Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

履歴書の誤字・脱字を防ぐためのポイント6つ|訂正する際の注意点3つ

履歴書の誤字や脱字は合否に大きく影響します。誤字脱字ばかりが目立つ履歴書だと面接官に良いイメージを与えられないので合格への道が遠くなります。誤字があった場合はあえて初めから書き直すか、二重線や専門の訂正印を利用して訂正するようにしましょう。

履歴書の誤字・脱字を防ぐためのポイント6つ|訂正する際の注意点3つ

履歴書の誤字・脱字は合否に影響するの?

履歴書の誤字や脱字は合否に影響します。履歴書を綺麗に仕上げられないと会社側に熱意が伝わらず、不採用になることがあります。また、誤字、脱字が多く綺麗に仕上げることができないと良い仕事ができないと考えられてしまいます。

履歴書を作成する人は、履歴書に記入する文字が間違っていないか調べたり、あらかじめ下書きをして書くようにしましょう。

履歴書の誤字・脱字を防ぐためのポイント6つ

履歴書の誤字、脱字を防ぐためのポイントが6点ほどあります。時間の余裕を持たせる工夫をしたり、あらかじめ誤字脱字がないか調べておくことで履歴書の間違いを防ぐことができます。

履歴書の誤字や脱字を防ぎたい人は、どのような履歴書に仕上げたいかイメージをして、鉛筆で下書きをするなどの下準備をしておきましょう。

履歴書の誤字・脱字を防ぐためのポイント1:あらかじめ鉛筆で下書きする

履歴書の誤字、脱字を防ぐためのポイントにあらかじめ鉛筆で下書きをすること挙げられます。鉛筆で下書きをしておき、そのままペンでなぞることで大きな間違いをすることがなくなります。

鉛筆で下書きをする人は、HBなどの薄い鉛筆を選び、ペンでなぞった後も消しやすい濃さの鉛筆を選びましょう。

履歴書の誤字・脱字を防ぐためのポイント2:予備の履歴書を用意する

予備の履歴書を用意しておくことも履歴書の誤字や脱字を防ぐためのポイントです。予備の履歴書を用意しておけば、間違えた場合でも新たに書き直せるので余裕を持って準備しておけば安心して履歴書を作成することができます。

予備の履歴書を準備して書く人は、鉛筆で下書きをしたり、間違えた履歴書を見返すことで同じ箇所でのミスを避けましょう。

履歴書の誤字・脱字を防ぐためのポイント3:指定のもので枚数がなければコピーしておく

指定の履歴書で枚数が少なければコピーを取っておくことも履歴書の誤字、脱字を防ぐポイントです。学校や受ける企業によっては履歴書を指定してくる場合もあるので、あらかじめコピーを取っておけばミスをしても対応することができます。

指定の履歴書を使う人は、コピーを取った履歴書でも構わないのか学校や企業に問い合わせてからコピーを取るようにしましょう。

履歴書の誤字・脱字を防ぐためのポイント4:ぎりぎりで慌てないために時間に余裕をもって書く

ぎりぎりで慌てないために時間に余裕を持って書くことも履歴書の誤字や脱字を防ぐためのポイントです。就活や転職活動をしていく場合は履歴書を書くだけでなく、面接対策もしていかないといけないので時間に余裕を持ち、慌てないようにしましょう。

履歴書作成で慌てたくない人は、会社訪問までの日にちを考えながら、早めに面接対策や履歴書の作成をしておきましょう。

履歴書の誤字・脱字を防ぐためのポイント5:時間をおいて読み直す

時間をおいて読み直すことも履歴書の誤字や脱字を防ぐためにポイントです。書き終わった履歴書を時間をおいて見てみることで、気がつかなったことに気づき訂正することができます。

履歴書を作成する人は、履歴書を書き終わったら時間をおいて読み直したり、信頼できる人に見せることで内容に不備がないか確かめるようにしましょう。

履歴書の誤字・脱字を防ぐためのポイント6:誤字脱字チェックツールを利用する

履歴書の誤字や脱字を防ぐためのポイントに誤字脱字チェックツールを利用することが挙げられます。PCで履歴書を作成する際などは校正ツールを活用することで誤字脱字を見つけることができます。

