Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

年収700万円の手取り額ってどのくらい?生活費の内訳も紹介!

今回は年収700万円の人について紹介します。気になる手取りや、パターン別の生活費の内訳に関しても詳細に記載しています。年収700万円の人のライフスタイルを知り、実際の生活費やお金の使い方、将来設計などの参考にしてみてください。

年収700万円の手取り額ってどのくらい?生活費の内訳も紹介!

年収700万の職業って?

エンジニアや金融コンサルタント、税理士、国家公務員などが年収700万円の職業です。年収が700万円を超える人は、50代の人が多くなっており、たくさんの人の役に立てる仕事でないと700万円という年収を稼ぐことはできません。

年収700万円を稼ぎたい人は、難易度が高い国家資格の取得を考えたり、高いスキルを得たりして仕事をしていくようにしましょう。

年収700万円の手取り額は?

年収700万円の人の手取り額は月収40万円ほどになります。額面では月収50万円ほどになりますが、税金や社会保障などを引かれるため年収700万円の人の手取りは40万円ほどです。

会社員として仕事をする人は、手取り額と額面の金額を把握しておき、月々のローンや支払いを考えていくことが大切です。

手取り額の計算方法

手取り額の計算方法があります。額面の給料金額から所得税、住民税、健康保険、厚生年金や雇用保険を引いた額が手取り額となっています。

また、40歳を超えて仕事をしている場合は介護保険の保険料が引かれます。

新しい会社へ入社を考えている人は、額面額でなく手取り額でもらえる金額を把握しておくことが大切です。

額面と手取り額はどのくらい違う?

ボーナスを毎月の給料に組み込んだ場合、年収700万円の人の額面の収入は56万円ほどになり、社会保障や税金が控除されるため手取り額は42万円ほどになります。

収入が多ければそれだけ多く所得税を引かれるので、手取り額が減ることになります。

また、収入に合わせて生活していれば毎月の支出が増えることになります。

年収700万円ある人は収入が多くなるので、その分しっかりとした生活設計が必要になるでしょう。

11の項目別にみる生活費

年収700万円得ている人は生活に割り当てる費用も変わってきます。手取り額が多いので余裕があるため、年収が低い人よりかは生活水準自体を高く設定することがあるからです。

年収700円を得ている人は、年収700万円の手取り額に合わせた生活をするようにして、住宅や車のローンを組む際も無理のない返済計画を立てることが大切です。

1:食費

年収700万円の人の食費は月4万円から6万円となります。収入が多いため外食が多くなり、また家で食事を作る際も少し高価な食材を買うことが多くなるからです。

年収700万円を得ている人は、外食と自炊をバランスよく組み合わせながら、日々の食事を楽しむようにしましょう。

2:住居費

年収700万円の人の住居費は9万円から12万円となります。

高い年収を得ている人は首都圏で仕事をしていることが多く、賃貸の場合でもローンを組んでいても、月額9万円から12万円ほどは住居費に使っていることが多くなります。

年収700万円得ている人は、会社へのアクセスの良さを重視したり、子供の成長を考えて物件を選んだりすることが大切です。

3:高熱・水道費

年収700万円の人は光熱費も高くなります。

年収が高くなればそれだけ手取り額が増えることになり、高価な電気製品や水を大量に使うバスシステムなどを使うことになると、月の光熱費は1万5千円ほどになるでしょう。

年収700万円を得ている人は、手取り額の多さを活かし太陽光発電を取り入れて、さらなる収入を増やすことも検討しましょう。

また、家に池がある場合、井戸などを作り風情を楽しみながら新鮮な水を利用することもできます。

4:家具・家事用品

年収700万円の人は手取り額が多い分、家具や家事用品に使う金額が高くなります。ロボットの掃除機や最新のキッチン用具を購入するため、月4万円ほどになります。

年収700万円を得ている人は、たとえ手取りが多くても本当に必要な家具や家事用品を選び購入することで、無駄な出費を抑えましょう。

5:被服及び履物

年収700万円を得ている人は、手取り分が多いので洋服や靴にお金をかけるようになります。

お金があれば洋服や靴に予算をかけたがる人が多いので、ブランド品を買う機会が増えるため人によっては7万円から10万円ほどになります。

年収700万円の収入を得ている人は、他の生活支出を考慮しながら、自分に合った洋服や靴を選ぶことが大切です。

6:保険医療

年収700万円得ている人が月々の保険や医療にかける予算は4万円から5万円ほどです。

生命保険や車の自賠責保険、任意保険、医療にかかる費用は年収が多くても金額自体は大きく変化することがないからです。しかし、人によっては保証の大きい保険に加入する場合もあります。

