Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月22日

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選

ネット社会は、情報を収集するのが容易になりました。しかし、多くの情報にあふれ、何を見れば良いのかわからなくなる時があります。例えば転職情報を収集するにはどのような事に注意すれば良いのでしょうか。実際の方法を見ながら、効率よく転職活動を進めてみましょう。

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選

情報収集は転職活動にとって非常に重要

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
転職するための情報収集には、まず自らが何を求めているかを明確にしましょう。

あなたはなぜ転職したいのですか。その答えには収入、待遇、やりたい仕事があるなど、さまざまな理由があるでしょう。その理由にそって次の転職先の情報収集を行なわなければ何を求めているのかがわからなくなります。

後に「こんなはずではなかった」と言わないためにも、情報収集する事は重要です。その準備が転職を成功させる鍵となります。

転職活動における情報収集の方法6つ

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
転職の情報収集は、コツがありそれを抑える事で転職を成功へ導く事ができます。

そのコツと言うのは6つあります。それは現代社会のテクノロジー進歩と共に、より一層、容易に進める事ができるようになってきました。

どのような情報収集を始めたらよいのでしょうか。これから転職を成功させる重要な事ですので、一つずつ見ていきましょう。

転職活動における情報収集の方法1:転職サイトの利用

転職の情報収集に転職サイトを利用する事は、求められる人材を容易に分析できます。

転職サイトには、企業が求める人材の詳細(仕事内容、年齢やキャリア、勤務地、給与・年収)が記されています。希望にあった職場を探すのには、一番最短で手っ取り早い方法です。

転職先の希望が見つかれば、サイトに連絡を取るなどして面接に繋げていく事ができます。

転職活動における情報収集の方法2:転職エージェントの利用

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
転職の情報収集に転職エージェントを利用する事は、プロの目から見たアドバイスを貰うためにも有効な手段です。

転職エージェントには、企業に精通したキャリアーアドバイザーやコンサルタントが常駐しています。

企業情報に詳しいため面接の指導や、職務経歴書の記入例など事細かにアドバイスをもらう事ができるほか、業務に適しているかの適性判断までやってくれますので情報収集だけでなくプラスアルファの指導をしてもらえるでしょう。

転職活動における情報収集の方法3:企業ホームページを利用

転職の情報収集には、希望企業のホームページを活用しましょう。

インターネット社会の現代は、コマーシャルの意味合いもかねて各企業ホームページの作成に余念がありません。企業のホームページを見れば、その企業の主力製品または事業、大体の事業規模や形態、企業理念などがわかります。

企業ホームページは、理想に近い企業か、そうでないかを見極めるのに一番容易な方法ではないでしょうか。

転職活動における情報収集の方法4:四季報を利用

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
四季報は、1年に4回刊行される出版物の事で企業の事業計画・経過など企業情報ハンドブックです。

四季報には、株式投資の目安となる情報が多いのですが就職四季報と会社四季報の2種類あり用途に合わせて目を通す事で、企業情報収集に意外と役に立ちます。

就職四季報には、大手企業の採用情報や社内情報が詳しく載っています。会社四季報は、株式投資の指針になる情報が多いですが、大企業希望なら目を通しておくと良いでしょう。

転職活動における情報収集の方法5:口コミサイトを利用

転職の情報収集に口コミサイトを利用する場合は、あまりネガティブな受け止め方はしない事です。

転職の情報収集に口コミサイトを利用する際は、基本的に企業に不満を持った人の口コミが多い傾向がありますので、一応の参考程度に考えて利用すると良いでしょう。

どの企業にも長所短所があります。前向きに企業のようすを伺うようにすれば良い情報収集になるでしょう。

転職活動における情報収集の方法6:SNSを利用

転職の情報収集にSNSを活用する事は、「ソーシャルリクルーティング」と言います。

「ソーシャルリクルーティング」は、企業がSNSを利用して採用を行う事や、求職者が自らの情報を公開して求職を行う事です。企業には、日々投稿する内容に「いいね」が付くことにより他者の反応を伺う事ができます。

求職者には、採用者に直接コミュニケーションが取れるツールですので、お互いの理解を深め易いと言う利点があります。

転職活動で利用すべきおすすめ転職サイト11選

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
転職活動に転職サイトを利用する際は、複数のサイトを同時に利用すると良いでしょう。

転職サイトでは、いかに優秀なキャリアーアドバイザーに担当して貰えるかで就職先が大きく左右されます。また、各サイトの独占案件などもあり、それらを網羅するためにも複数の転職サイトを利用する事をお勧めします。

その際、エージェントには、他社にも応募している事を伝えて、他社の案件と被る事が無いようにうまく進めてもらいましょう。

おすすめ転職サイト1:リクナビNEXT

「リクナビNEXT」には、転職に必要な「履歴書」と「職務経歴書」が無料作成できるツールがあり便利です。

転職情報収集サイト「リクナビNEXT」は、付属の「履歴書」や「職務経歴書」に他社サイトで入っているサイトのロゴマークが入りませんので利用に便利です。転職サイトでは大手ですので、新着の求人数が毎週1000件を超えています。

おすすめ転職サイト2:マイナビ転職

「マイナビ転職」には、大手からベンチャー企業まで幅広い転職案件を取り扱っています。

転職情報収集サイト「マイナビ転職」は、転職の検討ポイントや転職活動に知っておくべき事、効果的な書類の作成方法、面接対策、退社の方法など、成功への転職ノウハウをていねいに教えてくれます。

おすすめ転職サイト3:doda

doda「デューダ」は、質と量の両方に満足の行く転職情報サイトです。

転職情報収集サイト「doda」は、サイト内に「転職人気企業ランキング」があり、それを活用して、自分に合った企業の情報収集ができます。
転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選

