Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月08日

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方

就職活動中の人が知りたいのは書類選考を通過するには、どのような書き方をすればいいのかということでしょう。書類選考のための履歴書の書き方などを参考にしてみてはいかがでしょうか。書類選考に選ばれるためのポイントをまとめて紹介します。

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方

書類選考の期間と結果連絡

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方
応募した場合の書類選考期間は平均で4日程度となっています。4日以上かかるケースを含めてもおよそ9割は9日以内に書類選考が終わっているます。

結果連絡の方法は応募先企業や利用した求人情報サービスによって異なります。応募する前に連絡方法について確認しておくと安心です。

書類選考から回答までの具体的な期間は求人情報に記載されている場合があるので求人情報の「応募方法」や「採用までの流れ」などを確認しましょう。

期間の目安

一般的な書類選考の期間 通常は2週間程度で10営業日で回答を出すことが多いです。ただし企業側の社内ルールや担当者の業務の忙しさなどで選考期間が変わってきます。

2週間を超えても全く連絡がない場合は問いあわせてみても良いでしょう。不採用時は1か月くらい連絡がこない場合や、企業によっては連絡をしない企業もあります。

応募前にどれくらいで連絡がもらえるのかまた不採用時には連絡がくるのか確認しておくと安心です。

結果連絡方法

書類選考合格の場合は、次回の選考の案内や意思確認を兼ねて、電話かメールで通知する企業が多い傾向があります。

不合格の場合はメールや書面での連絡が一般的です。不合格の場合には連絡を行わない企業もあるため、事前に求人情報や募集要項を確認しておきましょう。

連絡がなかった時の問い合わせ方法

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方
合否連絡が遅くなっているということは採用担当者が忙しい可能性があるのでメールで要件をまとめて問い合わせた方が無難でしょう。今すぐにでも状況を知りたい場合は始業時間帯と昼休憩の時間帯を避けて、営業時間内に電話で問い合わせてみてください。

メールは返信待ちの時間もかかってしまうので状況を把握するには電話の方が早いです。問い合わせる場合は丁寧で誠実な対応を心がけて、企業に悪い印象を与えないようにしましょう。

問い合わせ例文

件名:
選考結果についてのご質問(自分の名前)

本文:
株式会社○○
○○部 採用担当 □□様
お世話になっております。
○○大学○○学部 ××です。

先日はお忙しい中、面接にお時間を割いていただき誠にありがとうございました。
急かしてしまうようで大変恐縮なのですが、〇月〇日に受けさせて頂いた面接の合否について、何日頃にご連絡をいただけるか教えていただくことは可能でしょうか。
選考より10日経ちましたので、申し訳ないのですが教えていただきたく存じます。
お忙しい中大変恐縮ではありますが、ご返信いただけますと幸いです。
以上、何卒よろしくお願いいたします。
署名

書類選考を通過するための必要な書類と書き方

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方
履歴書はまずフォーマットに則って見やすく丁寧に書くことを心掛けましょう。各項目を記載した上で志望動機や自己PR欄で意欲などをアピールします。

書き方が書類選考に影響するケースとしては、ビジネスパーソンとしての常識を疑うようなマナー違反があった場合です。募集内容とキャリアがマッチしていてもマナー違反が原因で書類選考を通過できないのは非常に残念です。

書き方の解説記事を参考に丁寧に履歴書を作成しましょう。

1:送付状

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方
ビジネスはさまざまな立場の人や組織とかかわることから、取引を気持ちよく進めるため折々で相手への気配りやマナーが求められます。

採用基準は企業によるので中には送付状の有無を気にしない企業もありますが、皆さんが臨むのは社会人経験者を対象とした中途採用の書類選考です。

企業に応募書類を郵送する時は、すべてのケースに備えあいさつ代わりの送付状を必ず付けましょう。

送付状とは

履歴書を面接当日などに持参し手渡しする場合送付状は不要です。送付状は応募書類を送付する時に同封する書面であり対面で行うあいさつの代わりとして用いられます。

応募書類を提出させていただきます、と一言添えて渡しましょう。クリアファイル、封筒に入れて持参すること。郵送しないため封筒に住所を書く必要はありませんが、氏名と応募書類在中、履歴書のみの場合は、履歴書在中と記載しておくと良いでしょう。

送付状の書き方・作成のポイント

職務経歴書と同じ大きさにそろえると採用担当者が扱いやすいです。本編に添えるものなので文章は1枚に収める。ビジネス文書なので横書きでパソコンで作成するのが一般的です。

送付状は面識のない採用担当者に送るあいさつ代わりのビジネス文書ですので、相手への礼儀として「です」「ます」調にします。

不適切な言葉遣いや誤字脱字がないか必ず読み直しをする。「誰から誰に」「何の書類をどのくらい」「何のために」送ったのかを書きます。

送付状のテンプレ

送付状を自分のフォーマットで作成しなくてはいけない場合に、何を参考にしたらいいか困ることもあります。文書を送付する際には、文書だけを送るのではなく、一枚目に送付状を添付して送るのがビジネスとしての常識です。

募集職種や企業が求めている経験・人物像、自身の経歴・アピールポイントに合わせて文面を変更してご使用ください。

2:履歴書

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方
職務経歴書の目的は、履歴書に記載しない、より詳細な職務経歴を企業にアピールすることです。採用担当者にあなたを理解してもらうための、またとないツールと心得ましょう。

一般的にはA4の白い用紙をタテに使用し、ひと目で内容が確認できるように1枚にまとめるのがよいでしょう。情報量が多い場合も、読みづらくならないよう2枚以内に収めましょう。

