Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月15日

不動産鑑定士の職務経歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ

今回は、不動産鑑定士の職務経歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つについてご紹介します。この記事を参考に魅力的な職務経歴書を作成し、理想的な環境で働ける職場に就職しましょう。職務経歴書を作るために参考になる本などもご紹介しています。

不動産鑑定士の職務経歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ

不動産鑑定士の業務内容とは

不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価業務をすることが主な仕事です。不動産鑑定士の査定は普通の不動産屋がする査定とは全く違うものになります。

普通の不動産屋がする査定は、査定する不動産がどれくらいの値段で売れるのかを考えて査定します。不動産鑑定士の査定は、査定する不動産の利用価値などを考え、金額を計算することになります。

こうした、一般の考え方とは全く違う計算方法で査定をするのが、不動産鑑定士の仕事です。

不動産鑑定士の職務経歴書の書き方4つ

今回は、不動産鑑定士の職務経歴書の書き方についてご紹介します。より良い職務経歴書を作るには、職務経歴書を見る人が自分の職務経歴見た際にわかりやすいよう書くことや、相手の気を引くPRが必要になります。

記事を参考にして、どのように書けば良い職務経歴書を作成できるのかを考えていきましょう。

ここでは、不動産鑑定士の職務経歴書の書き方を4つに分けてご紹介します。

不動産鑑定士の職務経歴書の書き方1:4W1Hで職歴を明確に伝える

職務経歴書を書く際には、「4W1H」を意識して相手に明確に伝わるようにしましょう。

whom(顧客や関係者など)When(何年にどのくらいの期間在籍したか)、Where(在籍した会社・部署など)、What(具体的な職務内容)、How much(どのくらいの規模・人数だったか)を明確に記載しましょう。

これらを意識することが自分がどういった経歴を持っているのかが明確に伝わる職務経歴書作りに大切になります。

不動産鑑定士の職務経歴書の書き方2:自分をPRできる情報を盛り込もう

職務経歴書に自分を売り込むための情報をたくさん盛り込みましょう。今までの成果や実績、どのような分野が得意であるか、どういった資格や知識を所有しているかを記載して、自分が会社にとって魅力的な人に見えるようにしましょう。

相手が「採用しなければ損をする」と思ってしまうような、魅力ある自己PRを考えて盛り込んでいきましょう。

不動産鑑定士の職務経歴書の書き方3:より良く見える構成を考えよう

職務経歴書で会社に自分の良さを、より良くアピールできるように構成を工夫しましょう。

これまでに多くの仕事を経験された人は、応募する会社に近い職種や雇用形態を念頭に書いてまとめたり、社会経験が多くない人は実際に経験した仕事内容をピックアップして書き、実務経験をアピールできるように構成しましょう。

自分の持っている良さを活かして魅力的な職務経歴書作りを意識しましょう。

不動産鑑定士の職務経歴書の書き方4:情報が正確に伝わるよう仕上げよう

どれだけ不動産鑑定士として魅力的な情報を盛り込み職務経歴書を構成しても、基本的なことができていなければ魅力は落ちてしまいます。

きちんとビジネス文書で記入ができているか、改行や表の位置などはおかしくなっていないか、誤字や脱字、専門用語を間違ってないかなどをチェックして職務経歴書を仕上げましょう。

基礎がきちんとできた丁寧な職務経歴書を作り、より良い理想の環境で不動産鑑定士として働けるようにしましょう。

不動産鑑定士の職務経歴書で押さえておきたいポイント5つ

ここまで、不動産鑑定士の職務経歴書の書き方についてご紹介しました。続いては、不動産鑑定士の職務経歴書を作る上で押さえておきたいポイントを5つ紹介します。

これらのポイントを押さえてより良い職務経歴書作りを目指しましょう。

押さえておきたいポイント1:会社の特徴などを確認する

不動産業界は会社によって取り扱う物件や顧客層が大きく変化します。自分をより良くアピールするためにも、応募する会社がどのような物件を取り扱っているのか、どういった営業スタイルをとっていて、どのような客層が多いのかを確認しておきましょう。

会社の特徴を知って、会社が求めているポイントを見極め、自分が会社にとって魅力ある人材であることをアピールしましょう。

押さえておきたいポイント2:具体的な数字で実績をアピールしよう

不動産鑑定士の職務経歴書を書く上で、これまでの実績や成果を具体的な数値で記載することが重要になります。実績を具体的な数値で記載することで自分の魅力も具体的に伝えることができるので、表やグラフなども用いて記載しましょう。

