Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月29日

ウェブ上で職務経歴書が作成できるおすすめのメーカーやツール8選!

今回は「ウェブ上で職務経歴書が作成できるおすすめのメーカーやツール8選!」と題して、「ウェブ上で職務経歴書を作成する方法」をはじめ、その際におすすめメーカーやツールを8選の形でご紹介します。ウェブ上で職務経歴書を作成する際にぜひご参考にしてみて下さい。

ウェブ上で職務経歴書が作成できるおすすめのメーカーやツール8選!

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書というのは基本的に「自己PR・資格・スキル・職歴などを書くスペースが設けられてある」という特徴があります。履歴書は求職者の看板としての書類となり、就業に際して自己紹介をメインにした公式書類となるでしょう。

上記に比べ、職務経歴書というのは志望動機・自己PRは少なめにして、「これまでの過去実績」をそのまま明記する形になります。主に学歴や資格、自分が関わってきた職歴だけを記載します。

履歴書とは?

先述のように履歴書というのは基本的に「自分に関すること」を明記する上で、主に志望動機・自己PRをはじめ、その企業をなぜ選んだのかという熱意アピールを含め、自分という人間を全体的にPRする内容になります。

職務経歴書の場合と同じく「それまでに携わってきた実務経歴」を書く欄はありますが、それよりも自分についての備考欄や特記事項欄などの活用をはじめ、企業へ自分のスキルや熱意を訴える文面が多くなるでしょう。

職務経歴書とは?

職務経歴書というのはそもそも「これまでに携わってきた職務経歴」のみを記載すればそれでOKで、その職歴を踏まえて自己PRに置き換える書類内容となります。

履歴書の場合とは違い、主に資格・職務経験といったデータを基本にした書類となるため、記載できる内容がなければ職務経歴書としての内容の充実は得られないことになります。つまり、職務キャリアをどれだけ積んでいるかによって充実度が変わってきます。

おすすめ!職務経歴書作成メーカー・ツール8選

さて、ここからは「おすすめの職務経歴書作成メーカー・ツール8選」と題して、職務経歴書を実際に作成する際に使えるWeb上のメーカー・ツールをご紹介していきます。

職務経歴書作成用のWeb版メーカーは履歴書作成メーカーと同じく、現代ではいろいろな用途に向けて用意されています。

さまざまな職種を希望する場合でもそれほど困ることなく、誰でも簡単にニーズを満たす職務経歴書を作成することができるでしょう。

職務経歴書作成メーカー・ツール1:職務経歴書メーカー

まずは人気の職務経歴書作成メーカーであり、その名もそのまま「職務経歴書メーカー」ですが、これは基本的に「日付や配属先の職務、その業務内容」といった3つの項目だけで構成されるきわめてシンプルな形の職務経歴書向け作成メーカーになります。

既定フォーマットがあるのでその手順に沿って作成していけば自然にでき上がり、自分にとって必要な職務経歴書内容をすんなり作成できる優れモノのメーカーです。

職務経歴書作成メーカー・ツール2:ルーシッド職務経歴書サービス

次に会員登録不要の上に、8つのフォーマットが用意された「ルーシッド職務経歴書サービス」のご紹介です。

Web上の職務経歴書を作成する場合に懸念するのはやはり個別情報の漏洩であり、その点でもこのメーカーはかなり安心できるセキュリティになっています。

会員登録が不要の上、この場合も既定フォーマットに沿って作成するだけで理想の職務経歴書ができるので、誰でも取り付きやすい即席型のメーカーとなるでしょう。

職務経歴書作成メーカー・ツール3:レジュメビルダー

次は、A3サイズで閲覧版の職務経歴書を簡単に作成できる「レジュメビルダー」のご紹介です。このメーカーではWordファイルまたはPDFファイルをはじめとする「閲覧専用の職務経歴書」を作成できる上、その作成手順もアドバイス付きなので簡単になります。