おすすめ転職サイト4:en転職

「en転職」は、日本最大級の転職サイトです。

転職情報収集サイトの「en転職」は、会員登録すると色々なサービスが無料で利用できます。職務経歴を匿名公開して、企業から届くスカウト機能や、編集部自ら選んだおすすめ求人が届くサービスなど、転職成功の可能性が広がります。

おすすめ転職サイト5:ビズリーチ

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
「ビズリーチ」は、ハイクラス向けの年収500万円以上のクラス向け転職情報サイトです。

転職情報収集サイトの「ビズリーチ」は、即戦力となる求人案件が多くあり、企業のレベルや求められる資質がかなり高めになっています。

おすすめ転職サイト6:パソナキャリア

「パソナキャリア」は、幅広い転職情報を提供してくれます。

転職情報収集サイト「パソナキャリア」は、数多くの求人を提案してくれ、転職市場の動向や色々な分野の求人に興味がある人にお勧めです。

おすすめ転職サイト7:type転職エージェント

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
「type転職エージェント」は、東京都内の案件に強いです。

転職情報収集サイトの「type転職エージェント」は、大手企業とのパイプが強く都内の求人数が多いです。このサイトには、大手の新規プロジェクトに対する非公開求人などがあり、80%以上の求人が非公開となっています。

おすすめ転職サイト8:JACリクルートメント

「JACリクルートメント」は、企業担当者が、企業詳細を丁寧に教えてくれます。

転職情報収集サイトの「JACリクルートメント」は、外資系や日系大手企業の案件を多く保有しています。

「JACリクルートメント」は、ロンドン発祥の外資系転職エージェントで、イギリスとドイツ、アジア8か国に独自のグローバルネットワークがあります。

おすすめ転職サイト9:キャリトレ

「キャリトレ」は、職歴など詳細を言うまでもなく色々な案件を紹介してくれます。

転職情報収集サイトの「キャリトレ」は、サイト内のリサーチで興味のある仕事を分析し、あなたに合った求人を色々と推薦してくれます。ベンチャーから、外資系まで、多くの案件があります。

おすすめ転職サイト10:転職会議

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
「転職会議」は、国内最大級10万件の企業口コミを掲載しています。

転職情報収集サイトの「転職会議」は、掲載企業の実際に働いていた元社員の会社に対する評価や年収、残業時間、有給消化率、面接対策などの口コミがありますので、情報収集の参考にできます。要は、企業の掲示板です。

おすすめ転職サイト11:ミイダス

「ミイダス」は、あなたの市場価値(年収)がわかります。

転職情報収集サイトの「ミイダス」は、いくつかの質問に答えるだけで、年収や採用してくれそうな求人を割り出してくれます。転職の際のオファーの提示額や、どのくらいの年収で転職できるかの参考になります。

情報収集で集めた情報を活かすための3つのステップ

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
転職の情報収集で得た情報は、3つのステップを踏んで転職活動に活かしていきましょう。

転職活動を始めた人は、平均3か月ぐらいや長い人でも半年ぐらい、転職活動に時間を取る事があります。転職は、焦らず得た情報をうまく利用して着実に進めると良いでしょう。

では、得た情報を使った実際の転職までのステップについて見ていきましょう。この時大切なことは「自己分析」、「情報の整理」、「転職先の決定」です。

情報収集で集めた情報を活かすためのステップ1:自己分析

転職情報を活かすには、自らのキャリア、長所短所をよく理解して新しい職場で何ができるのかを理解してまとめておく事が大事です。

この作業は、転職の情報収集と同じくらい綿密にやりましょう。そうする事で「履歴書」、「職務経歴書」を準備する際の自信になりますし、面接の時に自らをうまく自己PRする事にも繋がってきます。

特に自らのキャリアについては、わかりやすく丁寧にまとめておくことをお勧めします。

情報収集で集めた情報を活かすためのステップ2:情報の整理

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
転職の情報収集ノートを作成し、企業、業種、業界、企業研究、スケジュール管理、自己分析をまとめておくと良いでしょう。

それ以外には、希望勤務地、給与、入社時期、面接の際に実際に質問される内容などのシュミレーションを作成し、簡潔に質疑応答できるようにノートに記しておくことも重要です。

転職情報収集ノートは様式が決まっていません。大切なことは、自らの納得の行く転職の手助けツールになると言う事です。

情報収集で集めた情報を活かすためのステップ3:転職先の決定

転職先の内定返事は、3日から遅くても1週間です。

転職企業からの内定がでると「B社からは内定が来たけれど、本命はA社」の場合や「A社とB社の両方から内定がでる」など悩む事があります。しかし、ここで利用するのが、先ほどの「自己分析」と「転職ノート」です。

それらを利用して最終的には、やはり自らの判断が物を言います。収入や待遇面だけでなく、自らが納得できた企業に決定する事が良いのではないでしょうか。

自分に合った転職サイトを利用して満足できる転職活動にしよう

転職活動は情報収集が大切!情報収集の方法6つとおすすめ転職サイト11選
転職に使うエネルギー量は、それに比例して良い結果をもたらします。

転職の情報収集や情報サイトに費やした時間や労力は、それに比例して好条件の転職案件の入り口を広げてくれます。日本は人材不足と言われる昨今、キャリアや年収など個々に抱える境遇が違いますので、簡単には好条件の案件には巡り合えない事があります。

しかし粘り強く繰り返し継続する事により、妥協のない良い案件に巡り合えるのではないでしょうか。

Related