Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント

職務経歴書を知っていますか。履歴書との違いがわからないという方は多いでしょう。ここでは履歴書と職務経歴書の違いと、職務経歴書に書く自己PRの書き方についてみていきます。また職務経歴書の自己PRの書き方のコツや注意点についてもご紹介します。

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント

職務経歴書とは?履歴書との違い

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
職務経歴書を知っていますか。職務経歴書とは中途採用のときには提出を求められる書類ですが、履歴書と何が違うのかわからないという方は多いでしょう。ここでは職務経歴書とは何か、また職務経歴書と履歴書の違いについてご紹介します。

職務経歴書とは

職務経歴書とは、その人がそれまでに経験した業務経験や入社後に仕事に活かせるであろう知識やスキルをA4サイズの紙1~2枚にまとめたものになります。履歴書にも学歴のほかに職歴を書く欄がありますが書く内容は行数も少なく限られています。

中途採用の場合にはそれまでの職歴を履歴書では書ききれない方も多いことから、詳細な職歴やスキルなどを書くというのが職務経歴書の役割になります。

履歴書とは

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
履歴書とは氏名や連絡先や写真、プロフィールと学歴や職歴を書いた書類です。新卒でも中途採用でも採用試験で履歴書は必ず提出します。履歴書はおもに応募者の学歴や職歴やプロフィールを確認できる書類で採用試験では有用な書類ですが、それだけでは職務経験を十分に書くことができない場合があります。

そのため、履歴書は主な略歴を、職務経歴書には詳細な職歴を記述するというように役割が違っています。

職務経歴書に記載する自己PR作成の3つのポイント

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
履歴書と職務経歴書の違いがわかりましたが、職務経歴書を記載するにあたり、自己PRはとても重要になってきます。ここでは、職務経歴書に記載する自己PR作成における3つのポイントについてご説明します。これから中途採用に向けて職務経歴書を書く方は、ぜひ以下のポイントについて意識してみてください。

1:履歴書と職務経歴書の自己PRは同じでいいのか

履歴書と職務経歴書は似ているようで役割が違います。では、自己PRについては全く同じ内容で良いのでしょうか。ここでは履歴書と職務経歴書の自己PRを書く場合の注意点をみてきます。

内容は同じにする

履歴書と職務経歴書の自己PRの内容は同じにします。といっても、全く同じ文章ではなく内容的に同じにするということです。例えば、履歴書の自己PRに明るく前向きだという内容を書いて職務経歴書では仕事に対して細かく厳しい面があると書いてはあなたが何を強調したいのか企業側に伝わりにくいです。

履歴書と職務経歴書の自己PRは同じ内容のことを違う言葉で表す、または職務経歴書の方が詳しい内容で書くようにしましょう。

履歴書では要点を職務経歴書ではその詳細を書く

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
前述の内容にもありますように履歴書と職務経歴書の自己PRは内容的には同じものを書きます。しかし、履歴書は書類のボリューム的に書く文章量が限られますから要点を書くようにして、職務経歴書にはその内容を詳細に書くようにします。

職務経歴書では、履歴書にある内容と同じだけれど、より詳細な部分が企業側に伝わるように書きましょう。間違っても、全く同じ文章を書くことはやめましょう。

2:職務経歴書の自己PRを書くコツ

履歴書と職務経歴書の違いについてわかりましたが、では職務経歴書の自己PRを書く場合には、どういった点に気を付ければ良いのでしょうか。ここでは職務経歴書の自己PRを書くコツについてご説明します。

読みやすいボリューム・行間で

職務経歴書の自己PRは読みやすいボリュームで、また行間をあけて採用担当者が見やすいように書きます。いくらすばらしい内容の自己PRを書いたとしても、細かい汚い字で書かれていては読みにくく、結局は読んでもらえない可能性があります。職務経歴書の自己PRを書く場合には読み手が受け入れやすいように、読み手のことを第一に考えて書くようにしましょう。

応募企業が求める人物像を意識する

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
職務経歴書の自己PRを書く場合は応募企業がどういった人を求めているのか考え、その企業が求める人物像を意識しましょう。各企業によって求める人物像は違ってきます。自分が応募した企業がどんな人物像を求めているか、またそれに沿った自己PRになっているかをよく考えて書くようにします。

応募先企業ごとに異なる自己PRを記載

職務経歴書の自己PRを書く場合にはどの企業へも同じ自己PRを書くのではなく、応募した企業ごとその求める人物像に沿った違う内容の自己PRを書くようにします。履歴書や職務経歴書を書いていると、応募する企業分の書類をまとめて同じく書く人がいるでしょうが、それでは企業側が求める人物像から離れている可能性が高いです。

職務経歴書の自己PRでは応募企業がどういった人物を求めているかを意識して書くことが重要です。

書く順番に気をつける

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
職務経歴書の自己PRを書く場合には、書く順番にも気を付ける必要があります。何も考えず思いつくままに自己PRを書いていては、読み手に伝わりにくい自己PRになります。

最初は企業に合わせた自分のアピールポイント(結論)を、次にアピールした内容の裏付けエピソード(経験)を、最後にそのアピールを活かしその企業にどう貢献していくか意気込みを書くようにします。

3:避けたほうがいい自己PR

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
職務経歴書の自己PRを書く場合には、何を書いても良いわけではなく避けたほうがいい内容もあります。ここでは職務経歴書の自己PRを書く場合に避けるべき内容をご紹介します。