年収700万円を得ている人は、たとえ手取りが多くてもネットなどで安くて良い保証をしている保険に加入することが大切です。

7:交通・通信

年収700万円の人は手取り分も多いので、交通や通信にかける金額は5万円ほどです。

海外への通話が増えたり、海外旅行やプライベートでも国内の移動が多くなったりするので、交通や通信にかける金額が多くなります。

年収700万円得ている人は、手取りが多くてもマイルが貯めやすいクレジットカードを選んだり、格安国際通話サービスを利用したりするようにしましょう。

8:養育費

年収700万円の収入を得ている人は手取り分が多いため、月々3万円から4万円ほど予算をかけています。

700万円の収入を得ている人は、50代の人が多く家族を養っている場合がほとんどです。そのため、子供がいれば子供の可能性を信じて習い事に投資するようになります。

年収700万円得ている人は、手取り分が多い分、自身ができる範囲で子供がしてみたい習い事をさせてあげましょう。

9:教養娯楽

年収700万円を得ている人が教養娯楽にかける予算は3万円ほどになります。手取り分が多いので子供のおもちゃを買う機会が増え、また、子供や家族とのレジャーや旅行が増えるためです。

年収700万円を得ている人は、仕事とのメリハリを付けて娯楽を楽しむようにしましょう。また、子供へ与えるおもちゃも情操教育を兼ねた物を選ぶようにします。

10:その他の消費支出

年収700万円を得ている人は、その他の消費支出にかける予算も増えます。

映画やドラマ、ゲームのソフトや、ゴルフや楽器、釣りなどにお金をかけることもあるので、月によりますがその他の消費支出は3万円から5万円ほどです。

年収700万円を得ている人は、その他の支出を家族に明らかにするようにして、本当に必要なのかを考えて予算を使うようにしましょう。

11:貯蓄

年収700万円の人は月々10万円を貯蓄に回しています。手取り分が多いのでそれだけ貯蓄に回す金額も高くなるからです。

年収700万円を得ている人は、たとえ手取り分が多くても月々の貯蓄を忘れないようにして、資産運用なども検討しておきましょう。

11の項目別にみる2人以上の生活費

年収700万円得ている人は、高額な手取りに合わせた生活をするようになります。収入が多い分、生活水準を高く設定するようになり、生活費自体が多くかかるようになります。また、子供の人数が多ければ生活費自体が増えることになります。

年収700万円を得ている人は、手取り分が多くても将来を見据えて日々の生活費を抑えるようにしましょう。そうすることで、老後の生活基盤が築きやすくなります。

1:食費

年収700万円の2人以上の世帯の食費は7万円ほどになります。子供が数人いて外食をする機会が増えるためです。また、結婚相手の親と食事をすることもあるので、手取り分が多くなっても食費は高くなるでしょう。

年収700万円の人は、普段の食費を抑えておき、大切な家族のイベントを祝える余裕を作っておきましょう。

2:住居費

年収700万円の人の2人以上の世帯の住居費は10万円ほどです。

年収が700万円ある場合、独身や夫婦だけの生活でも広い部屋に住んでいることが多いので、子供が増えたり、どちらかの両親と住むようになっても住居費自体の大きな変化はありません。

年収700万円得ている人は、たとえ手取りが多くても夫婦で長く住める物件を探しておき、無理のない住宅ローンを組むようにしましょう。

3:高熱・水道費

年収700万円の2人以上の世帯の高熱、水道費は2万5千円です。

子供や同居する家族が増えるため水道費や光熱費が多くかかります。また、年収が高いことで電気製品が多いことがあるので光熱費がかかる場合があります。

年収700万円得ている人は、最新の家電に買い換えることで、光熱費を抑えるようにしましょう。

4:家具・家事用品

年収700万円の2人以上の世帯の家具、家事用品に割り当てられる費用は5万円から6万円ほどです。子供のおやつや家族の人数が多いことで来客が増えるため、家事用品を揃えたり、また子供に合わせた家具を買う機会が増えるためです。

