Search

検索したいワードを入力してください

通過率はどのくらい?書類選考の通過率が良い応募書類の特徴13

初回公開日:2019年05月14日

更新日:2019年05月14日

記載されている内容は2019年05月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就職活動や転職活動を行う上で一次審査となるのが「書類選考」です。書類選考は履歴書や職務経歴書をもとに募集要項と人物像を見比べながら判定し、通過率は30~50%と言われています。今回は書類選考に通過する秘訣と通過率についてご紹介いたします。

通過率はどのくらい?書類選考の通過率が良い応募書類の特徴13

書類選考の通過率はどのくらい?

就職活動や転職活動を行う際には、必ず履歴書や職務経歴書を作成し、就職したい企業に書類一式を送付します。募集を行っている企業の採用担当者は送付された履歴書や職務経歴書を拝見し、どの人物が自社に適しているのかを判断するのが「書類選考」です。

書類選考の通過率は、企業の規模や採用年度によっても大きく異なります。一般的に書類選考の通過率は、30~50%前後が平均と言われています。

書類選考の目的

企業の採用担当者が書類選考を行う目的は、コストと時間を削減するために人数をあらかじめ絞ります。大企業の募集では、何千通もの履歴書が送付されるため書類選考を行うだけでも時間のかかる作業です。

しかし、書類選考を行うことで、より能力や実績のある人材に絞り込み、面接試験や筆記試験で選考しやすくするメリットがあります。

書類選考に使われる履歴書や職務経歴書について

書類選考に使用される履歴書や職務履歴書は、自身で作成したオリジナルのフォーマットを使用する場合もあれば、企業側が指定した書類に必要事項を記載して提出する2つの種類があります。

書類選考の通過率は約50%前後となるので、履歴書や職務経歴書でいかに自分の強みや魅力をアピールするかが通過の鍵となります。企業に書類を送付する場合は事前に企業研究を行い、採用担当者の目にとまる書類を作成するのがポイントです。

書類選考の通過率が良い応募書類の特徴13

書類選考の通過率は、全体の応募に対して約50前後です。しかし、応募書類の内容がしっかり書かれている人の場合の通過率は70%近くになる方も少なくありません。

では書類選考の通過率を上げるためにはどのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。次は書類選考の通過率が良い応募書類の特徴をいくつかご紹介していきましょう。

1:職務経歴書の完成度が高い

転職活動を行う人の中でも書類選考の通過率が良い人は、職務経歴書の完成度が高い傾向にあります。職務経歴書は、これまで従事してきた仕事や実績などを時系列に明記した書類になります。

職務経歴書は仕事の経験や仕事で培った能力などをアピールするのに効果的で、具体的な実績の数値や自分が成功したポイントなどを端的に明記してあると書類選考でも通過率がアップする傾向にあります。

2:応募企業に合わせた内容にする

履歴書の記載欄には、自分の基本情報以外に志望動機を明記する欄が必ずあります。就職活動者の中には、同じ業界の会社に応募する履歴書の志望動機を同じ内容にしている方も多い傾向にあります。

志望動機とは、なぜこの会社に応募したいと思ったのかをくわしく記載する欄です。企業の強みや魅力などを理解した上で、その企業の募集要項に合わせた内容にすると書類選考の通過率が上がります。

3:なぜこの企業で働きたいのかが書かれている

書類選考を通過するためには、この企業に入社したいという熱意と自分なりの考えを採用担当者に伝える必要があります。

たとえば、「販売職」を希望した場合は単に「販売の仕事経験があるため、御社に志望した」という内容ではなく、「御社の取り扱う〇〇という商品に魅力を感じ、よりお客様に商品の良さをアピールしたいため志望した」などと具体的にどこに魅力を感じたかを記載すると通過率がアップします。

