Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月26日

ファイナンシャルプランナーの履歴書の書き方4つとポイント5つ

ファイナンシャルプランナーとは顧客のお金に関する悩みを解決するためにアドバイスをする職業です。ここではファイナンシャルプランナーの履歴書の書き方や押さえておきたいポイント、履歴書の書き方について参考になる書籍をご紹介します。

ファイナンシャルプランナーの履歴書の書き方4つとポイント5つ

ファイナンシャルプランナーの業務内容

ファイナンシャルプランナーとはお金のエキスパートです。

主に個人である顧客の資産に関する情報を分析して資金計画を立て、アドバイスをする仕事です。具体的には、住宅ローンや不動産、教育、税金、投資、老後、相続といった分野に関して、顧客にアドバイスをするのがファイナンシャルプランナーの役目となります。

ファイナンシャルプランナーの履歴書の書き方4つ

ファイナンシャルプランナーの転職ではどのような履歴書を書けばよいのでしょうか。

ファイナンシャルプランナーの転職先は、銀行などの金融系や保険関係、不動産系の企業が多いでしょう。しかし条件の良い求人は採用基準が厳しかったり、競争率が高い場合もあります。そのため、正しい履歴書の書き方を押さえておく必要があります。

ここではファイナンシャルプランナーの履歴書の書き方についてご紹介します。

ファイナンシャルプランナーの履歴書の書き方1:手書きで書く

履歴書はパソコンではなく手書きで丁寧に書きましょう。

人事担当者は文字の綺麗さより書き方を見ています。なぜなら、文字がその人の性格を表すと考える企業が多いからです。そのため、履歴書を書く場合は雑な書き方になっていないか、文字が小さすぎないか、誤字脱字がないかなどに気をつけましょう。

また、書き損じてしまった場合、修正テープなどで修正すると印象が悪いため、新しい履歴書に書き直すようにしましょう。

ファイナンシャルプランナーの履歴書の書き方2:空白や空欄をなくす

履歴書の空白や空欄はできるだけなくしましょう。

空欄なく丁寧に書かれた履歴書は、企業側からするとやる気があると判断することができます。逆にいうと、空欄が目立ったり、文章量が極端に少ない履歴書では、やる気を疑われる事になってしまいます。

また、先に記載したとおり、欄に対して文字が小さい場合も空白が目立ってしまうため気をつけましょう。

ファイナンシャルプランナーの履歴書の書き方3:年月日の表記を統一する

履歴書の年月日は表記を統一しましょう。

履歴書に記載する年月日は、和暦でも西暦でもどちらでも問題ありません。ただし、和暦と西暦を混在させないようにしましょう。

また、和暦の場合、平成を「H」、昭和を「S」のように表記する場合がありますが、履歴書は基本的に略すのはNGなので気をつけましょう。

ファイナンシャルプランナーの履歴書の書き方4:資格は正確に記載する

FP技能士の資格は正確に記載しましょう。

FP試験の正式名称は、「○級ファイナンシャル・プランニング技能士」です。級の表示を先に記載し、「・」の表記を忘れない、FPという略称を用いないなどを守っていれば問題ありませんので、忘れないようにしましょう。

ファイナンシャルプランナーの履歴書で押さえておきたいポイント5つ

ファイナンシャルプランナーの履歴書の押さえておきたいポイントとは何でしょうか。

履歴書を書く上で厳密なルールというわけではなくても、押さえておいた方がいいポイントはあります。ここではファイナンシャルプランナーの履歴書のポイントについてご紹介します。

押さえておきたいポイント1:資格欄に「以上」は不要

資格・免許欄に「以上」は不要です。

資格・免許欄は、学歴や職歴と同じような形式で記載します。ですが、学歴や職歴で最後に書く「以上」は資格・免許欄には必要ないため、記載しないようにしましょう。

押さえておきたいポイント2:資格欄は取得日順もしくは仕事に関係ある順に記載する

資格欄に記載する資格は取得した日付順もしくは仕事に関係ある順に記載しましょう。

一般的には取得日順ですが、ファイナンシャルプランナーと関係の深い企業などの場合、FP技能士などの資格を最初に記載しても問題ありません。

また、多くの資格を取得している場合や、履歴書の欄内に書ききれない場合は、FP技能士の資格以外でも志望職種や業界に関係度が高い資格の順に書く方が良いでしょう。

押さえておきたいポイント3:志望動機は応募企業に向けたものにする

志望動機は応募企業に向けた独自性のある内容を記載しましょう。

なぜその会社を選んだのかという答えがなければ、優秀なキャリアをもつファイナンシャルプランナーであってもインパクトが弱くなってしまいます。

また、ファイナンシャルプランナーの資格や経験があるというだけでは、応募企業と他社との差別化ができません。ファイナンシャルプランナーであることでその企業で何かできるのか、何をしたいのかを明確にしましょう。

押さえておきたいポイント4:民間資格であるAFP、CFPも記載する

民間資格であるAFP、CFPを取得している場合は、資格欄に記載しましょう。

AFP、CFPもファイナンシャルプランナーの資格であることには変わりありませんので、「日本FP協会認定AFP・CFP」と記載しておきましょう。

ただし、CFPに関してはあくまでも「ライセンス契約」のもと協会が認定しているという形になりますので、正確な記載方法については不明となっています。

押さえておきたいポイント5:経歴は職務経歴書に纏める

ファイナンシャルプランナーとしての経歴は職務経歴書に纏めましょう。

職務経歴書とは、業務経験とスキルを確認するための書類です。転職時には履歴書とセットで提出することが多くなるので、用意しておきましょう。

内容としては、これまでにファイナンシャルプランナーとしてどのような仕事に携わり、どのような経験を積み、応募企業でそれをどう活かすことができるかを採用担当者に伝えることが目的の書類となります。

ファイナンシャルプランナーの履歴書の書き方を学ぶ!おすすめの書籍5選!

