Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月22日

マーケティング職の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ

今回は「マーケティング職の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ」と題して、「マーケティング職の職務経歴書の書き方」を取り上げ、その差異に押さえておきたいポイント5つについてご紹介します。ぜひご参考下さい。

マーケティング職の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ

マーケティング職の業務内容

マーケティングというのは基本的に「市場調査をした上で、商品の売れ行きを継続的に伸ばせる仕組みをつくること」で、自社から生産された商品・製品を効率よく販売するために必要なビジネス上の販売戦略のことを意味します。

マーケティングは主に「マーケティング戦略」とも呼ばれ、多くの企業にとって将来ビジョンの土台となり、その差異には経営コンサル系の実力を会得しておく必要があります。

マーケティング職の職務経歴書の書き方4つ

さてここからは「マーケティング職の職務経歴書の書き方4つ」と題して、マーケティング業務に携わる場合に必要なスキルな注意点、またそれまでの実績を証明する経歴書の書き方などを具体的にご紹介していきます。

マーケティングで必要なノルマは主に「企業利益を継続的に伸ばすことができるハウトゥ」を身に付けていることで、この点ではコンサル系の実力を経歴書に明記することが大きな強みになるでしょう。

マーケティング職の職務経歴書の書き方1:事務能力を明記

マーケティング職を目指す場合、まず事務職の仕事内容を熟知しておくことも必要です。経理事務、総務事務、一般事務、営業事務など、コンサル系の実力に必要不可欠な技術・能力をさまざまな分野でアピールすることを念頭に置きましょう。

職務経歴書を書くときには、まず自分にどの程度のマーケティング能力があるかを念頭に置きながら、獲得すべき事務能力に有効な自己PRを明記しましょう。できるだけ具体的な記載が必要です。

マーケティング職の職務経歴書の書き方2:経理に関する実力をアピール

マーケティング職では一般的に経理を担当する場合もあるため、顧客への連絡対応、資料のファイリングなどを迅速にする必要があります。このマーケティングにおける経理職もさまざまで、総務事務、経理事務、一般総合事務など、一般の仕事も請け負います。

職務経歴書では、総合的な事務ワークへのアピールがポイントとなり、事務系の仕事であれば「とりあえず何でもできる」とアピールするとよいでしょう。

マーケティング職の職務経歴書の書き方3:コンサル系の実力をPR

主にコンサル系では「企業方針の改革」や「顧客ニーズを踏まえた迅速な対応」が求められ、これはマーケティングにおける「営業」関連の職務にもなるでしょう。企業利益を伸ばすために営業の側面から実力を示し、その点をPRします。

職務経歴書でも「コンサル系職に求められるスキル」を明記しておき、それまでのキャリアを生かしつつ、企業実績をどれだけ伸ばせたかというデータを添付しておきましょう。

マーケティング職の職務経歴書の書き方4:販売に関する実力をアピール

一般の販売職では、店舗にずっと所属しながら顧客ニーズを踏まえ、そのニーズに対応でけいる商品を販売し続けます。マーケティングでもこの「継続的な企業利益の確保」がまず必要となるため、コンサル系の手腕とともに、販売促進に関する実力をPRしましょう。

職務経歴書でのアピールポイントは、在庫管理・製品レイアウト技術、商品開発へのアプローチなどを含め、それに対する能力をできるだけ示すことが大切です。

マーケティング職の職務経歴書で押さえておきたいポイント5つ

ここからは「マーケティング職の職務経歴書で押さえておきたいポイント5つ」と題し、実際にマーケティング戦略に関わる場合を含め、その職務経歴書でどのようにアピールするべきか、またその場合の注意点・ポイントは何かについて詳細にご紹介していきます。

マーケティング職で必要な実力は「企業利益を伸ばすために必要な即戦力性」で、その技術をもって具体的に「どのように商品販売を定着化するか」が重要になります。

押さえておきたいポイント1:IT関連スキルの充実性

マーケティング職ではIT関連の技術が必要になる場合が多く、ITエンジニア・プログラマー・デザイナーなどは、そのIT技術を持つ理想の人材となります。そのうちから自分が最大にアピールできる職種をセレクトし、その点を経歴書でアピールしましょう。

職務経歴書では上記の点を簡潔にPRし、特に求められる点である「IT関連の資格保持」、「過去の実績・キャリア」などを積極的に記載しましょう。

押さえておきたいポイント2:クリエイティブ系の実力をアピール

マーケティング職ではクリエイティブ系の職種に見られる実職も期待され、それまでの活動実績や、独自で開発してきたいろいろなプロジェクトなどが重視されます。

特に職務経歴書ではこれらの点の具体性が求められ、コミュニケーションスキル・チームマネジメントに関する実力についても、それらに関する自分の実力をできるだけ詳細にアピールしてみましょう。企業にとってはかなり大きな魅力になります。

