Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月28日

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!

機械設計の職種に転職する際に職務経歴書が必要になる場合が多く、さまざまな知識を身につけておくことをおすすめします。正しい書き方を学んでおくことでも大きな武器になります。ここでは、機械設計の職務経歴書の書き方を紹介しています。

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!

職務経歴書とは?

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!
職務経歴書とは、転職活動を行う際に必要になる場合が多く、正しい書き方を把握していないと企業からの印象が悪くなってしまうこともあります。そのため、転職活動をする際には職務経歴書という書類があることを知り、正しく作成して提出するようにしましょう。

職務経歴書は履歴書と違う部分を多くあるため、違いを把握しておくことも大切です。なかには同じ書類と考えていいる人もいますが、全く違う種類の書類です。

職務経歴書の目的

職務経歴書の目的は企業側がより詳しく応募者の職業の経歴を把握するためであり、作成することで以前働いていた職業や取得している資格も把握することができるようになります。そのため、経験者を求めている企業に転職する際に求められる場合が多いです。

専門職のような機械設計などの職業で求められる機会が多く、正しい書き方を把握して経歴をしっかりアピールすることをおすすめします。

履歴書との違い

上記でも紹介しましたが、履歴書と職務経歴書の違いを把握していない人も多くいるのではないでしょうか。職務経歴書と履歴書では記入する項目が似ていることもあり、同じ種類の書類という認識になってしまっています。

しかし、職務経歴書では今まで働いていた企業名や取得している資格を履歴書よりも具体的に記入するようになっています。書類自体が異なるため、作成することに慣れていないと正しく記入できない場合が多いです。

書き方の種類

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!
職務経歴書は自身で全て作成する書類であるため、自由幅が広い一方で作成する際に悩んでしまう理由にもなります。書き方にはいくつかの種類があり、年代順に記入する場合とキャリア別に作成する書き方に分けることができます。

年代順に記入することが一般的ですが、さまざまなプロジェクトに参加していた場合はキャリア別の書き方をした方が見やすくなる特徴があります。

機械設計とは?

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!
機械設計とは、さまざまな機械を設計し形にする仕事内容です。そのため、形のないものを形にあるものに仕上げる必要があるため、機械に対するメカニズムを把握しておくことも大切ですが、想像力も必要となる職業でもあります。

また、ニーズにあった商品を作成する必要もあるため、求められていることを商品化することが大切です。機械は身近にあるものであるため、需要が高い職種でもあります。

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!
機械設計の仕事は専門職であるため、経験や知識を求めている企業が多く、履歴書とは別に職務経歴書を作成する必要が出てきます。そのため、機械設計の職業に転職しようと考えている人は職務経歴書の作成の仕方も把握しておくこともおすすめします。

次に、機械設計の職務経歴書のポイントを紹介します。そのため、職務経歴書の書き方が分からない人は参考にして企業に好印象を与えるようにしましょう。

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント1:職務概要

職務概要ではどのような仕事を行っていたかを記入する必要があるため、機械設計の場合は概念設計・基本設計・詳細設計・生産設計などの中から主に行っていた業務を記入するようにしましょう。

また、具体的にどのようなことを行っていたかを記入することで企業側もどのような業務なら行うことができるのかを知ることができ、採用する際の条件にもなります。

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント2:職務経歴

職務経歴はどのような職業で働いていたかを記入することであり、以前働いていた職種全てを記入するようにしましょう。特に機械設計に関する職務で働いていた場合は必ず記入するようにしてください。

また、関係ない職務を省いて記入してしまうと無職の期間があったと認識されてしまうこともあり、注意しましょう。職務経歴では企業名や職種名はもちろんですが、働いていた期間も記入することも必要です。

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント3:保有資格

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!
保有資格は取得している資格を記入する欄であり、履歴書同様に全ての取得資格を記入するようにしましょう。また、検定も資格と同じ役割であるため、記入することで大きな武器にもなります。

機械設計の場合は、機械設計技能士などの資格が有利になるポイントであるため、取得していれば忘れずに記入した方がいいでしょう。関係ない資格でも評価される可能性があるため、記入することをおすすめします。

