Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について

平均年収が450万円ではどんな暮らしが可能になるでしょうか。生活費のシュミレーションすることで、将来の生活を予測でき、安心して進路を決めることができるでしょう。ここでは年収450万の手取り額の試算方法や生活レベルについてお伝えします。ぜひ参考にしてください。

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について

年収450万の生活レベルって?

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
年収は、将来の生活を考える上で参考になる大切なチェックポイントです。年収450万円と言っても、実際に受け取る金額とは違います。

年収450万円は額面年収を意味しているため、給与から社会保険料や税金が天引きされ、実際に受け取れる手取り額はそれより何割か低くなっています。

手取り年収がどのくらいで、具体的にどんな生活レベルが保てるのか知れば、不動産を取得するときや結婚後の生活を考える上での目安になります。

年収450万の手取り額

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
一般的に給与、残業代、各種手当を含む給与の年間総支給額である額面年収のおよそ75~80%が手取り年収額になります。

条件によって多少の違いが出ますが、年収の20~37%が各種保険料や税金として天引きされています。

額面年収450万円では、税金や社会保険料として年間90万~165万円くらいが給与から天引きされるので、手取りの年収はだいたい280万~360万円になるでしょう。

手取り額の計算方法

保険料や年金は天引きされる率が決まっています。社会保険料であれば、日本年金機構のサイトから保険料額表を探して、自分の月額報酬額から保険料を調べることができます。

賞与にかかる社会保険料や所得税も試算してみましょう。給与12回分と賞与分の保険料や税金を足せば年間に天引きされるおおよその金額がわかるので、額面年収から差し引くことで、大まかな手取り年収額を計算することができます。

平均年収450万円の税金・社会保険料や住民税は?

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
どの年代が平均年収450万円が一般的なのかは一概には言えませんが、転職サイトでは20代後半に年収450万円になるモデルケースが載っています。

月収だと29万~30万円になるので、この金額を基に各種の表から社会保険料や税金を試算することができます。単純に12で割ってとひと月分に換算してみると年収450万円では、毎月75,000~137,500円が天引きされることになります。

社会保険料

社会保険料は、実際どのくらい給与から天引きされるのでしょうか。日本年金機構の保険料額表などから大まかな金額を調べることができるので、それを基準に社会保険料のおおよその金額をご紹介いたします。

年収450万円での月収を29万円として、それぞれ年間にどのくらい天引きされるのかぜひ参考にしてみてください。

1:厚生年金保険料

標準報酬を29万円にして、厚生年金保険料額表で調べてみると、23,000円が毎月給与から差し引かれることがわかります。

これにボーナス分の子保険料も加算することになります。計算方法は賞与額(1,000円未満を切り捨てた金額)×保険料率×0.5となります。

一例としてあげると、年収450万円で手取りが370万円の子供一人がいる家庭でのある試算では年間の厚生年金は約40万円になっています。

2:健康保険料

健康保険料は40歳以上の介護保険第2号被保険者か否かで金額が分かれます。年収450万円で月収29万円として調べてみると、介護保険第二号被保険者に該当する・しないで分かれ、17,000円差し引かれることになります。

ここでも厚生年金と同じ方法でボーナス分を加算してみましょう。一例として、年収450万円の子供一人がいる家庭での年間の健康保険料は約18万円になっています。

3:雇用保険料

厚生労働省のホームページからその年度の雇用保険料率を調べることができます。事業によって保険料率が変違っているので、自分の業種の保険料率を基にして月収から計算してみましょう。

年収450万円で月収29万円のサラリーマンであれば、保険料率は3/1000です。雇用保険料の計算方法は29万×3÷1,000となり、ひと月870円になります。この他、賞与が50万とすれば同じ計算方法で1,500円になります。

4:介護保険料

介護保険料は、40歳以上から加算されるので、若い世代であれば支払い義務は発生しません。保険料率は会社で入っている健康保険組合によって異なりますが、協会けんぽであるとした場合、給与の1.73%が加算されます。

仮に40歳以上で29万円の月収であれば介護保険料は5,017円になります。さらに介護保険料もボーナス分を加算することになります。

税金

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
税金も報酬額によって金額が違ってきます。残業代や出張手当、所得税は毎月変動するので、報酬額はその都度確認する必要があります。そのため所得税はその月によって金額が変わります。

正確な月収や年収の金額を導き出すことはできませんが、おおよその報酬額から所得税を出すことになります。

一例としてここでは子供一人の年収450万円の家庭では、それぞれ年間にどのくらい天引きされるのかご紹介いたします。

1:住民税

住民税は会社に毎年6月頃に各自治体から住民税課税決定通知書が届きます。特別徴収になっていると、会社が給与から天引きします。おおよそ課税所得の10%くらいになります。賞与に加算されることはありません。

一例として年収450万円で子供一人の家庭の場合、年間約50万円かかる試算があります。参考にしてみてください。

2:所得税

所得税は、月給から社会保険料を引いた金額を源泉所得税額表から導き出します。扶養親族のあるなし、扶養家族の人数によって税金額が変わるので、条件に合ったものを調べましょう。