それらの実績を達成する際に、どのような工夫をして努力をしたのかを記載することで、目標達成のために思考し、行動できることをアピールすることができます。

押さえておきたいポイント3:どんな仕事をしてきたか詳細に記載しよう

ポイント1でご紹介したように、不動産鑑定士の仕事は会社によって規模や物件、顧客層が大きく変化します。自分がどのような仕事をしてきたのかをきちんと記載し応募する会社に必要な実績を持っていることをアピールしましょう。

これまでにどのような規模や物件を取り扱ってきたのか、どういった顧客層を相手にしたことがあるのかを詳しく記載していきましょう。

押さえておきたいポイント4:実際のエピソードでアピールしよう

不動産鑑定士の職務経歴書を書く際に過去にあった良いエピソードを記載することで対人関係能力の高さをアピールしましょう。

不動産は高い金額を取引することになるので、顧客にとって信頼できる人かが重要になります。知識や経験のアピールはもちろん、対人関係能力が見えるエピソードで誠実さや好感をもたれるようにしましょう。

実際に顧客から褒められたり感謝されたエピソードでリアリティのあるアピールをしましょう。

押さえておきたいポイント5:現在までの全てのアピールポイントを盛り込もう

これまでのあなたの人生を良く振り返ってから職務経歴書作成に取り組みましょう。不動産鑑定士としてアピールできる要素を全て盛り込むことが重要になります。

今まで体験してきた出来事を組み合わせて魅力的なPRを作り出すことで、この先不動産鑑定士として働いていく上での自信や見据えるべき将来などを考えることにも繋がります。

不動産鑑定士の経歴書の書き方を学ぶ!おすすめの書籍3冊

ここでは不動産鑑定士の職務経歴書を書く上で参考になる本を3冊ご紹介します。紹介する本を参考に自分にあった職務経歴書を書くための参考書を探してみましょう。

参考書を読んで職務経歴書の書き方を学び、それぞれの本の良い所を吸収して、さらに魅力的なPRができる職務経歴書を作り、より良い環境で働いていくための一歩を踏み出しましょう。

受かる人はここが違う! 履歴書・職務経歴書採用される書き方

この本は、キャリアアドバイザーの藤井佐和子さんが、採用されるために重要な履歴書・職務経歴書の書き方を丁寧に解説してくださっている本です。職務経歴書を書く上で大切なアピールポイントの掘り下げ方や書面への表現の仕方をわかりやすく解説してくださっています。

この本を参考にして、不動産鑑定士の職務経歴として魅力的なアピールポイントをより良く見せる表現方法を学び、職務経歴書作りに活かしましょう。

カリスマエージェント直伝! 履歴書・職務経歴書の書き方

この本は、採用側の視点を随所に盛り込まれており、通る書類の書き方をコンセプトにされている本です。

相手に伝わりやすい文章にするための表現方法や、職務経歴書の書き方における最低限のルールから、採用側が気にするポイントまで紹介してくださっているので、とても参考になります。

この本を参考にして、採用者の考え方を知り、あなたの文章をより良く見せるための文章の書き方を身につけ、より良い職務経歴書を作りましょう。

就職希望者のパターンや事情に応じた履歴書や職務経歴書のまとめ方、マナーやアプローチについて書かれておりとても参考になります。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%8... |

30代40代の転職採用を勝ち取る!履歴書・職務経歴書

この本では、30代40代の人が20代の若い人と職務経歴書に差をつけるための書き方が紹介されています。

この本は、転職に関する話を全体的に紹介されている本なので、他の応募者と差をつけたい人にオススメの本になってます。採用担当者にインパクトを与えるような職務経歴書が書きたい人は必見の内容です。

この本を参考にして、他の応募者よりも採用担当者の印象に残る職務経歴書作りをしていきましょう。

まずは書類選考を通過しなければ、面接まですすめないのは当たり前。ほぼ40才に近い私でもこの本との出合いで、書類選考は8〜9割通過した。特に職務経歴書の作成については本当にありがたい。まずは第1ステップの書類選考突破するには必要なバイブルである。

出典: https://www.amazon.co.jp/30%E4%BB%A340%E4%BB%A3%E3%81%AE%... |

職務経歴書の書き方をおさえて不動産鑑定士の転職に臨もう

いかがでしたか。今回は不動産鑑定士の職務経歴書について、書き方や押さえておくべきポイント、そのために参考になる本などをご紹介しました。転職を考えている人には、参考にしていただきたいと考えています。

この記事を参考にして、不動産鑑定士として、より良い環境で働いていくための第一歩である職務経歴書で、より魅力的なPRができるものを作り、希望の職場に採用されることを祈っています。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related