初めてWeb上で職務経歴書を作成するという人にはおあつらえ向きのメーカーとなり、この場合も多彩なフォーマットが用意されている優れモノのメーカーになります。

職務経歴書作成メーカー・ツール4:りれきしょ君

プレビュー効果が非常に優れている「りれきしょ君」のご紹介です。作成過程において常に閲覧用のプレビュー画面で全体内容を確認でき、作成しながらでき上がりの構成もしてしまえる非常に使い勝手の良いメーカーとなるでしょう。

Cookieを使った保存・閲覧・編集が可能になるため、ログイン時もアクセスするだけですぐに職務経歴書を作成することができる迅速型のメーカーとなります。一度試してみましょう。

職務経歴書作成メーカー・ツール5:エンジニア専用 職務経歴自動作成ツール

これはその名のとおりに「エンジニア向けの職務経歴書作成メーカー」となるため、エンジニア系企業を希望する際の職務経歴書メーカーとして活用すると良いでしょう。

自動作成機能が付いているため、この場合もログイン後すぐ職務経歴書を作成することができ、その上で各種プロジェクト向けの製品単位での作成(記載)が可能となるため、エクセル形式での職務経歴書をメーカーとしても非常に優れています。

職務経歴書作成メーカー・ツール6:履歴書ジェネレーター2.0

このメーカーは、履歴書・職務経歴書のどちらでもすぐに作成してしまえる「PDF生成」向けのメーカーであり、職務経歴書をPDFファイルに仕上げることでさらに閲覧システムを円滑化できる魅力的な一品となります。

アプリをダウンロードするだけでいつでも作成可能となるため、ログイン時もかなりスムーズで、誰でもすぐに作成できる実用型メーカーとなるでしょう。

職務経歴書作成メーカー・ツール7:マイナビ転職 速攻職歴メーカー

これはマイナビ転職活用時に使える職務経歴書メーカーとして知られ、その名のとおりに簡単かつ短時間で職務経歴書を作成してしまえる優れモノの作成メーカーになります。

既定フォーマットは通常の職務経歴書とほぼ同じになりますが、モバイルデバイスからでも簡単にデータ打ち込み・作成が可能となるため、特に時間がない場合、スケジューリングが忙しい場合などに活用できる優れモノのメーカーとなるでしょうか。

職務経歴書作成メーカー・ツール8:できる履歴書 Wantedly

このメーカーの大きな特徴は「多彩な職務経歴書フォーマット」が用意されている上で、その1つ1つの項目ごとにアドバイス(書き方ヒント)が表示されるため、初心者向けにも、短時間ですぐ作成したい人にも非常に好都合の作成メーカーになる点でしょう。

職務経歴書というのは多くの場合、就活時・転職時に使い回しで使用したり、即席でもすぐ作成したりする物なので、手間いらずのメーカーは非常にありがたいです。

職務経歴書作成時の8つのポイント

さて、ここまでは主に「おすすめの職務経歴書メーカー」についてご紹介してきましたが、ここからは「職務経歴書作成時の8つのポイント」と題して、実際に職務経歴書を作成する場合の諸注意やコツをはじめ、8つのポイントにまとめてご紹介していきます。

職務経歴書を作成する際には、まず履歴書との混同を避けておき、なるべく第三者にはっきり証明できるデータを記載する姿勢をもって作成していきましょう。

職務経歴書作成時のポイント1:履歴書と混同させない

これは冒頭でもご紹介しましたが、履歴書というのは主に自己PRと職歴とを含めた総合的なアピール書類となり、「自分の企業に対する覇気や姿勢」などのPRが全面的な魅力を占めることになります。

しかし職務経歴書を作成する場合のポイントは、資格・職歴の有無などについて「第三者に証明できる内容」を記載することになるため、実際にそのことを経験した・資格を所有しているといったデータ記載の内容がメインとなります。

