Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

工場・製造の職務経歴書の書き方って?職務経歴書の書き方のポイント5つ

工場・製造の職務経歴書の書き方って?職務経歴書の書き方のポイント5つについてご紹介します。職務経歴書は書類選考で通過するためにもとても重要な応募書類です。製造業において職務経歴書でアピールできるポイントも含め、事前に確認しておきましょう。

工場・製造の職務経歴書の書き方って?職務経歴書の書き方のポイント5つ

職務経歴書の重要性

職務経歴書は今まで自分がそのような仕事に携わり、どのような経験があるかを書面にする応募処書類の1つです。多くの企業では、面接の前に職務経歴書と履歴書を提示させ、書類選考から始めることが多いです。

そのため、職務経歴書は書類選考を通過するためにも、より多くの情報を記載することがポイントになります。職務経歴書では、自己アピールをするチャンスでもあるので慎重に作成しなければなりません。

採用担当者はどこを見る?

職務経歴書を提出すると、採用担当者はこれまでの経験などをみて、面接をするかの判断をします。採用担当者は職務経歴書での仕事内容を主にみています。そのため、仕事内容はより詳しく記載することが望ましいです。

さらに採用担当者はスキルや資格も重視しているため、応募内容に関係のない資格であっても全て記載しておきましょう。幅広い業務ができることをアピールをできます。

工場・製造の職務経歴書作成のポイント5つ

工場や製造業における職務経歴書を作成するためのポイントを5つご紹介します。職務経歴書は基本的にどの職種であっても、時系列で所属した企業とその職務内容を記載します。

職務経歴書で、どのような仕事ができ、企業の即戦力として勤務できるかをアピールします。工場や製造業の場合には、どのような製品を扱っていたか、どのような機械を使えるかなどもポイントになりますので、職務内容はより詳しく書きましょう。

工場・製造の職務経歴書作成のポイント1:加工工程や加工対象の素材・材料を記載する

工場や製造業においての職務経歴書では、加工工程や取り扱っていた材料や素材まで記載しましょう。素材や材料によっては、危険物などがある場合もあり、それらを取り扱うことができることがわかります。

その場合、危険物取扱者資格なども持っている場合には、別途資格の欄にその資格名を記載しましょう。工程の説明に関しては、各工程を記載し、自分の担当していた工程を記載しましょう。

工場・製造の職務経歴書作成のポイント2:使用した機械の種類・ツール名を明確にする

工場や製造業の職務経歴書では、どのような機械やツールを使用していたかを記載しましょう。採用担当者は、使用できる工具や機械の取り扱い経験などもみています。製造業で使用する機械はたくさんありますが、メインの機械を記載しましょう。

職務経歴書に機械やツールを記載する際には、普段呼んでいる愛称ではなく、正式名称で記載しましょう。そのためにも、使用している機械の名前はきちんと把握しておきましょう。

工場・製造の職務経歴書作成のポイント3:小さな経験でも書き漏らしのないようにする

製造業においての経験は、職務経歴書に全て記載し、書き漏らしのないようにしましょう。製造するにあたり、経験を記載するときには、簡潔にわかりやすく書きましょう。

些細な製造工程であっても全て経験は書きましょう。少しでも携わったことがある製造工程や製造に関連する資料作成なども含め、まずは経験した職務を書き出しましょう。

工場・製造の職務経歴書作成のポイント4:職務経歴書は職務要約から

職務経歴書を作成するときのポイントとして、まずは職務要約から書きましょう。要約のあとに、職務内容の詳細を書くようにしましょう。製造業においての要約は、切削作業、溶接作業など様々です。

作業要約を書き終えたら、何を製造するために、どのように溶接作業を行っていたかなどを文章でわかりやすく書き出します。要約をうまく纏めることがポイントになります。これにより製造に関する職務内容が一目でわかります。

工場・製造の職務経歴書作成のポイント5:資格や免許・スキルがあればしっかりアピールする

職務経歴書には必ず免許や資格を記載しましょう。製造において必要な資格だけでなく、持っている資格は全て記載しましょう。製造業に関係する資格や免許から書き出すとよいでしょう。

資格を記載するときには、取得した年月日も記載しましょう。年月日は西暦、2019年5月というように書くようにします。年月日は絶対に間違えのないように注意しましょう。また、資格の名称略称ではなく、正式名称で書きましょう。

職務経歴書で必要な項目

職務経歴書を作成するときに絶対に必要な項目をご紹介します。一般的な職務経歴書の作成に必須の項目から、製造業ならではの項目もあるので項目漏れのないように注意しましょう。

職務経歴書は、製造関係の経験だけではなく、職務経歴書自体のフォーマットも採用担当者は見ています。より詳しく今までの業務にどのように携わっていたか、役割なども含め職務経歴書に記載するようにしましょう。

西暦表記

職務経歴書を作成するときには、和暦表記ではなく西暦表記で書きましょう。和暦表記は平成30年などと記載しますが、西暦表記は2018年と記載します。和暦は日本ならではの表記であり、世界では通用しません。

最近では、日本でもぐグローバル化が進み、多くの企業は和暦を使用することが少なくなっています。和暦表記でも間違いではありませんが、最近では使用されない傾向が強いです。

在籍企業・所属部署・店舗規模・店舗地域

製造の職務経歴書を作成するときには、在籍した企業だけではなく、所属部署や店舗の規模や地域も記載するようにしましょう。所属部署は製造部の何課で係がある場合は、全て記載しましょう。

店舗に規模を記載するときには、配属されている人数を記載します。敷地面積なども記載してもよいです。どのような環境で働いていたかわかるように、情報は多い方が良いでしょう。

