Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月29日

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ

不動産業において土地の売買などを行う企業に義務付けられているのが「宅地建物取引士」です。しかし、宅地建物取引士が転職する場合にどのように職務経歴書を記入すればいいかわからない方も多い傾向にあります。今回は宅地建物取引士の経歴書の書き方について紹介します。

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ

宅地建物取引士の業務内容

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ
宅地建物取引士とは、国家資格の1つで土地や建物の売買に関する知識を有した資格です。不動産業においては、消費者が不動産に関する知識が乏しく不当な取引をしないためにも宅地建物取引士の設置を義務付けています。

宅地建物取引士の場合は、業種や企業によっても業務内容は異なります。不動産業の場合は、主に電話応対や営業、仲介業務などを行うことが多い傾向にあります。

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方4つ

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ
宅地建物取引士の資格を保有している方が転職する場合は、一般的な職種とは職務経歴書の書き方が異なります。

一般的な職種では売上や実績などの数字をもとに自分の強みや能力をアピールしますが、宅地建物取引士の資格を保有している場合はどのように自分の強みをアピールしていいかわからない方も多い傾向にあります。

では宅地建物取引士が職務経歴書を書く場合のポイントをいくつかご紹介いたしましょう。

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方1:業務内容を簡潔に記載する

宅地建物取引士の資格を保有している方の場合は、不動産業や建築業、金融業などの仕事に携わった経験がある方が多い傾向にあります。

職務経歴書を作成する場合は、まず企業の規模や従業員数など、どんな企業でどんな仕事をしていたかを簡潔に記載することが大切です。大手企業と中小企業では行う業務内容も異なり、仕事に対する責任や業務範囲も異なるため重要なポイントです。

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方2:契約件数や実績を明記する

宅地建物取引士の中でも企業に属していた経験がある方や営業などを担当した経験のある方は、契約件数や実績などの数値を記載することが大切です。

実際に自分が獲得した契約件数がある場合は実際の実績を明記し、売上のサポートをした場合もどの程度の売上に寄与しかを記載するといいでしょう。また会社全体の業績や担当したセクションの全体の数値などを参考しながら、どんな仕事に従事したかを説明するのもいいでしょう。

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方3:自分の強みをアピールする

宅地建物取引士の資格を保有しながら不動産業に従事していた場合は、土地売買の仲介や建物販売の斡旋などさまざまな業務を経験してきた方も少なくありません。職務経歴書では仕事を通して得た知識や能力などを自分の強みとしてしっかりアピールすることが大切です。

たとえば不動産業の場合は、顧客のアフターフォローを行う上での「コミュニケーション力」や建物に関する幅広い専門知識なども強みの1つといえるでしょう。

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方4:習得した経験や能力を記載する

職務経歴書でもっとも重要なことは、あなたの経験や能力が会社のどの分野に活かせるかという点です。宅地建物取引士の場合は、業務内容の熟知、専門知識の高さなどが高い能力として挙げられるでしょう。

たとえば、不動産業から金融業に転職する場合は、土地や建物の売買も数多く経験し土地の評価額などを熟知しているため、金融業における土地の担保価値の評価などを行うことが可能な点などをアピールするといいでしょう。

宅地建物取引士の職務経歴書で押さえておきたいポイント5つ

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ
不動産業では宅地建物取引士制度のもと、宅地建物取引士の設置が義務づけられいています。宅地建物取引士が転職をする場合は、他の職種よりも実績や数値などを説明しにくいためどのように職務経歴書を記載したらいいかわからない方も多い傾向にあります。

職務経歴書のポイントは、「企業の規模」「業務内容」「能力や経験値」などを簡潔に説明することが重要なポイントです。ではいくつか重要なポイントを紹介いたしましょう。

押さえておきたいポイント1:会社の規模などを明記する

職務経歴書で気をつけたいポイントの1つ目は、「どんな会社で何をしてきたか」ということをしっかり明記することです。たとえ大手企業に勤務していたとしても、自分が所属していた部署の構成人数など、部署の規模がおおまかにわかる値を書くことをおすすめします。

中小企業などに勤めた経験がある方は、会社の資本金や年間契約数など、差し支えない程度で規模を表すことが重要なポイントです。

押さえておきたいポイント2:実績などの数値を利用する

採用担当者が職務経歴書をチェックするポイントは、「即戦力」「能力」「経験」などをチェックします。即戦力となる人材かどうかを判断する材料の1つが実績などの数値です。

宅地建物取引士の場合は、不動産のおける年間契約数や建築業における仲介手数料の実績などを記載するといいでしょう。数字は具体的な仕事内容をイメージするのに重要な数字となるため、必ず数値を利用しながら職務経歴書を作成しましょう。

押さえておきたいポイント3:具体的な事例を記載する

職務履歴書で自分の経験をアピールするためには、具体的な事例などを挙げながら簡潔に説明することをおすすめします。

たとえば、不動産業の場合は「〇〇エリアを中心とした分譲マンションの販売・仲介業務を担当。家族向けの住宅のため、商業施設や駅周辺で営業活動を行い、目標契約数を大幅達成しました」。職務経歴書では、どのようなプロセスで成果を得たかなどを簡潔に説明するのが重要なポイントです。

