Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選

今回は「デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選」と題して、「デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント」を取り上げ、その際に役立つ職務経歴書作成ツールを5選の形でご紹介します。ぜひご参考下さい。

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選

デザイナーとは?

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
デザイナーというのは職種によっていろいろ変わりますが、主に「ファッションデザイナー」「プロダクトデザイナー」「Webデザイナー」「グラフィックデザイナー」など、現代でも多分野の職種においてそれぞれの用途を持たされています。

この中でも「デザイナー」と聞いて連想されやすいのは「ファッションデザイナー」と「Webデザイナー」で、最近では「Webデザイナー」がその主流を占めてきました。

デザイナーの種類

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
先述でご紹介しましたように、「デザイナー」にはいろいろなデザイナー関連の仕事・職種があるため、一般に「デザイナーになりたい」と言っても、世間ではどのデザイナーになりたいのかをきちんと明示する必要が出てきました。

大きく見積もった上でもデザイナーの仕事には10個以上の見立てがあり、それぞれの仕事・職種内容によって、実際に行なう仕事内容がまるで違ってきます。デザイナーのあり方を熟知しましょう。

1:グラフィックデザイナー

一般によく言われる「グラフィックデザイナー」ですが、この職種ではポスター・雑誌の広告、フライヤー、商品パッケージなど、主に広告物・印刷物をデザインする仕事です。職務経歴書では、クリエイティブな内容が魅力となります。

企画をはじめとする商品のフレームワーク、顧客層のニーズに合わせたデザインを考案し、そのデザインをそのままポスター・イラスト、またキャッチコピーなどに置き換えていく仕事が見られます。

2:Webデザイナー

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
最近で非常に多くの分野で活躍している「Webデザイナー」ですが、この職種分野ではさまざまなWeb上サイトのフレームワークデザイン、グラフィック構成などをはじめ、主に閲覧しやすいよう魅力をコーディネートする仕事になります。

職務経歴書では、「グラフィックデザイナー」の場合と同じく、新しい物をクリエイトするスキルを魅力的に伝え、少しでもWeb関係・IT関連のスキルに精通している内容を書くと良いでしょう。

3:CGデザイナー

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
次に「CGデザイナー」ですが、この職種では主に2次元・3次元(立体)のコンピューターグラフィックスを手掛ける職種となるため、やはりIT関連技術・能力に長じていることがニーズとされます。職務経歴書の作成時でも、その点に注目しましょう。

その仕事内容の多くはモデリングによるコーディネートを主とし、デッサン画からコンピューター背景として成立させる仕事になります。表現のリアルさがかなり求められます。

4:ファッションデザイナー

次に「ファッションデザイナー」ですが、この職種分野はIT関連業を少し離れ、主に衣服や靴をはじめとする衣類製品のファッションコーディネートや、バッグや化粧品などといった小物のコーディネート・デコレーションを担う内容になります。

ファッションデザイナーの職種でも最近では「CGを駆使したデコレーション作業」が主流になっているため、その職務経歴書でもWebデザイナー関連の技術をPRする方法が求められます。

5:ゲームデザイナー

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
「ゲームデザイナー」というのは、主に家庭用ゲーム・ソーシャルゲームをはじめ、最近でもよくその復帰が見られているアーケードゲームまでを範疇とする「ゲーム内容をクリエイトする仕事」が主流になり、その延長でキャラクター・背景の創造が求められます。

このゲームデザイナーでもWeb関連のスキル・能力が十分求められるため、職務経歴書においては「Webスキルの向上と即戦力性」を十分PRすることが魅力的です。

6:UI/UXデザイナー

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
「UI/UXデザイナー」というのは、基本的に「パソコン、スマートフォンなどを操作する際の表示や入力システムなどを構築・設定する仕事内容」となり、一般にはWeb上のサービスの円滑な繁栄、さらに活用しやすいコーディネートなどを手掛ける職種です。

これらの基本となるデータは「ユーザーの体験全般」から得られることが多く、職務経歴書では、日頃からIT情報へ精通している点にできるだけ追究をすると良いでしょう。

7:DTPデザイナー

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
「DTPデザイナー」という言葉は聞き慣れないでしょうが、この「DTP」というのはまず「Desk Top Publishing」の略であり、主にパソコンで専用のDTPソフトを使いながら、雑誌・書籍・広告などを含む印刷物の、外観・内装デザイン・入稿を行なう仕事です。

