Search

検索したいワードを入力してください

求人票の見方ポイント19コ|求人票でブラック企業が分かる?

初回公開日:2019年05月09日

更新日:2019年05月09日

記載されている内容は2019年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

求人票の見方によって就職活動に大きな影響が出てきます。正しく求人票を見ることができれば理想的な就職先を見つけることも可能になります。ここでは、求人票の見方を詳しく紹介しているため、就職活動を行っている人は参考にしてください。

求人票の見方ポイント19コ|求人票でブラック企業が分かる?

求人票の見方を知る必要がある

就職や転職を行う際は求人票を必ず見ますが、正しい求人票の見方を知ることが大切です。求人票にはさまざまな情報が掲載されているため、全ての意味を把握することができるようにしましょう。

求人票の見方が分からないまま応募して働き始めると、思っていた職場と違うことも多々あり、後悔することがあります。そのため、求人票の見方をまず学ぶように心がけましょう。

求人票でブラック企業が分かる

求人票の見方をマスターすればブラック企業かどうかを見極めることも可能です。ブラック企業に就職してしまうと仕事をすること自体にストレスを感じてしまい、最悪体調を崩してしまうこともあります。

ブラック企業はブラックであることを隠して求人票に情報を記入しますが、空欄の数が多いとブラックの可能性が高いです。また、常に求人票が掲載されている場合も、人の出入りが激しい証拠であるためブラックの可能性があります。

求人票の見方ポイント19コ

求人票の見方をマスターするためにはポイントを把握することが大切です。求人票の見方を身につけることができれば、快適な仕事場で働くことができたり、理想の労働条件で働くことも可能になります。

次項から、求人票の見方のポイントを19個紹介します。現在就職活動を行っている人は参考にしてください。

求人票の見方ポイント1:職種

求人票の見方で最も重要なポイントが職種を確認することです。職種が違うだけで仕事のやりがいや仕事内容が変わってしまうため、まず最初に確認するように心がけましょう。また、事前にどの職種で働きたいのかを決めておくことでスムーズに求人票を見ることができます。

職種は幅広く用意されているため、じっくり選ぶことができ、自身に適した職種を選ぶことで長く勤務することが可能です。

求人票の見方ポイント2:雇用形態

雇用形態を確認することも求人票の見方のポイントです。雇用形態が違うだけで仕事をする際にスケジュールが大きく異なるため、雇用形態を確認して就職先を決めるようにしましょう。

正社員や派遣・パート・アルバイトなどさまざまな雇用形態が用意されているため、自身が求めているい雇用形態の求人を探すようにしましょう。なかには期間限定の雇用形態もあるため、注意しましょう。

求人票の見方ポイント3:応募資格

求人票には応募資格が決められている場合もあります。そのため、気に入った求人があっても応募することができない場合があります。応募することができても書類で落とされる可能性が高く、自身に応募資格があるのかを確認しましょう。

応募資格で年齢制限がされている場合がり、35歳以上になると一気に応募できる求人が少なくなる傾向があります。

求人票の見方ポイント4:固定給

求人票の見方に固定給かどうかを確認しましょう。固定給とは一か月の給料が決められており、勤務日数が多くても少なくても給料が変わらないことを示しています。そのため、安定した給料をもらうことができるメリットがあります。

正社員になるとほとんどの企業が固定給を採用しており、逆にアルバイトやパートで固定給の場合はありません。

求人票の見方ポイント5:基本給

求人票の見方で重要度が高いのが基本給の額です。仕事をする目的は人それぞれですが、給料をもらうことが一番の目的でしょう。そのため、基本給の金額も就職する際に重要なポイントの一つです。

基本給は職種によって違いが現れやすいため、同じ職種の基本給の平均を把握しておくことで少ないのか多いのかを知ることができます。今後の生活に大きく影響する要素であるため、納得いかない場合は応募は控えましょう。

求人票の見方ポイント6:残業代

求人票の見方で基本給を見ると同時に残業代の有無を知ることも大切です。残業代とは、名前からわかるように残業代があるのかないのかを知ることができ、どのくらいの残業代が支払われるのかを知ることもできます。

ブラック企業を見極めるポイントでもあります。残業ありにも関わらず、残業代が記入されていない場合は気をつけるようにしましょう。

求人票の見方ポイント7:賞与

賞与があるかないかも求人票の見方の一つでもあります。賞与とはボーナスのことであり、基本的に年に2回支払われる給与とは違う報酬です。労働者の楽しみの一つでもあるため、必ず確認するようにしましょう。

賞与があるのかないかだけを確認するのではなく、一回の賞与でどのくらい支払われるのかを確認するようにしましょう。大手企業になれば給与の2倍支払われることもありますが、1.3倍のような場合もあります。

求人票の見方ポイント8:雇用保険の有無

雇用保険があるとないとでは失業した際に大きな影響が出ます。そのため、求人票の見方でも重要度がかなり高いため、見落とさないように心がけましょう。

雇用保険とは、労働者が失業して次の就職先まで生活するための資金を支給することができる保険でもあるため、雇用保険がない場合は、失業した際に苦しい環境に置かれやすい傾向があります。

求人票の見方ポイント9:労災保険の有無

求人票の見方に労災保険の有無があります。労災保険とは、仕事中に怪我をしてしまった際に適応される保険であり、治療費を少なくすることが可能です。雇用する側は一人でも雇うと労災保険に入る義務があります。

労災保険があることで労働者は万が一の状態にもなっても資金を心配せずにすむため、労働者が安心して働くためには必須条件でもあります。

求人票の見方ポイント10:健康保険の有無

求人票の見方に健康保険の有無を確認することがあります。健康保険に加入することで治療費を大幅に削減することができるため、大きな怪我や手術を行う際に役立ってくれる保険です。

