Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月13日

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!

今回は「MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説」と題し、「MRの職務経歴書の書き方4つ」などをはじめ、その際に押さえておきたいポイント5つ・必要なスキルをご紹介していきます。ぜひご参考にしてみて下さい。

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!

MRの業務内容

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
MRの基本的な業務内容についてですが、これは主に「自社で製造・開発した医薬品や医療器具などを、企業コンサルに従う形で販売・提供し、その際に医薬品・機器類の正確な効果・効能・副作用についての正確な情報を提供する仕事」となります。

MR職へ転職する場合の職務経歴書では、まず過去の実績を正確に明示しておくことと、医療器具メーカーに関する知識・情報を伝えられる内容の明記が勧められます。

MR(Medical Representatives)は、製薬企業の営業部門に所属しています。最近では、人材派遣会社から派遣されて製薬企業で働いている人もいます。

MRの仕事は医療機関を訪問することにより、自社の医療用医薬品※を中心とした医薬情報(医薬品およびその関連情報)を医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ること、使用された医薬品の有効性情報(効き目や効果的な使い方)や安全性情報(副作用など)を医療の現場から収集して報告すること、そして医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバック(伝達)することなどを主な業務としています。

出典: https://www.mre.or.jp/info/aboutmr.html |

MRの職務経歴書の書き方4つ

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
「MRの職務経歴書の書き方4つ」についてですが、MR職への転職の場合でも基本的な職務経歴書の書き方と変わらず、とにかく「これまでに自分が携わってきた職務経歴」を具体的かつ端的に記載する形になります。

ただしMR職で求められる「医薬品の知識や医療器具類について知識」をはじめ、過去の活動実績を具体的に示せるデータ(数値による)などがあれば、それを添付資料として用意しておくことが重要です。

MRの職務経歴書の書き方1:過去の勤務先は略さずに書くこと

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
職務経歴書に職務内容や過去の勤務先を記載する場合、すべて正式名称で記載するようにしましょう。「(株)」などと株式会社をその略称で記載する場合がありますが、これは公式書類に明記する場合には通用しません。

MR職への転職では「正確な記載」がまず必須となる上で、過去の活動実績・職務経歴においても具体的な記載がまず必須です。公式書類の記載マナーに沿って書きましょう。

MRの職務経歴書の書き方2:異動・昇格情報があればそれも書く

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
一般的な「現状報告」の類に含まれますが、職務経歴書を書く場合には、企業にとっては「その求職者の現状を正確に把握する必要」があるため、特にMR職では過去歴が重要になることもあり、異動・昇格情報も正確に明記するようにしましょう。

MR職に転職後、「具体的にどのようなポストに就ければよいか」や「どのような職種を任せられるか」といった点がこの内容によりわかるため、とても重要な項目になります。

MRの職務経歴書の書き方3:職務経歴は実績中心にまとめておく

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
MR職に転職する場合の職務経歴書で特に重要なのは、「過去の活動実績を具体的に明記すること」で、その場合に統計・データをもって自分の活動報告ができれば問題ありません。そのためにあらゆる添付資料を別紙として追記し、企業へ提出しましょう。

この場合でも「わかりやすく書くこと」を中心に記載することが重要で、どのような活動をしてきたかによって、企業からの優遇・対処が決まる形になるでしょう。

MRの職務経歴書の書き方4:受賞歴があればそれも書いておく

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
「受賞歴」というのは職務経歴書を記載する場合でも、「活動実績におけるPR」として大きなポイントになります。MR職関連のプロジェクトに参加した場合に受賞した経歴があれば、それは活動報告として重宝され、具体的なポストに配属されるでしょう。

受賞歴というのは過去歴を見る上で「個別の成功データ」として受け取られるため、その点では求職者の自己能力を図るための実践的な参考基準になります。

MRの職務経歴書で押さえておきたいポイント5つ

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
さてここからは「MRの職務経歴書で押さえておきたいポイント5つ」と題して、MR職への転職を検討する際に作成する職務経歴書において、どの辺りに注意点を置くべきかについてご紹介していきます。

職務経歴書というのは職種を問わず、たいてい一般的な規則のもとに記載されるものであり、MR職だからと言って特別変わる所はありません。しかし、MR職への転職だからこそアピールできる点があるため、その点に配慮しましょう。

押さえておきたいポイント1:ITスキルは詳しく書いておく

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
現代ではIT企業の飛躍がさまざまな分野で見られており、その進歩はMR職で行なう仕事内容にも浸透しています。企業コンサルを受け持つ場合でもITスキルは必須の課題となることが多いため、MR職への転職時でも必ずそのスキルの高低を明記しておきましょう。

ITスキルといってもMR分野に関する内容が必要となるため、その分野のうちで「特にこれは責任を持てる」とできる点を、経歴書に添えることが重要です。

押さえておきたいポイント2:語学力のレベルをアピールする

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
MR職でもコンサル系の職種分野が必須となるため、その点では交渉能力・コミュニケーション能力の高低が求められます。この場合に、語学力(英語をはじめとする諸外国の語学力)がある場合には、MR職への転職時にかなり有利なアピール点となるでしょう。

現代では多くのMR職関連企業がグローバル化しているため、語学力の有無は採用基準の大きな支点になっている傾向が見られており、その点PRに置き換えましょう。

押さえておきたいポイント3:自己PRは簡潔に書く

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
職務経歴書では主に「それまでの職務内容・過去実績」を端的に記載するだけでOKであり、自己PRの側面では簡潔に記載しておくことがポイントになります。あまり長々とPRポイントだけを記載してしまうと、その点相手が読みづらくなるので注意しましょう。

