Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月13日

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例

皆さんこんにちは、今回は「総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例」と題し、「総務職の内容と総務職の志望動機の4つの記載ポイント」をピックアップし、総務に就く場合の志望動機特徴を具体的にご紹介します。ぜひご参考にしてみて下さい。

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例

総務職とは

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
総務というのは人事の中にある部署としてあり、その主な仕事内容では「企業利益を根本的に改革し、企業運営の基礎を向上させ、円滑に図ること」に見られます。そのための人材育成をはじめ、特に各部署の連携を図ることに注力し、企業全体の運営に努めます。

人事課、営業課、エンジニア関連部署などの連携を図ることがその仕事のメインとされ、そのための環境設定・手配をはじめ、経営陣の円滑な職務展開を担う部署になります。

総務職の仕事内容

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
総務職の日常な業務では「受付・来客対応・秘書」に関する仕事内容を任され、とにかく継続的に会社運営が円滑に進められることを想定し、世間ニーズをその根幹から支えるための仕事を請け負うことになります。

これらは人事の仕事にも含まれますが、その中でも総務職が受け持つ仕事内容となるため、総務職を希望する場合の志望動機ではまず「接客スキル・経験」などに関するアピールが必要になるでしょう。

総務に求められる適性

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
総務職に求められる適性について見ていきましょう。総務職に従事する際にはまず「法律に関する基礎的な知識」が求められ、その上で接客・対応に関するスキルや実務キャリア・他企業との交渉能力などがそのニーズとなる場合が多いでしょう。

そのため総務職を希望する場合、その志望動機として「自分がこれまでに培ってきた法的スキルを駆使し、円滑に企業における事業発展を理想的な形で展開したい」などの具体性が求められます。

法律の基礎知識

まず法律の基礎知識では「法令厳守」の意味合いを含め、この場合は各企業で掲げられた社内規則・規律を各社員に厳守させるための環境設定・人材育成などが課されることになります。

総務職の仕事に含まれるこの育成関連の仕事ですが、これを主に総務の仕事として割り当てる企業も多く、そのためのセミナー開催や会議設営などを含め、その辺りの事情を志望動機に盛り込み、魅力的なPRに置き換える工夫が必要です。

交渉の経験や交渉能力

総務職の各種項目においては、この「交渉の経験や交渉能力」にとても注力する部署が置かれやすく、企業そのものの知名度・信頼・実績への関心をさらに向上させる働きにつなげる場合があります。

志望動機においても、この交渉の経験や交渉能力に関するPRを充実させておき、他企業との交流、新しい企画の宣伝、世間・顧客への随時更新された情報の公開や企業戦略をはじめ、その他の交渉分野へのPRを工夫しましょう。

従業員とのコミュニケーション能力

総務職というのは主に「他部署との関連によって1つの企業でなされる事業展開を俯瞰的に任される職務」が多くの場面で課されます。つまり、総務職が独断で仕事をする場面はなく、常に企業で配置された多くの部署との連携によって仕事がなされる形になります。

そのため総務職を希望する場合には、その志望動機において「コミュニケーション能力の確保」を十分PRしておき、他の従業員との接点を大事にできる点を伝えましょう。

総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
さて、ここからは「総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例」と題し、実際に総務職を希望する場合の志望動機の記載ポイントや記載例文などを踏まえ、どのような志望動機の内容が理想的かについてご紹介していきます。

総務職の場合もそうですが、どの職種に就く場合でも求職者にとっては「志望動機が全面的な売り込み・看板」となるため、その充実を図ることは必須の項目になります。

総務職の志望動機の記載ポイント1:オフィスワークの経験について記載

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
まずオフィスワークの経験について記載」についてですが、この場合は主に実務経験・キャリアの充実を志望動機でPRするための文面となります。志望動機において企業が評価する点はまず「即戦力になれるかどうか」にあるため、この点は非常に重要になります。

