Search

検索したいワードを入力してください

食品業界を目指すための志望動機例10|平均収入ランキングTOP10

初回公開日:2019年05月11日

更新日:2019年05月11日

記載されている内容は2019年05月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

食品業界は、学生や転職を検討している人に人気の業界です。しかし、志望動機が上手く思いつかないという人も多いでしょう。そこで、食品業界の志望動機例を紹介しています。参考にしつつ、自分の言葉で志望動機を書いていきましょう。気になる年収情報もまとめています。

食品業界を目指すための志望動機例10|平均収入ランキングTOP10

食品業界を目指すための志望動機とは?

食品業界を目指すための志望動機は、提供者側の視点に立って考えることが大切です。食べることが好きというだけでは、志望動機としては弱いことが多いです。

さらに食品業界未経験でこの業界に入りたい人は、業界研究をしっかり行って志望動機を考えることが大切と言えるでしょう。自分で思いつかない人は、実際に食品業界で働いている人の話を聞いて考えることもおすすめです。

食品業界の職種と仕事内容4つ

食品業界で志望動機を考える人は、職種と仕事内容を知っておくことが大切です。同じ食品業界であっても、職種によって相応しい志望動機は違います。

まずは、仕事内容をチェックして自分はどの仕事をしたいのかをよく考えましょう。そして、仕事内容の研究をした上で志望動機を考えるととてもスムーズです。自分のやりたいことに近いかどうかを確認することは、就職した後のギャップを少なくすることにも繋がります。

食品業界の職種と仕事内容1:研究

食品業界の職種で人気が高いのが、研究職です。研究は、商品開発に繋がる技術を作り出す重要な仕事です。この仕事は、生物・化学系専攻の大学や大学院を卒業した人が就職することが少なくありません。

ただ多くの人は、食品業界でずっと研究職にいるということは少ないです。成果を残さなければいけないシビアな仕事なので、研究だけでなくてプレゼンテーション能力も必要とされる仕事です。

食品業界の職種と仕事内容2:商品開発

食品業界の職種の中でも広く知られているのが、商品開発です。商品開発は、研究職と一体となって進められることが多く世間のニーズに応える商品を生み出すことを目指しています。

この職種は、採用される人数が少ないことが多いです。志望動機をよく考えておかないと、対応が難しいでしょう。いかに良い品質の商品を安く提供できるかが、ポイントになるシビアな職種の1つです。

食品業界の職種と仕事内容3:商品生産

商品生産は、食品業界で知名度の高い仕事の1つです。工場で実際に商品を作る仕事なので、品質管理や安全対策が必要になります。品質の良くない商品を作ってしまうと、会社の評判にも関わってきます。

さらにこの職種は、現場サポートをすることが多いです。パートやアルバイトの従業員がいる工場では、教育やシフト管理などを行う必要がある場合もあります。志望動機もよく考える必要が、あるでしょう。

食品業界の職種と仕事内容4:営業・販売促進

営業・販売促進は、食品業界で働きたい文系の学生に人気の高い職種です。スーパーや百貨店などに行って自社の商品を販売してもらえるように営業活動を行う仕事です。

さらに販売促進アイテムを作ったり、商品の良さを消費者に分かってもらうように試食販売を行う計画やCMなどで宣伝するための段取りを付けることもあります。人気の職種なので他の志望者と同じような志望動機では、難しいでしょう。

食品業界を目指すための志望動機例10

それでは、食品業界を目指すための志望動機例を10個紹介していきます。志望動機の書き方や考え方に悩む人は、参考にしてみると良いでしょう。ただ、志望動機例を丸ごとそのまま使うことはおすすめできません。

漠然と食品業界に行きたいと考えている人は、どうしてそのように考えているのか過去の体験を棚卸する作業をしましょう。自己分析をしっかりしていると具体的なエピソードと共に志望動機が考えられて良いです。

志望動機例1:食の重要性を意識した内容

食の重要性を意識した内容は、食品業界の志望動機として多い例です。どうしてそう思ったのか具体的に書けると、さらに合格率もアップするでしょう。以下に具体例を紹介していきます。

貴社を志望したのは、人々にとってなくてはならない食を支えていきたいと感じたからです。食は、人を健康に導くだけでなく幸せにします。子供からお年寄りまでを幸せにする仕事を通じて、社会に貢献していきたいです。

志望動機例2:食に関する疑問

食に関する疑問を解消したいという志望動機は、食品業界を目指す人にとっては人気のある理由です。食の安全などに興味がある人は、参考にしてみましょう。具体例を以下に紹介していきます。

