Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月09日

アルムナイ制度とは?活用するためのポイント5つ|メリット・デメリット

アルムナイ制度は、ますます日本社会に浸透していくと言われています。今現在、転職や独立を考えている人も多いのではないでしょうか。この記事では、アルムナイ制度のメリットやデメリットについてご紹介してまいりますので、退職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

アルムナイ制度とは?活用するためのポイント5つ|メリット・デメリット

アルムナイとは

アルムナイ(alumni)とはもともと、「卒業生・同窓生・校友」といった意味を持つアルムナス(alumnus)の複数形英単語です。

そこから転じて「企業におけるOBやOG・離職者」を指し、ビジネス用語として「アルムナイ制度」や「アルムナイネットワーク」といった使われ方をします。

アルムナイが企業で注目される背景

アルムナイが企業で注目される背景には、働き手の流動化と優秀な人材資源の不足があります。かつての日本社会では終身雇用制が取り入れられ、定年退職するまで一つの会社に勤めあげるのが当たり前のことでした。

しかし昨今の働き方の多様化に伴う早期退職や転職などの増加が、企業における優秀な人材の枯渇につながり、アルムナイが注目されるようになった背景にあります。

アルムナイ制度のメリット5つ

「アルムナイ制度」とは、企業においてOBやOGを積極的に再雇用しようという働きです。「日本ではあまりなじみのない制度ですが、流動的な働き方が当たり前の外資系企業では、以前から取り入れられてきた制度でもあります。

アルムナイ制度を取り入れるメリットについて紹介します。

アルムナイ制度のメリット1:採用費や教育費の削減

アルムナイ制度のメリットの1つ目には、採用費や教育費の削減があげられます。アルムナイ制度を利用することによって、人材紹介会社の紹介手数料や、転職・求人サイトの利用にかかる広告掲載料を削除できます。

OBやOGを再雇用するアルムナイ制度は、現役の社員からの口利きによるものがほとんどといわれています。そのためダイレクトに雇用することができるので、一人当たりに数百万もかかるとされる採用コストを削減することが可能となります。

アルムナイ制度のメリット2:適切な採用ができる

アルムナイ制度のメリットの2つ目は、適切な採用ができる点にあります。アルムナイ制度を利用する場合、会社側は採用する人材のスキルや性格、適性などをすでに知っています。

そのため、人材と業務内容におけるミスマッチを回避することが可能となり、適切な採用へとつながります。

アルムナイ制度のメリット3:人材のネットワークを活用できる

アルムナイ制度のメリットの3つ目は、人材ネットワークを利用できる点にあります。一度退社したアルムナイは、再雇用されるまでの間にさまざまな人と出会い親交を深めています。

そんなアルムナイが再び会社に戻ることによって新たな人材をもたらしたり、ともすれば新たな事業や商談につながる可能性もあります。

アルムナイ制度のメリット4:即戦力となる

アルムナイ制度のメリット4つ目は、即戦力となる人材を確保できる点にあります。

アルムナイ制度を利用して採用した元社員は、仕事内容やシステム、事業内容などの企業文化を基本的に理解しているため社員研修などの必要がなく、即戦力となります。

アルムナイ制度のメリット5:退職リスクが低い

アルムナイ制度のメリットの5つ目は、退職リスクが低いことです。再雇用で入社してくる人材は、あらかじめ企業文化を知って入社してくるので、高い適応性を備えています。

そのため新たに採用となった人材に比べて各方面でのストレスが少なく、退職リスクが低くなります。

アルムナイ制度のデメリット3つ

アルムナイ制度にも、いくつかのデメリットがあります。場合によっては、人材確保のために取り入れたアルムナイ制度によって、逆に多くの退職者を生み出す可能性があります。

想定されるデメリットをよく理解することで、優秀な人材を逃さない対策へとつなげましょう。

アルムナイ制度のデメリット1:既存社員から反発を受ける可能性

アルムナイ制度のデメリットの1つ目は、既存社員から反発を受ける可能性があることです。いわば「出戻り社員」であるアルムナイは多くのメリットを生み出す反面、既存の社員からのひがみの対象になる場合や、若手社員とうまく馴染めないないケースも考えられます。

こういった事態を防ぐために、アルムナイ制度を取り入れている企業は、アルムナイと現役社員の双方が出席するパーティを開くなどして、常に交流を持てる場を設けることが効果的です。

