Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

ITエンジニアの履歴書のポイント10選|必須項目3つも紹介!

ITエンジニアとして働きたい場合は、履歴書の完成度を高めることをおすすめします。ITエンジニアはスキルを重視して採用される割合が高いため、面接よりも履歴書による採用を重視しています。ここでは、ITエンジニアの正しい履歴書の書き方を紹介しています。

ITエンジニアの履歴書のポイント10選|必須項目3つも紹介!

ITエンジニアとは?

ITエンジニアとは、システムを開発することが主な仕事内容であり、デスクワークをすることが多いです。完成したシステムにトラブルが発生してしまった場合もITエンジニアがトラブルの原因を究明し解決することが求められます。

また、同じトラブルが起きないように対策をすることも大切です。ITエンジニアはさまざまなスキルが求められるため、あらかじめIT業界に関する知識を身につけておきましょう。

ITエンジニアの履歴書の必須項目3つ

ITエンジニアとして働きたい場合は、履歴書に記入する内容が内定確率に大きく影響が出ます。そのため、履歴書の正しい書き方を身につけておくだけでもITエンジニアとして働くことも夢ではありません。

次に、ITエンジニアの履歴書の必須項目を3つ紹介します。必須項目を記入するだけでも内定率が大幅に高まる可能性もあり、記入できる場合はしっかり記入するようにしましょう。

ITエンジニアの履歴書の必須項目1:経験したIT会社

過去にIT会社で働いた経験がある場合は履歴書に記入するようにしましょう。経験したIT会社を記入することで実際にITエンジニアとして活躍していた証拠になり、即戦力と判断されやすいです。大手IT会社で働いているほど大きな武器になるため、必ず履歴書に記入しましょう。

一般の企業に提出する履歴書では多くの会社を転々としているとイメージが悪いですが、ITエンジニアの場合はあまり悪影響になりません。

ITエンジニアの履歴書の必須項目2:IT関連の資格

IT関連の資格を取得していれば履歴書に記入しましょう。履歴書には取得している資格を記入する項目があり、そこに取得している資格を記入しておくことで、どのくらいのスキルや知識を身につけているかを伝えることができます。

高度の資格を取得していればそれだけ好印象を与えることができ、内定をもらえれる可能性も高まります。できるだけ、全ての資格を記入するように心がけましょう。

ITエンジニアの履歴書の必須項目3:IT関連の学歴

IT関連の学歴がある場合は履歴書に記入することで有利になります。特に、IT関係の専門学校を卒業している場合は必ず記入しましょう。あまりITへの経験や知識がない新卒者にとって大きな武器になるため、同じ企業に応募している求人者に差をつけることができます。

有名な専門学校であるほど効果を得ることができますが、専門学校の規模が小さくてもIT関連の学校であれば記入して損をすることはありません。

ITエンジニアの履歴書のポイント10選

ITエンジニアを採用する際には面接よりも履歴書によるデータを重点を置く場合が多いです。履歴書が最大のアピールポイントでもあるため、ITエンジニアとして働きたいと考えている人は正しい履歴書に書き方を身につけることをおすすめします。

次に、ITエンジニアの履歴書のポイント10選を紹介します。そのため、履歴書で他の求人者と差をつけたい人や確実に採用をもらいたい人は参考にしてください。

ITエンジニアの履歴書のポイント1:IT資格はすべて記入

ITエンジニアとして働きたい場合は、IT関係の資格は全て履歴書に記入するようにしましょう。たとえ、基本的な知識しか検定できない場合でも記入しておくことでよい評価を受けることができます。そのため、有利になる資格を自身で決めずに、全て記入するようにしましょう。

多くの資格を取得していると履歴書に記入することが面倒に感じてしまい、取捨選択をしてしまいやすいですが、アピールポイントを捨てています。

ITエンジニアの履歴書のポイント2:卒業したIT関連の学校はコースも書く

IT関連の学校に在籍している場合や卒業している場合は、所属していたコースも履歴書に記入することをおすすめします。IT学校はさまざまなコースに分けられている場合が多く、コースの違いで学んでいる知識に違いもあらわれます。

そのため、履歴書に学校名だけではなくコース名まで記入しておくことで、企業側もすぐにどのようなことについて勉強していたかを把握することができます。

ITエンジニアの履歴書のポイント3:派遣とした働いた期間も書く

過去に派遣でITエンジニアとして働いた経験がある場合も履歴書に記入するようにしましょう。たとえ派遣で働いていた期間が短くても記入することをおすすめします。

派遣された企業によってどのような作業を行っていたかを企業側に知らせることができ、時には採用の要にもなります。

派遣としてITエンジニアをしている場合は、高い知識やスキルが身についている証拠にもなるため、採用試験の際の大きな武器です。

ITエンジニアの履歴書のポイント4:フリーランスとしての期間も書く

ITエンジニアとしてフリーランスで働いていた経験があれば履歴書に記入しましょう。フリーランスで働いていた経験は高く評価される場合が多く、期間が長ければ長いだけ内定率も高まります。

フリーランスでITエンジニアをしていたことがある場合は一人でもITエンジニアとして活躍できる技量がある証拠でもあるため、アピールポイントにもなります。フリーランスでITエンジニアをすることは珍しく、印象に残りやすいです。

ITエンジニアの履歴書のポイント5:勤務期間が長い場合はアルバイト歴も書く

アルバイトの雇用形態でITエンジニアをすることは珍しいですが、アルバイトで働いていた期間が長いのであれば履歴書に記入するようにしましょう。しかし、極端に働いていた期間が短い場合は、無理に記入する必要がありません。