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント4:志望動機

志望動機は履歴書にも記入する項目でもあるため、記入することに慣れている人も多いです。志望動機に記入する場合は前向きなことを記入することが前提であり、労働条件よりも業務内容について記入することが望ましいです。

アルバイトなどでは志望動機が重要視されることは少ないですが、機械設計などの専門の職業に就く場合は重要視される場合が高く、内容が濃い文章に仕上げましょう。

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5:自己PR

自己PRは自身のことをアピールできる最大の項目でもあるため、自身のことを最大限アピールすることができる文章を作成するようにしましょう。面接でも自己アピールすることもできますが、書類審査に落とされないためにも文章内容には気をつける必要があります。

自己PRを作成する際に自身のアピールしたい思いが強すぎて長文になってしまうこともありますが、逆効果になってしまうため、適度な長さにしましょう。

職務経歴書の基本の書き方のポイント5つ

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!
上記でも紹介したように履歴書よりも職務経歴書を作成する機会が少ないため、作成の仕方がわからない人が多いです。そのため、作成することに困ってしまうことも多く、最低でも基本的な作成の仕方を把握しているだけでも作業効率を短縮することができます。

次に、職務経歴書の作成の仕方を紹介します。職務経歴書の作成の仕方がわからない人は参考にしてください。

職務経歴書の基本の書き方のポイント1:職務経歴書はパソコンで作成する

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!
職務経歴書はパソコンで作成する必要があります。履歴書のように用意された書類に記入するわけではないため、最低でもパソコンと印刷機が必要になります。機械設計で働くことを目指している人なら機械の扱いに慣れている場合が多く、問題なく作成することができやすいです。

しかし、機械設計を目指していない人ではパソコンがなかったり、扱いに慣れていない人も多く、ハローワークなどで借りることをおすすめします。

職務経歴書の基本の書き方のポイント2:過去の実績だけでなく展望も記述する

職務経歴書では過去の実績を記入することも大切ですが、これから望んでいることも記入することで仕事に対する熱意を企業側に伝えることができます。仕事に対する熱意を伝えることで戦力になるという認識を与えることができ、採用されやすくもなります。

機械設計の場合は、どのような商品を作りたいかなどを記入することで仕事に対する熱意だけではなく、知識が豊富にあることをアピールすることもできます。

職務経歴書の基本の書き方のポイント3:退職理由はポジティブな内容にする

退職理由を職務経歴書内に記入する必要もあり、できるだけポジティブな内容にすることをおすすめします。そのため、雇用条件や金銭面が退職理由であることを記入してしまうと企業側の印象が悪くなります。

以前機械設計の仕事を退職した場合は、より自身のスキルを高めたいやより幅広い商品を作成したいなどの理由にすることで再び違う機械設計の企業に転職できやすいです。

職務経歴書の基本の書き方のポイント4:読みやすいレイアウトや文字サイズ

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!
上記でも紹介したように職務経歴書はパソコンで一から作成する必要があるため、さまざまな条件を自身で設定することができます。特に、文字の大きさやレイアウトは読みやすいように設定することが必要であり、極端に小さな文字に仕上げてしまうと印象が悪くなりやすいです。

また、機械設計で養った技術をアピールするために凝ったレイアウトにしてしまうと逆効果になってしまうため、一般的な文面にしましょう。

職務経歴書の基本の書き方のポイント5:読み手を意識し全体のバランスを考える

職務経歴書は自身が見るものではなく企業側が見るための書類であるため、読み手のことを考えて作成するようにしましょう。そのため、自由に作成することができる職務経歴書ですが、読み手のことを考えてバランスよく仕上げましょう。

見やすい機械設計の職務経歴書を作成しよう

機械設計の職務経歴書の書き方のポイント5つ|基本の書き方も紹介!
機械設計に転職する際は見やすい職務経歴書に仕上げるように心がけましょう。機械設計では職務経歴書を求められる機会が多く、さまざまな情報を読み取ることができるため、履歴書よりも重要視されることが多いです。

Related