押さえておきたいポイント4:どんな経験を活かせるかを明確にする

宅地建物取引士の場合は不動産業の経験がある方が多い傾向にありますが、その中でのどのような建物販売や営業を行っていたかなどで仕事内容もやや異なります。

たとえば、不動産業において土地や建物の売買を中心に仕事を行ってきた方は、土地の評価額の査定や売買に関連する一連のプロセスを熟知している点は大きな強みとなります。自分の強みを採用先の企業でどのように活かすかをわかりやすく明記するのがポイントです。

押さえておきたいポイント5:自分の強みや能力をアピールする

職務経歴書は自分の強みや能力を採用担当者にしっかりアピールするための書類です。宅地建物取引士という資格も強みの1つですが、その他には語学力や検定などの資格があれば合わせてアピールすることが大切です。

最近では海外から在住者を受け入れる不動産なども多く、英語力を必要する企業も多い傾向にあります。語学力が高ければ営業範囲も広がるメリットがあります。

宅地建物取引士の職務内容の書き方を学ぶ!おすすめの書籍5選!

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ
転職をする際に自分がこれまで携わってきた職務履歴を記載するのが「職務経歴書」です。職務経歴書を書く上で重要なポイントは、「見やすい」「簡潔」「アピール」という3つの点です。

職務経歴書の内容はわかりにくかったり、見にくい場合は書類選考で落とされてしまう可能性もあります。職務経歴書の書き方に自信がない方は書籍などを参考しながら作成することをおすすめします。

履歴書・職務経歴書 採用される書き方

職務経歴書を作成する上でおすすめの書籍の1つが「受かる人はここが違う 履歴書・職務経歴書 採用される書き方」です。

こちらの書籍はキャリアアドバイザーが職務経歴書の書き方から採用担当者へのアピール方法までさまざまなポイントが記載されています。どんな職種の方にも参考になる実践的な内容が多く、アピールすべきポイントなどをわかりやすい解説しています。

他の本は定番の内容を中心に書いてありましたが、この本はより実践的だと感じます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/4405006067/R27XH9M0... |

転職者のための職務経歴書

大手転職サイトである「マイナビ」が発行しているのが、「転職者のための職務経歴書」です。

人事担当者や採用担当者が職務経歴書でチャックするポイントや重視する項目などをしっかり解説しており、転職者に参考となる文例なども多数掲載されています。書類選考がなかなか通らず転職活動に悩みを持っている方にもおすすめの書籍です。

採用担当者が会ってみたいと思う書類作成に役立つと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/4839967466/R2BRSCSD... |

厳しい書類選考を確実に突破するための本

30代から40代の転職活動では即戦力となる人材が求められるため、書類選考で不合格となるケースも少なくありません。自分の強みをしっかり採用担当者にアピールしたい方には、「厳しい書類選考を確実に突破するための本」がおすすめです。

こちらの書籍では職務経歴書の文字タイプなどの細かな書き方のポイントからアピールすべきポイントまでしっかり網羅している書籍です。

この本の素晴らしいところは、具体的事例が詳細に記載されているところです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/reviews/4798035335/ref=cm_... |

転職書類

最近ではウェブ上で職務経歴書を作成し提出する企業も増加傾向にあり、転職者の中には職務経歴書の書き方に悩みを抱えている方も少なくありません。

そんな悩める転職者におすすめの書籍が「転職書類」です。転職活動を行う場合は採用企業によっても提出書類の種類や方法なども異なります。

転職書類は、職務経歴書などに添付するカバーレターから職務経歴書まで幅広く説明しているので転職し始めた方にもおすすめの書籍です。

簡潔で要点がまとまっていて分かりやすかったです。転職を考えられている方は是非。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/reviews/B00BLZ5C9M/ref=cm_... |

30代・40代の転職 履歴書・職務経歴書

転職活動を行う方の年代は20代から50代まで幅広い年代の方がいます。30代・40代の年齢はもっとも転職活動をしている方が多く、またキャリアや能力も高いため企業が優秀な人材を求めているケースが多い傾向にあります。

キャリアの高い30代から40代におすすめの書籍が「30代・40代の転職 履歴書・職務経歴書」です。10年以上のキャリアを積んだ年齢だからこそ、他の年代に負けないアピール方法を解説してくれます。

本人には気づき難いアピールポイントの発見の仕方や数多くのサンプル事例などかなり実践的だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/4798025313/R3V4WXA4... |

職務経歴書の書き方をおさえて宅地建物取引士の転職に臨もう

宅地建物取引士の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ
不動産業においては土地などの売買において知識に乏しい消費者を守る観点から設置が義務付けられているのが「宅地建物取引士」です。

宅地建物取引士が転職する場合は、これまでの業務内容や実績をもとに採用担当者にしっかりアピールするのがポイントです。職務経歴書が上手に書けないという方は書籍などを参考しながら作成することをおすすめします。

Related