アルバイトでITエンジニアをしていた経歴は、上記で紹介したフリーランスや派遣で働いていた場合よりも評価されにくい傾向があります。

ITエンジニアの履歴書のポイント6:志望動機欄は具体的に書く

ITエンジニアの履歴書の書き方に限った話ではありませんが、志望動機の欄には具体的に働きたい理由を記入するように心がけましょう。履歴書の中でもアピールできる割合が高いポイントであるため、印象に残るような文章を作成することが大切です。

しかし、具体的に志望動機を書きすぎてしまい長文になることはNGであるため、長文になりすぎないように注意しましょう。長すぎると逆に読まれない可能性が高まります。

ITエンジニアの履歴書のポイント7:勉強中の資格も書く

上記では取得している資格を履歴書に記入することを説明しましたが、勉強中の資格についても記入することをおすすめします。勉強中の資格を記入する場合は、取得している資格を記入する欄に勉強中の資格名と勉強中であることを記入しましょう。

また、自己アピールを記入する欄に記入しても問題ありません。資格はまだ取得していませんが、勉強していることでITエンジニアとしての熱意を伝えることができます。

ITエンジニアの履歴書のポイント8:作品があれば作品のURLも書く

以前手がけた作品があれば、掲載されているURLも履歴書に記入するようにしましょう。

独自で作成した作品やチームで開発した商品がある場合は、自身の能力をアピールすることができます。URLを掲載することで、より具体的にどのような作業を行っていたのかを伝えることができます。

URLを履歴書に記入する際は、間違えないように記入することをおすすめします。URLは長くなりやすく、間違えてしまいやすいです。

ITエンジニアの履歴書のポイント9:管理経験があれば書く

管理経験がある場合も履歴書に記入しましょう。ITエンジニアとして管理を経験していることはかなりスキルを身につけている証拠であるため、採用試験で大きな武器になります。企業側も即戦力として判断することも多く、好条件で採用してくれることも多いです。

管理することは誰でも行うことができるわけではなく、基本的にキャリアが長い人が任される場合が多く、ベテランのITエンジニアの仕事内容でもあります。

ITエンジニアの履歴書のポイント10:退職理由は前向きな理由にする

履歴書に退職理由を記入する場合は、前向きな理由を書くことをおすすめします。退職理由が雇用条件や労働環境のことを記入してしまうと、企業側も雇い入れた後に同じことを感じ取られてしまい、辞めてしまうのではという不安感を覚えやすいです。

そのため、退職理由はより自身のスキルアップをするなど前向きな理由を選びましょう。前向きな理由を記入することで好印象を与えやすいです。

ITエンジニアの履歴書に書ける職種5選

ITエンジニアの履歴書に書ける職種を把握しておくことで採用試験で有利になることもできます。また、ITエンジニアに含まれる職種も紹介しているため、自身が働いている職種がITエンジニアとしてひとくくりにされているかも知ることができます。

次に、ITエンジニアの履歴書に書ける職種5選を紹介します。ITエンジニアの履歴書に書ける職種を知りたい人は参考にしてください。

Tエンジニアの履歴書に書ける職種1:データベースエンジニア

データベースエンジニアとは、システムの開発や提案、運用やコスト面の配慮などさまざまな業務をこなす職種であり、エンジニアの総称でもあります。しかし、データベースエンジニアとして活躍している人材は少なく、近年ではさまざまな企業が求めている特徴があります。

そのため、データベースエンジニアとして活躍していればITエンジニアとして採用される可能性は非常に高く、履歴書に記入することをおすすめします。

ITエンジニアの履歴書に書ける職種2:プログラマー

プログラマーは特殊なプログラム言語を使用してプログラムを作成する業務を行っています。さまざまなシステムを作成する職種であるため、今後も需要が高い職種でもあります。プログラマーは作成するシステムはさまざまな場面で活用されており、欠かせない職種です。

そのため、やりがいを感じることも多く、充実したワーククライフとも送ることができます。しかし、高い技術力が必要となり、チームで開発することが一般的です。

Tエンジニアの履歴書に書ける職種3:システムエンジニア

システムエンジニアと上記で紹介したプログラマーを同じ職種と考えることもありますが、企業によっては線引きが行われています。一般的にプログラマーの上位職種がシステムエンジニアと考えられており、履歴書に記入することで有利になります。

上位職種でもあるため、プログラマーよりも雇用条件が良い場合もあり、システムエンジニアとして評価されるように努力しましょう。

Tエンジニアの履歴書に書ける職種4:サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、サーバーの構築や設定、運用や負荷分散対策などを主な業務にしています。また、トラブル対応や普及作業、トラブル対応策など幅広い業務を行っている特徴もあります。そのため、幅広い知識が求められます。

サーバーのトラブルがいつ発生するかわからないため、夜中に呼び出されて対応をする必要もあります。

Tエンジニアの履歴書に書ける職種5:ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアはインターネットの運用や監視などを行う職種です。ITエンジニアとしての技術も活用できる幅が広く、転職先に選ぶことも多いです。

ネットワークエンジニアは運用やコスト面の思案などさまざまな業務を行うことがありますが、システムを完成させれば暇になることも多いです。

そのため、システムを完成したらコールセンターとしての業務を担当することもあります。

ITエンジニアの履歴書は自己アピールの手段

ITエンジニアの履歴書は自己アピールを行う最大の場面であるため、最大限有効活用することをおすすめします。

履歴書の完成度によって企業側に与える印象に大きく影響があり、内定率にも影響が出ます。正しい履歴書を作成してITエンジニアとして活躍してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related