Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月10日

おすすめATS10選|ATSのメリットとデメリット・注意点を紹介

採用活動の重要なポイントとしてATSの導入が求められています。しかし、どのATSを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事ではおすすめのATSやメリットなどを紹介します。ATSの導入を考えている採用担当者の方はぜひ読んでください。

おすすめATS10選|ATSのメリットとデメリット・注意点を紹介

ATSとは

ATSとは「採用管理システム(Applicant Tracking System)」の略称です。企業の人事および採用活動に関係する業務を一元化し、効率的に行うことのできるシステムです。

このシステムにより、長期にわたり発生する採用業務での担当者の負担が軽減され、生産性の向上につながります。

おすすめATS10選

採用活動を成功させるためのポイントはスピードと採用工数の削減といった効率化です。人材不足が深刻化する昨今、多くの企業で求められているのがATSの導入です。

採用したい人材像や雇用形態、重視したい機能などを明確にし、自社にあったATSを選ぶことで、採用活動の効率化に大きく貢献できます。

ここでは導入を検討する方に、おすすめのATSを紹介します。

おすすめATS1:ジョブカン採用管理

ジョブカン採用管理は株式会社Donutsが提供するATSです。すべての雇用形態に対応し、豊富な機能とこだわりの操作性で活用しやすく採用活動に集中できます。

人事1,000人の声から生まれ、2,000社以上の導入実績は信頼の証といえます。大手求人サイトなどと連携することで、応募者データの自動取り込みやスムーズな入社手続きなどシステム内で採用活動を完結でき、効率よく採用を進められます。

おすすめATS2:talentio

talentioは株式会社タレンティオが提供するATSです。面接の選考過程や情報管理など複雑な採用工程を一元化することにより管理コストを大幅に節約でき、中途採用向けの機能を数多く備えています。

自社での採用サイトの簡単作成、トレンド・通過率の分析、応募者情報のデジタルデータでの保管や閲覧を共有することができます。アラートメールで処理漏れを防いだり、システムの改善スピードが速いのが魅力です。

おすすめATS3:formrun

formrunは株式会社ベーシックが提供するATSです。応募フォーム作成ツールとして、作成から応募者の管理・問い合わせ対応まで1つのツールで行えて無駄のない採用管理を実現できます。

作成ツールには顧客管理機能がつき、カンバン方式でステータス表示、ドラッグ&ドロップによる直感的な操作により、進捗状況を簡単に変更でき瞬時に把握できます。採用を速やかに進めたい、採用コストをおさえたい方におすすめです。

おすすめATS4:HERP ATS

HERP ATSは株式会社HERPが提供するATSです。最短1日で運用が可能となるスクラム採用を実現できます。

全ての社員が参画できるように初めてでも使いやすいUI、応募情報・選考などのやり取りを社員にリアルタイムにフィードバックするなど、採用工程の成果をリアルタイムに可視化することができます。複数の採用媒体と提携し、それらから届く応募情報を自動で一元化することが可能です。

おすすめATS5:HRMOS(ハーモス)採用

HRMOS(ハーモス)採用は株式会社ビズリーチが提供するATSです。スピードと効率性で採用の強化を行い、戦略的な採用活動の実現を可能にさせます。

採用に関する全ての業務をシステム内でシンプルに完結できるので、オペレーション業務の縮小や情報管理の効率化につながります。採用に必要な履歴書や面接評価などの情報を集約し、安全かつ簡単に共有管理できます。導入後の安心サポートによりすぐに準備が整えられます。

おすすめATS6:SONAR

SONARはイグナイトアイ株式会社が提供するATSです。新卒・中途採用など全ての採用ニーズに対応し、統合的に応募者管理ができるので、採用担当者の時間を捻出し採用成果に繋がるコア業務へシフトできます。

オプション扱いの機能もありますがATSとして必要な機能は揃っており、低料金でコストパフォーマンスがよく、短期間での利用にも適しています。初めてのATSとしての導入にも検討しやすいです。

おすすめATS7:ジョブオプ採用管理

ジョブオプ採用管理は株式会社リクルートジョブズが提供するATSです。わかりやすいシンプルな設計で操作性が非常に高く、すぐに使いこなすことができることから高く評価されています。

求人・採用業務に必要な機能は問題なく揃っており、採用工程の一元化が可能です。IT関連の操作に不慣れで、覚えるまでに時間がかかりそうなATSは避けたいと考えている方や使いやすさを重視する方におすすめです。

おすすめATS8:ジョブスイート

ジョブスイートは株式会社ステラスが提供するATSです。応募から内定までの一連の採用工程業務をオールインワンでサポートし、中途採用に実績があります。

中途採用業務に特化したシステム機能により業務の効率化、情報共有がスムーズに行え、キャリア採用の総合力を強化できるATSとして、契約継続率95%超の高い評価を受けています。操作の流れが整然としていて使いやすいことにも定評があります。

おすすめATS9:Catch bowl

Catch bowlはカケハシスカイソリューションズが提供するATSです。LINEを使うことで応募者とのコミュニケーションがとりやすく、連絡の開封率を高めることができます。

無駄がなく使いやすいシステムは複数媒体からの応募者の一元管理ができ、求職者のデータ蓄積やタスク機能もあり、担当者が少人数でも対応できるサポートが充実しています。採用業務に人手や時間を使えない中小企業にとくにおすすめのシステムです。

おすすめATS10:MyRefer

MyReferは株式会社MyReferが提供するATSです。リファラル採用を簡単に導入でき、運用や採用に関しての課題解決をサポートするなどコストパフォーマンスが評価されています。

全ての採用領域に活用可能で、担当者に負担をかけることなく低コストで質の高い候補者の採用につなげられます。リファラル採用の各工程を一元管理し、スマホ対応が充実し活用しやすいのも特徴です。

ATSのメリットとデメリット

一般的に「人事業務の効率化ツール」と認識されているATSは、一見シンプルなツールに感じますが、実際には現代の企業経営には重要なものとなっています。


そんなATSのメリット・デメリットを紹介します。

ATSのメリット

ATSのメリットは採用工程の効率化と情報の可視化です。求人情報の作成から採用まで、採用活動におけるさまざまな情報を一元管理でき、採用にかかる時間の短縮と優秀な人材を取り逃がさない効果が期待できます。

また情報を社内で共有することで採用担当者の負担軽減につながります。

ATSのデメリット

ATSのデメリットは導入の難易度です。ATSは導入難易度が高く、要件の定義や散在する人材情報データの一元化、他システムとの連携など注意しなければならないポイントが多くあり、一つでも欠けると導入失敗につながります。

コストの増加、機能のミスマッチ、操作に慣れるまでに時間もかかります。

ATSの注意点

採用したい雇用形態・自社採用工程にあった機能・求職者にとっての使いやすさとセキュリティで選びましょう。

ATSにはそれぞれ得意とする雇用形態・採用工程があるので、採用したい雇用形態に強いシステム、自社で重要とする要素に適した機能の確認が必要です。また求職者にとって大事な情報源となるため、求人情報の使いやすさを重視しましょう。

とくにシステムのセキュリティは重要な選定ポイントのひとつとなります。

ATSの注意点を知り賢く利用しよう

人材不足が深刻化する現代ではスピード感のある採用活動を求め、採用工程数の削減が採用活動の重要な成功ポイントとなっています。希望する人材像や雇用形態、自社の採用工程、重視したい機能などを明確にし自社にあったATSを選ぶことで採用活動の効率化に貢献できます。

企業の採用担当者の方はATSの導入を検討してみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related