賞与分は、前月の給与から社会保険を引いた金額に賞与用の所得税率を確認し、賞与の金額にかけて算出します。

一例として年収450万円で子供一人の家庭の場合、年間約9万円かかる試算が出ています。

11の項目別にみる生活費

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
年収450万円から残る手取り額で、生活をシュミレーションしてみれば具体的に自分の生活スタイルを想像することができるでしょう。また家族構成によっても支出は違います。

生活費はさまざまなものに分けられますが、多くの人が暮らしにかけることの多い11の項目に分けてみました。どのようにお金がかかるのかチェックしていきましょう。

1:食費

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
食費は生活費の中で大きな割合を占めるでしょう。食べ盛りの子供がいればさらに食費はかかります。

節約方法にもよりますが、子供一人の家庭でも4~5万円以上かかることが多いです。家族が多いほど食費が増えるので、年収450万円では節約をこころがけましょう。

2:住居費

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
出費の中で最大になる居住費がどのくらいかかるかによって、生活費に大きな差が出ます。住む地域や条件によって家賃も変わります。他にも社宅に入るのか、住宅手当が付くのか、会社によってもだいぶ差が出ます。

一軒家やマンションを購入すれば毎月のローンの支払いが発生するので、年収450万円では、見通しを試算しておくと良いでしょう。

3:高熱・水道費

電気代、ガス代、水道代は生活費として必ずかかる生活費の基本部分です。節約することも可能ですが、暑い夏場のクーラーの電気代や冬場の暖房代、入浴時にかかるガス代はかさみがちです。

毎日の洗濯や炊事、入浴でガスや水道代がかさみます。年収450万円では、なるべく節約することをおすすめします。

4:家具・家事用品

家具や家事用品は新居に引っ越ししたときにまとめてある程度の金額がかかりますが、一度そろえた後は破損したとき以外はそれほどかかりません。

年収450万円であれば、安価な良品を買ってそろえるなどの節約方法も考えられるでしょう。家事用品では洗濯洗剤などの消耗品に多少かかってきます。

5:被服及び履物

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
洋服や靴なども職種や生活スタイルによって差が出る部分です。また小さい子供が何人かいれば、洋服の出費が増えやすくなります。

子供の服や靴は成長と共に買い替え続ける必要があるので、年収450万円ではリサイクルを利用したり、周りの人からお古をもらったりして節約することも考えてみると良いでしょう。

6:保険医療

持病があれば医療費が毎月かかって負担になります。また急な事故にあったり重い病気にかかれば年収450万円では生活費がひっ迫することにもなります。

不足の事態に備えるために医療保険や損害保険、生命保険に加入すると月々数千円~数万円かかることになります。無駄な保険料を減らすために、定期的に加入保険の見直しをすることも必要です。

7:交通・通信

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
交通費は会社によって支給額の割合が違うため、遠い職場であれば定期代がかさむこともあります。

また最近ではネットやスマホの普及で通信費もふくらみがちです。年収450万円では家族割引を取り入れたり、安いプランを選ぶなど節約に工夫をして無駄な通信費がかからないように気を付ける必要があるでしょう。

8:養育費

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
幼稚園から大学まで、公立か私立かによって倍以上教育費に差が出ます。また塾や習い事などさまざまな費用が養育費には含まれます。

子供の年齢が上がるにつれ、学費も上がります。子供の幼稚園から大学進学までの学費の総計は、1人につき1,000万以上かかると言われています。年収450万円では、節約や共働きも考えて将来に備えましょう。

9:教養娯楽

自分の趣味や教養のための支出や家族連れで出かけるレジャーや旅行にも出費はかさみます。子供が小さいときは家族で出かけることも多く、工夫をしながらやりくりする必要があるでしょう。

海外旅行まで考えると、年収450万円では普段の節約が必要になるでしょう。趣味は生活費や貯蓄を差し引いて残った額で楽しむことのが大切です。

10:その他消費支出

車を持っていれば、月々の車のローン代から始まり、ガソリン代や税金、保険、車検代などかなり支出が増えるでしょう。地方に住んでいれば必ず必要な部分になるので節約は難しくなります。

他にも賃貸ではない場合、住宅に関する保険や固定資産税もかかるので気をつけましょう。また交際費も人との交際が多いとその分出費もかさむので、気を付けましょう。

11:貯蓄

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
必要な生活費を引いて残った部分は貯蓄にまわすことが肝心です。老後の生活のシュミレーションもしながら貯蓄の計画を立てましょう。

年収450万円では、個人年金や確定拠出年金などを利用して資産を作って備えることもおすすめです。しっかり事前にリサーチしながら投資をして資産を増やす方法もあります。

収入に見合った生活を送りましょう

平均年収450万円の手取り額や計算方法|社会保険料や税金について
一人暮らしであれば、結婚後の生活を具体的に予測しておくことは大切です。結婚の予定があれば、子供ができたときや子供が増えた場合の生活費も把握している必要があります。

年収450万円の収入に見合った生活を送ることで、貯蓄も可能になり、ゆとりある暮らしが実現するでしょう。具体的で詳細な生活費を知って、将来の生活に備えてみてはいかがでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related