4:企業に必要とされるスキルが書かれている

企業の募集要項には、特別なスキルや資格保持者を優遇する場合も少なくありません。たとえば、最近の大手企業ではTOEIC700点以上の取得を昇格の条件にしていたり、外資系企業などでは語学関連の資格は応募条件の1つとなっている場合があります。

応募する企業の特性や分野を理解した上で、企業にとって欲しい人材となるスキルや能力がある人材は必然的に書類選考を通過する確率がアップします。

5:入社後に貢献できる内容が書かれている

書類選考において採用担当者がチェックするポイントの1つは、応募者が入社後に企業に貢献できる人材か、または即戦力となる知識や経験を持っているかという点です。

たとえば、営業職の経験があるが、今回は宣伝職応募したとします。その場合は、営業で培ったコミュニケーション力や交渉力などを活かし、宣伝における協賛社を募ることができるなど、自分の能力を使ってどんな貢献ができるのかを具体的に明記するといいでしょう。

6:自己PRが簡潔でわかりやすい

書類選考を行う場合、採用担当者は毎日何千通もの履歴書に目を通します。数ある履歴書の中でも目を引くポイントは、自己PRが簡潔でわかりやすく記載されていることです。

書類選考の通過率をアップするためには、採用担当者の気持ちになり、自分の強みや魅力などを最低限のフレーズや表現で説明するように心がけましょう。

7:応募企業のビジョンと目指すキャリアが合致している

履歴書や職務経歴書に記載する志望動機には、応募企業のビジョンと自分が目指すキャリアが合致していると書類選考の通過率がアップする傾向にあります。

たとえば、応募企業がこれからグローバルな市場に目を向け拡大していこうというビジョンがある場合は、マーケットの拠点となるであろう国での勤務やマーケットリサーチが可能である点をアピールするのもアピールポイントの1つです。

8:書類上の正しい言葉遣い

ビジネスにおいて最も大切なことは、ビジネスマナーを守ることです。特に言葉遣いが上手くできない人は、どの企業も採用したいとは考えません。

履歴書や職務経歴書を作成する場合は、基本となる「です・ます」調で丁寧に文章を作成しましょう。書類上での言葉遣いが正しければ、入社後に取引先とメールで交渉する場合においても安心して仕事を任せられると考えます。

9:書類作成上のミスがない

履歴書や職務経歴書では、自分の実績や経歴を正しく正確に記入する必要があります。たとえば、学歴の卒業年数が間違っている場合は、仕事でも同じようなミスをする可能性があると判断され、採用担当者にマイナスのイメージを与えかねません。

書類選考で通過率アップさせるためには、記載事項を入念にチェックし、間違いのないように正しく記入しましょう。

10:誤字脱字がない

履歴書や職務経歴書で意外と多いのが「誤字脱字」です。履歴書で誤字脱字がある場合、基本的な業務でもミスをしやすい、応募企業に対する熱意があまりないと判断され、書類選考から落とされてしまう可能性もあります。

書類選考で通過率を上げたい場合は、履歴書の内容に自信がなかったとしても誤字脱字がないかをしっかりチェックしましょう。

11:わかりやすく読みやすいこと

履歴書や職務経歴書を送付する方の中には、企業に自分の強みや魅力をアピールしたいために長々を複数にわたって自分のことをアピールする方もいます。

採用担当者にとっては、文章の長さではなく、より簡潔に物事を記述する能力があるかも採用基準の1つとなっています。書類選考で通過率を上げたい場合は、履歴書の内容もシンプルかつ相手が読みやすいように工夫をして記入するようにしましょう。

12:熱意が感じられること

履歴書や職務経歴書は、シンプルで簡潔に内容が記載されている書面の方が採用担当者に良い印象を与えます。書類選考で通過率をアップさせるためには、短い文章の中でより企業側に対して自分の熱意が上手に伝えられるかがポイントです。