この業界を志望したのは、食に関する疑問を解決したいと考えたからです。品質不良の商品や健康を害する商品ではないかということは、消費者にとって最大の疑問です。その疑問に答えられるような職種で働きたいです。

志望動機例3:学生時代に学んだこと

生物や化学系の分野で学んできた理系の学生の志望動機で多いのは、学生時代に学んだことを活かしたいということです。食品業界の研究職などは狭き門なので、志望動機をしっかり考える必要があります。具体例を紹介していきます。

学生時代には、○○について研究してきました。そのため、その研究を活かせる貴社で商品研究や商品開発に勤めていきたいと考えています。学生時代の経験を活かし、最高の商品を世に生み出します。

志望動機例4:どう食品業界に貢献したいか

どう食品業界に貢献したいかは、食品業界を目指すための志望動機として1つは考えておいた方が良いでしょう。面接においても、聞かれる可能性もあります。具体例をチェックしていきましょう。

貴社を志望した理由は、食品業界に貢献したいと考えたからです。新しい食の楽しみ方を提案することで、人々により幸せで健康的な生活を過ごしてもらうことに繋がります。楽しい食事の時間を提供して、さらに業界を盛り上げていきたいです。

志望動機例5:なぜその会社なのか

食品業界を目指すための志望動機として必ず押さえておかないといけないのが、なぜその会社でないとだめなのかです。これは、他の業界を目指す際にも考えておかないといけない志望動機の1つです。具体例を紹介します。

食品業界を目指すにあたって、貴社の○○のような商品を世に生み出したいと考えました。〇〇は、貴社の技術力が結集した主力商品です。○○をさらにパワーアップさせて業界全体を盛り上げていきたいです。

志望動機例6:インターン参加した経験

食品業界を目指すための志望動機では、インターンに参加したことを理由にあげる人も増えてきています。インターンに参加することが前提になってくるので、インターン情報も押さえておきましょう。具体例を紹介します。

食品業界を志望するのは、インターンに参加し現場の様子などを触れる機会があったからです。インターンでの経験は、食の重要性や仕事との向き合い方を学ぶ良いきっかけでした。

志望動機例7:アルバイト経験

アルバイトの経験は、食品業界を目指すための志望動機としては書きやすく面接官からも好評を得ることができるでしょう。書きやすい人も多いので、具体例を参考に自分でも考えていくと良いでしょう。

学生自体に食品業界に関わるアルバイトをしていました。その際に社員の人の食に対する意識の高さや仕事の手際よさに憧れを感じました。自分も人々の食を支えることができるような人材になりたいです。

志望動機例8:世界を舞台に活躍したい

世界を視野に入れた仕事がしたいという志望動機は、食品業界に増えている例です。英語のスキルがある人や留学経験のある人は、具体的なエピソードを交えて考えると良いでしょう。具体例を紹介していきます。

食品業界を志望した理由は、世界の食文化をさらに良くしたいからです。留学先でも貴社の○○と言う商品を愛用している人を見かけました。さらに、他の地域でも○○を普及して世界の人を幸せにしたいです。

志望動機例9:食べることが好き

食べることが好きということは、食品業界の志望動機として多いです。具体的なエピソードと共に紹介すれば、採用する側にとってもわかりやすい志望動機と言えるでしょう。以下に例を紹介していきます。

食べることが好きなので、食品業界を志望します。他の人にも食べることの楽しさを提案して、毎日をもっとハッピーにしてほしいと感じています。企画や営業を通じて、新しい食べ方なども紹介していきたいです。

志望動機例10:安定している

安定しているという志望動機は、食品業界を目指す人が誰しも考えていることです。少子化が進む日本でも、食べないと生きていけないので食品業界の重要性はますます増していくでしょう。以下に例を紹介していきます。

食品業界は、今後少子化が進んでも人々が必ず必要とする分野です。そのため、ニーズが高く強い安全性が求められます。食品業界に入社して、人々の生活を支えていきたいです。

食品業界平均収入ランキングTOP10

食品業界を志望する人にとっては、その会社の平均年収も気になる所です。食品業界と言っても色々な分野の企業があります。どの企業にするかという判断に、平均年収を重要視すことも良いでしょう。

どの企業が良いか決まったら、どうしてその企業が良いのかを志望動機として考える必要があります。年収が良いからと言う志望動機は、採用されにくいでしょう。志望動機は、他の理由で考えた方が良いです。

