Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月10日

エンジニアを採用するポイント3つ|エンジニア採用におすすめの転職サービス

この記事では、エンジニアの方で転職を考えている方へ向けた、エンジニアの採用についての情報を紹介します。エンジニアの方が狙うべき業界についてや、エンジニア採用の現状について、おすすめの転職サイトなどを紹介します。エンジニアの転職活動をする際に参考にしてください。

エンジニアを採用するポイント3つ|エンジニア採用におすすめの転職サービス

エンジニアの動向

転職についての情報の紹介の前に、まずはエンジニアの動向について紹介します。エンジニアが主に働く業界はIT業界やものづくり業界です。IT業界は最近の技術革新に伴って発展を続けていますので、これからたくさんの人材が必要となります。

エンジニアの方がIT業界で働くメリットを次の項目で紹介します。また、ものづくり業界でエンジニアが必要とされる理由などを紹介します。

動向1:IT業界

エンジニアの方が働く主な業界は、IT業界です。IT業界は、2010年頃から市場は拡大の一途であり、景気の回復に伴ってさらに成長を続けています。また、働く上でのポイントとしては、給与の良さがあげられます。

IT業界の給与は平均年収が461万円であり、これは、全体平均年収の419万円よりも50万円ほど高い値です。かなりの高水準であると言えます。

IT業界の未来

上記のような特徴のあるIT業界ですが、これからの未来での動向はどのようになっていくのでしょうか。IT業界は、今急速に発展・進化を遂げている業界ですので、かなり高い将来性が見込めます。

近い将来では人材不足に陥るのではと言われているほど、IT業界でのニーズが上昇しています。よって、エンジニアの方ならばIT業界を目指すのが大変おすすめになります。

動向2:ものづくり業界

エンジニアの方が働く場所はIT業界の他にはものづくり業界があげられます。製造業はかつて日本の最大の産業であり経済の中心のような業界でしたが、現在では以前と比較すると衰退している状態です。

ものづくり業界は、IT業界などと比べると給与面で不安が大きく残ります。エンジニアの方が働くにはやはりIT業界のほうが効率が良いというのが事実です。

ものづくり業界の未来

ものづくり業界が衰退してしまっている状態を打破するには、ICT化を進めることが重要であるとされています。現在では大企業と中小企業においてICT化の大きな隔たりがあります。

大企業だけでなく中小企業でもAIの活用などのような技術革新が進めば、ものづくり業界の発展も見込めます。

エンジニアを採用するポイント

続いて、エンジニアを採用するポイントについて紹介します。企業側がエンジニアを採用するポイントを知っていれば、それらをもとに対策をすすめることができるので、知っておくと良いです。エンジニアを採用するポイントは3つあります。

1つ目は、求人のひな型や採用単価などのペルソナを設定すること、2つ目は採用の条件の緩和を行うこと、3つ目は、働きやすさの強化を図ることです。

ポイント1:ペルソナを設定する

エンジニアを採用するポイントの1つ目は、ペルソナを設定することです。ペルソナとは、具体的な人物像を細かく設定することです。年齢や性別、前職から性格までを細かく設定して明確化することが大切です。

それらの想定をもとに、採用する人物を検討します。ペルソナの設定では、はじめに求人のひな型と呼ばれるものを作成し、次に実際の採用でそれを活用する、という流れで行われます。

求人のひな型を作成

ペルソナを設定するうえでは、求人のひな型を作成します。まずざっくりと年齢や性別や前職を設定し、それをもとにさらに採用後の働き方の想定までを行います。ここまで具体的に想定するのかと驚くほど、ひな型の作成は細かく行われます。

なぜなら、ひな型作成は採用に関わる人が必要としている人材を明確化するためにとても重要な過程になるからです。求人のひな型を作成したら、次の採用単価を決めるという段階に移ります。

採用単価を決める

求人のひな型を作成したら、実際の採用にこれらを反映させます。ペルソナを設定した際の内容で求人に掲載できそうな内容を選んで記載していきます。

これを行うことにより、求人の情報がはっきりとしていくため、求職者にとって魅力的な求人情報を作ることができます。以上が、エンジニアの採用のポイントの1つ目になります。

ポイント2:条件を緩和する

エンジニアの採用のポイントの2つ目は、条件を緩和することです。

かつての中途採用といえば、若手であってもなくても、採用後に即戦力となれる人材を採用するのが通例でしたが、それにこだわらずに採用の条件を緩和することが最近のエンジニア採用のポイントになっています。

主要なものは、育成枠の採用をすることとベテラン層の採用をすることです。

育成枠の採用

採用の条件緩和の1つ目は、育成枠の採用をすることです。育成枠とは、新卒のように、採用後に会社側が手厚く育成することが必要な人材のことです。

仕事内容はもちろんですが、それだけでなく新たな資格の取得に対してのサポートを行うことも、育成枠の採用において必要になります。以上が、採用の条件緩和における育成枠の採用についての説明になります。