健康保険を企業側で加入しない場合は、個人で加入する必要があります。健康保険はほとんどの企業があることが多いため、ない場合はブラックの可能性が高いです。

求人票の見方ポイント11:厚生年金保険の有無

厚生年金保険の有無も求人票の見方のポイントでもあるため、身を落とさないように確認しましょう。厚生年金保険は毎月の給与から差し引かれているため、求人票で確認していないと加入しているかしていないかわからない場合もあります。

厚生年金保険に加入しておくことで高齢になったときに国から年金を支給されるようになります。逆に加入していないと収入がない高齢者になっても支給されないため、厳しい老後を送ることになる可能性があります。

求人票の見方ポイント12:産休と育児休暇の有無

最近注目されている求人票の見方のポイントに育児・産休休暇の有無があります。特に、女性の方が重要視する項目ですが、男性も確認することをおすすめします。育児・産休休暇があることで子供作りを積極的にすることができ、安心して子供を育てることが可能です。

女性の中には育児・産休の有無で仕事を選ぶことも多く、若い女性の人は必ず確認するように心がけましょう。

求人票の見方ポイント13:介護休暇の有無

求人票の見方で忘れがちなポイントですが、介護休暇の有無もしっかり確認しておくことが必要になります。介護休暇とは介護をするために仕事を休むことができることです。介護は非常に疲れる行動であり、仕事と両立することは難しいです。

しかし、介護休暇を導入している企業では体の負担を軽減することができます。介護をする必要がある人がいる場合は介護休暇の有無を確認しましょう。

求人票の見方ポイント14:有給休暇の有無

有給休暇は労働者が自由に使うことができる休暇のことです。パートやアルバイトには有給休暇がない場合があります。正社員に関わらず有給休暇を使用させない場合は、企業側が労働基準法に触れているため訴えることも可能です。

ブラック企業がまず行うことが有給休暇を与えないことであるため、求人票を見る際の重要度も高く、必ず有給が使える企業に就職するようにしましょう。

求人票の見方ポイント15:退職金の有無

求人票の見方のポイントに退職金の有無があります。退職金は退職した際に企業側から支払われる報酬のことであり、一般的に勤務年数が長いほど金額も増えます。しかし、退職金の有無や金額は企業の自由であるため、退職金がない場合も多いです。

退職金は次の仕事を探すまでの間の資金源や老後の資金源になるため、退職金がある企業に就職することをおすすめします。

求人票の見方ポイント16:就業場所

求人票の見方のポイントの中に就業場所も重要であるため、就職活動を行う際に勤務先も慎重に選ぶことをおすすめします。就業場所が自宅から離れているとそれだけ通うために時間が必要になります。そのため、できるだけ近場で就職先を見つけるように心がけましょう。

いくら理想的な求人票でも就業場所が離れているのでは通うだけで疲れてしまいます。また、通勤費が支払われないと収入が大幅に減ってしまいます。

人票の見方ポイント17:企業の資本金

求人票に必ず資本金の額が表示されていますが、求人票の見方で最もどのように解釈すればよいのかわからない情報でもあります。多くの人が資本金が大きければ会社が安定しているという考えを持っていますが、正しい解釈の仕方ではありません。

資本金とは会社を立ち上げた際の元手となったお金のことであるため、会社の安定性とは全く関係ありません。

求人票の見方ポイント18:従業員の人数

求人票の見方の中で従業員の人数を把握することがあります。人数を把握することで会社の規模をある程度認識することが可能です。そのため、大企業に就職したい人や中小企業で働きたい人は参考にするべき情報でもあります。

また、従業員の人数とともに性別ごとの人数も表示されているため、男性が多いのか女性が多いのかを働く前から知ることができます。

求人票の見方ポイント19:企業の設立年数

求人票には企業の創立年数が記入されていますが、求人票の見方のポイントでもあります。企業が立ち上げられた年数を把握することでどのくらい歴史がある企業かを知ることが可能です。

一般的に歴史がある企業の方が安定している場合が多く、長く働き続けることが可能な場合もあります。しかし、ブラック企業も含まれていることもあるため、注意が必要です。

新卒と中途では求人票の見方が違う

求人票の見方で新卒と中途では見方が異なることを知っているでしょうか。求人票の見方の違いを知らずに求人票を見るとトラブルの原因にもなるため、必ず把握しておくことをおすすめします。

次に、新卒と中途の求人票の見方の違いをそれぞれ紹介するため、自身がどちらの立場になるのかを把握しておきましょう。

新卒の場合

新卒の求人票の見方は、入社後に研修が行われているかを確認することが大切です。研修を行うことは社員を大切にしている会社であるため、信頼することができます。また、仕事に慣れる時間を短縮でき、自身のスキルアップも行うことが可能です。

研修の有無と期間を確認することで安心して働くことができます。

中途の場合

中途の求人票の見方は、キャリアに応じて給与が増えるかどうかを確認するようにしましょう。中途の場合はすでに経験を積んでいるため、即戦力になることが可能です。しかし、技術と給与のバランスが取れていないと自身のスキルを無駄にしてしまいます。

実績を残すことで給与が増えるかなどの情報は求人情報からは読み取れないこともあるため、ハローワークに直接聞くようにしましょう。

正しい求人票の見方を知って就職に成功しよう

求人票の見方をマスターすれば就職を成功させることができます。就職することは今後長い期間働き続ける可能性があるため、一度の就職活動で理想の職場に就職することが大切です。正しい求人票の見方をマスターして理想の就職先を見つけてみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related