自己PRを記載する場合は、職務経歴の捕捉・補強となる形で明記しておき、できるだけ「企業ニーズの即戦力になれる点」をアピールしましょう。

押さえておきたいポイント4:年号表記を統一しておく

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
元号である「令和」と西暦である「2019年」とを混ぜて表記することによって、読み手としてはかなり見づらくなる可能性があります。そのまま提出してしまうと、それだけで減点対象となる場合があるため、この場合も書類作成上のマナーに沿うことを心がけましょう。

年号を統一させることは、一般の公式書類作成のマナーにつながり、その応募書類を作成した人の基本的な知識がわかるという大きな評価基準になります。

押さえておきたいポイント5:前職への非難めいた内容は書かない

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
基本的な項目になりますが、職務経歴書・履歴書を作成する場合、前職がどのような実情だったかを記載する際に、勢い余る形で「非難につながってしまう内容を記載しないこと」が重要です。

これは転職希望者の人間性についての評価につながり、さらに仕事に対する覇気や認識のあり方をそのまま評価できる項目にもつながるため、その非難によって不採用になる場合もあります。

MRの職務内容の書き方を学ぶ!おすすめの書籍5選!

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
ここからは「MRの職務内容の書き方を学ぶ際におすすめの書籍5選」と題して、MR職へ転職する場合に必ず参考となる書籍を5選の形でご紹介していきます。

MR職関連の職種へ転職希望する場合には、やはり専門職への転職となるため、それなりの知識・ハウツーをしっかり携えておくことが重要です。そのためにも、このような参考書には必ず配慮しておくことが大切です。

医薬品業界とMRの仕事がわかる本

まず『医薬品業界とMRの仕事がわかる本』についてのご紹介ですが、本書では主に「MR職への転職のハウツー」をはじめ、実際にMR職に転職してからどのような知識・スキル・ステータスアップが必要になるかについて具体的に紹介しています。

MR職で課される専門的な知識・スキルの向上方法をはじめ、実際に課される仕事内容やノルマについても教えてくれるため、非常に役立つ1冊となるでしょう。

今すぐに読みたい本が約二日で届いて早く買う事ができました。
読んでみた感想はMRの仕事内容が詳しく書いてあり、知識が身に付いたと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2UMDOHJCBH9... |

MRのための営業心理学

次は『MRのための営業心理学』ですが、本書では主に「MR職がどのような職種で、そこで必要とされる仕事への覇気や目標達成の内容」などをはじめ、具体的にMR職で活躍するために必須の知識・情報を満載の形で紹介してくれています。

MR職そのものの内容がかなり詳細にわかる1冊となるため、特に未経験・経験が乏しい転職希望者にとっては最適の1品となるでしょう。ぜひ一度、内容を確認してみましょう。

『MRのための営業心理学』(佐藤龍太郎著、エルゼビア・ジャパン)は、「Monthlyミクス」に連載されたものがまとめられているが、コンパクトな一冊に「気分良く営業するためのスキル」、「もっと楽に信頼関係を作るスキル」、「営業を楽しみながら科学するスキル」、「最高の自分でいるためのスキル」がギュッと詰まっている。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1E97ZFVYYAN... |

転職の思考法

次に『このまま今の会社にいていいのかと一度でも思ったら読む転職の思考法』についてですが、本書は主に「さまざまな職種への転職のハウトゥ」を具体的に記載しており、転職そのものへの知識や情報収集の適切な方法をはじめ、転職に強くなれる情報を記載します。

その内容においてMR職やIT関連職などへの転職方法についても記載されており、この場合は「転職未経験の人」が読むべき最適の1冊となるでしょう。

決して強みを活かす転職のノウハウが書かれているわけではなく、強みも経験もない、やりたいこともわからない、そんなごくごく“普通の人”に向けたメッセージがたくさんあります。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1OVKPOGT0I7... |

MR行動心理学

次は『MR行動心理学』ですが、本書は主にMR職で働く際に必須の知識・情報を紹介する上で、転職に必要なハウツーまでがぎっしり詰め込まれた1冊になります。動物心理学・人間行動学に即する形で、MR職で扱う主なテーマに触れていきます。

人間行動学や動物心理学・行動学というのは、主に社会心理学につながる傾向もあるため、MR職に転職する場合は必ず培っておくべき重要なテーマとなるでしょう。

わが社のフィールドフォースの教育に非常に役立つ本でした。trainingの内容に取り入れました。大変参考になりました。急激に増加したMR二何が足りないのか?が明確にわかる本です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R11RZ6CDQJIT... |

MR活動が10倍効率化されるIT活用法

次に『MR活動が10倍効率化されるIT活用法』ですが、本書ではそのタイトルどおりにまず「IT関連技術」に注目する上で、そのIT活用によってMR職でなされる各種仕事がどのように活性化されるかについて具体的に紹介してくれます。

経歴書作成もわかりやすく教える上、また普段インターネットを使用している人にとっても馴染み深い内容となっているため、MR職へ転職する際には最適の1冊となってくれるでしょう。

著者は、自身の豊富な経験から、MRのITツールは「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)→ブログ→メルマガ(メールマガジン)→WEBサイト(ホームページ)」という順で展開していくことを勧めている。それぞれのツールについて適切なアドヴァイスが盛り沢山なので、IT初心者の心強い味方となるだろう。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3VHZE5Z1KMS... |

職務経歴書の書き方をおさえてMRの転職に臨もう

MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説!
いかがでしたか。今回は「MRの職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つを解説」と題し、「MRの職務経歴書の書き方4つ」などをはじめ、その際に押さえておきたいポイント5つ・必要なスキルをご紹介しました。

MR職への転職時に必要となる職務経歴書のポイントは、自己PR・職務内容をまず端的に記載する上で、企業ニーズをどのように満たし、即戦力になれる点を提示できるか、が大きなポイントになります。

Related