Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

職務経歴書の職務要約の書き方とポイント6つ|伝わりやすい書き方5つ

職務要約の書き方とポイント、伝わりやすい職務経歴書とは、職務要約の書き方とそのポイント6つ(具体的な数字を入れる、客観的な表現を使うなど)、伝わりやすい職務経歴書の書き方5つ(冒頭に要約を入れる、活かせる経験や技術を書くなど)、まとめ

職務経歴書の職務要約の書き方とポイント6つ|伝わりやすい書き方5つ

職務要約の書き方とポイント

職務要約は冒頭部分をどれだけ読ませる文章にできるかに尽きます。

中盤以降にどれだけ情熱を注いだ文章を綴ったとしても、序盤に魅力がなければ人事担当に読んでもらえない可能性があるからです。最初が一番肝心なので、これを押さえておきましょう。

職務要約のポイントは「先制攻撃」という表現が適切でしょう。これから職務要約の書き方とポイントについて解説していきます。

伝わりやすい職務経歴書とは

伝わりやすい職務経歴書とはどのようなものでしょうか。それは「あなたのアピールしたいポイントを明確に押さえたもの」でしょう。

あなたの能力が志望企業にとって必要だと感じてもらえるものでなくてはなりません。どれだけあなたの経験が志望企業に関係したものであるかを職務経歴書でアピールすることが大切です。

職務要約の書き方とそのポイント6つ

職務要約は書類選考を通過するために人事担当者にアピールする、きわめて重要なポイントとなる文章です。

ここでは職務要約の書き方とポイントを6つに分けて解説していきます。

職務要約の書き方とそのポイント1:具体的な数字を入れる

職務要約の書き方のポイントとして「具体的な数字を入れる」ことはきわめて有効です。

職務要約は人事担当者にもよりますが、1枚数秒ほどしか見ないという話があります。その数秒のうちどこでアピールするのかとなると、ハッキリとした成果として表現できる数字が重要になります。

これまで成果を挙げている経歴があるのであれば、職務要約を積極的に自己アピールとして活用しましょう。

職務要約の書き方とそのポイント2:客観的な表現を使う

職務要約の書き方として「客観的な表現を使う」ことは重要なポイントのひとつです。それでは「客観的な表現を使う」とはどういうことなのでしょうか。

自分で考えていることをアピールするのではなく、これまで経験してきたことからの成果を伝えることが挙げられます。

職務要約の書き方とそのポイント3:3~4行程度にまとめる

自己アピールの文章を書き出すとあれもこれもと長い文章を書きがちですが、職務要約の書き方のポイントとしてはあまり好ましいとは言えません。

職務要約の書き方で重要なのは、いかに短く読みやすくまとめられているかということです。

職務要約の文章はなるべく3~4行を目安にして簡潔にしましょう。短く伝えられるスキルをアピールすることにも繋がりますし、前向きな印象を与えることができるでしょう。

職務要約の書き方とそのポイント4:志望動機を入れる

職務要約の書き方のポイントには「志望動機」を入れることも重要です。志望企業で「なにができるのか」「なにがしたいのか」に繋がる項目ですので、押さえておきたいポイントです。

企業に欲しい人材だと目をつけてもらうために、まずは興味を持ってもらうことが大切です。志望動機は将来へ向けての明確なビジョンがあるものにしましょう。

職務要約の書き方とそのポイント5:志望企業への意欲を入れる

職務要約の書き方のポイントとして「志望企業への意欲を入れる」ことも重要です。職務要約において、あまり自分語りをしてもマイナスになりかねません。しかし、まったくやる気がないというのもよくありません。

志望企業の企業理念などに紐付けて、自己のモチベーションになるものがあればアピールとして利用することができるでしょう。

職務要約の書き方とそのポイント6:面接で聞いて欲しいことを入れる

職務要約の書き方のポイントには「面接で聞いて欲しいことを入れる」というのもあります。ここでよい印象を与えることができたら、面接はうまくいくはずです。

職務経歴書に書いたことは、面接で何を聞かれても正確に受け答えできるようにしておきましょう。

伝わりやすい職務経歴書の書き方5つ

伝わりやすい職務経歴書とはどのようなものでしょうか。自分をアピールするために何をどのように表現したらよいかについて知っておくことはよい結果に繋がります。

これまでは書き方とそのポイント6つを紹介してきましたが、ここからは「伝わりやすい職務経歴書」についての書き方を5つに分けて解説していきます。

伝わりやすい職務経歴書1:冒頭に要約を入れる

職務経歴書はそこまで短いとは言えないものですが、自己アピールするにはやや物足りないボリュームの文章量ではないでしょうか。

それだけに、主張を表現するためには練り上げられた文章が必要になります。その文章力を発揮するべきは冒頭であるのは間違いありません。

人事担当者は職務経歴書を1枚1枚じっくりと眺めてはくれません、冒頭に要約を入れて必要な人材であるとアピールすることが大切です。

伝わりやすい職務経歴書2:活かせる経験や技術を書く

職務経歴書でいかにアピールするかを考えたときに、これまでの経験や身につけた技術で活かせるものを挙げるとよいでしょう。

これまでの経験が志望企業への大きなアピールになることは間違いありませんし、就職が決まった際にあなたの希望する部署へ配属になる可能性もあるでしょう。

職務経歴書では出し惜しみせずに、積極的にこれまでの経験や身につけた技術をアピールしましょう。

伝わりやすい職務経歴書3:前職の具体的な担当範囲と役割を書く

職務経歴書でアピールする手段として「前職の具体的な担当範囲と役割を書く」というのはきわめて有効です。

志望企業への就職が決まったあとに、職務経歴書による前職の経験と技術を通じた部署への配属が期待できるからです。

企業側にとっても一から教育や育成をする必要がなく、業務に早く順応できることも職務経歴書によるアピールとして大きなメリットになります。

伝わりやすい職務経歴書4:強くアピールできる経歴に絞って書く

キャリアの長い人が職務経歴書を書くときに気をつけたいのは、「長くなりすぎないこと」です。今までの経歴をすべて書くのが当然と思われがちですが例外もあります。

事実を伝えることはもちろん重要ですが、あまりにも経歴が長くなってしまうようであれば、ある程度の取捨選択が必要です。

職務経歴書は志望企業に合わせたものであることが大切です、自分にとってなにが強みなのかをハッキリとアピールしましょう。

伝わりやすい職務経歴書5:人事担当者に会ってみたいと思わせる

伝わりやすい職務経歴書として「人事担当者に会ってみたいと思わせる」ということが挙げられます。

完成した職務経歴書をあなた自身がチェックしたあとに、第三者にも見てもらいましょう。

見てもらってどのような印象を受けたか正直に言ってもらいましょう。「経歴にアルバイトは必要ないんじゃないか」「もう少し志望動機を明確にしたほうが」など自身では気づかなかったアドバイスがもらえることもあるでしょう。

まず職務要約で自分の経歴をアピールしよう!

どんなに輝かしい経歴と確かな実績があっても、それをアピールできなければ転職がうまくいなかいこともあるでしょう。その原因として「退屈な職務要約」が考えられます。

最後まで読んでもらえるような職務経歴書をいかに完成させるかが重要です。

そのためにも志望企業が必要とする人材をよく分析して、自己と照らし合わせてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related