専門性の高い仕事となるため、職務経歴書でもその点を直接PRできる内容を盛り込み、自分のIT技術の高さをそれとなくアピールすると良いでしょう。

8:エディトリアルデザイナー

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
「エディトリアルデザイナー」というのは、基本的に雑誌や書籍から、分量の多い雑誌・書籍・マニュアルなどを編集し、さらに多くの読者にとって読みやすくする作業、またインパクトを大々的にアピールするリライト作業をそのメインとします。

主に編集技術が必要となる仕事であり、その点では職務経歴書において「文系スキルの高低」に追究した内容を盛り込み、そういった編集作業が得意であることを強調してPRしましょう。

9:インテリアデザイナー

「インテリアデザイナー」というのは昔からよく聞かれる職種ですが、これは「家屋の内装設計、装飾、照明の配置などをはじめ、主に内装全般のレイアウト・設計に携わるコーディング内容の仕事になります。

この職種では、基本的なコーディネーターのスキル・能力を必要とする上、さらにオリジナリティ性の高さもPRの魅力となるため、職務経歴書においてはその点を十分アピールしておき、それへの興味を盛り込みましょう。

10:プロダクトデザイナー

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
「プロダクトデザイナー」はその名のとおりに、「生産する過程においてデザイン性の高いコーディネート・モデリングを行なう作業」となり、特に生活用品である家電・家具をはじめ、仕事に使われる事務用機器類など、多種の製品をデザインする仕事になります。

既存の製品をデザインする作業が必要になる場合もあり、その場合は加工技術のオリジナル性が求められるため、その辺りのPRも職務経歴書において盛り込みましょう。

11:イラストレーター

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
多くの分野でニーズの高い「イラストレーター」ですが、その仕事内容では主に「依頼されたイラスト内容を一からコーディネートし、できるだけ依頼主のニーズに応えられるようレベルの高いイラストの作成・コーディングなどを手掛ける職種」となります。

基本的には雑誌や書籍をはじめとする、挿絵を作成する作業として始められたこのイラストレーターですが、現代ではイラストそのものの需要が高いため、多くの分野で活躍できます。

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ

さて、ここからは「デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ」と題し、実際にデザイナーになる際に必要となる職務経歴書における必須のポイント、また魅力的な自己PRの方法など、詳細かつ簡潔にご紹介していきます。

基本的にデザイナーの仕事というのは専門職になるため、専門性の高い特殊ニーズを持ち合わせておくことが必須となり、その点の上手いPRが職務経歴書では必要になるでしょう。

1:職務経歴概要

職務経歴書にはこの「職務経歴概要」という項目があり、これは「自分のこれまでの職歴を一見・一読するだけで相手に明確に伝えられる内容」を指しています。つまり、職務経歴書のあらすじのようになるため、あるていどの執筆能力・技術が求められるでしょう。

この点を上手く書いておくことにより、その職務経歴書に何が書いてあるのかが一見で読み取れるため、採用担当者にとってのインパクトを作ることにもつながります。

2:経験・スキル・得意分野

デザイナーの仕事を希望するため、この場合の「経験・スキル・得意分野」もデザイナーに関連するものが望ましくなります。この点は職務経歴書の醍醐味です。

これまでに自分が携わってきたデザイナー関連の仕事が1つでもあればそれを明記しておき、少しでも採用担当者にその内容をインパクトをもって伝えられるよう工夫してみましょう。この点のPRの魅力により、採用・不採用が分かれることがあります。

3:会社履歴

会社履歴についてですが、これは「それまでにどれくらい多くの転職を繰り返してきたか」が問われる項目で、たとえばここで「かなりの回数の転職を繰り返している場合」は採用を見送られる場合もあるので注意しましょう。

また、「それまでの職務経歴において、具体的にデザイナー関係の仕事に生かせるものがあるかどうか」が判断・評価されるため、デザイナー関連の仕事が1つでも多くあることが望ましくなります。

4:職務経歴詳細

職務経歴書の中ではこの「職務経歴詳細」という項目がある場合があり、ここでは「さらに職務経歴の内容を詳しく明記する項目」になります。これはたいてい通常の職務経歴書では、普通に段落を追って記載する内容になりますが、中には別項目の場合が見られます。

この点でも、できるだけデザイナー関連の仕事に就いた際の職種内容・担当した内容を明記しておき、自分の能力がどれだけ生かせるかを念入りにPRしましょう。

5:環境・使用言語

これは職務経歴書を書く際のきわめて基本的な項目になりますが、まず「現在、自分が生活している環境」を詳しく明記しておき、これから入社しようとしている会社・仕事との今後の関係について伝え、きちんと安定して勤続できるかどうかを記載しましょう。

