Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月14日

転職回数が多い場合の履歴書のポイント5つ|職種別!履歴書の書き方

転職回数が多いと、転職活動が不利になることがあります。しかし、履歴書の書き方によっては、転職回数が多いことで与えてしまうネガティブな印象を軽減できることがあります。なので、転職回数が多い場合には、転職回数が多い場合に合わせた履歴書の書き方が必要となります。

転職回数が多い場合の履歴書のポイント5つ|職種別!履歴書の書き方

転職回数が多いと転職しづらいのか?

転職先で務めた期間が短く、転職回数が多いと、仕事が長続きしない、我慢ができない、採用してもすぐに辞めてしまう可能性がある、本人に何らかの問題があるなどと思われてしまい、その後の転職活動が不利になってしまうことがあります。

しかし、すでに転職回数が多い人もいます。そのような場合には、転職回数が多いことをカバーしながらアピールすることを意識しなければなりません。また、履歴書の書き方にも注意が必要です。

転職回数が多い場合の履歴書のポイント5つ

上記で述べた通り、転職回数が多いとその後の転職活動が不利になってしまうことがあります。しかし、すでに転職回数が多いという人もいます。

そのような場合には、面接などで転職回数などで嘘をつくことはできないので、転職回数が多いことをカバーできるアピールをする必要があります。

また、面接は履歴書に沿って進められることが多いため、転職回数が多い場合は履歴書も、転職回数が多い場合に合わせた書き方が必要となります。

転職回数が多い場合の履歴書のポイント1:勤務先の変遷のみを書く

転職回数が多い場合には、職歴に関して書くことが多くなってしまいます。そのため、無理に履歴書の枠の中に、これまでの職歴の情報を詰め込もうとしてしまうと、書くことが多くなってしまい、読みづらい履歴書になってしまいます。

なので、職歴はこれまでの変遷のみを書くようにして、詳細な内容については職務経歴書の方に書くようにしましょう。

転職回数が多い場合の履歴書のポイント2:転職理由をポジティブに書く

転職回数が多い理由が、人間関係や仕事でのストレス、思っていたような仕事ではなかったなどのネガティブな印象を与えてしまう内容であれば、同様の理由で採用をしてもすぐに辞められてしまう可能性があると思われてしまいます。

なので、転職回数が多いことにネガティブな印象を持たれないために、履歴書の志望動機や自己PRなどではスキルアップや新しい職場環境を求めるなどのポジティブな内容を書くようにしましょう。

転職回数が多い場合の履歴書のポイント3:ステップアップしていることを書く

転職回数が多いということは、それぞれ職場で経験を積み、スキルを身につけていることにもなります。

なので、自己PRや資格、スキルなどの履歴書の欄には、これまでの転職で身につけてきたスキルや実績などを書くようにしましょう。

また、転職の内容に一貫性があったり、必要なスキルを身につけてステップアップをしてきたことをアピールできれば、転職回数が多くても不利にならないこともあります。

転職回数が多い場合の履歴書のポイント4:貢献できることを書く

上記で述べた通り、転職回数が多くても、その転職に一貫性があったり、自身のステップアップなどの明確な目的がある場合などには、転職活動が不利にならないこともあります。

しかし、その転職によって身につけたスキルが転職先の企業で活かせるものでなければ意味がありません。なので、履歴書では転職回数が多い理由に続けて、その転職で身につけたスキルがその企業でどのように役立てるかを書くようにしましょう。

転職回数が多い場合の履歴書のポイント5:転職意欲をアピールする

いくら転職回数が多いことをカバーするように履歴書を書いても、その履歴書から転職意欲を感じられなければ採用される可能性は低くなってしまいます。

なので、転職回数が多い理由や、その転職で身につけたスキルなどを履歴書に書くことも大切ですが、その会社に応募した理由や、なぜその職種や業界を希望しているのかなどの転職に対して意欲的な印象を与えられる内容も含めておく必要があります。

職種別!転職が多い場合の履歴書の書き方4パターン

転職回数が多いことで転職活動が不利になってしまうことはあります。しかし、転職回数が多いことをカバーするような履歴書の書き方をすることで、不利な要素を減らすことはできます。