ファイナンシャルプランナーの履歴書を書く場合に参考になる書籍は何でしょうか。

履歴書はそう何度も書くものではないため、記載方法がよくわからないということもあるでしょう。そういった場合は、見本や具体的な例があると書きやすいでしょう。

ここではファイナンシャルプランナーの転職の際に参考になる書籍をご紹介します。

誰にも聞けない転職の正解がわかる本

転職の仕方をひととおり学べる入門書です。

履歴書の書き方だけでなく、転職時期、スケジュール管理、自己分析、企業研究、面接対策、退職方法、引き継ぎのコツといった転職をする際に必要となることをまとめた本です。

内容は多いですが、厚い本ではありません。全ての項目に関して各フェーズでの重要なポイントだけを簡潔に解説しているため、大事な要素をすべて学べます。

これだけは知っておきたい「履歴書」「職務経歴書」の書き方

短時間で面接に通ることができるレベルの履歴書の書き方を解説した書籍です。

さまざまな職種別の履歴書の書き方を紹介しています。採用者視点から履歴書を見るポイントを解説し、時間がない場合でもこの1冊で採用される履歴書の書き方がわかります。

また、履歴書の書き方以外にもWebエントリー、面接テクニック、事務手続き、転職にかかるお金など、転職活動時に必要な知識がすべて手に入るようになっています。

募集職に合わせた本の内容と編集で、一読の価値ありです。

事務職、営業職、販売職、技術職、IT職と様々な職種で履歴書の書き方を記載しています。

履歴書の書き方を悩んでいる人は、購入して損はしないでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R33JZTZ19F9X... |

受かる人はここが違う! 履歴書・職務経歴書 採用される書き方

履歴書・職務経歴書の記載方法を解説した職種・キャリア別実例数No.1の書籍です。

キャリアアドバイザー視点で履歴書・職務経歴書を書く際に本当に必要なアピールのコツを解説している書籍です。具体的なポイントとともに、アピールポイントの掘り下げ方、書面への表現の仕方をわかりやすくまとめています。

また、職種やケース別の記載例も掲載されており、実践的な内容の書籍となっています。

書店で数冊比較し購入。
他の本は定番の内容を中心に書いてありましたが、この本はより実践的だと感じます。
2017年1月現在、内容も新しく使いやすい一冊です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R27XH9M0UZLF... |

30代40代の転職 採用を勝ち取る!履歴書・職務経歴書

30代、40代での転職活動時の履歴書の書き方を解説した専門書です。

他の履歴書指南本と違い、中堅世代の転職時の実践的な履歴書、職務経歴書の書き方がわかる本です。従来のオーソドックスな内容とは違い、他の応募者との差別化を追求した内容となっています。

また、アピールポイントの発見の仕方やサンプル事例、さらに専門職もカバーしており、30代、40代の転職に関して必要な内容が網羅されています。

転職をくりかえしていますが、お勧めです!!
自分の経歴を振り返ることもでき、とてもおすすめ!自身にもつながります。
わたしも相棒もこの本をもとに職務経歴を書き上げ、みごと希望のところへ転職をしました。
とてもおすすめ!
転職を考えていらっしゃるかたはぜひ!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1RY9CWMHF9H... |

絶対にやってはいけない!!NG転職活動

転職活動でやってはいけないことがまとめられた一冊です。

名前のとおり、履歴書、職務経歴書、面接など転職活動におけるあらゆる場面において、やってはいけないことがまとまっています。具体的な内容は履歴書、職務経歴書、面接、転職の心構えについてとなります。

これまで熱意を示そうと、職務経歴書も詳細に書いていましたが、枚数ではなく伝えることが伝わっているかが大切だとわかりました。
面接も志望動機などは、3分程度の長さで話しをしていましたが、内定をもらえませんでした。
熱意や意欲の表し方が違っていることに気付かされました。
履歴書、職務経歴書、面接対策だけでなく、転職活動の心構えも書かれています。
当たり前のようにやってきたことが、実はNGだったと気付かせてくる書籍です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2BAFSRMCJHP... |

履歴書の書き方をおさえてファイナンシャルプランナーの転職に臨もう

ファイナンシャルプランナーの転職の際には履歴書の書き方を押さえましょう。

ファイナンシャルプランナーの転職の場合でも、履歴書の書き方に特別なことはあまりありません。丁寧な文字で正確な経歴を書き、応募企業で何をしたいか、何ができるのか志望動機を明確にすることが必要となります。

ファイナンシャルプランナーで転職を考えている場合は、履歴書の書き方のコツや指南書なども参考にして転職を成功させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related