数ある企業の中でなぜこの会社に入社したいのか、同じ業界の会社でもなぜこの会社を選んだのかという熱意を具体的かつ簡潔に説明するといいでしょう。

13:証明写真の印象が良い

お見合いなどでも同じことが言えますが、人間にとって外見や身だしなみも重要なポイントです。書類選考で通過率をアップさせるためには、応募企業にいい印象を与える証明写真を添付するのも重要なことです。

髪がぼさぼさだったり、衣服が乱れて映っている写真は、一瞬で書類選考から外されてしまう可能性が高い傾向にあります。あなたの企業人生を左右する大切な写真なので、身だしなみをしっかり整えて撮影しましょう。

書類選考の通過率がいい人の応募の仕方5つ

書類選考の通過率がいい人には、履歴書や職務履歴書の書き方以外にも通過するポイントがあります。書類選考で通過率を上げるためには、自分の経歴や能力を理解した上で、自分に見合った企業選びを行っているという点です。

まったく経験やスキルのない専門性の高い業種に応募しても、経験不足のため書類選考で不合格となる率が高くなる傾向になります。次は書類選考の通過率がいい人の応募の仕方を見ていきましょう。

1:キャリアの棚卸しができている

書類選考の通過率がいい人は、自己分析をしっかりしており、自分のキャリアの棚卸がしっかりできている人に多い傾向にあります。

キャリアの棚卸とは、これまで自分が従事してきた仕事を振り返り、応募企業にとって自分のどのような能力や経験が活かせるかを自ら判断できることを意味します。単に「〇〇職の経験がある」というのではなく、「〇〇職を通して培った〇〇という能力を活かす」など、具体的に提言するといいでしょう。

2:応募企業の分析をしている

書類選考の通過率がいい人は、応募する前に応募企業が属する企業分野の研究を事前に行っている傾向にあります。応募企業の業界全体を理解することで、その企業がその分野のどの位置にいるのか、また競合に対してどんな戦略で対抗しているかなどを理解することができます。

業界を理解することで応募企業がどんな人材を必要としているかが客観的に理解できるので、書類の内容もワンランク上の内容になる傾向にあります。

3:本当に興味のある企業に応募している

就職活動や転職活動を行う場合は、複数の企業に書類を送付することも少なくありません。しかし、採用人数が多いからこの会社も応募しておこうなどという考えでは書類選考は落ちる可能性が高いといえるでしょう。

本当に興味のある会社であれば、必然的に業界にもくわしくなり、言葉にも説得力が生まれます。書類選考の通過率を上げるためには、自分の興味ある企業に応募することをおすすめします。

4:希望に合った職種に応募している

企業に応募する場合は、その企業が持つ方針や仕事の進め方などをあらかじめ理解しておく必要があります。たとえば、家族のケアをしなければならないため週休2日を希望しているのに、週休1日で平日に休日を取得する企業に応募するようでは書類選考以前の問題です。

まず自分がどんな仕事に就きたいか、どんな仕事に携わりたいかを具体的にイメージし、自分の希望に合った職種に応募することが書類選考の通過率を上げる秘訣です。

5:キャリアやスキルに見合った求職へ応募している

就職活動を行う上で大切なことは、自分のキャリアやスキルと見合った企業に応募しているかという点です。たとえば、英語のスキルはあまりないけど、外資系の大手企業に入社したいから応募するようでは、書類選考で不合格となる確率が高い傾向になります。

書類選考の通過率を上げるためには、まず自分の自己分析をしっかり行い、自分のスキルやキャリアが活かせる企業選びが重要です。

書類選考の通過率をアップさせよう

就職活動や転職活動では企業側に履歴書などを送付し、まずは書類をもとに「書類選考」が行われます。書類選考の通過率は、約30~50%前後と言われており、企業や採用年度によっても異なります。

書類選考の通過率をアップさせるためには、自分の自己分析を行い、自分のスキルやキャリアをしっかり整理しておくことがポイントです。企業に書類を送付する場合は誤字脱字などがないか事前にしっかり確認するようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related