Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容

皆さんこんにちは、今回は「法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容」と題して、「法人営業の履歴書の書き方4つ」をメインに取り上げ、その場合に押さえておきたいポイント5つとその業務内容についてご紹介します。

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容

法人営業の業務内容

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
法人営業の業務内容についてですが、これは一般的に「法人(企業・会社)を相手に営業を行なう事業、または事業所」のことを指し、基本的に市民個別に対して営業を行なうことはありません。

組織法人・組織で協働する形での営業となるため、ビジネスコミュニケーションにおいても企業レベルでの対話・交渉となることが多く、顧客はそのまま法人組織になります。法人営業に就く場合にはこの点に配慮して履歴書作成をしましょう。

法人営業の履歴書の書き方4つ

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
さてここからは「法人営業の履歴書の書き方4つ」と題して、実際に法人営業に従事する場合に役立つ履歴書の作成方法についてご紹介していきます。

法人営業に就く場合の履歴書で、重要な箇所となるのは主に「職務経歴」についての明記であり、この点を具体的かつ端的に記載しておくことが大切になります。この点に配慮しておき、読み手にわかりやすい履歴書作成を心がけましょう。

法人営業の履歴書の書き方1:キャリアシートを端的に記載

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
一般的に「キャリアシート」というのは主に「職歴シート」とも呼ばれることがあり、その内容は「自分が過去に携わってきた職務経験だけを端的に記載する書類」となります。

つまり、履歴書において記載される「職務経歴」だけを明記する重要な項目となり、その他の自己アピールなどについては一切明記しない書類となります。このキャリアシートに自己アピールあまり必要ではありません。

法人営業の履歴書の書き方2:誰でも読める素直な文章を書く

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
履歴書を書く場合の初歩的な注意事項なりますが、就職活動時に課される書類というのは必ず「楷書で丁寧に記載すること」が重要です。

その際、「自分だけがわかる文章の書き方・内容・表現方法」を使わず、誰でもわかる素直な文章表現を心がけておき、さらにオリジナル性に富んだ内容が魅力的で勧められます。

どこかでコピーしてきた自己PRではなく、必ず自分の言葉でPRを工夫するようにしましょう。また添削も大事です。

法人営業の履歴書の書き方3:責任を持てる条件を明記しておく

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
履歴書作成で必要な点は、「その職務において自分が必ず責任をもってできる職務内容」を提示した上で、その業務についてのスキル・条件・実務キャリア・覇気(意気込み)などを記載することにあります。

法人営業の場合は「取り扱える商品の規模」、「コンサル系能力のキャリア内容(交渉能力の高低)」、「経営事務についてのキャリア内容」などに焦点を絞り、それらについてできるだけ端的に記載しましょう。

法人営業の履歴書の書き方4:コンサル能力について具体的に記載

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
先述でも触れましたが、法人営業を含む営業を基本とした実務においては、この「コンサル系能力」がとても重要死され、その上でその実務能力がどれほどあるかについて企業側は知りたいと考えています。

そのため、ルート営業や企業そのものの運営・管理、またさまざまな企画に携わった経験において企業利益を伸ばす(実務能力の)証明ができれば、その点について具体的に記載しておきましょう。

法人営業の履歴書で押さえておきたいポイント5つ

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
ここからは「法人営業の履歴書で押さえておきたいポイント5つ」と題し、実際に法人営業職に就く場合に作成する履歴書作成において、ここだけは押さえておきたいと言える注意点・ポイントについてご紹介していきます。

これは基本的に履歴書作成時の注意点・ポイントにもなりますが、法人営業職ならではのポイントもあるため、自分が法人営業で活躍したいと希望する際にはぜひ事前に押さえ、自分の糧にしておきましょう。

押さえておきたいポイント1:マーケティング能力のPR

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
それまでに企業におけるマーケティング戦略に関わった実務経験がある場合、その1つ1つをピックアップする形で履歴書に記載しておくと良いでしょう。

企業側の評価点はどの辺りに注目するかわからないため(その時期の採用条件によって大きく変わります)、法人営業職においてPRできる内容があれば、そのすべてを明記しておくことに限ります。

押さえておきたいポイント2:コミュニケーション能力を具体的PR

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
営業職というのは基本的に「コミュニケーション能力」が乏しければ評価対象になりません。法人営業職では主に「企業を顧客として製品販売やプレゼンテーションを行なっていくこと」が日常の実務に含まれるため、コミュニケーション能力はその点でも重要です。

