Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月30日

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント

この記事ではWebディレクター経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイントと、書き方に困った時に相談すべき転職エージェントについて紹介しています。Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の書き方が知りたいと思った人は、ぜひ読んでみてください。

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント

Webディレクターが転職する際に職務経歴書が必要な理由とは?

Webディレクターは、経験分野やスキルが採用の決め手となることが多い職種のため、職務経歴書は非常に重要です。

Webディレクターは、エンジニアやクリエーターといった制作チームをまとめ、Webサイトを作り上げていくリーダーです。

デザイナーなどのクリエーター職では、転職の際にはポートフォリオが重要視されますが、Webディレクターの場合は、プロジェクトのリーダーですので、職務経歴書が重要になります。

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント

職務経歴書の作成はハードルが高く感じられがちですが、Webディレクター経験のポイントを押さえ上手にアピールすることは可能です。

Webディレクターに関わらず、職務経歴書の作成は読み手を意識することが重要です。情報を羅列してただ書くのではなく、読み手を考えて、読み手が知りたいと思っている情報を意識して盛り込みましょう。

魅力ある職務経歴書で、採用担当者の心を掴み、次のステップである面接に進みましょう。

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント1:簡潔な職務要約で担当者の目を引こう!

職務要約は、約300~400字で短く簡潔にまとめましょう。

採用担当者は毎日多くの応募書類に目を通します。忙しい時間の中で、各応募者の書類を最後まで熟読してもらえる可能性は低いです。そこで大切なのが職務経歴書の最初の職務要約の部分です。

職務要約は、読み手を引きつけて「もっと先を読みたい」と思ってもらえるかどうかを左右する重要な部分です。担当者の目を引き、更に先まで読んでもらえるようにしましょう。

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント2:スキルは詳しく登録をしよう

保有しているスキルはもちろん、勉強中のスキルも書いてアピールすることが大切です。

技術の進化が日々目覚しいWeb系職種は、所有しているスキルは重要なアピールポイントです。HTML、CSSが使えるなど実務で能力を発揮できるものはどんどん書きましょう。

保有しているスキルしか書けないと思っていませんか。そんなことはありません。勉強中のスキルも書いて、担当者にあなたの魅力をよりアピールしましょう。

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント3:職務経歴では経験した仕事やプロジェクトは具体的に伝えよう

職務要約で概要を伝え、職務経歴では一歩踏み込んでより具体的にあなたの魅力を伝えます。

例えば、関わったプロジェクトの名前を見出しで作成し、次に内容を分かりやすく書くなど、書き方を工夫しましょう。

職務経歴書には、どのポジションにて、具体的にどのような仕事をしていたのかをイメージできる書き方にしましょう。また各プロジェクトに実績を添えておくとよりアピールできます。

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント4:自己PRと志望動機も具体的に

自己PRと志望動機も具体的に書き、担当者にアピールすることが大切です。

自己PRや、志望動機で大切なことは、応募先の会社が何を求めているかを理解し、その上で自分がその会社に貢献できることを伝えることです。

自分の考えや気持ちのみでは、説得力にかけてしまいます。ですので、具体的な根拠を示して、「○○と理由から、□□ができます」という書き方は説得力があり相手に伝わりやすくなります。

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント5:職務経歴書は、論理的かつ読みやすい量で仕上げよう

職務経歴書は、A4用紙1~2枚、どんなに多くても5枚までにまとめましょう。

企業の採用担当者は、忙しい業務時間の中で沢山の職務経歴書に目を通しています。また、Webディレクターという職種は求人も多く、応募者も多い職種です。

ですので、あれもこれもと内容をめいっぱい詰め込みすぎず、スキルなどのアピールポイントは、箇条書きにするなどしてひと目で分かりやすいレイアウトにしましょう。

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント6:職務経歴書と面接でアピールすることは分けて考えよう

職務経歴書で成し遂げたいことは、次のステップである面接に進むことです。

職務経歴書ではスキル等のあなたの魅力は、分かりやすく箇条書きでまとめるのがポイントです。担当者に「もっと話を聞いてみたい」と思ってもらい、面接の場でより詳しく自分の魅力をアピールしましょう。

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント7:表現方法に気を付けよう

ポジティブな表現方法を心がけましょう。

転職は次のステップに進む前向きな行動です。前の会社に何らかの不満があって退職したとしても、「○○が嫌だった為、転職したい」というようなネガティブな表現は避けましょう。

言葉の相手に与える印象を考え、ポジティブな文章に変換し、自分の考えや気持ちを表現しましょう。

Webディレクターが職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント5選!

職務経歴書の書き方に迷ったら、Webディレクターに強い転職エージェントに相談するのが近道です。

転職エージェントは沢山ありますが、その中でもIT分野が得意な転職エージェントなどがあり、より内容の濃い職務経歴書を作成することができます。オススメの5つの転職エージェントがありますので、参考にしてみてください。

Webディレクターが職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント1:マイナビクリエーター

Webディレクターの職務経歴書作成には、Web・ゲーム・IT業界専門の転職エージェントのマイナビクリエーターがオススメです。

マイナビクリエーターが、実際の転職成功事例を元にして説明がされているため、説得力があります。

まずは、Webディレクターの職種を振り返ることから始まり、職務経歴書の書き方では、3つのポイントを踏まえることを提示しています。Webディレクター用のテンプレートも付いています。

Webディレクター経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント2:リクナビNEXT

転職サイトとして大手のリクナビNEXTもWebディレクターの職務経歴書を作成する際に相談相手としてオススメです。

リクナビNEXTは、仕事で求められることや担当領域が異なるため、まず自分が応募する企業が、事業会社、Web制作会社、広告会社のどれに所属するか分類し、それに合わせた自己PRにすることを提示しています。

そうすることで自己PRの中身もより相手に伝わりやすくなるでしょう。

Webディレクターが職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント3:パソナキャリア

パソナキヤリアも、Webディレクター用の職務経歴書のテンプレートと分かりやすい見本例が載っていてオススメです。

まずは、自分自身の棚卸しをすることから始まり、職務経歴書作成時に抑えるポイントも、すっきりと分かりやすくまとめられています。職種別キーワードも載っているので、キーワードをちりばめながら職務経歴書を作成することができます。

Webディレクターが職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント4:JAC Recruitment

JAC Recruitmentは、自分が経験したサイト・コンテンツに関して具体的な数字・役割を書く事を提唱し、分かりやすいサンプルも載っているので、重要な事柄がひと目でわかりやすいです。

また、サンプルもダウンロードすることができるので、自分の例に当てはめて具体的に職務経歴書を作成することができます。

Webディレクターが職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント5:マイナビAGENT

マイナビAGENTも、Webクリエーターに特化した職務経歴書の作り方に詳しいエージェントです。

まずは、自分が希望する会社が、WEB制作会社、メーカー等の一般事業者、メディア事業者のどれに当たるか分類し、企業内容を調べることからと提唱しています。

その上で、自分の経験がどう生かせるか、なぜスキルが重要になってくるのかも詳しく説明されてるので、職務経歴書の本来の意図も理解しながら作成することができます。

Webディレクターとして他社で活躍してみよう!

今回は、Webディレクターが転職する際に職務経歴書が必要な理由についての紹介をしました。

職務経歴書の作成は、あまり作成する機会もなく、ハードルが高く感じられがちです。しかし、Webディレクター経験を上手にアピールする書き方はあります。ポイントを押さえ次の面接につながるような魅力的な職務経歴書を作成しましょう。

転職活動は大変ですが、「自分に合う会社はきっとあるはず!」と前向きな気持ちで頑張ってください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related