Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

履歴書におけるメールアドレスの書き方10選|書くメリット4選

履歴書にメールアドレスを書くときの注意点やメリットなどを解説します。履歴書へのメールアドレスのきちんとした書き方を知っておけば、面接でも良いイメージを持たれるでしょう。好感度アップにもつながるので、履歴書へのメールアドレスの丁寧な書き方を身に付けましょう。

履歴書におけるメールアドレスの書き方10選|書くメリット4選

履歴書におけるメールアドレスの正しい書き方とは

転職活動や就職活動で、履歴書を作成する機会は多々あります。その際、履歴書にメールアドレスを記入しておくと、選考連絡や必要事項の連絡に役に立ちます。

履歴書にメールアドレスを記入すれば、丁寧な案内を受けることもでき、複雑な内容の連絡も理解しやすくなります。つまり、履歴書にメールアドレスを記入することは大切ということです。

ここでは、履歴書のための正しいメールアドレス記入の仕方をする書き方をご紹介します。

メールアドレスの書き方が問われる理由

履歴書におけるメールアドレスの書き方10選|書くメリット4選
履歴書にメールアドレスを記入する際は、必ず連絡が取れるメールアドレスを記入しましょう。

その際は、就職活動専用としてGmailやYahooメールなどのフリーメールを取得するのも良いでしょう。簡単にメールアドレスを取得することができます。

また、履歴書に書くメールアドレスは、丁寧な字で読みやすく書いて下さい。アドレスの書き方が合否を左右することもあります。

履歴書におけるメールアドレスの書き方10選

連絡先がきちんとわかるように、ある程度スペースのある場所にメールアドレスを記入する書き方を心がけましょう。履歴書の書式によっては、メールアドレスを記入するスペースがない場合があります。

また、一般的な履歴書には連絡先の住所を記入するスペースがいくつかあるので、住所を記入した下の空白にメールアドレスを記入すると良いでしょう。

以下に、履歴書におけるメールアドレスの書き方10選をご紹介します。

履歴書によるメールアドレスの書き方1:記入欄がない場合は別の連絡先に書く

履歴書にメールアドレスを記入するスペースがない場合は、連絡先を書いた下のスペースにメールアドレスを記入する書き方が良いでしょう。

住所を書いたスペースの後に続く空白にメールアドレスを記入する書き方であれば、住所を確認した後にすぐ目につくので、連絡先がわかりやすいと言えます。

履歴書のおけるメールアドレスの書き方2:携帯のメールアドレスは使わない方が無難

携帯電話では容量が少なく、会社からの添付ファイルなどを受信できない場合が多いので、履歴書の書き方としては、PCメールアドレスを書くのが好ましいです。

添付ファイルを完全にダウンロードできず、会社からの連絡事項を最後まで受け取れなければ、就職試験に少なからず支障が生じます。

それを防ぐため、履歴書には必ずPCメールアドレスを記入するようにして下さい。

履歴書におけるメールアドレスの書き方3:誤字と脱字に注意

メールアドレスを履歴書に記入する時は、丁寧な字で正確な書きましょう。

記入の際、誤ったスペルを書いたり、記入漏れをしたりするなどの不備が起きることも考えられます。不正確な書き方では、送信されたメールも届きません。

メールアドレスは日頃から書き慣れていないという方も多いので、ペンでメールアドレスを記入した際はしっかりと見直して、誤字・脱字がないかきちんと確認しましょう。

履歴書におけるメールアドレスの書き方4:アットマーク前の文字内容に注意

一般的に、アットマークの前は「氏名@ドメイン」の構成が望ましい書き方と言えるでしょう。

つまり、「シンプルなメールアドレス」が履歴書の場合はふさわしいと言えます。

学生時代に使っていたままのアドレスを履歴書に記入してしまうと、大人っぽさに欠ける印象を持たれますので、就職活動の際だけでもシンプルなアドレスを設定すると良いでしょう。

