Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月25日

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選

履歴書にはメールアドレスは書いた方が良いのでしょうか。履歴書におけるメールアドレスの書き方についてご紹介していきます。メールアドレス以外にも、履歴書を書く時に気をつけた方が良い事や、おすすめの転職サイト12選をご紹介します。

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選

履歴書の書き方とコツ

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
履歴書を書く時、みなさんはいったいどのようなことに注意して書いていますか。誰もが1つは持っているメールアドレスを、連絡手段として履歴書に書くかどうかや、書く時にはいったいどのように書いたらいいのかをご紹介していきます。

メールアドレスは、現在とてもメジャーな連絡手段となっていますが、履歴書にも各必要があるのかを悩んでいる方はぜひご覧ください。

学歴の正しい書き方とポイント

まずは履歴書の学歴の正しい書き方とポイントについてをご紹介していきましょう。履歴書に書く学歴は、小学校の卒業からです。

履歴書の1番始めに県立か私立かなども書いたうえで「◯◯小学校卒業」と書き始めましょう。海外の小学校を卒業した場合には、国の名前を書いておくとスムースに理解してもらえます。ぜひ参考にしてください。

職歴の正しい書き方とポイント

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
職歴は、派遣で1日しか言った事の無い仕事を除いて、全ての職歴を記載すると良いでしょう。しかし、スペースに余裕があったり今回チャレンジする職種が、1日だけでも経験がある職種であった場合には、書いた方が有利です。

履歴書とは別の紙にまとめるのも良い手段ですので、形式にとらわれずに正しいいつわりの無い職歴を伝えましょう。

賞罰の正しい書き方とポイント

受賞の経歴や処罰を受けた経歴についてを記載するスペースとされていますが、現在ではほとんどの履歴書に「賞罰」の欄は作られていませんので、一般的な項目とはいいがたいです。

賞罰を書かなくてはいけない場合は、賞の授与元や処罰の正しい正式名称を記載するようにしなくてはいけません。また、質問をされた時にどのような経緯で、受けたのかが説明できるようにしましょう。

履歴書におけるメールアドレスの書き方

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
履歴書の基本的な書き方について学んだところで、履歴書におけるメールアドレスの書き方について詳しくご紹介していきましょう。そもそも履歴書にメールアドレスは書くべきなのかや、履歴書にメールアドレスを書くときの理想について知りたい方はぜひご覧ください。

身近な存在であるメールアドレスの、履歴書での取り扱いについて勉強します。

履歴書にメールアドレスは書くべき?

履歴書にメールアドレスは書くべきなのか、悩む方が多いでしょう。履歴書にメールアドレスは書くべきです。

電話で合否や連絡を受ける事が1番良いとされていますが、メールアドレスも現代社会では立派な連絡手段として確立されています。電話番号を間違えて記載した場合や、何度も繋がらない場合などを想定してメールアドレスを記載しましょう。

携帯電話会社のキャリアメールアドレスでもOK?

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
それでは、履歴書に書くメールアドレスは携帯電話のキャリアアドレスでも良いのでしょうか。履歴書に書くメールアドレスは携帯電話のキャリアアドレスでもかまいません。

しかしいくつか、知っておいた方が良い事や気をつけた方が良い事がありますので、履歴書に書けるメールアドレスが、携帯電話のキャリアアドレスしか無い方は最後までご覧ください。

アドレス名は自分の名前を使うのがベスト

携帯電話のキャリアアドレスを、連絡手段のメールアドレスとして履歴書に書くのは問題ありませんが、できることならアドレス名は自分の名前を使いましょう。日本ではビジネスの場で主に名前のメールアドレスを使用します。

海外ではプライベートでも名前のメールアドレスを頻繁に使いますが、日本ではオフィシャルやビジネスのシーンで使うので、印象がいいです。

長期間使えるようなメールアドレスを書く

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
一時的に開設したメールアドレスではなくて、半永久的に使うことができるメールアドレスを履歴書には書くと良いでしょう。

一時的なアドレスだと、なかなかチェックをしなくなってしまったり、パスワードを忘れがちになってしまうので、ビジネスの連絡をするためのメールアドレスとしては向いていません。長期的な目で作りましょう。

現職のメールアドレスを使うのはNG

退職のスケジュールがあったとしても、現職のメールアドレスを使うのはやめてください。

取り引き先とのやり取りや、会社内部でのやり取りに使用するためのメールアドレスで転職のやり取りをしてしまうと、さまざまな問題があります。円満に退職をするためにも、しっかりと履歴書に書くメールアドレスは分けておきましょう。

就職活動では大学で付与されるメールアドレスでもOK

就職活動のときに履歴書に記載するメールアドレスは、大学で付与されるメールアドレスでも大丈夫です。

大学生としてのオフィシャルなメールアドレスなので、イメージも良いです。また、管理も徹底しやすいことが多いので、使っている就職活動生も安心して使えるでしょう。しかしできることなら氏名が入っているメールアドレスが適しています。

履歴書が必要なタイミングとは

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
履歴書は面接に申し込む時に必要です。ほとんどの場合、1次試験とされる「書類選考」で履歴書を使用します。そのため就職活動や転職活動のときに、企業に向けて1番最初に送る手段が履歴書です。

