Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

履歴書に記入するおすすめの趣味・特技と書き方10選|記入のポイント7つ

収入を得るための仕事に就くためには履歴書の提出が必要です。その履歴書には多くの場合で趣味や特技の欄がありますが、その重要度については個人によって考え方が異なります。しかしほとんどの履歴書に項目がある意味を考えなければ、実際の求職活動に影響が生じるでしょう。

履歴書に記入するおすすめの趣味・特技と書き方10選|記入のポイント7つ

履歴書について

履歴書とは新たな仕事に就職する場合、自分の個人情報を相手先企業に提示し、どのような人間であるのか判断材料にしてもらうため、とても重要な提出書類になります。

この履歴書の書式には一定の決まりがあり、項目で記載されているところは入力して埋めることが大切です。履歴書は会社側が面識の無い求職者の知識や経験ばかりでなく、人間性についても把握するために、多くの情報を知りたいと考えています。

履歴書を記入する際の注意点

履歴書は本人が記載するため、学歴や趣味・特技などを虚偽申告する人もいますが、虚偽であることが判明するとペナルティを受けることもあるので、履歴書には真実だけを記載するようにしてください。

企業側は事実を知りたいのであり、履歴書の記載内容だけで採用の可否を決定するわけではありません。採用担当者は人を見抜くことに長けていて、虚偽申告してもわかってしまうでしょう。

履歴書に趣味や特技の欄があるのはなぜか?

会社が求職者を採用するか決定するために重要なのは、今までの経験であり、趣味や特技は仕事には直接には関連しないものが多くなっています。履歴書には趣味や特技の欄がありますが、なぜ設けられているのでしょうか。

会社が求職者を雇用する際に重要視するのは性格や考え方という人間性であり、趣味や特技はその人の趣向を表現していて性格判断ができるため、履歴書には項目があります。

履歴書に記入するおすすめの趣味・特技と書き方10選

履歴書では業務に利用できる資格の方を優先する傾向があります。趣味や特技は業務への活用よりも、求職者の人物像を知るために役立てられていると言えるでしょう。

趣味や特技の内容だけで採用の合否を決定することはほとんどありませんが、履歴書に掲載するのであれば適した趣味や特技があるので、その一例を紹介しましょう。

履歴書に記入する趣味・特技1:旅行

旅行は知らない場所に行くという好奇心と経験を増やすことができ、自ら外出して見識を持つという意味から、履歴書に記載すると印象のいい趣味になっています。

会社側は仕事の内容に興味を持ってくれる人を好み、自分の世界だけで没頭する趣味では協調性についても懐疑的な見方をするでしょう。旅行であれば知らない人とも接する可能性が高く、初対面の会社関係者であっても自然に対応できると考えてくれます。

履歴書に記入する趣味・特技2:サイクリング

サイクリングは自転車を自分で動かして行う小旅行であり、自ら困難に立ち向かう努力と、健康的で身体的にも向上することが見込める趣味です。旅行に近い感覚で捉えられる場合もありますが、やはり身体的な部分で評価が高くなるでしょう。

自転車は環境面と自分の体力向上ができることから、社会的にも注目されています。履歴書に趣味を記載する時は、いい印象が持たれているものが適切です。

履歴書に記入する趣味・特技3:英語

現在の日本では多くの職種で外国人と接する機会があり、英語を特技にしていて多少でも話すことができれば、立派なアピールポイントとして履歴書に記載されます。

英語は日本に関係する外国人の多くが使っている言語であり、これから国際化が進むことは必至のため、その中心の言語になる英語に興味を持っていることは、履歴書を提出する際に注目されるでしょう。

履歴書に記入する趣味・特技4:キャンプ

キャンプは屋外でテントなどを設営し、普段の便利な生活から自然を相手に楽しむアウトドアです。現在のキャンプ場は設備が整っていて、以前よりも快適に過ごせるようになっています。

キャンプを趣味にする人は自然を相手にするポジティブ志向の人が多く、困難な状況を自分の才覚で適応させるという創造性も持ち併せていることから、会社から好まれる人材になるでしょう。

履歴書に記入する趣味・特技5:パソコンのプログラミング

パソコンは会社内ではほとんど見ることができる機器であり、多くの仕事に活用されています。今ではパソコンが無ければスムーズに仕事を進捗されることが困難な状況ですが、パソコンのトラブル対応は特定の人に任せっきりという状態です。

パソコンのプログラミングができるということは、その操作にも高い知識を持っていることになり、仕事でパソコンを使う職種であれば重宝されるでしょう。

履歴書に記入する趣味・特技6:文筆活動

文筆活動とは書物を読むのではなく、自分で文章を作成して一つの作品を作り上げることを意味しています。文字を構築して文章を考えるというのは論理的な能力を高めることになり、会社側も好印象で捉えてくれます。

現在はメールの普及で文字と接する機会は増えましたが、使用するのはほとんどが日常会話であり、文章を組み立てていくものではありません。履歴書に書けるのは、書式や文法に則った文筆になります。

履歴書に記入する趣味・特技7:登山

登山は装備を準備して、簡単には登頂できないような山に登ることです。登山は厳しい自然に立ち向かう強い精神力と、それに伴う強靭な肉体が必要になり、どちらも仕事の現場で役立つと考えてもらえます。

会社にとって仕事を中途半端にする人は、業務の進捗に障害になると受け止めます。趣味であっても最後まで立ち向かっていく性格の持ち主は、欲しい人材の条件を持っていることになるでしょう。

履歴書に記入する趣味・特技8:スポーツ、格闘技

スポーツを日頃から行っている人は企業からの人気が高く、特に格闘技は肉体面以外にも精神力の強さや、礼儀正しさを持っていると考えてくれます。

新しい職場に入ると業務内容はわからないことばかりであり、先輩から教えてもらわなければいけません。ところが礼儀を持ち合わせていなければ態度が横柄になったり、教えてもらう人に敬意を払わなくなります。

