Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場

昇給が1万円あれば多いと言えます。また昇給額が少なくても昇給されたことに注目して仕事をすることが大切になります。1万円以上の昇給を受けるにはどのような仕事をしていけば良いのか考えることも大切になります。そのためには昇進を見据えて動くようにしましょう。

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場

昇給1万は多いの?少ないの?

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
会社で働いている人が、昇給で1万円もらうことができれば多い額と言えます。働いている会社自体の景気の良さや、本人の仕事への取り組みなどが評価されなければ1万円の昇給をもらうことができないからです。

1万円の昇給で不満な人は、5千円の昇給でさえなかなか難しいということを認識するようにします。また、昇給の1万円で資格取得の費用にしたり、家族サービスをするようにしましょう。

昇給の大事なポイント

昇給がされた場合、ポイントをつかんで考えるようにします。本人の昇給額がいくらであっても社員の仕事に対して会社側が評価する姿勢を示している限り、努力がある程度報われる企業であると判断して働くことが大切です。

自分の仕事が評価されて昇給されたら、専門的な資格を取り会社の期待に応えられるようにします。

昇給の平均額ってどれくらい?昇給額についての8例

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
昇給の平均額は5千円ほどになります。もちろん昇給がされない企業もあるので、1万円の昇給があった場合には会社の意図を考えながら、動いていくことが大切になります。

1万円の昇給がなかった人は、会社の評価システムを考慮した働き方をするようにします。例えば、その会社で力を入れていることを理解して仕事をするようにしましょう。

1:サラリーマン平均の昇給額

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
サラリーマン平均昇給額は、5千円から1万円ほどになります。企業自体が利益を上げるのが難しくなっているのでそのことが昇給額が上がらない理由になっています。

平均の昇給額をもらえない人は、残業を積極的にこなしたり、仕事で大きな成果を残すように仕事をするようにします。また、信頼される存在になるために、職場でできないことをなくすように仕事をするようにしましょう。

2:昇給1万は多い方だった

大企業や中小企業でも昇給1万円は多い方になります。現代の企業で年功序列が残っているとは言え、ほとんどの会社の終身雇用が崩壊しているので昇給が1万円あれば多い方になるからです。そのため1万円の昇給があれば社員を大切にしている会社と言えるでしょう。

自分に1万円の昇給があった場合は、どのような仕事に対しての評価なのかを考えるようにします。また、自分が扱う商品に対して、探究心を持って仕事をするようにします。

3:昇給額はなかなか増えない

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
大企業や中小企業のどちらで仕事をしていても、昇給額はなかなか増えないのが現状です。物価の上昇や人件費がかかりすぎると企業は考えているので、昇給をしない企業がほとんどとなっています。

自分の勤める会社の昇給に期待が持てない場合は、副業をしたり、投資をして給与が上がらない部分を補うようにします。また、資格の取得に時間を割いたり、節約をして備えるようにします。

4:利益が悪いと昇給額が減る

会社の利益が少ないと昇給額が減ります。企業は慈善事業ではないので、大きく利益を上げることができなければ社員の給与を上げることができないからです。そのため利益が少なければ非正規でも正規でも昇給がなくなります。

自分が利益を上げられない企業に勤めている場合は、昇給をしてもらうための条件などを上司に聞くようにします。また、長い期間利益を上げることができない会社の場合は、転職も視野に入れておきましょう。

5:一度上げた基本給は原則下げられない

企業は社員の基本給を一度上げたら、以後下げることはないです。減給処分になる場合を除いて、一度上げた基本給を下げることができないのでなかなか昇給がされないです。

昇給がない企業で働きたくない人は、入社の際に昇給や昇進のことを聞き、努力が報われる会社なのかを見極めるようにします。また、好条件で働くために、資格の取得やスキルを身につけておくことも大切になります。

6:昇給アップ狙うには

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
会社の方針に合わせて成果を上げるようにしなければ、1万円の昇給アップを狙うことはできないです。1万円の昇給アップを狙うには仕事で大きな評価をしてもらう必要があるためです。そのためには会社が力を入れていることを理解して、仕事をするようにします。

1万円の昇給を狙いたい人は、限られた時間で大きな成果を残すような仕事をしたり、会社に必要な人と考えてもらうように動くようにします。

7:昇給してもらうにはそれ以上の利益を出す

1万円の昇給を受けるためには、会社が今以上の利益を出せるようにしなければ難しくなります。自分の仕事で会社の利益を上げることができればそれだけ大きなことを成し遂げたことになるので、1万円以上の昇給をしてもらうことができます。

1万円以上の昇給を狙う人は、会社で今まで扱わなかったものに着眼して大きな利益を上げるような仕事をするようにします。また、取引先を増やすことも考えておきます。

8:昇進する

昇進できなければ、1万円以上の昇給をもらうことは難しいでしょう。1万円以上の昇給を狙うには、高い評価を受ける仕事を多くこなして、将来的にも昇進をしていくようにしなければ、給与額を上げていくことは難しいです。

