家事用品の支出額は7月や12月と賞与が出る時期が多くなります。主に家具、家事用品は電化製品や収納ケースなどのことです。

毎日使用する必要不可欠なもので、一台買うと何年も利用できることから、支出する時期が賞与がでる7月や12月に多くなります。高い買い物なので月収20万で節約して、貯金していたほうがよいと考えられます。

5:被服及び履物

被覆や履物の購入額は、その人のファッションのこだわりによって変わります。一人暮らしで月収20万位で生活している人は、約8,000円程の出費になります。

家族の人数や、好みによって金額の違いが出てきます。男性より女性のほうが、被服や履物に出費が増える傾向があります。一か月の給与でやりくりするためには、安く上手に着こなす工夫をしましょう。

6:保険医療

保険、医療は度々病院へ行く人とそうでない人とその人によって金額が変わります。病気やケガがなければ保険や医療の出費はなく、持病があってかかっている病院がある人は医療費が高くなります。

医療保険に入っていると病院で診てもらったときに、支払う金額が安くなります。会社員の人は企業が手続きをして、平均で月収20万位の給与から引かれています。病気やケガはいつなるか判らないので、もしものときに安心です。

7:交通・通信

交通はガソリン代や電車代、通信はパソコンやスマホの通信費になります。パソコンやスマホを利用する費用が高くなっているため、生活費も高額になってきています。携帯会社で契約プランを見直したり、格安SIMなどを使用してみましょう。

月収20万ほどで手取りがどれくらいになるか、計算してみましょう。生活費が安くなるようにして貯金するようにしましょう。

8:養育費

一人暮らしの人は養育費は必要ありませんが、子供がいるご家庭は養育費がかかります。子供がいる人は、衣類や学費など、習い事、食費も光熱費も高くなっていきます。

月収20万円ほどで手取り額が少なくなるので、一か月生活していくのは節約していくのが必要になるでしょう。

9:教養娯楽

教養娯楽とは、趣味や習い事のことを言い、習い事の種類によっても料金の差があります。教養娯楽は平均でおよそ2万円ほどになり、金額は高くなります。

しかし、生活の楽しみがないと、張りも出てきません。月収20万円でやりくりができるように、節約できるところはできるだけ安くなるように、手取りの金額を確認したうえで検討してましょう。

10:その他消費支出

雑貨やキッチン用品などの生活用品は、その他の消費支出になります。月収20万円くらいと考えて、一か月の生活の予定を立てましょう。

毎日使用して、消費されるものは以外とたくさんあります。家計簿をつけるのもよい方法です。手取り額を記入し使った分を計算すると、やりくりがしやすくなります。

11:貯蓄

節約をして少しずつ貯蓄をしておくと、お金が足りなくなったときにカバーできます。月収20万円位で生活していくのに、毎日消費するものや医療費、交通費、習い事などに必要になるものがたくさんあります。

節約できるものはできるだけ安くして、少しでも貯蓄に回すようにしましょう。急な出費などのときに、貯蓄でやりくりができます。

手取り額の計算方法を知っておこう

会社員で平均月収20万くらいです。その人の給与によって違いがありますが、ご自分の手取りの金額がどれくらいになるのか、確認してみましょう。

ご自分の所得や手取り金額がいくらになるか、計算してみましょう。会社員の人で額面の約75~80パーセントが手取りになります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related