Search

検索したいワードを入力してください

リファラル採用のメリット4つ・デメリット4つ|成功させるための方法

初回公開日:2019年10月09日

更新日:2019年10月09日

記載されている内容は2019年10月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

リファラル採用とは、人材を紹介や推薦によって採用する手法です。リファラル採用のメリットやデメリットを知っておくことで失敗の可能性を減らすことができます。またポイントを抑えることは、エンゲージメントを高めて会社の戦力を上げることにもつながります。

リファラル採用のメリット4つ・デメリット4つ|成功させるための方法

リファラル採用とは

リファラル採用とは、自薦ではなく人材を紹介したり、推薦したりしてもらい採用する手法です。

例えば、自社の社員やOBなどに必要な人材を紹介してもらって、選考し採用するような形などがあります。あらかじめ必要な人材を絞っているため、効率よく人材を集めることができる手法の一つです。

リファラル採用のメリット4つ・デメリット4つ

リファラル採用は、必要な人材を得ることができる採用手法です。メリットは大きいですが、デメリットがないわけではありません。

うまく扱うことができれば、効率的に優秀で必要な人材を得ることができる手法です。メリットだけでなく、デメリットもしっかり把握しておくことで、リファラル採用を有効に使うことができます。

リファラル採用のメリット1:転職潜在層と接点が持てる

転職したい、と考えていても転職サイトなどを使わない人もいます。リファラル採用はそういった潜在的に転職を希望している人材を繋がりによって発掘しやすいというメリットがあります。

そして、心の中では転職したいと考えている人と繋がっている人が接触し、興味を持ってもらうことで採用へつなげることが可能です。

リファラル採用のメリット2:人材マッチングの精度が高い

紹介してもらう、というのは初めから条件を絞ることができるということです。リファラル採用を行うことで、条件は絞られた前提で探すことができるので、必然的にピックアップされる人材はマッチングにあった人材になります。

また、条件にあわない人材とあって、お互いが損をするような事態が起こる可能性が低くできます。

リファラル採用のメリット3:従業員エンゲージメント向上に寄与

必要な人材を考えてもらい、紹介するというこういも、そしてそうやって仲間を増やしていくことも、エンゲージメントを向上させることに繋がります。

信頼し、愛情をもって仕事をするという事は、効率を高め、向上心を持つことへもつながる大きなメリットです。雰囲気が良くなるだけでなく、仕事の全多的な向上にも繋がる大事なポイントです。

リファラル採用のメリット4:採用コストを削減できる

多数の人間の中から探す手間を省くことで、コストを抑えることにもつながります。リファラル採用を使うという事は、初めからある程度必要な条件を持った人材と接するという事です。

その分募集して待つ時間だったり、合うかどうかがわからない人と面接をする手間だったりを省くことができるため、採用コストは十分抑える事ができます。

リファラル採用のデメリット1:社員の理解不足によるミスマッチ

リファラル採用は、紹介者が条件を理解していなければ時間の浪費につながります。エンゲージメントが低く、条件が曖昧であるほどにこのデメリットは発生しやすくなります。

エンゲージメントを高める方針を出し、条件をしっかりしてそれを理解してもらうことでこのデメリットは打ち消すことができます。どういう人材が欲しいのか、ということへの相互理解がリファラル採用をうまく使う事への近道です。

リファラル採用のデメリット2:人員配置と人間関係に配慮が必要

リファラル採用は、紹介という手段を選ぶため、人間関係の配置に募集での採用と比べ配慮が必要です。

不採用だった場合などもそうですが、採用した場合はグループ化で慣れあいが発生しないか、それによって効率が落ちないかなどはよくよく考えて配置する必要があります。

リファラル採用のデメリット3:社内の人材の同質化を招く

同質化というのは、必ずしも悪い要素ではありませんが、同質化が進み過ぎれば思考の硬直や停滞を生み出してしまいます。

強みを伸ばしたい場合はある程度狙って同質化を推進するのもいいですが、そうでないならリファラル採用は俯瞰した視点で条件を模索することが必要です。

今必要な人材は何か、人材が一定の性質を持ちすぎていないかという疑問を軽視しないことで、同質化のリスクは下げることができます。

リファラル採用のデメリット4:計画的な人材採用が難しい

リファラル採用は、欲しい人材を紹介によって効率よく得ることができますが、そもそもその紹介する人材がいなければ人材を得ることはできません。

特定の人材を得ることにリファラル採用はとても便利な手法ですが、状況や条件によっては一向に必要な人材を採用できない事態にも陥る可能性をもっています。

リファラル採用で人材を得たい場合、計画的な人材にはあまり向いていないことは知っておく必要があります。

リファラル採用を成功させるための方法4つ

リファラル採用を利用するにあたって、成功するためのポイントがあります。そうすれば絶対に成功するとはいえませんが、ポイントをおさえておくことで、成功する可能性を引き上げることが可能です。

成功するポイントを知ることで、例えば初めてリファラル採用を利用したいと思った時にも、どうすればいいのかわからないという状況に陥ることを避けることができます。

リファラル採用を成功させるための方法1:求める人材像を明確にする

曖昧な条件でリファラル採用を行うと、失敗する可能性は強くなってしまいます。どういう人材が欲しいのかが明確でないということは、それだけ探す人材にぶれがでるということです。

求める人材像を明確にしなければ、紹介するほうもぼやけてしまい、会社として求めていた人材とは違ったということが発生しやすくなってしまいます。社員と会社の相互理解を深めれば、こういった事態が起こる可能性は極めて少なくすることができます。

リファラル採用を成功させるための方法2:リファラル採用の意義を社員と共有

どうしてリファラ採用を行うのか、ということを会社として社員と確かめ合う事はエンゲージメント高めるためにも有効で、成功率を高めることにも繋がります。

どういう意義があるのかということを、社員がきっちりと理解することによって、欲しい人材、必要な人材への理解を深めることにもつながります。

全体の理解度を高めれば、不具合あるマッチングが行われる可能性は必然的に減らすことができます。

リファラル採用を成功させるための方法3:面接前に会社の雰囲気を知ってもらう

リファラル採用は、その手法の特性から面接の前に会社を見てもらうことができます。事前に会社の雰囲気を知ってもらうことで、採用後に違ったと感じてしまわれて辞められてしまうという失敗をふせぐことへ繋がります。

事前に知ってもらうことで少しでも理解をもってもらうことができます。また、事前に知ってもらおうとすることで紹介者も会社への理解を深めてもらう事にもつながります

リファラル採用を成功させるための方法4:自社の情報発信体制を整える

社員の自社への理解を深めるには、発信体制が整っている必要があります。発信する情報がしっかりとしてわかりやすくあることで、社員は具体的に必要な方向性や、人材を知ることができ、考えることができます。

また、それをどれだけ必要か語るためにも情報が必要です。リファラル採用をうまく扱って成功させるには、どれだけ情報体制が整えられているかにも注意するとその可能性をまた一つ上げることができます。

リファラル採用で企業の戦力を高めよう!

リファラル採用は、求める人材を得ることができ、会社の力を高めることができる手法です。そして、成功を目指してリファラル採用を使おうとすることは、それだけで社員の会社への理解を深めエンゲージメントを高めることに繋がります。

リファラル採用は成功するポイントを押さえ、人材を得るだけでなく、それを利用して社員の理解を深めることで自社の戦力は想像以上に上げていくことができます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related