職務経歴書作成時のポイント2:企業や職種に見合ったアピールをする

これは履歴書・職務経歴書を作成する際のどちらともに必須のポイントになりますが、自分が希望する企業先で求められているアピールを全面的に記載することが重要です。

食品メーカーを希望する場合にゲーム会社への意気込みを書いても無意味なのと同じように、その企業で求められている(ニーズとされる)資格取得・職務経歴の記載を念頭に置き、当てが外れたような内容に仕上げないよう重々配慮しておきましょう。

職務経歴書作成時のポイント3:アピールのしすぎに注意

履歴書を作成する場合でも、文章のしつこさというのは嫌われます。嫌われると言うより常識的に見て好ましくなく、もっと洗練された記載方法をもって作成することが好まれることになるでしょう。

さらにこの場合での「アピールのしすぎ」というのは経歴詐称なども含まれ、アピールに夢中になりすぎて「ウソの経歴」を記載してしまわないようにすることが大切です。自分の認識と企業側の認識とが違う場合に十分注意しましょう。

職務経歴書作成時のポイント4:最終チェックは第三者の目を通す

これはいわゆる添削のことを指していますが、Web上の職務経歴書メーカーを使って作成する場合でも、必ず作成後には他人に添削を頼んでおきましょう。

添削の必要性は就活時や論文作成時にも良く聞かれますが、さらに文章内容を洗練させることに役立ち、履歴書・職務経歴書そのものの仕上がりを十分魅力的にするための第一ステップになります。客観的に評価されることにより、試験官の視点にも配慮しやすいです。

職務経歴書作成時のポイント5:わかりやすく書く

これはどんな書類を作成する場合でも同じですが、人に読んでもらう書類、つまり提出書類を作成する場合には、必ず「読み手がわかりやすい形で書く」ということを基本にしておきましょう。

そのためには、1文を長々と書かず、端的に書き、必要なら箇条書きで仕上げてもかまいません。とにかく「主張したいこと・伝えたいこと」をできるだけ短く書くことを踏まえ、適切な箇所では句読点をしっかり付けましょう。

職務経歴書作成時のポイント6:誤字脱字チェック

提出書類を作成する場合には、この誤字脱字チェックも必ずしておきましょう。書類を作成した際には、「必ず誤字脱字がある」ということを心がけておき、「大丈夫、大丈夫」といった慢心を捨てておくことが大切です。

職務経歴書メーカーを作成する場合でも「表現のあり方」やレイアウトに注意しておき、少しでも読みやすくインパクトを持たせた仕上がりにしておき、誤字脱字のチェックは最低3度以上しておくことが大切です。

職務経歴書作成時のポイント7:正しい日本語を書くこと

最近特に「誤った日本語の使い方」をしている日本人が増えてきていると言われ、これは履歴書・職務経歴書などの重要書類を提出する際には、非常に大きな注意点になります。

就活時に提出する書類内容ではこういった「社会人としての常識」への評価も比重を占めてくるため、ケアレスミスとはいえ初歩的な誤表現をした場合には、それが大きなマイナス点になることが多々あります。この点にも十分配慮しましょう。

職務経歴書作成時のポイント8:見出しを付けると効果的

これは主に、自己PRをはじめとする長文を記載する際ですが、長いパラグラフになる場合には適当な箇所で見出しを付けておき、そこで「何について言っているのか」を明確にしておくとさらに読みやすくなります。

見出しには適当なマークを付け、少しフォントを大きくしたり太字にしたりと、なるべくわかるようデコレーションしましょう。その上で、段落ごとに一行空けておき、メインの箇所を目立たせるよう配慮することが大切です。

メーカーを活用して魅力的な職務経歴書を完成させよう!

いかがでしたか。今回は「ウェブ上で職務経歴書が作成できるおすすめのメーカーやツール8選」と題して、「ウェブ上で職務経歴書を作成する方法」をはじめ、その際におすすめメーカーやツールを8選の形でご紹介しました。

職務経歴書というのは企業面接の場合に特に重要視され、その求職者にとっての具体的なデータPR・第三者に認められる過去実績を把握させるための重要な書類になります。メーカーを有効活用しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related