Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月27日

【エントリーシート】人事の目を留める「自己PR」の書き方・例文

エントリーシートを書こうとするとき、あなたは再び、自分をみつめることになります。その時、どうやったら能力や人柄を企業に訴えることができるのでしょうか?あなたの個性を上手にアピールして書類審査に通るための、エントリーシートの書き方をここで学びましょう。説得力のある自己PRを書いてライバルに差をつけてくださいね。

【エントリーシート】人事の目を留める「自己PR」の書き方・例文

自己PRするための「自分の強み」は何か?

最初の自己分析で、職業選択をするときの自分の核となるものを見つけましょう。大学での選考や研究を拠りどころとしたり、これまでとこれからの人生で何を大切にしたいかを軸にします。

たとえば「環境保護と健康維持はゆずれない」ことを軸にしたら、食品業界や農業関係そのほかの業界に、広く志望対象をとって企業を選ぶことができます。「大学で研究した都市開発を生かして技術貢献していきたい」と核を決めたら、研究機関や建築関係、海外へも活躍の場は広がります。就活の時も、将来にわたって仕事のキャリアを積む上でも、熱意を持ち続けることができます。

まずは企業研究から

自己PRを練る前に、企業研究をし、求められている能力や人物像を知りましょう。事業内容や社是、企業理念を理解し、人事担当者のコメントなどから探究します。各種の就活サイトの記事で概要をつかみ、気になる企業のWebサイトは熟読しておきます。説明会に出席したり、OBOG訪問をしても良いでしょう。

Webから例文を集めない

こうしてWebから企業の情報を集めていると、自己PRなどの例文集を見つけるかもしれません。自分で書いてみずに、これらの例文に頼ることはおすすめしません。Webにある例文は、書き方の参考にはなりますが、あまりこれらにこだわると、例文から離れられなくなり、ついそのまま写したり、組み合わせて使ったりしてしまいがちです。じつは、それはワナにはまっているようなものなんですね。なぜでしょう?理由は3つあります。
①例文を写したESは、写したことが採用担当者にバレる。
②例文を写したESは、個性がなく魅力がない。
③例文を探したり使ったりすることに時間を割いてしまい、自分のブラッシュアップができない。
企業の人事担当は、就活生から送られてくる大量のエントリーシートを毎年見ていますので、似通った言い回し、見たことがある表現などが頻繁に目につき、個性のないESに辟易しているということです。こんなエントリーシートは選考に残らないと考えましょう。

とくに自己PRは、「他の誰でもない、あなた自身」をアピールする箇所です。企業は、あなたの魅力を見たいと思ってESをチェックしているのに、例文から持ってきたツギハギでは、どこにもPRがみつからないのですから、そんなESは紙切れ同然として扱われてしまうのは、わかりますよね?

自己PRの材料あつめ 

書類審査を勝ち残るためには、企業が欲しい人材にあなたがなっていくことです。

企業研究をしたら、志望企業ごとに、必要な能力や資質などを箇条書きにしていきましょう。次に、自分の長所や強みをピックアップしていきます。企業カードと自己カード、2種のカードを色分けして作ると良いですよ。

内容は、このようにします。

企業カード

〇〇商社

「交渉能力」

「チームマネジメント能力」

「適応力」

「挑戦心」

自分の強み・その1

「チームワーク」

根拠:小学生から野球を続けた。

試合前後のメンバーへの声掛けに気を配った。

高校ではキャプテンに抜擢された。

この2枚のカードを並べることで、1組の材料とするのです。

エントリーシートの自己PRの書き方

ESにまとまった文章を書くにあたって、まず組み立てを考えます。要点を簡潔にまとめて文章をつくる能力は、どんな職種であっても社会人としてビジネスの上で必要不可欠の能力だからです。では、どんな構成で書いたら良いかを解説しますね。