ベテラン層の採用

採用の条件緩和の2つ目は、ベテラン層の採用をすることです。先程紹介した育成枠の採用と同時にベテラン層の採用についても強化することもエンジニアの採用のポイントになります。

ベテラン層は採用後に即戦力となるため、会社が育成層のサポートに当たっている間にも即戦力として会社を支えることができます。以上2つが採用条件を緩和することについてになります。

ポイント3:働きやすさを強化する

エンジニアを採用するポイントの3つ目は、働きやすさを強化することです。IT業界は管理職の女性が0人の企業が半数を占めるなど、働き方についての課題が多い業界でもあります。そこで、人材をたくさん集めるためのポイントの1つとして働き方の改善があげられます。

有給の取得率、男性の育休の取得など、働き方の改革をすることで優秀なエンジニアの確保に繋がります。以上の3つが、エンジニア採用でのポイントです。

エンジニアの採用活動におすすめの転職サービス

続いて、エンジニアの採用活動においておすすめの転職サイトを6つ紹介します。エンジニアの転職では、普通の転職エージェントではなくエンジニアに特化したものを利用することがおすすめです。

エンジニアの採用活動においておすすめの転職サイトは、転職ドラフト、LAPRAS SCOUT、TechStars、type、イーキャリアGreen、Find job の6つです。以下にそれぞれの転職サイトの特徴を説明します。

転職サイト1:転職ドラフト

エンジニアの採用活動においておすすめの転職サイト1つ目は、転職ドラフトです。ドラフトというと、野球のドラフト会議を彷彿とさせますが、この名前の通り、転職ドラフトの仕組みにはプロ野球のドラフト会議と共通点があります。

転職ドラフトは、企業側がエンジニアをピックアップしてスカウトするという仕組みになっています。転職ドラフトは、指名を受けたエンジニアが、交渉先を選択できる点で優れています。

転職サイト2:LAPRAS SCOUT

エンジニアの採用活動においておすすめの転職サイト2つ目は、LAPRAS SCOUTです。LAPRAS SCOUTの最大の特徴は、日本初のAIヘッドハンティングを行っているサービスであることです。

AIが求職者の性格や希望に合わせて、適切な会社の情報を紹介するシステムです。LAPRAS SCOUTは、異職種への転職にも対応していますので、現在はIT業界で働いておらず次はIT業界を目指しているという方にもおすすめです。

転職サイト3:TechStars

エンジニアの採用活動においておすすめの転職サイト3つ目は、TechStarsです。TechStarsはエンジニアのIT業界への転職に特化しています。TechStarsには1分診断というものがあります。

1分診断は、簡単な質問に答えるだけで最適な企業を紹介してくれる仕組みで、こちらを利用することで自分に合った転職先を気軽に探すことができます。はじめて転職活動をする方や、不安がある方におすすめです。

転職サイト4:type

エンジニアの採用活動においておすすめの転職サイト4つ目は、typeです。typeはエンジニアに特化しているというわけではないのですが、IT企業の独占案件を多数持っています。案件は関東圏に集中していますので、関東圏での転職を希望する方に特におすすめです。

また、type転職エージェントもあり、一人一人に合った転職のサポートをしてくれます。手厚いサポートを望んでいる方に特におすすめのサイトです。

転職サイト5:イーキャリアGreen

エンジニアの採用活動においておすすめの転職サイト5つ目は、イーキャリアGreenです。イーキャリアGreenはIT業界を目指すエンジニアの転職に特化しているサイトです。

また、オンラインでの面接機能があるため、遠方の転職先を希望する場合でもスムーズに面接を行うことができます。また、スカウト機能もあるのでより多くの企業に出会うことができます。IT企業からのスカウトも多数受けることができます。

転職サイト6:Find job

エンジニアの採用活動においておすすめの転職サイト6つ目は、Find jobです。Find jobはIT業界やWeb業界専門の転職サイトです。Find jobの最大の強みは、IT業界の求人数が多いことです。

また、Find jobは正社員に限らずアルバイトなどの雇用形態にも多く対応しているので、まずアルバイトなどで会社の雰囲気をチェックしてから正社員になる、という転職の仕方をしている人もいます。

採用手法や社内環境を見直して優秀なエンジニアを確保しよう!

エンジニアの採用活動においては、求職者が希望とする転職先に転職できるように情報を集めるのはもちろん、採用する側も採用手法などに気を配りより優秀な人材確保のために活動していけると良いです。

採用手法や社内の働きやすさの環境などを見直して、求職者にとっても採用する側にとっても良い形で転職活動を進めていけるように工夫していけると良いでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related