Search

検索したいワードを入力してください

2019年11月27日

履歴書は手書きのほうが有利?イマドキの履歴書事情

履歴書やエントリーシートを提出しますね。その際に、手書きとパソコン、どちらで作成すれば良いか迷ったことはないですか?今回は手書きとパソコンのどちらで履歴書作成すべきかについて、1つの判断の方法を紹介します。

履歴書は手書きのほうが有利?イマドキの履歴書事情

履歴書作成は、手書きかPCかの判断の基準

初めに結論を言うと、一概に手書きとパソコンのどちらが良いかを決めることはできません。つまり、企業によってその都度変えることが、1番賢い選択と言えます。では、どの場合に手書きで、どの場合にパソコンで作成すればいいのかの1つの判断基準について見ていきます。

パソコンで履歴書を作成する場合

企業によっては、web上で指定の欄に文字を記入し、そのまま送信ボタンを押すことで、履歴書もしくはエントリーシートを提出したことになる企業があります、当然ですが、その場合は別に履歴書を送る必要がないので、パソコンでの記入のみで大丈夫です。

また、他にも書類をweb上でダウンロードして、指定の欄に記載して提出する場合もあります。この場合は、「パソコンで記載してください」などの指定があればパソコンで内容を記載し、提出しましょう。パソコンで記載するような指定がなくても、「電子メールで添付」などの指定があれば、パソコンで作成しましょう。

手書きの履歴書をスキャンする方法もありますが、見づらくなってしまうので、パソコンで記入したほうが読みやすく、また管理しやすくなります。IT企業などはこういった指定が多いので、素直に従いましょう。また、字が下手すぎて自分でもスラスラ読めないような方は、手書きの指定がない限りパソコンで記載したほうがいいでしょう。手書きのほうが心がこもっていると言っても、読みづらければ意味がありません。

つまり、パソコンで履歴書を作成するケースというのは、webサイト内や電子メールで履歴書を提出する場合や、パソコンで記入する指定があった場合、また字があまりにも下手な場合などが挙げられるのです。

手書きで履歴書を作成する場合

手書きで記載する場合は、上記した「パソコンで記載する場合に当てはまらない時」で、基本的には問題ありません。指定の書類が郵送で送られてきたり、指定の書類をダウンロードし、郵送の指定がある場合などは手書きで記載しましょう。

手書きで書いた方が良いかどうかは、志望先の企業によって変わりますが、業界別に分けるのはあまりお勧めできません。出版社では手書きがいいイメージがあると思いますが、企業によっては「パソコンのほうが管理しやすい」と、電子書類での提出を求める企業もあります。なので、どうしても不安な方は、説明会やOBOG訪問で質問したり、就活サイトなどで確認して履歴書を作成しましょう。

手書きかパソコンかで選考に影響することはないので、「指定がない場合や迷った場合に手書き」と考えておいて問題ありません。

手書きかどうかは企業によって変える

以上、「履歴書を作成する場合、手書きとパソコンのどちらが良いのか?」について見てきました。

一概に、どちらにすべきかとは言えません。企業によって変えるのが賢い方法です。何を基準にして変えるのかというと、「指定があるかどうか」です。パソコンで記載する場合は、web上で記入して提出したり、電子メールでの添付などの指定があって、手書きでは書けない場合です。パソコンでの文字が良いと考えている企業は、パソコンを通して全てのやりとりができるように指定している場合が多いので、1つの判断基準になります。

手書きで記載するのは、その逆の場合です。面倒かもしれませんが、わざわざ郵送での提出などを指定しているということは、「履歴書は手書きが良い」と考えている可能性があります。手書きとパソコン、どちらで作成した履歴書・ESが良いかは、正解のないテーマですが、無難な選択と言えるので、指定が何も場合は手書きで作成しましょう。

Related