誤字脱字チェックツールを利用する人は、使いやすい校正ツールを活用することで誤字脱字を見つけやすいようにしましょう。

履歴書の誤字・脱字訂正方法

履歴書の誤字、脱字があった場合、定番の訂正方法があります。綺麗に訂正されていない履歴書は面接官や会社側にマイナスのイメージを与えてしまうので、初めから書き直したり、時間がなくて訂正する場合も二重線や訂正印を活用しましょう。

履歴書を作成する人は、誤字脱字での間違いがないようにあらかじめ記入する文字を調べておき、時間に余裕を持たせて書くようにしましょう。

初めから書き直す

履歴書の誤字、脱字の訂正方法に初めから書き直すことが挙げられます。間違って記入した履歴書を訂正すると見た目が綺麗でなくなることがあるので、あえて書き直すことで対処することができます。

初めから履歴書を書き直す人は、同じ間違いをしないためにも失敗した履歴書を傍らに置き、確かめながら記入していきましょう。

どうしてもの時は二重線と訂正印

履歴書の誤字脱字の訂正方法に二重線と訂正印を活用する方法があります。間違えた文字にペンで二重線を引き、訂正印を押すことで正式に訂正をすることができます。

二重線と訂正印での訂正をする人は、訂正印用の印鑑を購入しておき、訂正印として使うようにしましょう。また、訂正する箇所が多い場合は書き直すようにしましょう。

履歴書の誤字を訂正する際の注意点3つ

履歴書の誤字を訂正する際に覚えておきたい注意点があります。誤字や脱字を訂正する場合、綺麗に修正しないと見栄えの良い履歴書を作ることができなくなり、面接官や会社側にプラスのイメージを与えられません。

履歴書を作成する人は、時間に余裕を持ち、慌てずに履歴書を作成するようにしましょう。また、訂正する箇所があった場合は綺麗に修正するようにします。

履歴書の誤字を訂正する際の注意点1:修正液・修正テープは使わない

履歴書の誤字を訂正する際の注意点に修正液や修正テープを使わないことが挙げられます。修正液や修正テープを使うと綺麗に仕上げられないだけでなく、他の書類を汚してしまうことがあるので使うのを避けましょう。

履歴書を作成する人で誤字を訂正する場合、二重線や訂正印を活用して修正をするようにしましょう。また、時間がなくて修正液を使うことになっても速乾性のあるものを選ぶようにします。

履歴書の誤字を訂正する際の注意点2:二重線はきれいに引く

履歴書の誤字を訂正する際の注意点に二重線を綺麗に引くことが挙げられます。二重線が綺麗に引かれていないと見栄えが悪くなり、インパクトがある履歴書を仕上げることができません。

履歴書を作成する人は、定規などで二重線を引き、訂正印用の印鑑を用いて綺麗に訂正をしましょう。

履歴書の誤字を訂正する際の注意点3:二重線と訂正印で訂正するのは1箇所まで

二重線と訂正印で訂正するのは1箇所に留めておくのも、履歴書の誤字を訂正する際の注意点となります。誤字脱字が多く1箇所以上の箇所を訂正していると、面接官に熱意を感じさせる履歴書を作ることができません。

履歴書を作成する人は、訂正する箇所は1箇所に留めておき、それ以上間違えた場合は履歴書を書き直すようにしましょう。

訂正された履歴書はマイナスのイメージがあるのでなるべく書き直すのがベスト

訂正された履歴書は面接官にマイナスのイメージを与えてしまうので書き直すようにしましょう。誤字脱字が多いと業務に不慣れだと勘違いされたり、真剣に面接に受けに来ていないと思われてしまいます。

履歴書を作成する人は、無理して文字を綺麗に書こうとはせず、大きく読みやすい文字を正しく書くことで面接官に良いイメージを与えるようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related