押さえておきたいポイント3:人材を扱える能力をアピール

マーケティング職では、主に人事担当・人材派遣に関わる実力が求められることもあり、それは競合企業との合流プロジェクトや、新企画の立ち上げに関するコミュニケーション能力の提示につながります。

職務経歴書では、自分がそれまでに人材派遣部門に携わってきたことがあればそれを記載し、また人と接すること・能力を引き出すことの実力をPRしましょう。これは無関係とされがちな項目ですが重要です。

押さえておきたいポイント4:簡潔に書くこと

職務経歴書・履歴書などの公式書類を記載する場合には、必ず簡潔に書くことを意識しましょう。これはもちろん読み手がわかりやすい点もあり、さらに「求職者のまとめる力」が評価される場面でもあります。

マーケティング職に就く場合でも書類作成をはじめ、他社に送信するメール・企画書・事業報告書などの類を含む公式書類の提示が求められます。その場合の保険となる実力の提示となるため、職務経歴書は簡潔に仕上げましょう。

押さえておきたいポイント5:誤字脱字チェック

どれだけ慎重に書類を作成した場合でも、必ず誤字脱字というものはあります。この誤字脱字をなくすことは重要書類を提出する場合のマナーであるため、職務経歴書を提出する場合でも必ず3度以上のチェックはしましょう。

特に手書きで作成する場合はこの誤字脱字チェックが必須で、その箇所を見付けるための細心のチェックが必要です。この点に配慮しながら、入念に作成しましょう。

マーケティング職におすすめの転職エージェント5選

さてここからは「マーケティング職におすすめの転職エージェント5選」と題し、実際にマーケティング職に転職にしたい場合に利用すべき魅力的な転職エージェントを、さまざまな角度から5選の形でご紹介します。

転職エージェントを利用する魅力は、求職者にとっての適職を見付け、内定をもらえる確率が大幅にアップする点と、マイペースで活動を進めていける点にあります。

おすすめの転職エージェント1:マイナビエージェント

マーケティング職に転職する場合に勧められ、さらに転職エージェントランキングでも常に上位にある「マイナビエージェント」のご紹介です。

このエージェントでは特に「IT関連・マーケティング関係に職種に強い転職エージェント」として認められており、特にコンピューター関係のスキルが高い求職者にとってはかなりサポート力を高いです。

おすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェントの魅力は「求人情報がかなり豊富な点」と「サポート力の充実」で、当エージェントを利用した場合にはほぼ確実に「自分の能力・スキルにとって理想的な職先が見付かる」という実践的なメリットがあります。

マーケティング職へ転職する場合でも多くの利用者が見られ、職務経歴書の魅力的な作成方法をはじめ、マーケティングに必要なステップも用意してくれるでしょう。

おすすめの転職エージェント3:JACリクルートメント

求職者のスキル・条件・環境に配慮したサポート力に定評があり、転職エージェントを利用する上では職務経歴書などでの個別PRを確実に仕上げてくれる上で、求職者の条件に最適な転職先への内的が支援されます。

マーケティング職でニーズとして求められる「コンサル系の企業情報」についても詳しく提示してくれ、マネジメント関連の職種で必要とされるコツを十分教えてくれる魅力的なサイトとなるでしょう。

おすすめの転職エージェント4:ハタラクティブ

やや若年層の利用者が多いですが、最近では未経験者・第二新卒者が利用する傾向が増えている転職エージェントです。仕事とプライベートの安定した生活サポートを約束してくれる点が大きな魅力となるでしょう。

マーケティング職へ転職する場合でも、特に「企業側にとって即戦力性を示すPR」が魅力で、職務経歴書作成においても定評があります。マイペースで活用できるサイトです。

おすすめの転職エージェント5:リクナビNEX

この「リクナビNEXT」は大手求人サイトとして有名で、一流企業から直接交渉される「スカウト制」が魅力となります。その点で、実際に転職するまでのスピードも速く、理想の職種を一刻も早く見付けたい場合はまず勧められるエージェントです。

マーケティング職・クリエイティブ系職種への転職に強く、特にWeb・IT関連の求人情報が充実しており、自分の可能性をさらに伸ばせる意味でもぜひ活用してみたいエージェントです。

職務経歴書の書き方をおさえてマーケティング職の転職に臨もう

今回は「マーケティング職の職務経歴書の書き方4つ|押さえておきたいポイント5つ」と題して、「マーケティング職の職務経歴書の書き方」を取り上げ、その差異に押さえておきたいポイント5つについてご紹介しました。

マーケティング職に就職・転職する場合には、まず「コンサル系の実力・即戦力になる点」を職務経歴書で大きくPRすることが大切です。その点を踏まえ、転職サイトを大いに活用しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related