顔を合わせる前なので、字や経歴からイメージをされてしまいます。丁寧に書くことはもちろんですが、嘘偽りなく書くことも大切です。

おすすめの転職エージェント12選

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
それでは、ここで信頼できる転職エージェントをたくさんご紹介していきましょう。

転職はとても孤独です。ほとんどの転職希望者のみなさんは、現職では相談できる人がいなくて、友達や家族にも言いにくいということがあるでしょう。そんなとき、頼りになるのが転職エージェントです。

優良サイトばかりなので、検索してみてください。

1:doda

テレビコマーシャルでも人気のdodaは、さまざまな転職活動に適した分かりやすいサイトとなっています。

たくさんある業種や職種のなかから、自分の好みに合わせた立地や条件の企業を探す事ができるようになっていますので、ぜひ転職エージェントの利用が初めてだという方も気軽に検索をしてみてください。分かりやすいサイトです。

2:リクルートエージェント

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
現在の年収や、転職の希望時期などを具体的に答えることによって、かなり的確な転職求人情報を見つけることができます。

転職実績ナンバーワンなので、安心感があるのではないでしょうか。大手の転職エージェントサイトらしく、豊富な職種が閲覧することができます。まず、どのような転職情報があるのかを知りたい人は、検索してみましょう。

3:Spring転職エージェント

登録制と言う一手間かかる転職エージェントサイトなので、さらに専門的で詳しい転職求人情報が掲載されています。

勤務地も職種もかなり豊富に用意されていますので、IターンやUターンを検討している方々にもおすすめできます。この土地にはいったいどのような仕事があるか、を知りたいときなどに活用すると良いのではないでしょうか。

4:ビズリーチ

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
海外の求人情報などが豊富に特集されることで有名なビズリーチは、ハイクラス求人に向けてサイトが作られています。

もしも「もっとキャリアアップしたい」とか「海外で務めたい」と具体的におもっているのであれば、ビズリーチを利用すると良いでしょう。かなり、転職活動に参考になるような求人が載せられていますので、閲覧だけでもおすすめです。

5:キャリアカーバー

ハイクラス求人専門のヘッドハンターたちに、転職の希望を相談することができます。完全にハイクラスの求人をうたっているので、高学歴や、資格などに自信がある方におすすめです。

今後もキャリアアップをしていきたいとか、希望も志も高い方は、かなりマッチングしやすいと言えるでしょう。ぜひキャリアアップに検討してみてください。

6:MSJapan

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
年収限定求人や、50代以上の転職求人、また職種指定の求人情報などを紹介している転職エージェントサイトです。

「こんな条件難しいかな」と悩んでいるけれど、簡単にはゆずることができない方は、ぜひ諦めずにこのサイトをご覧ください。おもっているよりも望んでいる条件が満たされる求人情報が見つけられることでしょう。

7:JACリクルートメント

高い年収を諦めたくない方は、ぜひ利用をおすすめする求人情報サイトです。

かなり具体的に年収の指定がしてあるので、しっかりとビジョンがあって転職がしたい方にはメリットを感じるサイトの作りになっています。専門職に強いハイクラス求人サイトだとおもって登録をすると良いでしょう。

8:クライスカンパニー

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
国家資格保有者による圧倒的なサポート体制に定評があって、かなりハイクラスの求人情報が集まっている老舗の求人情報サイトです。

転職前からハイクラスな職場で働いていたと言う方も、さらにキャリアアップを目指せますし、転職を良いチャンスとして大きな仕事に飛び込みたいと言う方も満足できる情報が見つけられるでしょう。

9:ロバートウォルターズ

外資系の企業に転職を考えているのであれば、ぜひロバートウォルターズを活用してみてください。

外資系に強い、求人情報サイトはいくつかありますが、たいへん信頼があるロバートウォルターズは人気がたかいです。英語に自信があったり、他の言語でもネイティヴさが際立つのであればぜひチャレンジする価値があるでしょう。

10:リクナビNEXT

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
第二新卒や女性向けの転職求人情報が、勤務地や業種で詳しく調べることができます。

転職活動をするのに比較的不利だと言われている、まだ職歴や経験が無い若い世代も、かなりの高確立で希望にマッチングする求人情報が見つけられるでしょう。

11:リブズキャリア

女性向けのキャリア転職求人情報サイトです。女性たちが日々の生活と仕事のキャリアを両立できるように、しっかりと見極めて働けるようにサポートしてくれます。

有名企業が多いので、勤務地も多く、満足できる求人情報が見つけられることでしょう。女性だから、という理由で仕事に悩んでいた方はぜひ利用してみてください。

12:パーソルキャリア

さまざまな求人形態のサポートをしており、幅広い転職求人を見つけることができるでしょう。

転職をチャンスと捉えてサポートしてくれるので、とっても転職をしやすいと感じるでしょう。求人情報だけではなくて世代に合わせた情報の提供事業なども行なっているので、かなり参考になるでしょう。ぜひ検索してみてください。

しっかりと履歴書を作成しキャリア形成に役立てましょう

履歴書におけるメールアドレスの書き方|おすすめ転職エージェント12選
いかがでしたでしょうか。履歴書におけるメールアドレスの書き方についてご紹介してきましたが、おすすめの転職エージェントと共に参考になったでしょうか。

履歴書は面接のまえに印象を決める大切な転職での道具です。ぜひ上手にメールアドレスを記載して印象を良くしていきましょう。履歴書1枚で転職が変わっていきます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related