年収700万円ある人は、長く使うためにも良い家事用品や家具を購入することが大切です。そうすれば、再度購入する必要がなくなるでしょう。

5:被服及び履物

年収700万円得ている人の2人以上の世帯の被服、履物にかける費用は10万円ほどです。

子供が生まれることでブランド品を買わなくなる人が増えますが、子供の学校や習い事のための被服や履物に予算がかかるからです。

年収700万円を得ている人は、月々どのくらい被服や履物に予算をかけているかを把握しておき、用途がなく買っている物を減らすようにしましょう。

6:保険医療

年収700万円の人の2人以上の世帯の保険医療費は6万円から7万円ほどです。

子供が増えてファミリー向けの車を所有することになったり、病院へ通院する機会が増えたりすることもあります。また学資保険へ加入することがあるので独身のときより若干保険医療費が高くなります。

年収700万円の人で2人以上の家族を養っている場合は、所有する車の数を考え直したり、自身の生命保険の見直しをしておきましょう。

7:交通・通信

年収700万得ている人の2人以上の世帯の交通、通信にかける金額は7万円から8万円ほどです。家族が多いので使う通信端末も増え、子供の安全を考えた通信のサービスに加入するからです。また、海外へ移動する際も人数が多いため予算がかかることになります。

年収700万円を得ている人は、子供の安全を考えたサービスに加入するために格安スマホに乗り換えたり、家族が多いので海外へ行く機会を調整することが大切です。

8:養育費

年収700万円の人の2人以上の世帯の養育費にかける金額は4万円から5万円ほどです。子供が2人以上になった場合、養育費にかかる予算を回さなくてはいけなくなるからです。

年収700万円を得ている人は、他の生活費を抑えるようにしてでも子供のために十分な教育費を確保しておきましょう。

9:教養娯楽

年収700万円を得ている人の2人以上の世帯の教育娯楽にかける予算は5万円ほどです。子供に与える教養のための本や音楽、映像ソフトの購入やレジャーを楽しむ際も人数が増えるのでお金がかかるようになります。

年収700万円を得ている人は、教養や娯楽に予算をかけることで子供に豊かな情操教育を受けさせるようにしましょう。

10:その他の消費支出

年収700万円得ている人の2人以上の世帯のその他の消費支出は4万円から6万円ほどです。

子供の学校で使うものを揃えたり、子供がいることで思わぬ病気や怪我をすることが多くなるのでその他の消費支出が増えます。

年収700万円を得ている人は、万が一の際に対応できるように普段の生活で削れる部分がないか家計を見直してみましょう。

11:貯蓄

年収700万円得ている人の2人以上の世帯の貯蓄額は3万円ほどです。

年収が多くて手取り額が増えても家族が多いことで毎月の支出が多くなり、貯蓄に回せるお金が減るため実際に貯金できる金額は3万円ほどです。

年収700万円得ている人は、幅広く仕事をするための努力をしたり、無駄な支出がないか家族で話し合い貯蓄に回せるお金を増やすようにしましょう。

年収700万円の平均住宅購入額とローン

年収700万円の平均の住宅購入額は4,600万円ほどで、そのためのローン返済は月額13万円ほどです。年収700万円以上あれば金融機関のローン審査を通過することができますが、コンスタントに収入を得てローン返済をしていく必要があります。

年収700万円を得ている人で、住宅購入を検討している場合は手取り自体が多くても月々にかかる生活費を見直す必要があります。また、副業や資産運用で収入を得ていきましょう。

住宅購入額

年収700万円の人の住宅購入額はローンを組める額は4,600万円となります。しかし、独身の頃に貯蓄をしておくことで頭金に回せる金額を増やせるため、住宅購入のための金額を増やすことも可能です。

年収700万円の人で住宅購入を検討している場合は、独身時代に貯蓄をしておいたり、夫婦で仕事をしていくことで住宅購入に回せる金額を増やすようにしましょう。

ローン

年収700万円の人は手取り分が多いため、審査に通りやすく住宅ローンが組みやすいです。

しかし、できるだけ金利の低い住宅ローンを組む必要があります。いくら年収が高くても身の丈に合ったローンを組まなければ返済が難しくなります。

年収700万円得ている人でローンを組む場合は、ニュースなどの情報を集めることで住宅の価格を把握しておき、低金利で住宅ローンを組むことが大切です。

贅沢をしない限りかなり余裕のある生活ができる

年収700万円得ている人は、贅沢しない限りかなり余裕がある生活を送ることが可能です。年収700万円得ている人は手取り分が多くなるので、お金を大切に使い、家族全体で贅沢をしなければ余裕のある暮らしを送ることができます。

年収700万円を得ている人は、収入が多くてもお金を使わない楽しみを見つけることで、余裕のある暮らしを送ることができます。また、貯蓄をすることで老後の不安をなくすこともできるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related