この場合、まずオフィス経験の有無によってその記載ポイントが分かれ、その上で自分の売り込みをその経験(キャリア歴)によって変える工夫が必要です。

総務職志望動機例文:オフィスワークの経験あり

「オフィスワークの経験あり」の場合ですが、この場合はなるべく実務経験によってどのような糧を得たかについて具体的に記載しましょう。

(志望動機例文)
わたしは総務職で培った接客の経験を活かし、貴社の即戦力として活躍したいと考えています。総務職を志望いたしました理由は、今後は経理や人事に関する知識の吸収に努め、より幅広い業務に対応できるように努力したいと考えるためです。


志望動機は簡潔さが大切です。

総務職志望動機例文:オフィスワークの経験なし

次に「オフィスワークの経験なし」の場合の記載例文です。この場合は「これから総務職に就くことによって、どのような夢を持っているか」を具体的に伝えましょう。

(志望動機例文)
わたしは前職にて培った経験を活かし総務職に関する仕事に就きたいと考え、貴社の総務職を志望いたしました。サービス業の経験しかないわたしですが、新企画の立ち上げや、その手続きで学んだ法律の知識を十分発揮できると確信しております。

総務職の志望動機の記載ポイント2:業務に活かせる能力をアピール

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
次は「業務に活かせる能力をアピール」を全面に打ち出した場合の総務職の志望動機の記載ポイントです。この場合は主に「未経験職種への転職」に際して役立つ志望動機の記載例文になりがちですが、とにかくこれまでに学んだスキルをアピールする形になります。

現在において自分が確保している能力・スキルを存分に発揮する点を考慮し、総務職でもその実力を十分引き出せる点を志望動機のメインに持ってきましょう。

総務職志望動機例文:業務に活かせる能力

志望動機において「業務に活かせる能力」のアピールをする場合、たいていは前職でのスキルや、これまでに独学で培ったスキルのPRがメインになります。

(志望動機の例文)
わたしは前職においてパソコンワークに従事しており、そこで学んだプログラミング演習や表計算のさまざまな方法、また簿記検定1級の実力をもちまして、自分の能力を貴社の総務職において十分発揮できる自信があります。将来ビジョンにぜひ生かしたいです。

総務職の志望動機の記載ポイント3:所持資格をアピール

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
総務職を希望する場合でも、やはり資格取得は非常に強いPR要素・土台になります。主に総務職や人事で必要となる資格では、衛生管理者、メンタルヘルス・マネジメント、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、簿記、ビジネスキャリア検定などとなります。

これまでに自分が取得してきた資格や、その資格によって期待できる実力の発揮について具体的にPRしておき、入社後の即戦力性をアピールしましょう。

総務職志望動機例文:所持資格

先述の内容から引き続き、所持資格をPRするための総務職志望動機例文を見ていきましょう。この場合も簡潔に自己PRできることが重要です。

(志望動機の例文)
わたしはこれまでに経営コンサル系企業に従事しておりまして、そこで産業カウンセラーやキャリアコンサルタント、そして簿記検定2級の資格を取得しました。この資格取得に際して学んだことと、将来設計に生かせる仕事を実践していきたいです。

総務職の志望動機の記載ポイント4:企業や職種を選んだ理由について記載

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
この「企業や職種を選んだ理由について記載」というのは、どの志望動機の例文においても非常に重要な項目になります。いわゆる志望動機のメインになる内容であり、このあり方・充実性・説得力によって、そのまま採用・不採用が決まる場合も多々あります。

そのため、「その企業でなければ活躍できない・その職種だからこそ自分の実力を発揮できる」という点を具体的にアピールしておき、その即戦力性を伝えましょう。

総務職志望動機例文:企業や職種を選んだ理由

先述の内容を踏まえ、「企業や職種を選んだ理由」をその志望動機のメインに持ってくるアピール方法を見ていきましょう。この場合も簡潔かつ説得力がある点が重要です。

(志望動機の例文)
わたしはこれまでに、サービス業、飲食業、ライター業と多数の職種を兼任しきまして、接客対応スキル・パソコン業務について自信があります。その上で、貴社でこの度募集されている職務ニーズに最適な実力を確保していると考えられました。

総務職の志望動機に悩んだら相談するべき転職エージェント5選!