このコミュニケーション能力の高さを示せる内容であればどんなものでもかまわないので、とりあえず履歴書に盛り込んでおきましょう。

押さえておきたいポイント3:キャリアの指向性を具体的に記載

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
これはキャリアシートを作成する場合の一般的な内容ですが、「職務に携わる日常の姿勢を客観的に分析した上で自己評価すること」は重要になり、法人営業において自分の実力がどの分野に適しているかを企業側に伝えておくことは大切です。

この際、自分のキャリア志向がどの分野にあるのかを客観的な視点で明記しておき、できるだけ第三者から評価されるキャリアとの関係・相性を記入しておきましょう。

押さえておきたいポイント4:誤字脱字チェック

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
履歴書や職務経歴書というのは企業に提出する重要公式書類になるため、必ず3度以上の誤字脱字チェックはしておく必要があります。無意識に誤字脱字があった場合でも、それは社会人としてのマナーが成っていないと見なされ、低評価の対象となります。

この辺りの細かな配慮においても、仕事ができるかどうかの評価に直結することがあるため、提出書類を正確に作成することはとても大切なことです。

押さえておきたいポイント5:特記事項欄の活用

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
履歴書にはこの「特記事項」が用意されており、この項目欄の活用により、企業側から求職者への印象が変わることもあります。

この所定欄には主に、「自分がビジネス上において、またプライベートにおいて、これだけは伝えておきたい」とする内容を簡潔かつ具体的に記載しておくと良いでしょう。

その内容の充実度によっては、「その人の職務に対する姿勢や律儀さ」などが評価され、その後の優遇につながる場合もあります。

法人営業におすすめの転職エージェント5選

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
先述では「法人営業職に就く場合の履歴書作成」についてご紹介してきましたが、ここからは「法人営業におすすめの転職エージェント5選」と題し、主に法人営業に転職する上で効率の良い転職エージェントをご紹介していきます。

この場合、「一般的に信頼性の高い転職エージェント」に注目しておき、自己ニーズを着実に充足してくれるエージェントを選定しておく必要があります。

おすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

主に中途採用からの転職にかなり強みを持っており、転職ルートもかなり豊富に携え、常に転職エージェントランキングでも人気のある「マイナビエージェント」についてのご紹介です。

マイナビエージェントは「IT関連・営業関係の職種に強い転職エージェント」として人気があり、特にマーケティングスキルが高い20代から50代の人にとっても、支援力がトータル的に見て高い転職エージェントとなるでしょう。

おすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェントの魅力・特徴はやはり「求人情報の豊富さ」と「総合的な支援力の高さ」で、中途採用から転職する場合でも「自己能力・スキルにとっての適先が必ず見付かる」といったきわめて実践的なメリットが得られます。

多くの世代層から支持されている転職エージェントであり、転職エージェントランキングでも常に上位に見られる上で、その信頼性・実績も高い人気のエージェントです。

おすすめの転職エージェント3:ワークポート

ワークポートの魅力は「中途採用からの転職に特化したサイト」とも称される程、破格のサポート力の高さを持ち合せており、「求人情報の豊富さ・サポート力の高さ」をはじめ、あらゆる職種分野の情報が網羅しています。

40代50代などの比較的高い年齢層から転職する場合でも、特にIT関連・営業関連企業への転職斡旋には定評が見られ、多くの利用者にとって納得のいく転職サポートとなるでしょう。

おすすめの転職エージェント4:キャリアカーバー

一般のリクルート活動においても「ハイクラス」と呼ばれる企業層への採用が目立っており、営業マーケティング、IT関連企業、総合職などへの転職を望む場合でも「一流企業への転職」がスムーズになされる傾向が強く見られるでしょう。

履歴書作成の方法もしっかり教えてくれる上、中途採用の転職でもそれまでに積み上げたキャリアを十分活用して転職に役立ててくれます。

おすすめの転職エージェント5:dodaエージェント

dodaエージェントの大きな魅力は「求人数の豊富さと充実度」と「転職アドバイザーの良質」の点に見られ、中途採用からの転職をはじめ、どのような環境にある求職者にとっても、その個別キャリアを十分生かした「理想的な転職活動」を約束してくれます。

それまで未経験の職種に転職する場合でも役立つ情報提供がなされ、法人営業関連の情報について調べる際でも良質のアドバイザーに相談できるでしょう。

履歴書の書き方とポイントをおさえて法人営業職に転職しよう

法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容
いかがでしたか。今回は「法人営業の履歴書の書き方4つと押さえておきたいポイント5つ|業務内容」と題して、「法人営業の履歴書の書き方4つ」をメインに取り上げ、その場合に押さえておきたいポイント5つとその業務内容についてご紹介しました。

法人営業職に転職する場合には、魅力的かつオリジナル性の高い履歴書作成を踏まえ、企業ニーズを満たすPRを具体的に明記しておきましょう。

Related