昇進したい人は、自分の能力に合った企業に入社するようにして、人間関係を円滑にしながら評価される仕事をするようにします。

昇給額から見える将来の収入

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
昇給がされる職場ならば、将来への備えがしやすくなります。本人が昇給がされない職場にいるよりも、昇給額が上がる仕事に就いていれば生活がしやすくなるからです。昇給を受けていくためには仕事で成果を上げていくようにしなければいけません。

定期的に昇給を上げたい人は、私生活に張り合いを持たせるようにして、仕事へのモチベーションを上げるようにします。例えば、結婚やマイホームのプランを考えておきます。

昇給3,000円未満の注意点について

昇給が3,000円未満でも、昇給額が上がったことに注目するようにします。3,000円の昇給がされた場合、どのような仕事に対して評価されたのかを考えるようにして動くことが大切になります。

昇給額が少ない人は、昇給されたことに感謝をしつつ、成果を上げている人をお手本にして働くようにします。また、1万円以上の昇給がない場合でも会社に忠義を尽くすように働くことが大切です。

昇給金額が少ない会社の上司の後を追わないために

昇給額が少ない上司の後を追わないように仕事をすることが大切になります。昇給額が少ない上司は仕事で大きな成果を出せないばかりでなく、どこか的外れの行動をとっている面があるので、そうならないためにも考えて動く必要があるからです。

自分で昇給額が高い上司や先輩と触れ合うようにして、仕事の仕方を学ぶ機会を得るようにします。そのためには仕事で高い評価を受けている先輩や上司の行動を見習うようにします。

先輩や上司の生活から給料を想像する

先輩や上司の生活から給料を想像することは、昇給額を上げるためには必要なことです。休憩時間に先輩や上司の話を聞き、生活を垣間見ることでどれくらいの給料がもらえているかを考えることができます。

自分の仕事をしっかりとこなして、将来への目標を明確にして動いていくようにします。そのためには1万円以上の昇給を受けるにはどうすれば良いのかを考えて働いていきます。

企業別の昇給額平均

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
企業の規模で昇給額の平均が変わってきます。大規模な会社であれば昇給額が高くなります。また中小企業でも大企業と同じように昇給がされることがあるので、諦めないで成果を上げることができれば昇給を受けることができます。

自分の仕事の昇給額を平均を知り、普段の仕事自体に無駄がないのかを考えるようにします。そのためには勤めている会社の待遇や給与システムを考慮して働くようにします。

大企業

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
大企業で給与が20万円の場合、昇給額の平均は5,000円ほどになります。1万円の昇給は難しいので、5,000円から昇給額を上げていくように仕事をする必要があります。また年齢や受け持つ仕事でも昇給額が変わってくるのでそれらのことを認識しておきましょう。

大企業で働く人は、昇進をすることを前提に仕事をすることが大切になります。昇給を受けるためにはどのような仕事をしていけば良いのかを考えるようにしましょう。

中小企業

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
中小企業で給与が20万円の場合は、昇給額は3,000円ほどになります。大企業と違い、中小企業は規模が小さいので、従業員の給与自体を上げることが難しいためです。昇給があった場合は僅かな額でも給料が上がったことに注目するようにしましょう。

中小企業で働いている人は、昇給があったことに感謝をして仕事を続けるようにします。また、責任ある立場に就いた場合は会社全体のことを考えて仕事をするようにします。

公務員

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
公務員の昇給額は5,000円から7,000円ほどになります。公務員といっても仕事においては独立採算なので、本人の努力がなければ昇給されない仕組みになっています。公務員は「級」や「号」が上がれば昇給を受けられる仕組みになっています。

公務員の人は無断欠勤をなくし、与えられた仕事で成果を出し「号」や「級」を上げるように動いてきます。また、公務員でも独立採算だということを覚えておきましょう。

個人商店

個人商店の場合は儲けを出すことができなければ昇給は望めません。個人で経営している店なので儲けが少なければ店員の昇給を上げることができないからです。個人商店の場合は企業よりも昇給をするのが難しい場合がほとんどです。

個人商店を営む人は、在庫を抱えないようにしたり、家賃を滞納しないように経営をすることが大切になります。そのためには取引先を増やしたり、他の店では扱っていない商品を置くようにします。

経営の苦しい企業では昇給は期待できない

経営が苦しい企業では昇給が期待できません。利益を上げることができなければ従業員の給与を上げることが難しくなるためです。そのため、昇給を受けるためには会社の利益を上げていく必要があります。

自分の経営する会社の業績が芳しくない場合は、経費節減をしながら、取引先を増やすことを考えるようにします。

昇給額1万は多い方ということを理解しましょう

昇給額が1万で驚いたあなたへ|サラリーマンの平均昇給相場
昇給額が1万円あれば比較的多い方になります。たとえ1万円の昇給がなくても昇給額が上がったことに着目して仕事に取り組むことが大切になります。ほとんどの企業が原材料の高騰や人件費削減を視野に入れて経営しているので昇給を受けることが難しくなっています。

昇給額が1万円あった人は、どのような仕事で高い評価を受けたのかを考えて働くようにします。また、専門分野の探求を深めることも考えておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related