履歴書におけるメールアドレスの書き方5:混同されやすい英数字に注意

履歴書にメールアドレスを記入する際は、英語のスペルや大文字、小文字を正確に伝えられる書き方が求められます。

アドレスに英数字を使う場合は、正しく丁寧に書いて、読み手が数字と英字を間違えないような書き方を心がけて下さい。

あるいは、混同しやすい英字と数字は使わないようにするのも一つの方法でしょう。

履歴書におけるメールアドレスの書き方6:大文字と小文字に注意

メールアドレスを履歴書に書くときは、大文字と小文字の区別がはっきりわかるような書き方をして下さい。

大文字のところを、誤って小文字に書き間違うようなことを避けるため、細心の注意を払って正確なメールアドレスを書いてください。

書き間違いは大きなミスになり、メールが届かない原因にもなります。

履歴書におけるメールアドレスの書き方7:書きにくい時は別紙に書き添付する

履歴書に、メールアドレスを書くスペースがない場合は、別紙に記入する書き方が良いでしょう。

履歴書に空白の部分があってもメールアドレスを書くには狭いような場合、別紙に記入して履歴書にホチキスで留めると良いでしょう。

改めて別紙にスペースを取ることによって、はっきりと大きく、読みやすく書く事ができます。

履歴書におけるメールアドレスの書き方8:ドメイン名に注意

メールアドレスを書く際は、正しいドメインを記入できているか何度も見直しましょう。頭では覚えていても、実際に書く時になって間違ってしまう場合もあります。

特にドメイン名の、「ne.jp」、「co.jp」、「.com」などは混同しやすいので、文字を一つ一つ確認しながら、正しいメールアドレスを書くようにして下さい。

履歴書におけるメールアドレスの書き方9:ファイルが受信できないメールアドレスは使わない

携帯電話には、メールを受信できても添付ファイルを送ることは難しいというデメリットがあります。

PCメールアドレスであれば添付ファイルを受信してダウンロードできるので、とても便利です。

履歴書には、添付ファイルを正確に開けるメールアドレスを使いましょう。添付ファイルを受信できるPCメールアドレスは就職活動の強い味方になります。

履歴書におけるメールアドレスの書き方10:フリーメールアドレスを使う時は大手が無難

フリーメールを使う場合は、きちんと採用者から連絡を受けとるために、OUTLOOKやYahoo、Gmailなどの大手のメールアドレスを使いましょう。

小規模な会社や組織のフリーメールアドレスは信用性が低く、たとえ就職活動のための使い捨てメールとしても、きちんとメールが送受信できるフリーメールが役に立ちます。

頼りにできる大手のフリーメールを選びましょう。

履歴書にメールアドレスを書くメリット4選

履歴書にメールアドレスを書いておけば、いつでも大切な連絡を受信することができるのが最大のメリットと言えるでしょう。時間を問わずに連絡を取り合えるメールは、仕事をする上で非常に便利だと言えます。

採用者には電話番号よりもメールアドレスを伝える方が、重要なファイルやメッセージを正確に送受信できるので、連絡ミスはなくなります。

不要な話をしなくて済むことも、メールの良いところと言えるでしょう。

履歴書にメールアドレスを書くメリット1:動画が受信できる

1つ目のメールアドレスを履歴書に書くメリットは、会社案内の動画や仕事の内容を伝える動画の受信ができることです。

動画を受信することで、会社や店舗が求めることをきちんと理解できるでしょう。わかりやすい動画で仕事内容を見ることで、仕事に関しての重要なポイントを知ることもできます。

企業側で動画を送信するような場合も想定して、履歴書にはPCメールアドレスをきちんと記入する書き方を身に付けておきましょう。

履歴書にメールアドレスを書くメリット2:PDFファイルが受信できる

2つ目の履歴書にメールアドレスを書くメリットは、重要なPDFファイルを受信できることです。

PDFファイルは、容量の多い文書も圧縮して送ることができ、どんな環境でも見ることができるという特性があるため、多くの企業で採用しています。

採用者が、次のステップにあなたを案内する場合も、PDFファイルが役立ちます。その点でも、履歴書にメールアドレスを書くことは有意義なことだと考えられます。

履歴書にメールアドレスを書くメリット3:夜中に連絡するときに便利

3つ目の履歴書にメールアドレスを書くメリットは、夜間でも連絡が取れることです。

採用者に連絡したくても、忙しくて夜だけしか連絡できる時間がない場合など、メールがあればとても便利です。

また、採用者側でも突然に夜中に連絡を取りたいような時に、あなたにメールを受信できる環境があれば、正確に連絡事項が伝えられます。

夜中など、電話でははばかられる時間でも、気軽にメールできるのは非常に役立ちます。

履歴書にメールアドレスを書くメリット4:電話が故障した時に困る

4つ目の履歴書にメールアドレスを書くメリットは、電話が使えなくなった場合の連絡手段として役立つことです。

電話の故障があり得ないとは言えませんから、採用者があなたのメールアドレスを知っていれば、何かと心強いでしょう。

電話が通じない時でも、大切な連絡はメールで記載して送ることがことができます。

履歴書におけるメールアドレスの書き方を知り堅実さをアピールしよう

面接を受ける際、提出する履歴書にメールアドレスを正確に書いておくことは好印象につながります。

「連絡ミスがないように、細心の注意を払っている」というイメージが相手に伝わります。また、履歴書にメールアドレスを書くだけで、「誠実さ」や「堅実さ」といった前向きなイメージも伝わるでしょう。

前向きに仕事に取り組める人という印象を与えられるよう、履歴書にメールアドレスをきちんと記入する習慣をつけましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related