円滑な人間関係を構築するためには、先輩に対する礼儀は大切です。

履歴書に記入する趣味・特技9:中国語

日本の企業は中国との商業的な取引が増大していて、中国からの研修生も多数が来日して多くの企業で働いているので、中国語を話せる人は喜ばれる場合があります。

海外から来日して働く人は一定の語学力を有していますが、どうしても上手に話せなくて日本人と距離を置いてしまう場合が少なくありません。そのような時にコミュニケーションが取れる人は、会社にとっても役立つ人材と考えてくれるでしょう。

履歴書に記入する趣味・特技10:囲碁・将棋

趣味でテレビゲームと記載すると、多くの場合で悪いイメージを与えやすくなっています。娯楽を趣味にする場合は伝統のある囲碁・将棋と書くと、思考を働かせて対局することが好きな人物と判断され、高評価を得やすくなります。

会社で履歴書を提出する相手は年上の場合が多く、そのような相手にテレビゲームが趣味では理解されないでしょう。履歴書の内容は見る人も考慮して記載する方が、効率的であると言えます。

履歴書の趣味や特技の欄を記入する際のポイント7つ

履歴書の中で趣味や特技は業務との関係性はあまり強くないのですが、それでもほとんどの履歴書の項目として存在しています。このことから趣味であっても、会社側からすると知りたい個人情報と言えるでしょう。

履歴書は面接を受ける際に提出し、自分の将来を決める書類という重要な位置づけになりますので、記載する内容についても精査して選ばなければいけません。

履歴書の趣味や特技記入のポイント1:自己PRを効果的にする

履歴書の個人情報や経歴、所持している資格などは、本人の意向で変更することなどできません。ただ趣味や特技は本人の意思でいくらでも変更が可能であり、自分を会社にアピールするために活用できます。

求職活動は会社に選択権があり、本人が希望しても採用してもらえるか不確定であるので、自分という人間に注目してもらうことが重要になってきます。趣味や特技は千差万別で、アピールポイントになるのは間違いありません。

履歴書の趣味や特技記入のポイント2:志望企業の業務内容に関連する趣味を記入する

趣味というのは本人の性格やそれまでの生活環境が大きく関係し、就職したい企業の職種と全く関係の無いものを行っている人は多くいます。それは事実なので仕方ないのですが、会社側からすれば魅力ある人材には見られません。

会社からすれば自社の業務内容に興味を持ってくれる人を探していて、趣味という個人の意思が大きく働くものが業務内容にリンクしていると、採用に関して前向きに検討してもらえるでしょう。

履歴書の趣味や特技記入のポイント3:一般的になりすぎないこと

履歴書は一定の書式が確定されていて、その内容が画一的なため、他の人と同じ内容になりやすくなります。多くの求職者から採用する人材を選ぶ場合、この同じ内容は印象が低くなる原因になってしまうでしょう。

多くの人が記載するような趣味では会社側からも注目されにくく、記憶に残る人物にはなりません。自分をアピールしたいのであれば、個性を出した趣味を持つようにしてください。

履歴書の趣味や特技記入のポイント4:人柄が伝わるもの

趣味は本人の性格を強く打ち出してくれる指標であり、人物像を知りたい場合には特に注目されます。会社にとって求職者はどのような人物かわからず、外見だけで把握できないことも熟知しています。

履歴書の記載内容の経歴では当然にどのような性格や考え方を持っている人物なのかわからず、履歴書の趣味によって人間性を予測することも少なくありません。そのため人間性が曖昧な趣味では、好まれないとも言えるでしょう。

履歴書の趣味や特技記入のポイント5:社会人として問題のない趣味を書くこと

趣味は公序良俗に反していなければ何をしても個人の自由ですが、就職するために提出する履歴書に記載する場合は、社会人としての自覚と品位を持っているものにしなければ悪い印象を与えるだけです。

履歴書は求職者の採用の合否を決める重要な位置にあり、その履歴書で嫌悪感を持たれては意味がありません。履歴書での趣味の記載は完全に本人の自由意志によるものなので、書いていい内容か判断してから記載してください。

履歴書の趣味や特技記入のポイント6:嘘は書かない

趣味や特技は履歴書の中で唯一、完全に自由意志に委ねられている項目になります。そのために就職に有利になるように業務に関係した虚偽のものを記載する人もいますが、履歴書にはどのような項目であっても虚偽は書かないでください。

趣味や特技を履歴書に記載すると細かく質問される場合があり、その返答によって真偽が判断されます。面接担当者は多くの求職者を見ているので、虚偽なのかどうかはすぐに判断できます。

履歴書の趣味や特技記入のポイント7:空欄は避ける

人間には個人差があり、趣味や特技を持っていない人もいるでしょう。他の場合では無趣味であることを発言しても問題ありませんが、履歴書での空欄はマイナスイメージを持たれるので避けるべきです。

会社は履歴書を詳しく見ていて、空欄部分があると自分のアピールを本気で行っていないと考える場合があります。会社にとって求職に対する意思の強さは重要であり、履歴書はその気持ちの強さを示すツールです。

履歴書の趣味や特技の欄を活用しよう

履歴書の趣味や特技の欄は重要視していない求職者もいますが、会社側ではいい人材を選択するための大切な項目になっています。それは転職者が多い現状にあって、長く勤務してもらえる人材を求めているからです。

趣味や特技は本人の人間性を知るための情報なので、業務に無関係な趣味や特技であってもいいのですが、自分を知ってもらうためには役立つ項目なので活用してください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related