アルムナイ制度のデメリット2:既存社員が安易に退職を考えてしまう

アルムナイ制度とは?活用するためのポイント5つ|メリット・デメリット
アルムナイ制度のデメリットの2つ目は、既存社員が安易に退職を考えてしまうことです。

もし退職してもアルムナイとして再雇用してもらう道があると考えた場合、退職することのリスクを感じなくなり、退職することに対する抵抗が小さくなります。その結果、安易に退職を考えるようになるでしょう。

アルムナイ制度のデメリット3:給与や待遇面の問題

アルムナイ制度のデメリットの3つ目は、給与や待遇面の問題があげられます。当然のことながら、アルムナイが退社してから以前の会社に戻るまでの間に、以前の人事配置は大きく変わっています。

同僚が昇進していたり、かつての部下が上司になっていることも考えられます。そういった場合に軋轢が生じないよう、給与や待遇面での配慮が必要となります。

企業がアルムナイ制度を上手に活用するためのポイント5つ

アルムナイ制度を導入するにあたって、おさえておくべきポイントがあります。これまでにご紹介したメリット・デメリットをふまえて、アルムナイ制度を上手に活用するポイントを知り、その効果を最大限に活用できるようにしたいですね。

活用ポイント1:復職の条件を明確にする

アルムナイ制度を上手に活用することのポイントの1つ目は、復職の条件を明確にすることです。

働き方が多様化している昨今、もし退社してもアルムナイ制度を利用すれば復職できると、軽い気持ちで“ためしに”退社する社員がいてもおかしくありません。

この問題は、人材難を回避するはずのアルムナイ制度が、逆に人材難を深刻化させてしまいます。

活用ポイント2:退職者との関係性を維持

アルムナイ制度を上手に活用するためのポイントの2つ目に、退職者との関係性を維持することがあげられます。

いざアルムナイ制度を利用して、○○さんを再雇用したいと思っても、関係が途絶えてしまっていては連絡のしようがありません。

どんな形であれ、また機会があれば戻ってきてほしいと思える人材であれば、アルムナイとなったのちもコミュニケーションを取り、関係性を維持するよう勤めましょう。

活用ポイント3:退職者の退職時に良い印象を残す

アルムナイ制度を上手に活用するためのポイントの3つ目に、退職者の退職時には、会社の良い印象を残すように努力することがあげられます。

どうせ退職するんだからと追い出さんばかりの態度で見送っては、せっかくアルムナイ制度があっても誰も復職したいとは思えず、上手に制度を活用することはできません。

退職したことを後悔させるくらいに良い印象を残してこそ、アルムナイ制度のスムーズな活用につながります。

活用ポイント4:アルムナイ制度があることを周知する

アルムナイ制度を上手に活用するためのポイントの4つ目は、アルムナイ制度があることを周知することです。

退職するしないに関わらず、全社員にアルムナイ制度があることを知ってもらい、お互いに上手に活用しましょう。もしかしたら退職者が増えるのではないかという懸念が、会社側には生まれるでしょう。

しかし会社側が制度の周知することで、社員は改めて自身の働き方を見つめることができ、人生設計を見直す手助けとなれば、社員側の会社に対する印象も当然よくなります。

活用ポイント5:受け入れ体制を整える

アルムナイ制度を上手に活用するためのポイントの5つ目に、受け入れ体制を整えることがあります。

受け入れ態勢を整えることによって、デメリットである既存社員から反発を受ける可能性を最小限に抑えることができるばかりでなく、よりスムーズに即戦力となってもらうことが可能となります。

受け入れ体制が整っていない場合、せっかくの優秀な人材を生かしきれないばかりか再退職にもつながり、せっかくの人材ネットワークも事業拡大の可能性も失うことになってしまいます。

アルムナイ制度を上手に活用し労働人口減少に備えよう

今回はアルムナイ制度についてご紹介しました。アルムナイ制度を利用している企業は、まだまだ多いとは言えないのが現状です。上手く利用できるか不安だという人も多いでしょう。

しかし少子化と働き方改革により、企業における労働人口の減少には、ますます拍車がかかることが予想されます。

制度を上手に活用することで自身の活躍の場を広げるとともに、労働人口の減少に備えましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related