PREP法で文章を組み立てる

大量のESの中から、あなたを見出してもらうためには、読みやすい、読んで理解しやすい書き方を知りましょう。「PREP法」とは、次のような文章構成で、論理的に要点を伝える方法です。

①P=Point:結論
②R=Reason:理由
③E=Example:具体例
④P=Point:結論

はじめに結論を述べることで、話の概要が一目でわかります。ここには長所、強み、そのほかアピールポイントをズバリと書きます。そして、その結論を導くに至った理由が示され、更に、その理由を裏付ける具体的な事例を示します。こうすることで、伝わる文章となるのです。最後には、初めに述べた自分の強みを、企業という場でどのように生かしていくかの展望を述べると良いでしょう。

具体的に書く

いかに読み手を飽きさせず、かつ魅きつけるかは、具体的な事例が必要です。「海外留学で現地の人と交流を深めました」では、どんな交流をしたかがわかりません。「塾講師のアルバイトで生徒の成績が上がりました」では通り一遍すぎて、どんな工夫をしたのか、どのように成績があがったのかが読み手に響かないので、残念なESということになります。

【自己PR例】商社に応募する、元野球少年の例

先ほど例に挙げた、企業カードと自己分析カードの1組から、こんな自己PRを作ってみました。

-------

私の強みは「チームワーク」です。

小学生から少年野球チームに所属し、高校まで野球部で頑張る中で身についたものです。

強豪校というわけではありませんでしたが、練習はきついものでしたし、みんながレギュラーになれるわけでもありません。その中で、常に仲間との和を重んじてきました。

とくに気を配ったのは試合前後のメンバーへの声かけです。一人一人の頑張りを評価する声かけを行うことで、チームの雰囲気はよくなりました。高校時代は顧問に認められ、キャプテンに抜擢されました。

社会人になっても、仕事は一人でできるものではないと思います。共に目的を同じくするメンバーの一員として、役割や責任をもち、互いに目を配りあいながら気持ち良く目標を達成していきたいと思います。

【自己PR例】マネジメント能力を売りにする例

塾講師のアルバイト体験を、企業のほしい能力に合わせて具体的にアピールしましょう。

-------

私は進学塾で講師のアシスタントをする中でマネジメント力を養いました。

主に小・中学生の受験指導を手伝っていますが、まだ学習意欲や進学目標の生まれてこない生徒たちも多いのです。一人一人に寄り添った学習計画を立てたり、また一斉授業ではクラスの興味を引く理科教材作りをしたりする中で、徐々に意欲を引き出していきました。定期テストの点数が実際にあがった、志望校に合格できたと報告してくれる生徒たちの表情は輝いていました。

この経験を生かし、貴社の業務においても、顧客や依頼者の力を引き出し、成長をたすけるコンサルタントになっていきたいと願っております。

【自己PR例】海外ホームステイで、日本の技術力を認識したことを伝える

外国にわたり一時期を過ごしたことで、日本の良さを認識し、ビジネスの展望を持った学生の例です。

------

私の展望は、中小企業のの技術力をもっと世界へ広めていきたいということです。

中学生と高校生時代、ニュージーランドの同年代の少年とのホームステイ相互交流を経験しました。ニュージーランドでは日本製の自動車や農機具をいくつも目にしました。また大学の留学生についてベトナムへ渡り、部品工場を見学しました。そこでは日本の企業から派遣された技術者が指導をしていました。

このように、日本製品への信頼感の高さを知り、日本の中小企業の持つ底力を再認識しました。もっと世界へ技術進出をしかけていくのが私の将来への展望です。

採用担当者の目線になって自己PRを考えよう

採用担当者の目に留まる、エントリーシート自己PRの秘訣、わかっていただけたでしょうか。大切なのは、あなた自身の経験を、自分のことばで書くことです。 まずは材料作りから練っていき、すてきなあなたを磨きにかけて、企業へ売り込んでいきましょう。応援しています!

Related