記入方法としてはキャリア形式と編年体形式の2種類があります。

様式・用紙の選び方

企業側からの指定がない限り、市販されているものを使用するのが一般的です。種類はさまざまで用紙にはそれぞれ特徴があります。JIS規格のものだと学歴・職歴欄のボリュームが大きく、自己PR欄のボリュームは少なくなっています。

実務経験が浅いと書くことが少なくなるため余白が増え、自己アピールが不充分になってしまいます。それぞれの特徴と自分の特徴を照らし合わせて、最適なものを選ぶとよいでしょう。

志望動機

書類選考で志望動機を書く上で応募企業が求めている人材を理解して記入しているか過去の職務経歴を応募企業の職務で生かせることが伝わる内容になっているかです。入社したい意欲が感じられる内容になっているか応募企業で達成できる内容になっているかを書きます。

自己PRを交えて応募企業で貢献できることを具体的に記入しましょう。自分の希望や要望のみにならないように自分の言葉で思いを伝えることが大切です。

証明写真で好印象を与える

書類選考で好印象を与える証明写真の髪型で最も求められるのが「清潔感」と言って良いでしょう。清潔感を印象付けるための第一のポイントと言えば「整っている」ことです。

前髪が目にかかっている顔写真は、本人が気にならなかったとしても見ている側には重たい印象に感じられます。男性・女性ともに前髪が長い場合は分け、目だけでなくできるだけ眉毛にも前髪がかからないように留意しましょう。

3:職務経歴書

職務経歴書とは、書類選考において業務経験とスキルを確認するための書類です。応募者がこれまでにどのような仕事に携わりどのような経験や技能を持ちそれをどう活かすことができるかを採用担当者に伝えます。

用紙2枚程度にまとめるのが一般的です。職務経歴書を書く際企業側からみて採用したいと思えるかどうかを考えることが重要です。


入社を希望する企業、職種の要素で分析しどのような人が活躍できるか想像してみましょう。

今までのキャリアの棚卸

書類選考ではキャリアを棚卸するためのフォームとしては、最もポピュラーなものとして職務経歴書があります。転職はもちろん、独立してから例えば契約講師としてエントリーする際にも職務経歴書は必須のアイテムであり、いわばキャリアのパスポートとも言える存在です。

パスポートなしでは海外旅行に行けないように、職務経歴書なしでは新しいキャリアを創造することができないと言っていいくらい重要なアイテムです。

応募企業が求めてる要件と自分のキャリアのすり合わせ

書類選考では求められている要件に対してアピールできる材料を、職務経歴書のプロトタイプから抜粋しながら整理してください。さらに応募先企業でどんな仕事をしたいかを、その理由と共にまとめておくと、志望動機を書く際にも役立ちます。

能力や仕事に対する姿勢などでPRしたいポイントを書きだしておくと、それが自己PR文の骨子となります。

こうして、職務経歴書に盛り込む内容のアウトラインを決めていきます。

職務経歴書のテンプレ

転職活動を行う際、最初の関門となってくるのが「書類選考」です。この難関を通過しなくては面接官に自分自身をアピールする機会は巡ってきません。

採用担当者に「ぜひ会って話をきいてみたい」と思わせるためにも、まずは職務経歴書の雛形を作りましょう。そのうえで、求人票から読み解いたアピール箇所を工夫することで、採用へと近づく職務経歴書を作ることができます。

書類選考が通らない人がやるべき3つのこと

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方
書類選考に限らず、就活でうまく行かない人に共通する要素として振り返りをしないという点が挙げられます。自分が選考から漏れてしまったのか、どんな点が足りなかったのかを内省しないまま、選考を続けても結果は変わらないでしょう。

書類選考では書類作成におけるマナー、自己分析、企業分析とそれぞれの課題に気づけたのではないでしょうか。見直すべき3つの視点についてお伝えします。

応募企業を意識した書き方になってるか

書類選考のなかでは大手企業の人事は1日に数百枚のESや履歴書に目を通すと言われています。1つの書類にかけられる時間は場合によってはほんのわずか。誤字脱字やまとまりのない文章はそれだけでマイナスの印象を与えてしまうでしょう。

簡潔で無駄のない文章構成を徹底することです。その上でキャッチーな言葉で自身をアピールしたり、数値を用いて定量的に成果を示したりする工夫があるとより伝わる書類に仕上がるはずです。

自己PRが過去と紐づいてるか

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方
書類選考の中で自己PRや長所と短所に一貫性がなかったり、根拠となるエピソードが明記されていない書類は評価されにくいでしょう。応募者が前職でどのような仕事に注力し、どんな経験を積んできたかを測る指標がありません。

自身の特性と過去の経験を紐づけるために必要なのが自己分析、過去に起こった事実を洗いざらい書き出しそれぞれを深堀りすることで、具体性のあるエピソードに基づいた人となりをアピールできます。

仕事内容の適性と将来性がアピールできてるか

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方
人事は書類選考の中で、任せる仕事への適性があるか学生の将来のビジョンと会社の方向性が一致しているかを注視しています。自身の特長が仕事に活かせることと、自分の将来やりたいことが実現できると伝えるには、その企業の仕事内容や事業内容についての理解が必要になるでしょう。‌

その会社の未来を描き、そこでの活躍をイメージできるか、そこに自身の特長が発揮できるかを早急に確認してみてください。

面接に繋げるために書類の書き方に気を付けよう

書類選考を通過できるために必要な書類3つの書き方
履歴書は、書類選考を行う上で会社と応募者をつなぐ最初の大切な書類ですから、読む人のことを考えて、基本的なマナーを守りながら、見やすくオリジナリティーのあるものに仕上げることが大切です。

多くの企業の採用担当者と関係を築き、転職希望者を支援してきたプロの意見を活用しない手はありません。完成度を高め、書類選考を通過できる履歴書をともに作り上げましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related