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
さてここからは「総務職の志望動機に悩んだら相談するべき転職エージェント5選」と題し、実際に総務職で勤続していく際に、そのキャリアアップを(事前に)約束してくれる転職エージェントをご紹介していきます。

転職エージェントというのは「求職者の理想に最適な適職を見付け、その企業への内定率を着実に向上させてくれる点」をメインにしており、転職活動時には欠かせないサイトになるでしょう。

総務職の志望動機に悩んだら相談するべき転職エージェント1:リクルートエージェント

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
リクルートエージェントの最大の魅力・特徴は「求人情報が充実して豊富な点」と「サポート力の実践性」で、当エージェントを利用した場合には確実に「自分の能力・スキルにとって理想的な職先が見付かる」という具体的なメリットがあげられます。

総務職へ転職する場合でも多くの世代から利用され、転職エージェントとしての実力が約束され、一般のエージェントランキングでも常時上位に見られる人気のエージェントです。

総務職の志望動機に悩んだら相談するべき転職エージェント2:doda転職エージェント

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
「dodaエージェント」の利点は「求人数がかなり多いこと」と「転職アドバイザーの能力が高い点」にあり、未経験職種への転職をはじめどのような環境にある転職希望者にとっても、その個別スキルや状況と仕事との相性がまず想定されます。

志望動機の書き方にしても充実している点が勧められ、総務職への転職先について調べる際も、当転職エージェントのアドバイザーの手腕が本領を発揮するでしょう。

総務職の志望動機に悩んだら相談するべき転職エージェント3:パソナキャリア

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
パソナキャリアの大きな特徴は「求職者それぞれの適職・理想的な職場環境を斡旋してくれるサポート力」の高さであり、どのような環境からでも斡旋に強い転職アドバイザーがそろっている点にあります。

総務職へ転職する場合でも、志望動機の充実性をしっかりとサポートしてくれ、あらゆる求人情報を有効活用し、PRにつなげる斡旋力に秀でています。ぜひ一度利用を検討してみましょう。

総務職の志望動機に悩んだら相談するべき転職エージェント4:ビズリーチ

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
多彩な年齢層の転職希望者に支持されている「ビズリーチ」です。この転職エージェントの魅力は「転職後のキャリアアップ率や安定した年収確保」へのサポートが優れている点にあり、その上で「上流クラス」の企業層を視野に広げられる活動基点にあります。

総務職への転職、またその点でのキャリアアップを図る場合でも、志望動機のプランニングや自己管理の最適な方法・転職活動へのサポートが非常に優れています。

総務職の志望動機に悩んだら相談するべき転職エージェント5:Spring転職エージェント

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
総務職への転職においても非常に人気のあるSpring転職エージェントでは、年齢やステータスを問わず転職希望者が多く、さまざまな環境・条件に見合ったサポートが約束されます。

この場合も、総務職への転職時に役立つキャリアアップや志望動機の作成法を想定した転職活動が斡旋され、自己PRの工夫を与え、企業ニーズの捉え方にもかなり実力があります。

総務職をはじめ、あらゆるキャリア形成の実現性が高い点も魅力です。

総務職への転職を成功させましょう!

総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例
いかがでしたか。今回は「総務職とは|総務職の志望動機の4つの記載ポイントと記載例文5例」と題し、「総務職の内容と総務職の志望動機の4つの記載ポイント」をピックアップし、総務に就く場合の志望動機特徴を具体的にご紹介しました。

総務職に従事する場合に重要な点は、総務職で課されるスキルやニーズを正確に把握・確保した上で、その企業に入社後に確実に勤続できるかどうかを自己確認しておくことになります。

Related