Search

検索したいワードを入力してください

税理士事務所の志望動機を考えるポイント13個|作成のための質問5つ

初回公開日:2019年05月21日

更新日:2019年05月21日

記載されている内容は2019年05月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就職希望者が多い税理士事務所は、書類選考の志望動機が決め手です。そこで今回は、税理士事務所の志望動機を考えるポイント13個と、作成のための質問5つについてご紹介していきます。税理士事務所就職を目指して、上手な志望動機の作り方を覚えておきましょう。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント13個|作成のための質問5つ

税理士事務所の志望動機は時間をかけて練るべきである

税理士事務所に転職や就職を考えている人は、あなた以外にも何十・何百という人が応募しているという現実をまず念頭に置く必要があると覚えておきましょう。

税理士事務所の就職選考方法の一番始めが書類選考です。書類だけで合否が決められるということは、あなたにとってたいへん危険な状態です。書類に不備があったり、自身の才能や努力が文章で伝わらなければ、その時点で落とされてしまうからです。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント13個

税理士事務所の書類選考を通るためには、最適な志望動機を書く必要があります。

税理士事務所へ転職・就職しようとしている方たちは、日々の仕事や勉強に追われて生活をしているケースが多いです。ゆっくりと志望動機を考えている暇がないのが現状です。そのような方たちのために、税理士事務所の志望動機を考えるポイント13個をご紹介していきます。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント1:税理士事務所のことを研究する

自分が就職を希望している税理士事務所のことは、ホームページなどのを利用して事前によく調べ上げておきましょう。

税理士事務所にはそれぞれに個性があります。仕事に対する所長の方針はまちまちですし、得意とする案件も税理士事務所によって違ってきます。

自分がどのような税理士を目指しているかによって就職したい先の税理士事務所は変わってきます。志望動機もその税理士事務所に合わせたものへと変える必要があります。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント2:熱い想いや熱意を込める

税理士事務所への志望動機は、熱い想いや熱意を込めて書き上げましょう。

税理士事務所へOB訪問や研修には行かれませんが、ホームページや口コミなどで評判や方針を知ることはできます。自分がその税理士事務所でどのようなこと成し遂げたいのか、どの部分にとても魅力を感じているのかを、志望動機の中で熱く語りましょう。

熱い想いや熱意は、文章でも十分に伝えることができます。志望動機は気持ちを込めて書きつづりましょう。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント3:自分の強みを論理的にアピールする

自分に資格や個性などの強みがあれば、積極的に具体的にアピールしていきましょう。

税理士事務所には何十・何百もの就職希望の応募が届けられています。その中から自己を選んでもらうには、他人より抜き出た魅力を精力的にアピールしていく必要があります。

税理士事務所への志望動機の中に胸を張って誇れる長所やエピソードを明示してください。論理・客観的に書くことができれば、税理士事務所側にあなたの優秀さが伝わります。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント4:努力家であることをアピールする

税理士事務所は日々さまざまな案件を処理しているので、勉強熱心な人が望まれています。

税理士事務所は努力家を好みます。いろいろな知識がある人でないと、税理士事務所の即戦力にはならないからです。相談の内容事に専門的な能力が必要になります。

新しい知識や情報を常に収集しようとする姿勢は必須のスキルです。志望動機の中で努力家であることをアピールして、就職してからもやる気を失わない態度を打ち出していきましょう。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント5:根気があることをアピールする

根気がある人間だとわかってもらえるように、志望動機を書きましょう。

税理士事務所の仕事は地道にこつこつと積み重ねていく部分が大きいので、努力をいとわない根気のある人材が望まれています。

志望動機の中で実際に経験したエピソードを例にして、自分がいかに根気よくたいへんなことを乗り越えてきたのかをアピールできるとよいでしょう。忍耐強くなぜ頑張れたのか、具体的にどのような努力をしたのかを書き出しましょう。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント6:競争相手との差別化を図る

税理士事務所に応募してくる競争相手を意識して、志望動機を書くことが大切です。

自分が希望している税理士事務所に同じように就職のために応募してくる人々が、どのようなスペックを持っているのかを把握することが重要です。

その人たちと自分を比べたとき、抜きん出た個性や強みがあれば、そこを強調した志望動機を提出しましょう。その税理士事務所の方針にぴったり合う長所があれば、それも強くアピールしていきましょう。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント7:税理士事務所への貢献をアピールする

税理士事務所の経営方針や希望している人材の傾向を事前につかみ、自分がどれぐらい役立てるかを、志望動機の中で明らかにしておく必要があります。

税理士事務所によって、専門や強みにしている分野が違います。自分がその分野にいかに詳しいかを、スキルや経験・資格などを明示して志望動機の中でアピールしていきましょう。税理士事務所にとってプラスになる人間が、人材として望まれているからです。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント8:クライアントへの貢献をアピールする

税理士事務所はお客様であるクライアントへ貢献してくれる人材を望んでいます。

各税理士事務所には得意分野があります。それはクライアントの傾向にも影響しています。クライアントは自身の業務に精通している税理士事務所を希望しています。

あなたのスキルが税理士事務所のクライアントの業種に合っていると判断したら、その点を強調しながら志望動機を書きましょう。その際、いかに貢献できるかを強くアピールしていきましょう。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント9:会計以外のスキルをアピールする

