Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント|必要な理由

部署などをまとめる役割として活躍するのが「管理職」と呼ばれる役職です。管理職の方が転職する場合にはこれまで指揮していた部署の規模や事業計画の実績などを職務経歴書に記載する必要があります。今回は管理職における職務経歴書の書き方をご紹介します。

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント|必要な理由

管理職が転職する際に職務経歴書が必要な理由

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント|必要な理由
管理職と呼ばれる役職は、部署などを統括する役割を持つポジションのことを意味します。管理職の経験がある方が転職する場合は同じポジションである管理職に転職することが多い傾向にあります。

管理職においても職務経歴書はこれまでの実績や経験を相手側に伝えるための重要な書類です。企業によって部署が構成されている人数や役割なども異なるため、必ずくわしく実績内容を記載する必要があります。

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント|必要な理由
管理職経験者が職務経歴書を記入する際、どんな項目やデータをもとに記載すればいいかわからない方も多い傾向にあります。

管理職経験者が職務経歴書を記入する場合は、部署全体の実績や部署の構成、企業の中における部署の立ち位置などをくわしく記載しておくといいでしょう。

では、管理職経験者が職務経歴書でアピールすべきポイントをいくつかご紹介いたしましょう。

管理職経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント1:部下に対する管理能力を示す

企業におけるそれぞれの部署には、さまざまな性格や特徴を持ったメンバーが存在します。

管理職の仕事はそれぞれのメンバーの特性を理解した上で効率的な業務を遂行することです。部署が立ち上げた事業計画の実績は個人の努力だけでなく、部署としてのチームワークの証でもあります。

職務経歴書の中に記載した実績は、自分が部下に的確に指示を出し、いかに実績や成果へとつなげたかをくわしくアピールしましょう。

管理職経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント2:具体的な数値や実績は忘れずに記載

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント|必要な理由
管理職に関わらず職務経歴書に欠かせないのが、売上や業務における実績数値です。実績や数値を記載する場合は、前年に対する比率や予算に対する達成比率なども記載するとよりわかりやすいのでいいでしょう。

特に売上などの実績はその年度の動向やトレンドによっても左右されます。できる限りいい結果や実績数値を中心に記載し、どのような取り組みの上で業績を上げたかを説明するようにしましょう。

管理職経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント3:マッチングする能力をアピール

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント|必要な理由
管理職はグループのトップに立ち、メンバーに指示を出しながらまとめるのが役割です。管理職は企業の経営方針や理念によって仕事の進め方が変わるため、求められる能力も企業によって異なります。

たとえば、その企業がそれぞれのメンバーの意見を経営に反映していきたいと考えているとするならば、部下と円滑なコミュニケーションを取れる能力があるという点をアピールするといいでしょう。

管理職経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント4:過去の評価にこだわらない

多くの企業では半年に一度ボーナスの査定を行うため、従業員の業務を評価する機会が設けられています。管理職は多くの部下を抱えるためメンバーを評価する機会が多く、自分の上司からの評価は社長や役員が評価者となっていることも多い傾向にあります。

管理職の評価は評価する人によっても異なります。自分の評価がいい結果の場合は記載しても問題ありませんが、あまり自分の評価にこだわらず実績や経験を中心に記載しましょう。

管理職経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント5:組織適応能力をアピールする

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント|必要な理由
管理職で仕事に従事する方には、「人をまとめる力」「的確な指示ができる能力」など、組織全体をまとめる能力があります。管理職経験者であれば、前職における企業でも組織をまとめる役割として抜擢された人材です。

自分が組織の中でどのような点に注意をしながら業務を遂行していたか、また課題に対してどのように対応してきたかなどを具体的に記入すると相手に与える印象がよりアップするでしょう。

管理職経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント6:チャレンジ精神をアピールする

管理職の仕事で陥りがちな傾向としては、社長や役員の顔色を伺い、すべて上司の指示に従い業務を遂行してしまうという点です。常に上を見て仕事をする管理職の姿は、自分の意見や考えがなく、ただ指示を待ってから常に仕事をしているように思われがちです。