特に、履歴書の志望動機や自己PRは基本的に書き方自由なので、転職回数が多いことをカバーする内容を書きやすい欄となります。ただし、希望職種によって、これらの内容は書き方が少し異なる場合もあるので注意が必要です。

転職が多い場合の履歴書の書き方:営業職

営業職の場合は、転職回数が多いことで、いろいろな業界の知識を身につけてきていることを履歴書でアピールしましょう。幅広い知識を持っていることで、どのような業態の営業にも対応できるというアピールにもなります。

また、身につけてきた知識を活かして会社にとってどのように役立つことができるか、これまでの実績なども履歴書には一緒に書くようにしましょう。

転職が多い場合の履歴書の書き方:事務職

事務職は営業職のように、これまでの実績をアピールすることが難しい職種になります。そのため、履歴書では、今までどのような仕事をしてきたのかを伝えるようにしましょう。また、今まで使ったことのあるソフトや身につけているスキルも書くようにしましょう。

転職が多い場合の履歴書の書き方:技術職

技術職への転職の場合は、スキルや実績を重視されることが多いです。そのため、転職回数が多くても、しっかりとスキルや資格、実績があれば転職活動が不利にならないこともあります。

なので、技術職への転職の履歴書ではスキルや実績などを重点的にアピールするようにしましょう。

転職が多い場合の履歴書の書き方:サービス業

サービス業の場合は、どのような業界で仕事をしてきたか、どのような商品を取り扱ってきたのかなどが重視されます。

なので、多くの業界を経験している場合は、幅広い知識と経験があることをアピールして、同じ業界の転職を繰り返している場合には、専門的な知識を持っていることをアピールしましょう。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント5選

転職活動では面接対策や履歴書の添削、的確に転職活動をサポートしてもらえるなどの理由で、転職エージェントを利用する人も増えてきています。しかし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

そのため、転職エージェントを利用して転職活動を行う際には、自分の求める転職条件に適した転職エージェントを利用する必要があります。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント

就職活動や転職活動を始める際には、求人情報の数の多さや、ブランド力、認知度などの高さから、ひとまずリクナビやリクナビNEXTに登録はしておくという人は多いです。

また、同様の理由から、転職エージェントも初めて利用する際にはリクルートエージェントを選ぶという人は多いです。

リクルートエージェントには非常に多くの企業情報が集まっているため、条件に合った企業が見つかる可能性が高いです。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント2:パソナキャリア

パソナキャリアは求人情報の取り扱い数が業界でもトップクラスで、キャリアアドバイザーも高い専門性を持っているため、人気のある転職エージェントとなります。

パソナキャリアはもとは派遣事業をメインとしていました。そのため、企業と人をうまくマッチングしたり、企業に人を送り出すノウハウがあります。そのノウハウを活かした転職のサポートが丁寧で利用しやすいと利用者からの評判は高いです。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント3:マイナビエージェント

リクナビと同様に、ブランド力や認知度が非常に高いことから、就職活動や転職活動ではマイナビやマイナビ転職にひとまず登録するという人は多いです。また、同様の理由から、転職エージェントも、ひとまずマイナビエージェントを選ぶという人は多いです。

マイナビエージェントにも非常に多くの企業情報が集まっているため、条件に合った企業が見つかる可能性が高いです。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント4:DODA

DODAはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっていて、取り扱っている求人数が非常に多いです。

また、DODAでは転職活動をする女性のサポートに力を入れていることもあり、女性からの利用満足度が高いことも特徴となっています。

転職回数が多くても安心!おすすめ転職エージェント5:ビズリーチ

ビズリーチもDODAと同様に、テレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高いです。ビズリーチの大きな特徴としては、ハイクラス転職に特化しているということです。

ハイクラス転職では、求職者側も企業側も難易度の高い条件を求めるため、なかなかうまく転職ができないということがあります。しかし、ビズリーチではその難易度の高い条件をうまくマッチングさせて、ハイクラス転職を成功させてくれます。

転職が多くても履歴書で今後の活躍をイメージさせましょう!

転職回数が多いと、転職活動が不利になってしまうことがあります。しかし、履歴書の書き方によっては、その転職回数が多いことで与えてしまうネガティブな印象を軽減することもできます。

なので、転職回数が多い場合には、履歴書で今後の活躍をイメージしてもらえるような書き方をしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related