Search

検索したいワードを入力してください

2016年11月08日

履歴書は手書き?パソコン?どっちがいいの?

現在履歴書の作成方法は手書きとパソコンで作成する方法と二種類あります。パソコンで作成するとなんだか気持ちが伝わらないんじゃないかと不安になり、手書きで書き直した経験はありませんか?二種類の書き方があるのに本当はどっちが正解なのか、誰も教えてくれませんよね。今回はそんな履歴書のお悩みを解決していきます。

履歴書は手書き?パソコン?どっちがいいの?

履歴書は手書き?パソコン?どっちがいいの?

就活生の履歴書は手書き作成が基本

就活生の方の履歴書は基本的に手書きで作成しましょう。なぜ手書きなのか、それは企業にとってあなたを知る事ができる唯一の情報は履歴書だからです。パソコンで書かれた履歴書と手書きで書かれた履歴書があった場合、人事担当者は丁寧に誠意を込めて書いた手書きの履歴書を選ぶはずです。それだけ手書きとパソコンで作成した履歴書には差が出てきます。

手書きならあなたらしさをアピールできる

履歴書が手書きである事で読み取れる情報が多くあります。手書きの文字には書いた人の癖が出ます。性格、個性、常識、誠意、文字の綺麗さ、汚さで差が出てくるものです。こうした部分でアピールする事ができるのも手書きの良い点です。これはパソコンで作成した履歴書には表現はできませんよね。パソコンで誰が書いても同じ表現の文字でしか出てきません。パソコン作成ではできない手書きならではの利点ですね。

パソコン作成するケース

先ほどは手書き作成が基本であり、手書きの利点を伝えてきましたが、パソコンで作成してはいけないわけではありません。作成しても良いケースがあるのです。そうしたケースの場合はパソコンで作成した履歴書を提出するべきです。それではパソコンで履歴書を作成しても良いケースをご紹介して行きます。

企業からパソコン作成の指示を受けた場合

企業によってはパソコンで履歴書を作成して送ってほしいと指示をされる場合があります。そうした場合はその指示に従いパソコンで履歴書を作成しましょう。

メール添付で企業に履歴書を送る場合

履歴書をメール添付して送付する場合もパソコンで履歴書を作成して送りましょう。この場合わざわざ手書きの履歴書をスキャンして添付して送る必要はありません。この時に最低限のパソコンのスキルがあるなしを見たいというのも企業側の意図としてあるので、パソコンで作成してメールしましょう。

提出方法を指定されない例外ケース

基本的には企業からのパソコン作成の指示が無い限りは手書きで書くのが基本です。しかし世の中に例外は付き物です。提出方法を指定されないケースが出てきますが、この場合はどうしたら良いのでしょうか。そうした場合は企業文化に合わせて作成方法を変えるといいでしょう。

例えばIT企業や外資系企業ではパソコンスキルが重要視されるため、手書きの履歴書よりもパソコンで作成した履歴書の方が良いでしょう。逆に歴史の長い企業、大手の企業、社員の年齢層の高い企業では手書きの履歴書の方が好印象を与える事もあります。このように企業文化に合わせて対応するケースもありますのでそれらを考慮した上でどちらが適切か判断して履歴書を作成しましょう。

終わりに

いかがでしたか?履歴書を書く時は就活生の方は手書きで書くのが基本であり、手書きである事で様々なアピールが可能だと理解できましたね。基本的に手書きで書く事が古くからの決まり事のようになっていますが、企業がパソコンで作成した履歴書を指示されればその指示通りに素直に従った方が良いですし、どちらとも指示が無い場合は企業文化に合わせて履歴書を作成して対応すると良いのです。何事も臨機応変に状況を判断して対応するという事が大事だという事なんですね。面接でもそうした臨機応変な対応を求められる事もあるかもしれませんが、そんな時こそ冷静に状況を見極めて行動する事も大事です。臨機応変に冷静に対応できる立派な社会人を目指していきましょう。

Related