Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

転職で必要なレジュメ作成のコツ6選|作成時の注意点4つとは?

転職活動において相手企業に自分を紹介するために送付するのが「レジュメ」と呼ばれる書類です。レジュメは自分の経歴や資格、職務履歴などをシンプルかつわかりやすく記載するのがコツです。今回は転職時に作成するレジュメ作成のコツについてご紹介いたします。

転職で必要なレジュメ作成のコツ6選|作成時の注意点4つとは?

レジュメの種類

転職で必要なレジュメ作成のコツ6選|作成時の注意点4つとは?
レジュメと呼ばれる言葉はフランス語が語源となっており、英語の「resume」という言葉と同じ意味となります。レジュメは履歴書や職務経歴書のほかに、ビジネスにおける会議内容を要約した書類のことも意味する言葉の1つです。

どんな場面やシーンのレジュメであっても、内容をシンプルかつ簡潔に伝えるのがポイントです。まずはレジュメの種類についてくわしく見ていきましょう。

履歴書

レジュメの1つ目の意味は、「履歴書」です。日本の企業においては「履歴書」と呼びますが、外資企業では就職活動者に対して履歴書の提出を求める際などに「レジュメ」という言葉を使用します。

日本では履歴書のフォーマットが市販されている場合がありますが、海外においては自分でレジュメのフォーマットを作成する必要がある点も日本とは異なる点です。

職務経歴書

転職で必要なレジュメ作成のコツ6選|作成時の注意点4つとは?
レジュメの2つ目の意味は、「職務経歴書」です。職務経歴書は自分が過去に経験してきた職務履歴を記載する書類で、転職者の場合は必ず応募企業に提出する必要のある書類です。

中途採用の場合は企業側から「レジュメの提出」を求められます。転職者の場合は、必ず履歴書を合わせて職務経歴書を同封するようにしましょう。また職務経歴書を作成する場合は、実績などの数値を交えて説明するのが上手に書くコツです。

その他

レジュメの3つ目の意味は、「要約」です。ビジネス時に行う会議内容を要約したものを「レジュメ」と呼び、会議に出席する人が会議内容をわかりやすく把握するために作成する書類です。

またレジュメを作成しておけば、会議に出席できなかった人にも情報共有できるなどのメリットがあります。同じような言葉でアジェンダという言葉がありますが、アジェンダは会議の議題などの整理した書類のことも意味します。

転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツ6選

転職で必要なレジュメ作成のコツ6選|作成時の注意点4つとは?
転職活動において必ず作成しなければならないのが「レジュメ」と呼ばれる書類です。レジュメは企業側の担当者に自分自身を知ってもらうために作成する書類です。

レジュメの内容が読み辛かったり、自分の魅力や経験などをしっかりアピールできない場合は書類選考が不合格になる場合も少なくありません。次は転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツについてくわしくご紹介いたします。

転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツ1:簡潔な文章で書く

転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツは、シンプルかつ簡潔な文章で書くことです。採用募集する企業では日々多くの応募者からのレジュメを受け取ります。

採用担当者が1枚1枚目を通しますが、レジュメの内容がわかりづらかったり、文章が長いようでは採用担当者も読むのを途中でやめてしまう可能性があります。採用担当者が短時間でレジュメを読めるように、簡潔な文章で書くことが書類選考を突破するコツです。

転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツ2:少ない枚数にまとめる

転職で必要なレジュメ作成のコツ6選|作成時の注意点4つとは?
転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツの2つ目は、レジュメの枚数を少ない枚数にまとめることです。レジュメは企業側の採用担当者に自分の経歴や職歴、強みなどをアピールする重要な書類です。

しかし、レジュメの枚数が増えると文字数も多くなり、採用担当者が読むのに時間がかかってしまう傾向にあります。レジュメを作成する場合はA4サイズで3枚以内にまとめるのがレジュメの印象をよくするコツです。

転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツ3:挨拶状を添える

転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツとなる3つ目は、レジュメと合わせて挨拶状を添えることです。外資系企業に履歴書を郵送する場合は必ず「カバーレター{送付状}」と呼ばれるものを添付するのが一般的です。

挨拶状の場合は、季節の挨拶からはじまり送付書類の一覧を記載するようにしましょう。挨拶状を添付することで、相手に丁寧かつビジネスマナーがあることをアピールできるのもレジュメを上手に作成するコツです。

転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツ4:写真は清潔感のあるものを使用

転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツの4つ目は、清潔感のある証明写真を使用することです。

レジュメは通常ページの右上あたりに自分の証明写真を添付するのが一般的です。レジュメに使用する写真は、スーツにシャツやネクタイを着用し、面接と同じ服装で撮影することをおすすめします。