食品業界平均収入ランキングTOP10:江崎グリコ

江崎グリコの平均年収は、813万円と言われています。、大阪府大阪市に本社があり、道頓堀の大きな広告は大阪のシンボルと言える存在です。チョコレート、スナック菓子の他、乳製品やレトルト食品も手掛けています。

この企業は、ポッキー、プリッツと言った広く認知されている商品も多いです。さらに創業95年を超える老舗メーカーです。インターンなども行っているので、チェックしましょう。

食品業界平均収入ランキングTOP9:日本ハム

日本ハムの平均年収は、825万円です。北海道日本ハムファイターズの親会社であるなど、スポーツファンからも馴染みの高い食品メーカーです。ハムやソーセージが主力商品で、業界での有数の売上高を誇ります。

この食品メーカーでは、1985年3月から販売しているシャウエッセンが超ロングセラーになっています。この企業に入社したい人は、スーパーなどでどのようにシャウエッセンが販売されているのかも気にしましょう。

食品業界平均収入ランキングTOP8:日清製粉グループ本社

日清製粉グループ本社の平均年収は、869万円です。ただこの企業は、日清製粉グループの持株会社です。そのため、実際に入社する人の多くは、小麦関連製品製造でお馴染みの日清製粉などのグループ会社に入ることが多いでしょう。

この会社は、創業は明治33年という歴史があります。さらに国内の小麦事業のシェアは、圧倒的です。小麦を研究していた学生の多くが目指す企業と言えるでしょう。

食品業界平均収入ランキングTOP7:サッポロホールディングス

サッポロホールディングスの平均年収は、890万円です。ただこの企業も持ち株会社なので、傘下のビールメーカーのサッポロビールやポッカサッポロフード&ビバレッジに就職することが多いでしょう。

この企業は、グローバル展開もしています。そのため、世界を股にかけて活躍したいという人からも人気があります。主力商品のサッポロビールは、多くのお店で提供されていて営業網も確立されています。

食品業界平均収入ランキングTOP6:日本たばこ産業

日本たばこ産業の平均年収は、891万円です。加工食品などを多く手掛けていて、冷凍食品などは知名度が高いです。ただ、食品以外の事業も行っている会社です、そのため、食品以外の仕事には興味が無いという人は確認が必要です。

日本たばこ産業は、テーブルマーク商品やケイエス冷凍食品の株主企業として事業を行っています。

食品業界平均収入ランキングTOP5:味の素

味の素の平均年収は、923万円です。L-グルタミン酸ナトリウムがメインで入っている味の素と言う調味料は、日本だけでなく世界でも愛されています。

この企業は、アミノ酸を使った商品を多く展開しています。最近では、食品だけでなく、化粧品の分野にも進出しています。

食品業界平均収入ランキングTOP4:明治ホールディングス

明治ホールディングスは、946万円の平均年収です。しかし、この会社は持ち株会社で、傘下の食品メーカーの明治で食品に関する仕事ができるでしょう。

創業は、100年を超える会社です。赤がイメージカラーで、一般消費者からはチョコレートが有名です。

食品業界平均収入ランキングTOP3:サントリー食品インターナショナル

サントリー食品インターナショナルの平均年収は、982万円です。ソフトドリンク事業がメインの企業で、伊右衛門やペプシコーラなど人気商品が多いです。飲料に興味のある人は、チェックしておくべき企業です。

さらに、関連会社にはサントリーホールディングスがあります。

食品業界平均収入ランキングTOP2:キリンホールディングス

キリンホールディングスの平均年収は、1,013万円です。ただ、この企業もキリングループの純粋持株会なので注意しましょう。キリンホールディングス連結従業員数は、約3万人です。

主力子会社は、ビールなどを製造している麒麟麦酒株式会社です。

食品業界平均収入ランキングTOP1:アサヒグループホールディングス

アサヒグループホールディングスは、1,025万円です。ただこの会社もアサヒビール、アサヒ飲料、アサヒグループ食品の持ち株会社です。総合食品メーカーなので、色々なことを経験したいと考えている人に人気があります。

主な商品は、アサヒスーパードライやカルピスなどです。

完成度の高い志望動機で人気の食品業界を目指そう!

食品業界は、人気が高いので志望動機をしっかり考えることが大切です。年収なども気にしつつ、自分が何をしたいのかをしっかり考えると良いでしょう。

食に関する思い出や経験は、誰しもが持っています。上手く志望動機と結び付けて、面接官が意欲の感じられる内容にまとめていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related