管理職という仕事であっても、常に自分のポリシーや考え、また新しいことにチャレンジする精神がある点をアピールするとより好印象を与えることができます。

管理職経験をアピールする職務経歴書の記載ポイント7:表やグラフを有効活用

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント|必要な理由
管理職経験者の場合は勤務年数も長い方が多く、経験や実績も豊富な方が多い傾向にあります。職務経験が長ければ長いほど職務経歴書も長くなり、長い文章や数値が並んでも相手側にいい点をアピールすることができません。

管理職経験の長い方は自分がこれまで積み上げた実績やデータをグラフ化し、相手企業の担当者がより分かりやすいように配慮して職務経歴書のレイアウトを作成するのも重要なポイントです。

管理職が職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント5選!

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント|必要な理由
管理職が転職する際に職務経歴書をどうやって記載すればいいのか、どのような企業であれば自分が適応できるかわからないなど、さまざまな悩みを抱えている人は多い傾向にあります。

転職する際に悩みがある方はアドバイザーや専門家がいる転職エージェントに登録することをおすすめします。では管理職におすすめの転職エージェントをいくつかご紹介していきましょう。

管理職が職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント1:リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営している転職エージェントが、「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントでは、エージェントに登録した後コンサルタントと面談を行います。

その後、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策なども細かく指導してくれる体制が整っています。また採用応募社数も多く、さまざまな条件の中から自分にあった企業を見つけることができます。

管理職が職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント2:ビズリーチ

管理職の中でもスキルアップするために転職したいと考えている方には、「ビズリーチ」がおすすめです。ビズリーチでは厳選された企業の採用情報を多く保有し、あなたの能力や経験に適した採用情報の提供から就職するまでのプロセスをしっかりサポートしてくれます。

ビズリーチではいくつかの有料会員制度も設けており、より高いポジションで仕事を行いたい方は会員登録することをおすすめします。

管理職が職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント3:デューダ

パーソナルキャリアが運営する転職エージェントといえば「doda(デューダ)」です。デューダではさまざまな採用情報を集約しており、管理職や幹部職のハイクラスの採用情報も多数保有しています。

デューダに登録するとあなたの実績やキャリアをもとにキャリアアドバイザーが転職先の提案をしてくれます。応募したい企業が決まった後も職務経歴書の添削や面接対策などもしっかりサポートしてくれるので安心です。

管理職が職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント4:日経ウーマンキャリア

働く女性を支援する転職エージェントといえば「日経ウーマンキャリア」です。日経ウーマンキャリアでは、日経が大手転職サイトから情報を厳選し集約している転職エージェントです。

日経ウーマンキャリアでは結婚してから再就職したい女性や家族の転勤先で転職したい方など、さまざまな条件に合った求人を保有しています。日経ウーマンキャリアは登録後にカウンセリングを実施、キャリアに合った転職先をサポートしてくれます。

管理職が職務経歴書の書き方に迷った際に相談すべき転職エージェント5:ジェイエイシーリクルートメント

管理職の中でも大手企業や外資企業への転職をお考えの方には、「ジェイエイシーリクルートメント」に登録することをおすすめします。

ジェイエイシーリクルートメントでは、日本国内に限らず海外における採用情報なども多数保有しています。管理職のようなハイクラスの求人が多数あり、職務経歴書の添削サポートや面接対策までしっかりスタッフがサポートしてくれます。

管理職経験を上手にアピールしよう

管理職経験をアピールする職務経歴書の7つの記載ポイント|必要な理由
管理職経験者が転職する場合は、これまでの実績や数値などを踏まえながら組織適応力の高い人材であることを職務経歴書でアピールする必要があります。

はじめて転職する方の中には職務経歴書の書き方や面接での対策がわからないという方も少なくありません。管理職の採用情報を多数保有する転職エージェントで登録すれば、アドバイザーや専門スタッフが添削から対策までしっかりサポートしてくれるので安心です。

Related