髪型や服装に清潔感がないと第一印象からイメージを下げてしまう可能性があるため、清潔感のある写真を使用するのがコツとなります。

転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツ5:自分の強みを明確にする

転職で必要なレジュメ作成のコツ6選|作成時の注意点4つとは?
転職活動で選ばれるレジュメを作成するためのコツの5つ目は、自分の強みをしっかりアピールすることです。履歴書などでは、志望動機や取得資格、これまでの職務履歴などさまざまな情報を記載します。

採用企業における仕事の中で活かせる自分の強みをしっかりアピールすることで、企業側は即戦力になる人材だと判断する材料になります。企業研究をしっかり行い、自分にとっての強みは何かを事前に考えておくのもコツの1つです。

転職活動で選ばれるレジュメ作成のコツ6:職務経験における実績を記載する

転職活動で選ばれるレジュメを作成するためのコツの6つ目は、職務経験における実績を記載することです。職務経歴書では、仕事内容がもちろんのこと、具体的にどんな成果を得たのかを明確にすることが大切です。

売上実績や契約件数などの数値で説明することで、採用担当者もより仕事内容を具体的に理解することができます。職務経歴書内では必ず数値を使用して具体的な事例を説明するのがレジュメ作成のコツです。

転職活動で選ばれる転職活動で選ばれるレジュメ作成の注意点4つ

転職で必要なレジュメ作成のコツ6選|作成時の注意点4つとは?
転職活動で選ばれるためには、まずシンプルで簡潔な文章のレジュメを作成することが重要です。採用企業の担当者はレジュメの内容であなたを性格や能力、経験などを把握しながら合否を判断するため、レジュメの作成にはいくかの注意点があります。

次は採用担当者がレジュメの内容でチェックするポイントや注意点をくわしくご紹介していきましょう。

転職活動で選ばれるレジュメ作成の注意点1:転職理由は明確に書く

転職活動で選ばれるレジュメ作成を失敗しないためのコツは、「転職理由」の書き方です。

転職する理由を明記する場合は、「自分の能力が発揮できるフィールドを探すため」や「前職で培った専門知識を活かす場を求めている」など、なぜ転職をしようと思ったのかを明確にしましょう。

たとえば、給与のベースアップをはかるためなど、不明瞭な転職理由は採用担当者の印象を悪くするのでレジュメ作成では注意が必要です。

転職活動で選ばれるレジュメ作成の注意点2:志望動機が要求のみにならないようにする

転職で必要なレジュメ作成のコツ6選|作成時の注意点4つとは?
転職活動で選ばれるレジュメ作成で失敗しないコツは、「志望動機」の書き方です。志望動機とは、なぜこの会社に応募したのかという理由を明記する項目です。

志望動機では自分の意見や考えを一方的にアピールするのではなく、企業側にとって自分を採用するメリットや活躍できる場などを明確に記載するといいでしょう。志望動機はレジュメの中でも重要な項目なので、事前にしっかり内容を確認することが失敗しないコツの1つです。

転職活動で選ばれるレジュメ作成の注意点3:資格は正式名称を記入

転職活動で選ばれるレジュメ作成で失敗しないためのコツは、レジュメ内の名称や表記を正確に書くことです。レジュメの中では自分が取得した資格などを明記する項目があります。

たとえば、「宅地建物取引士」の資格を取得している場合は「宅建」などと省略せず、必ず正式名称を使用しましょう。レジュメにおける書き方はあなたのビジネスマナーをチェックする場であることを理解しておくのも失敗しないコツの1つです。

転職活動で選ばれるレジュメ作成の注意点4:職務経験は正確に明記する

転職活動で選ばれるレジュメ作成を失敗させないコツは、職務経験は正確に明記することです。職務経歴書には通常自分がこれまで携わってきた仕事を年代順に明記するのが一般的です。

しかし、転職者の中には仕事をしている期間が短いため職務経歴を省略して記入する方もいます。職歴を省略し、後から事実を知ると職歴詐称の印象を与えてしまうため、期間は短くても必ず明記しておくことが失敗しないコツの1つです。

レジュメ作成のコツをつかみ転職を成功させよう

転職で必要なレジュメ作成のコツ6選|作成時の注意点4つとは?
レジュメとは、履歴書や職務経歴書の意味を持ち、会議内容を要約した文書の意味もある言葉です。転職活動者にとって書類選考を通過するためには、シンプルでわかりやすい内容でレジュメを作成するのが成功のコツです。

採用担当者は毎日多くのレジュメに目を通しているので、採用担当者の気持ちになり、アピールしたポイントをわかりやすく強調するなどの工夫をしながらレジュメを作成しましょう。

Related