その上で自分が通常使用している言語を伝えておき(日本語、英語など)、実際に仕事に就く場合に言語上の困難の有無をあらかじめなくしておくための項目になります。

6:転職・退職理由

前の会社の退職理由ですが、この点も企業によっては非常に重要になります。退職理由が第三者にもきちんと納得される形であれば良いですが、「職務怠慢で辞職した・させられた」というようなニュアンスが漂えば、それだけでマイナスイメージが付けられます。

このマイナス評価を避けるためにも、必ずその転職・退職理由では「その理由であれば退職は仕方がない」と得心させられる内容を明記しておく必要があります。

7:自己PR

職務経歴書では主に「それまでの職務経歴のみ」を記載することが従来のメインとされてきましたが、最近ではこの職務経歴書をもって履歴書の代わりとする企業も増えてきたため、職務経歴書の内容で自己PRもしっかりしておくといった技巧・工夫が必要になります。

イラストレーターの経験やWebデザイナーの経験があればそれらを明記しておき、またそれに準ずる職種経験やスキルがあれば、漏れなく記載しておきましょう。

職務経歴書作成ツール5選

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
さて、先述では主に「デザイナー関連の職種内容」や「デザイナーになる際の職務経歴書の作成方法・PR方法」などについてご紹介してきましたが、ここからは「職務経歴書作成ツール5選」と題し、実際に職務経歴書を作成する際の有効なツールをご紹介します。

この場合でも主に「職務経歴書を作成するためのツール」になりますが、現代では多くの「職務経歴書作成ツール」が用意されているため、それらを使うことが近道になります。

1:職務経歴書メーカー

「履歴書メーカー」と並んで非常に多くの場面で使われているこの「職務経歴書メーカー」ですが、このツールでは非常に簡単に職務経歴書を作成できる上で、多種多様のパソコンOS・機種によってもインストールが可能という、オールラウンダーの魅力があります。

ほぼセミオートで職務経歴書を作成してくれる点が魅力でもあり、特に職務経歴書の作成経験が乏しい場合にはもってこいのツールになるでしょうか。

2:ルーシッド職務経歴書サービス

次に「ルーシッド職務経歴書サービス」ですが、これは無料で利用できる職務経歴書作成ツールであり、セキュリティ面でも非常に安心して使える「会員登録不要の作成ツール」になります。

フォーマットも非常にわかりやすく、通常の職務経歴書をそのままWeb上で作成できるため、特に難しい点もなくスルスルと作成できてしまうでしょう。

3:レジュメビルダー

レジュメビルダーも職務経歴書を作成する際には非常に多く使われており、特に転職サイトでも勧められている有能な作成ツールになります。

特に難しい点もなく職務経歴書を作成することができ、さらに項目ごとにわかりやすい説明も付くため、職務経歴書を初めて作成する場合でも非常に便利かつ有能です。

4:りれきしょ君

次に「りれきしょ君」ですが、これも従来の公式書類作成フォーマットの中では非常に有名な作成ツールとなり、ハローワークや転職サイトでも多く勧められているツールになります。

各項目においてプレビューしながら着実に作成することができ、また初心者にとってもわかりやすい説明が要所で用意されているため、まず職務経歴書を作成する場合でも確実に作れてしまう有力な味方となってくれるでしょう。

5:エンジニア専用 職務経歴自動作成 ツール

次に「エンジニア専用 職務経歴自動作成ツール」ですが、これはその名のとおりに「エンジニア専用の職務経歴書自動作成ツール」となるため、ややエンジニア関連の職種を希望する人向けのツールとなるでしょうか。

しかし、自動で職務経歴書を作成してくれる非常に便利な機能が付いているため、初心者でも簡単に作成できてしまう有能なツールであることは間違いありません。一度は試してみましょう。

魅力的な職務経歴書でデザイナー書類選考を突破しよう!

デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選
いかがでしたか。今回は「デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント7つ|職務経歴書作成ツール5選」と題して、「デザイナーの職務経歴書の書き方のポイント」を取り上げ、その際に役立つ職務経歴書作成ツールを5選の形でご紹介しました。

デザイナーを目指す場合に大切なのは、「これまでのデザイナー関連の職種に就いた経験のPR」と、現在保持しているデザイナーに関する能力のPRになるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related