担当領域・商品・サービス

製造関係において担当していた領域や取り扱いしていた商品やサービスを記載しましょう。製造業では工程と呼ばれるラインがあることが多いですが、どのラインを担当していたかをわかりやすく書きましょう。

担当業務は改善活動や作業効率化なども含め書き出しましょう。QC活動など製造において職場の改善をすることも採用担当者はポイントにしていることが多いです。

商品単価・取扱量・来客数・接客数

製造においての職務経歴書では、商品単価や取り扱い量なども記載しましょう。製造している生産量も記載することで、生産効率などをアピールすることもできます。また、来客がある職種では、来客数や接客数なども記載しましょう。

取扱量では、品数や製造にあたっての原料数なども項目として付け加えておくとよいでしょう。職務内容だけでは1日どのぐらいの製造を行っていたか不明なので、取り扱い量は重要な項目です。

顧客

製造での職務経歴書での項目として、顧客を記載することもあります。どのようなお客様向けの製品を扱っていたかがわかれば、顧客の企業名を書かなくても問題はありません。

多くの企業では、主な顧客名をホームページなどでも紹介していますので、企業名を記載しても問題はありません。採用担当者は製造している商品がどのような商品か顧客でわかることもあります。

役職・役割・責任の範囲

職務経歴書には、役職や役割を記載することを忘れないようにしましょう。役職がない場合には、一般社員と記載します。役職がある場合には、いつからいつまでその役職を持っていたか詳細まで記載します。

例えば、2010年に入社したとして、2012年に係長、2014年の課長に昇格といように記載します。また、その立場での責任の範囲も記載します。権限なども含め記載するとよいでしょう。

職種名・具体的な職務

職務経歴書では、職種名や職務は採用担当者が重要としている項目の1つです。職種名の項目では何をしたかが、短文でわかるようにまとめます。例えば、乗用車における組み立て作業(現在までの50種以上の部品を取り扱い、10種以上の車種に携わる)などです。

いくつも経験職がある場合には、要約して職種名を箇条書きにします。ここでは、代表的な職種を中心に記載しましょう。

得られた成果・実績とエピソード

職務経歴書では、得られた成果や実績を踏まえたエピソードは必須項目です。得られた成果は具体的にどのような経験により、どのようなスキルを身につけたかを記載するとよいでしょう。

実績とエピソードに関しては、失敗談を踏まえて書くとよいでしょう。失敗談を書くときのポイントとしては、ネガティブなエピソードにならず、失敗後どのようにリカバリーして乗り切ったかたというところまで記載しましょう。

専門スキル

専門スキルは資格や免許がなくても、使用できる機械やマネージメントスキルなどを記載しましょう。例えば、ISOの14001の環境や9001の品質などの知識などもこの項目に含まれます。

また、業界においての知識や、製品に関する知識や、製造業においてのスキルなどがあげられます。同じ業界への転職希望であれば、業界での知識はとてもよいアピールポイントになります。

応用可能なスキル

応用可能なスキルは語学力などがあげられます。英語検定やTOEICスコアなどがある場合には職務経歴書に記載しておきましょう。また、パソコンのスキルはExcel、Word、Power Pointなどをどの程度使用できるか書くと、自分の持っているスキルはどのくらいなのか担当者に伝わりやすくなります。

パソコンは業務で使用実績があればその旨も記載しておきましょう。その他に、ビジネススキルや、研修を受けたことがあるスキルなどを記載することもおすすめです。

職務経歴書を書く際に注意する点4つ

職務経歴書を書く時には、より分かりやすい文章で簡潔に書くことを意識して作成しましょう。職務経歴書はこれまでの経験にないことを記載したり、間違った内容を記載してしまうと偽証したことになってしまうので、事実に基づいて作成しましょう。

故意でなくても間違えてしまうと、せっかく内定をいただいても取り消しされる可能性もありますので、十分に注意して作成する必要があります。

職務経歴書を書く際に注意する点1:簡潔なビジネス文書

職務経歴書を作成する際には、簡潔なビジネス文書で記載することに注意しましょう。経験値があっても、ビジネス文書でなければ相手に伝わらなかったり、文書作成振って記号とみなされ、書類選考で落ちてしまうこともあります。

ですます調など文体は統一するようにしましょう。

職務経歴書を書く際に注意する点2:入学/ 卒業や入社/ 退職などの年月を間違えていないか

職務経歴書を作成する際に、よく間違えてしまいがちの学歴や職歴の年号間違いです。故意でなくても年号や年月日を間違えると偽証にあたりますので、十分に気を付けましょう。

職務経歴書を書く際に注意する点3:具体性、客観性

職務経歴書を作成する際には、主観的になりすぎず、客観性も意識して作成しましょう。読み手に伝わりしやすく書くことが大切です。具体的な内容を書くことで相手がイメージしやすくなります。

職務経歴書を書く際に注意する点4:整ったレイアウト

職務経歴書を作成する際には、レイアウトにも注意して作成しましょう。ぱっと見た時に見やすいと感じるレイアウトにしましょう。項目ごとに印をつけたり、うまく段落や罫線を利用しましょう。

工場・製造の職務経歴書の書き方を知って応募しよう!

「工場・製造の職務経歴書の書き方って?職務経歴書の書き方のポイント5つ」のまとめはいかがでしたか。製造職での応募をする前には、職務経歴書を作成する際のポイントを事前に確認しておきましょう。

そうすることにより、書類選考に通過しやすい職務経歴書を作成することができ、転職を成功させる確率をあげることができます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related