アピールポイントが多い

職務経歴書の自己PRでは複数の自己アピールポイントを盛りこまないようにします。アピールしたい部分が多数あるからと盛りだくさんにアピールポイントを書くと、読み手には何が最もアピールできるのかが伝わりにくくなり、かえって印象が薄くなってしまいます。

その企業に最もマッチする自己アピールポイントを掘り下げて自己PRを書くようにしましょう。そのためにも、応募企業の研究はしっかりと行うと良いでしょう。

根拠がない

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
職務経歴書の自己PRを書く場合には、根拠のない内容は書かないようにしましょう。例えば、リーダーシップがあると書いているのに、その内容の根拠づけが全くない自己PRでは採用担当者にその内容が本当かが伝わりません。採用担当者は初対面の方ですので、きちんと根拠のある内容で自己PRを書くようにしましょう。

自信過剰

職務経歴書の自己PRを書く場合には、自信過剰にならないように気を付けましょう。何の根拠もないのに、仕事ができる、責任感が強いなど企業受けすることをただ並べ立てても、ただの自信過剰な人と採用担当者には映ってしまいます。

自己PRは自分を企業側にアピールするための場所ですが、自信過剰な表現は逆に相手に不信感を与えてしまう可能性があることをおぼえておきましょう。

長すぎる・短すぎる

職務経歴書の自己PRを書く場合には、長すぎたり短すぎたりする文章にならないように気を付けましょう。前述にもありますように、程よいボリュームの文章が読み手に読みやすく印象が良い自己PRになります。

変に長い文章では採用担当者も読むことが苦痛になり最後まで読んでもらえないこともあり得ますし、また短すぎる場合には根拠がきちんと書かれていない自己PRとなっている可能性が高いです。

職務経歴書に記載する自己PR例

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
ここまで職務経歴書の自己PRには何を書くか、また職務経歴書の自己PRを書く場合の注意点や書くコツなどをみてきました。ここでは職務経歴書に記載する自己PRの例文をいろいろなパターンでご紹介します。

リーダーシップ

わたしの長所はリーダーシップです。所属チームの仕事が円滑に進むように導いています。また会社の目標達成にむかい、いま何をすべきかを実践する行動力があります。わたしは前職でプロジェクトリーダーを担い、何が問題か、それを解決するには何が必要かをメンバーと話し合って仕事を進めました。

リーダーシップをとる人次第で仕事の成績は変わります。わたしはこのリーダーシップを発揮し、貴社に貢献したいと考えております。

計画性

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
わたしの強みは計画性があることです。前職において複数の業務を担当し優先順位をつけて計画的に仕事を進めていました。おかげで、常に納期には仕事が終わりお客さまにご迷惑をかけたことは一度もありません。

また自分が手がけた書類はいつも前倒しで他部署に配布することから、「いつも早い対応で助かる」と声をかけられて、仕事における計画性の大切さを実感しています。わたしはこの計画性で貴社に貢献したいと考えております。

行動力

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
わたしの強みは行動力です。つねに自分ができることを探し、何かに貢献できないかと行動しています。前職ではあるプロジェクトで問題が発生しお客さまにご迷惑がかかる状態になりました。そこで、わたしはすぐにお客様のところに行って被害が最小限にとどまるように行動しました。

また、今回の問題を本部や関連部署にいち早く伝えるように努力しました。わたしはこの行動力により貴社に貢献したいと考えております。

コミュニケーション力

わたしの強みはコミュニケーション力です。前職では飲食店の案内係をしておりましたが、お客様からよく声をかけていただき常連のお客様を増やすことができました。

わたしはつねにお客様が心地よく過ごしていただけるようあたたかい接客を心がけており、またお客様と交流できることも楽しく、よりコミュニケーション能力を高めていきたいと考えております。わたしはこのコミュニケーション力で貴社に貢献したいと考えております。

協調性

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
わたしの強みは協調性です。家電販売をしていた際にお客様から自分の担当外の商品について質問されました。そのような場合も、すぐに担当スタッフに連絡し、お客様を待たせずにスムーズに案内することができました。

お客さまへの心地よい接客は、スタッフ同士の協調性もとても大事だと考えます。わたしはこの協調性を強みとして、貴社の売り上げに貢献したいと考えております。

積極性

わたしの強みは積極性です。仕事における問題はすべて自分の問題だと考えて、積極的に対処しております。前職では保育士をしておりましたが、保育園における行事においてはいつも積極的に参加し、準備などを率先して行いました。

また問題が発生したときには意見を積極的に交わして問題解決に向けて行動しました。わたしはこの積極性を強みとして、貴社に貢献したいと考えております。

主体性

わたしの強みは主体性をもち行動することです。百貨店販売担当をしていたときにお客様がお疲れのようでしたので椅子に座ることをすすめ、そこに時間つぶしのカタログをお渡ししました。すると、そのお客様がカタログの商品を非常に気に入りお買い上げいただきました。

このお客さまにはいまでも定期的にその商品を購入していただいています。わたしはこの主体性をもち行動する力をもって貴社に貢献していきたいと考えております。

自己PR作成ポイントを押さえた職務経歴書を作成しましょう

職務経歴書とは?履歴書との違い|自己PR作成の3つのポイント
いかがでしたか。職務経歴書の自己PRは履歴書の自己PRとはボリュームが違って詳細部分まで書くと良いということがわかっていただけたでしょう。履歴書の自己PRも中途採用ではとても重要ですが、より詳細な根拠や経験を書くのは職務経歴書の自己PRとなります。

職務経歴書の自己PRを書く場合には、何に注意して書けば良いかをよく考えて、応募企業の求める人物像に添った内容となるようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related