税理士事務所に応募する人が計算関係の仕事に強いのは明白なので、目立つために違うスキルを強調していく必要があります。

たとえばコミュニケーション能力が長けている点や、プログラミングなどのITスキルの経験があるなどの個性的で有益な部分を志望動機の中でアピールして、他人との差別化を図っていきましょう。

これからの時代は、特にAIなどの最先端技術のスキルがあると就職に有利だといわれています。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント10:ルールを守る

税理士事務所に応募する際は、作法をしっかり守るべきです。

志望動機を書く用紙や書き方の規定があれば、そこはきっちりと守ってください。履歴書と一緒に職務経歴書を送るように指示があったら、その通りに行ってください。

日本の税理士事務所へ英語の履歴書を送るなどの配慮のない行為は、就職にはマイナスです。日本は特にルールに厳しいので、税理士事務所の募集要項には完璧に従うようにしてください。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント11:特色に合わせる

税理士事務所には個性があるので、特徴に沿った志望動機を提出しましょう。

所長の方針によって欲しい人材が違うので、志望動機も特徴に合わせて変化させる工夫が必要です。学歴重視の税理士事務所へはスキルや資格を強調した志望動機が必要です。

キャラクターやコミュニケーション重視の税理士事務所へは個性をアピールしましょう。ストレスに強い努力家を希望する事務所へは、自己研鑽の経験を志望動機に絡めて書くと効果的です。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント12:即戦力になれる人材である

税理士事務所は忙しいので、就職してすぐから役立つ人が重宝されます。

税理士事務所の即戦力になれることを示すために、職歴や経験・資格やスキルなどを実績で提示していくことが重要です。

法人なのか個人なのかなども含めて、どのようなクライアントを何件担当してどこまで請け負ったのかを、具体的な数値で業務能力として強調します。どのようにコミュニケーションを取ったのかも、積極的にアピールしていきましょう。

税理士事務所の志望動機を考えるポイント13:計画性があることを強調する

税理士事務所は期限のある仕事がほとんどなので、計画性を持って物事を推し進める能力があることを志望動機の中でアピールしていきましょう。

志望動機の自己アピールの中で、計画性や管理能力という責任感が強いイメージを打ち出すことができれば、税理士事務所の転職に有利に働きます。着実に仕事をこなす実績がある、段取りや自己管理能力があることを、過去の経験やスキルをもとに具体的に明示していきましょう。

税理士事務所の志望動機作成のための質問5つ

税理士事務所側が、就職・転職希望者に出す志望動機作成のための質問5つをご紹介していきます。

税理士事務所サイドが知りたい、就職希望者の志望動機は大まかに決まっています。それらの質問に対する回答をそれぞれの税理士事務所の方針に合った内容に変化させて、志望動機を作成していきましょう。

税理士事務所の志望動機作成のための質問1:人生で何をしたいのか

現代社会では自分でゴールを設定できる人間が求められているので、税理士事務所の志望動機に人生で何がしたいのかを聞かれることがあります。

これに対して、税理士事務所で日々研鑽して専門的な分野の知識やスキルをさらに高め、プロフェッショナルとしての人生を歩みたいとなどの答えが良いとされています。

税理士事務所の志望動機作成のための質問2:なぜそれをやりたいのか

税理士事務所では、なぜこの仕事をやりたいのかを明確にできる人材を希望しています。

クライアントのために尽くし社会のために役に立つことでやりがいを感じるためや、英語を活かしてグローバルに活躍したいなどの回答が良いでしょう。

税理士事務所の志望動機作成のための質問3:なぜ会計業界か

税理士事務所は、数ある業界の中からあなたが会計関係の仕事を選んだ理由を、知りたいと考えています。

四六時中数字を扱う会計の仕事は、好きでなければ長続きしません。なぜ税理士事務所の仕事を選んだのかというはっきりとした理由を、志望動機に掲げましょう。あなたの熱意が採用担当者に伝わり、良い印象を残すことができます。

税理士事務所の志望動機作成のための質問4:なぜこの税理士事務所か

数ある税理士事務所の中から就職先に選んだ理由を知りたがっています。

この税理士事務所でなければできない仕事があるはずです。そこを明確にすれば、なぜこの税理士事務所を希望したのかという質問の答えになります。

就職を希望している税理士事務所の特徴を調べて、自分がいかに価値を与えることができる人間かをアピールしてください。活用できる資格やスキルを提示してこの税理士事務所に就職したいという熱意を伝えましょう。

税理士事務所の志望動機作成のための質問5:なぜあなたを採用する必要があるのか

あなたが就職することでどのようなプラスがあるのかを、税理士事務所は知りたがっています。

自分が持つスキルや長所をすべてアピールしましょう。その税理士事務所の専門分野に関する、自分が得意としている部分を特に強調しましょう。語学力・経験からくるコミュニケーション能力の高さ・忍耐力や根気の良さなどの性格面の良さを伝えることも効果的です。

上手い税理士事務所の志望動機を考えましょう

税理士事務所への就職希望をしている方は、事前に志望動機をじっくりと考えておくことが、成功のポイントです。

仕事や勉強に追われて、税理士事務所への志望動機が明確になっていない場合が多く見受けられます。

自分の足元を見つめ直し、何ができるのか・何をしたいのかについてよく検討して、将来のビジョンをしっかりと見据えた志望動機を考えましょう。その際に、税理士事務所の特徴に合わせた内容を準備しておいてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related